金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

セミナー検索結果 : EC

ECに関するセミナー

開催日
2019-06-26(水) 13:30~16:30
セミナータイトル
EC2強間とモバイル3強との三つ巴競争
講師名
丹羽 哲夫 氏(経営企画研究所 代表)
開催地
東京都千代田区
ステータス
お申し込み可
概要
EC(電子商店街)の2強である楽天とアマゾンの競争は、共にビジネスモデルの転換を余儀なくしている。転換は戦略面で典型的に現れている。“戦略転換―1.ECはネット専業からネット&リアル融合への転換”である。この転換は進行中で完成形は見えていない。“戦略転換―2.ECを中核とする生態系では成長余力は乏しく、決済も含めた金融において強固な生態系を構築できるかいなかの競争”になっている。2つの戦略転換は、楽天とアマゾンの競争という枠を超えて「決済・金融ではモバイル3強(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク)との競争」を招き、「モバイル3社の次期中核事業としてのEC事業参入」までももたらした。この段階に来た競争ステージでは、激しい三つ巴の競争となり、競争関係も錯綜してきた。その典型事例が、楽天とKDDIの業務提携である。この競争の構図を解明し、巨大なECプラットフォームと決済を含めた金融プラットフォーム構築の威力を明確にしていく。三つ巴の競争における5社の強み・弱みを比較分析しながら、決済・銀行・証券・生命保険・損害保険の5金融業態における今後の戦略展開を予測し、5金融業態の既存各社への影響を推測し、今後の戦略に取り入れられる内容である。
< 対象者 >
■銀行、地方銀行、ネット銀行の関係者 ■証券、ネット証券の関係者 ■生命保険、ネット生保、損害保険、ネット損保の関係者■投資信託の関係者 ■情報システムの関係者
▲ページトップへ
開催日
2015-09-29(火) 10:00~12:30
セミナータイトル
パルコのオムニチャネル戦略とCLOを活用した顧客接点の拡大
講師名
唐笠 亮 氏(株式会社パルコ・シティ WEBコンサルティング2部 部長 JECCICAジャパンEコマースコンサルタント協会特別講師)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
「24時間PARCO」をキーワードに掲げる、商業施設パルコのオムニチャネル戦略について解説します。リアル店舗の力を活かした新しいEコマースのカタチ=店頭キュレーションEC「カエルブログ/カエルパルコ」や、CLO(Card Linked Offer)を採用し、お客様お一人おひとりにパーソナライズされた情報を提供するスマートフォン向けアプリ「POCKET PARCO」など、お客様の購買行動の変化や多様化する販売チャネルへの対応に積極的に取り組んできた事例を紹介します。
▲ページトップへ
開催日
2019-04-12(金) 13:30~16:30
セミナータイトル
ネット強化のためのリアル戦略
講師名
丹羽 哲夫 氏(経営企画研究所 代表)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
ネットによる事業展開は曲がり角を迎えている。EC(電子商店街)もネット金融事業も会員獲得に上限が見え、新たなビジネスモデルへの転換が求められている。事実、ネット企業は自社のネット強化のためにリアルチャネルを展開し、攻めるべき顧客セグメントに対する商品・サービスを鮮明にすることを目的にしている。アメリカのネット証券大手チャールズ・シュワブ元CEOが明言したようにネット利用客と店舗利用客は異なる。この違いを踏まえてネット強化のリアル戦略を“巨大なプラットフォームを有し、銀行・証券・保険などの総合金融業態を展開するグループ”である楽天とSBIの比較でみていく。両社グループは会員ビジネスモデルを採用しているが、EC(電子商店街)からの誘客としての総合金融戦略を展開している楽天グループと金融専門ネットとして総合金融戦略を展開するSBIグループに分かれる。注目点は、両社とも大きく異なるリアル戦略を展開している点にある。競合する金融グループとの多面的な競争力を比較分析しながら、3金融分野における今後のリアル戦略展開を予測し、ネット強化の貢献度合いを推定する。これらの分析・予測を通じて各金融業態各社への影響を推測し、今後の戦略に取り入れられる内容である。
< 対象者 >
■銀行、地方銀行、ネット銀行の関係者 ■証券、ネット証券の関係者 ■生命保険、ネット生保、損害保険、ネット損保の関係者 ■投資信託の関係者 ■情報システムの関係者
▲ページトップへ
開催日
2018-04-05(木) 13:30~16:30
セミナータイトル
WeChatの発展とその背景、日本市場への示唆
講師名
中島 治也 氏 (Tencent Japan (テンセントジャパン) International Business Group, Japan Business Manager)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
WeChat(微信)は10億にも昇るスマホユーザーが使用している、中国では最もポピュラーなアプリの一つだ。特徴的なのは、友人とのメッセージをやり取りするコミュニケーションに使われるに留まらず、社交からEC、金融、チャリティ、行政サービスと多様なサービスを提供していることだ。そのため、単に「面白いアプリ」から「生活に必要なインフラ」として進化を遂げている。その最も重要な理由として、WeChat Payという決済が不可欠な付加価値を提供している。この日本では見られない現象について、その発展の背景と経緯を紹介する。
▲ページトップへ
開催日
2017-12-08(金) 9:30~12:30
セミナータイトル
変貌するカード業界での成長組と低迷組
講師名
丹羽 哲夫 氏(経営企画研究所 代表)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
東京オリンピックに向けてキャッシュレス化は進んでいる。クレジットカード、電子マネー、スマホ決済などである。市場トレンドは成長要因を強調しているが、享受できるカード会社は限られる。各社が抱える強みと弱みがあり、経営者が抱くパラダイム(会社の成長・存続を考える枠組み)により選択された戦略は大きく異なる。厳しい市場淘汰の結果により業界再編成に繋がり、成長組と低迷組を鮮明にしていく。本セミナーは、パラダイムを大きく3タイプに分け、戦略の成功則と失敗則を解明し、同時にブレイクスルー(突破口)の可能性にも言及する。今後におけるカード会社ごとの成長戦略に取り入れられる内容にしている。カード会社は、交通系・銀行系・航空系・信販系・通信系・EC(電子商店街)系・流通系・外資系に分けられるため、これらに関係する業界の方にも参考になるように配慮している。
▲ページトップへ
開催日
2017-09-01(金) 9:30~12:30
セミナータイトル
アリペイからみるアリババグループの対日戦略の予測
講師名
丹羽 哲夫 氏 (経営企画研究所 代表)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
アリペイは単にスマホ決済と捉えると見誤る。アリペイは、金融持株会社アント・フィナンシャルの事業会社であるが、アリババグループの別動隊である。アント・フィナンシャルの大株主は、アリババグループの総帥ジャック・マーであり、緊密に連携して動いている。アリペイが先に海外展開し、その後アリババグループが同国に進出する。日本では、ソフトバンクがアリババグループの大株主であり、ヤフーのEC(電子商店街)事業・金融事業と重複するが、アリババグループは独自に展開している。アリババグループ、アント・フィナンシャル及びヤフーグループの今後の戦略方向を予測し、日本でどのように展開していくのかを独自に予測する。展開過程で既存金融機関に与える影響も金融業態別に予測する。金融機関の今後の戦略に取り入れられる内容である。
▲ページトップへ
開催日
2016-10-25(火) 15:00~17:00
セミナータイトル
アジア圏主要国におけるEコマース市場 および決済ビジネス動向 〜中国・インド・ASEAN主要国〜
講師名
浅川 秀之 氏(株式会社日本総合研究所 上席主任研究員、通信メディア・ハイテク戦略クラスター長)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
中国やインドなどに代表されるアジア圏主要国のEコマース市場の成長は引きつづき著しい。
同一国内を対象としたBtoC向けEC市場の成長はもとより、最近では異国間でのEC市場(越境EC)も注目されている。
異国間での取引においては、決済や物流に関する新たな課題への対応事例も散見される。
さらに最近においては、個人間売買を仲介するEC市場(CtoC)の成長も注目されている。
現在では主に同一国内でのCtoC取引が中心だが、今後は異国間でのCtoC取引の成長も見込まれる。

