金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

セミナー検索結果 : RPA

RPAに関するセミナー

開催日
2017-11-15(水) 13:30~16:30
セミナータイトル
保険会社におけるRPAを活用した業務革新
講師名
矢野 高史 氏(PwCコンサルティング合同会社  Director)
開催地
東京都千代田区
ステータス
お申し込み可
概要
RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)という言葉が使われ始めてから数年が経ち、保険業界においてもRPA ソリューションの実証実験、本格導入等、各社それぞれに取り組みが行われているものと思います。本セミナーでは、保険会社様での利用を念頭に置きまして、RPAをさらに有効にご活用いただくために知っておきたいポイントについて、情報共有させていただきます。
▲ページトップへ
開催日
2017-10-10(火) 13:30~16:30
セミナータイトル
日本生命保険におけるRPAの活用と今後の展望
講師名
宮本 豊司 氏 (日本生命保険相互会社 企業保険契約部 主任専門課長)
開催地
東京都千代田区
ステータス
お申し込み可
概要
2016年4月「日生ロボ美ちゃん」という愛称でRPAが働きはじめ、「入社式」まで行われメディアで話題になった日本生命保険。本セッションでは日本生命が導入した「Biz Robo!」の作り方、事務システム面での導入メリット、導入方式等の基本的な仕様の解説を始め、日本生命保険において、実際に日々活用されている事例と、実体験から導き出されたRPA導入・運用時におけるポイントについて紹介する。また、今後の展開として、AI技術を活用した文字認識、点検事務の自動化等、紙事務のフロー全体をRPAで支援する取組の試験実施についても触れる。
▲ページトップへ
開催日
2017-08-25(金) 9:30~12:30
セミナータイトル
金融機関におけるRPA活用事例と導入ポイント
講師名
安部 慶喜 氏 (アビームコンサルティング株式会社 戦略ビジネスユニット プリンシパル)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
“働き方改革”の一環として、RPA(Robotic Process Automation)に注目が集まっています。定型的な事務業務をRPAによって自動化することで、生産性向上を実現しようとしている企業が増えています。弊社の取組件数も半期に300%超という驚異的ペースで増えてきており、世間の関心の高さを実感しています。一方で、実際にRPAを導入する際のポイントやRPAの導入によりビジネスをどのように変革していくかを知る企業はまだまだ少ない状況です。当セミナーでは弊社の豊富なRPA導入実績をもとに「RPA導入のよくある失敗例」、「RPA導入時のポイント」、「金融機関でのRPA導入事例」を実際のロボットデモンストレーションを交えながらご紹介します。その後、RPAによる効率化が進んだ後で「人間が真に担うべき業務」についても解説いたします。
▲ページトップへ
開催日
2017-04-28(金) 10:00~12:30
セミナータイトル
金融機関におけるロボティクス/AIの導入と活用事例
講師名
平田 光義 氏(マカロニアンドマネジメント株式会社 代表取締役 マネージングパートナー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
我が国では労働人口の減少とともにホワイトカラー人材の労働生産性改善が叫ばれています。ロボティクス・プロセス・オートメーション(RPA)は、デジタルレイバー(仮想知的労働者)とも呼ばれ、定型業務処理、データ収集や転記処理等の業務を人間よりもはるかに効率的に代行します。今後デジタルレイバーはインテリジェンスを磨くことで、業務の代行を超える付加価値をもたらすことが期待されます。一方こうした取り組みを進めていくと、人的資源に蓄積されていた勘と経験、ノウハウの消失リスク、ロボットが停止した時のバックアップ体制、JSOX対応等社内のガバナンス、組織体制面での手当てが必要になることも留意すべきです。当セミナーでは、国内外の先行取り組み事例をご紹介しつつ、金融機関の業務変革・改善につなげていくために必要なポイントを多角的な視点から解説していきます。
▲ページトップへ
開催日
2017-02-03(金) 13:30~16:30
セミナータイトル
生命保険会社のオペレーション新組織戦略
講師名
藤田 通紀 氏(PwCコンサルティング合同会社 金融サービス事業部 ディレクター)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
競争優位を保つことが難しい時代に入った生命保険業界。新商品やチャネル戦略、またマーケティングを支えるオペレーションの効率化やシステム導入など、各社が凌ぎを削っている。オペレーションエリアにおいては、SSCやBPOを含めたアウトソーシングによる労働力格差によるコスト削減策は一巡をし、更なる生産性・効率性を求める施策が検討されている。その環境下において、生命保険会社及びBPOベンダ各社において、AIやRPAなどのソリューションが主にオペレーション領域にて検討がされ始め、具体的な導入に向けたテストが始まっている。
本セミナーで取り上げたいのは、Virtual BPOと称した労働力のパラダイムシフトである。電子申込書から自動入力、自動査定及び発送に至るまで、「ヒト」から「ロボ」が行うプロセス改革とそれを支えるオペレーション組織について考察したい。また、導入に向けた具体的なステップについても紹介をする予定である。Virtual BPOは保険会社における新しい打ち手となるのか、また労働の場の搾取なのか・・、セミナーに参加される方々と議論を深めていきたい。
▲ページトップへ