金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

セミナー検索結果 : OECD

OECDに関するセミナー

開催日
2014-04-07(月) 13:30~16:30
セミナータイトル
FATCA/OECD多国間情報交換規定の最新情報とFATCA対応実務
講師名
生田 ひろみ(税理士法人トーマツ 米国公認会計士 エグゼクティブオフィサー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
いよいよ本年7月1日より、外国口座税務コンプライアンス法(FATCA, ファトカ)がスタートします。またGATCA(グローバルFATCA, ガトカ)と呼ばれ、世界中の納税者の特定を義務付けるOECD多国間情報交換規定が2015年末の開始に向け、急速な進展を見せています。本講演では、FATCA・GATCAについての最新情報と、山場を迎えつつある金融機関のFATCA対応実務についての解説とともに、日本の金融実務・日本法上の課題・問題点を採りあげ、その解決策と実務上の留意点について解説します。
▲ページトップへ
開催日
2016-09-07(水) 13:30~16:30
セミナータイトル
日本版CRSの最新情報と対応実務
講師名
中山 太郎 氏(有限責任 あずさ監査法人 金融事業部 シニアマネジャー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
2017年1月から改正租税条約等実施特例法令が施行され、OECD租税委員会により策定された金融口座情報の自動的情報交換(AEOI)のための共通報告基準(CRS)に基づく「非居住者に係る金融口座情報の自動的交換のための報告制度」(日本版CRS)がスタートする。
本セミナーでは、OECDを中心としたAEOIをめぐる国際的な動向について解説するとともに、山場を迎えた金融機関の日本版CRS対応実務や留意点についてFATCAとの比較も含めて解説する。
▲ページトップへ
開催日
2016-08-03(水) 13:30~16:30
セミナータイトル
AEOI・CRS の施行に伴う金融機関の事務・システム見直しの着眼点
講師名
浅井 弘章 弁護士 (浅井国際法律事務所)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
2017年1月、OECDのAEOI(自動的情報交換)・CRS(共通報告基準)の実施を内容とする改正租税条約実施特例法が施行される。同法は金融機関の事務・システムに種々の影響を与え、また、FATCA対応・犯収法対応との平仄を意識した実務対応が重要である。本セミナーでは、金融機関のFATCA対応・犯収法対応の実務・実情を踏まえ、業務ごとに分け、改正法の施行に伴う金融機関の事務・システムの見直しの着眼点について、私見を交えた解説を行う。また、「パナマ文書問題」を踏まえ、本年7月を目途に、OECDにおいて、AEOI/CRSの規制強化がなされるといわれている。本セミナーでは、こうした国際動向を踏まえ、多岐にわたる新制度対応のうち、金融機関がどの点に重点をおいてコンプライアンス対応を行うべきかについて、私見を交えた解説を行う。
▲ページトップへ
開催日
2016-07-08(金) 13:30~16:30
セミナータイトル
CRS(共通報告基準)対応と事例研究
講師名
白井 真人 氏(PwCあらた監査法人 ディレクター)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
米国のFATCAを受けて、OECD租税委員会において多国間及び二国間における自動的情報交換の枠組みの検討が開始され、2017年から実際に情報交換が開始される予定である。日本においても2018年から自動的情報交換に参加するべく、2017年1月に改正租税条約実施特例法が施行される。これは本邦金融機関の実務に多くの影響を与え、また、FATCA対応・犯収法対応との平仄を意識した対応が重要となる。本セミナーでは、FATCAとの比較も含め日本におけるCRSの内容を分かりやすく解説した上で、銀行、保険、資産運用の各業界において、対応が必要になる事項及び留意点について事例を交えた説明を行う。
▲ページトップへ
開催日
2013-11-25(月) 13:30~16:00
セミナータイトル
我が国金融機関におけるFATCA対応の留意点
講師名
高山 菜月 氏(金融庁 監督局 総務課 国際監督室 室長補佐)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
金融庁、財務省及び国税庁は、2013年6月11日に「国際的な税務コンプライアンスの向上及びFATCA実施の円滑化のための米国財務省と日本当局の間の相互協力及び理解に関する声明」(日米共同声明)を公表した。我が国金融機関においては、2014年1月からの米IRSへの登録作業等に備え、FATCA対応を本格化させているところ、本セミナーでは、FATCA対応において留意すべきポイント等について解説する。
▲ページトップへ