当セミナーにおいては、市場全体としては大きく成長しながらも、その中の個別事例はさまざまな変化を遂げるアジア圏のEC市場を中心に、その最新動向の整理と、その中での決済ビジネスの動向や新規参入の可能性について紹介する。
▲ページトップへ
開催日
2015-10-22(木) 13:30~16:30
セミナータイトル
リテール決済の現状と最新動向
講師名
小出 俊行 氏 (株式会社NTTデータ経営研究所 金融コンサルティングユニット シニアマネージャー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
2014年6月24日に公表された日本再興戦略改訂2014において、キャッシュレス化の推進が明記され、それを受けた「キャッシュレス化に向けた方策」が2014年12月26日に公表されています。また、2014年10月、金融庁金融審議会「決済業務等の高度化に関するスタディ・グループ」が開催され、法人向け決済サービスの高度化、リテール向け決済サービスの高度化の議論が開始され、その中間整理を受けた「決済業務等の高度化に関するワーキング・グループ」が2015年7月から開始されています。このように、近年、決済サービスを巡り、国を中心とした動きが活発化しています。特に2020東京オリンピック・パラリンピックを契機とし、さらなる訪日外国人の増加が見込まれる中で、リテール向けの決済サービスを巡る動きに注目が集まっています。
本セミナーでは、最近のリテール決済の現状と最新動向を中心に、事例交えて紹介します。
▲ページトップへ
開催日
2017-04-20(木) 9:30~12:30
セミナータイトル
本格化するアマゾンの金融事業戦略
講師名
丹羽 哲夫 氏 (経営企画研究所 代表)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
アマゾンは、EC(電子商店街)発で巨大な経済圏の形成を世界的に目指している。必然的に、EC事業を中核にして、様々な事業を展開し、その多角化動向は極めて顕著である。しかし、アジアにおいて思わぬライバルと伏兵に遭遇している。しかも、アマゾンとして手薄な金融事業において、ライバルと伏兵はネット総合金融戦略を展開している。躍進するライバル(アリババグループ)と伏兵(楽天グループ)との金融戦略の相違を明確にし、アマゾンの金融戦略の実像をアメリカと日本で確認する。相互に影響し合う競争戦略の性質を踏まえ、アマゾンの今後の日本における金融戦略展開も予測する。展開金融事業の競争力と他の金融業態への後発参入戦略の分析を通じて各金融業態への影響を推測し、今後の戦略に取り入れられる内容である。
▲ページトップへ