金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

セミナー検索結果 : BIG5

BIG5に関するセミナー

開催日
2018-06-05(火) 9:30~12:30
セミナータイトル
【DOKODEMO】Amazonを中心としたBig5がもたらす金融業界へのインパクトと未来予測
講師名
冨永 孝 氏(株式会社ICTソリューションコンサルティング 代表取締役・インテリジェントデザイナー)
開催地
オンライン受講(DOKODEMOセミナー)
ステータス
お申し込み可
概要
昨今、Amazonを始めとするビッグ5(Amazon, Google, Microsoft, Apple, Facebook)が、メディアのトップニュースに挙がることが多くなりました。そのニュースは、ビッグ5の時価総額の大きさと変化、新たなサービス、および、技術の戦略、ICT社会のリスクと課税の問題に集約されます。
しかしながら彼らのもたらしたものは、ICTによるサービス革新だけではありません。さらに上の次元の商流革命(もの、ひと、金、情報の流れ)を起こしつつあります。従来の業界構造を破壊し、顧客データの寡占により、従来の業界構造を破壊し、従来の全ての領域のビッグビジネスの利権を侵食しつつあります。
なぜ、Amazonを始めとして、5社がAIスピーカーを出すのか(FBはアプリ型メッセンジャー)
なぜ、Googleは自動運転AIを作るのか
なぜ、Amazonは、高級ス―パーWholefoodsを買収したのか
なぜ、AmazonやAppleはPaymentに進出するのか?
なぜ、Microsoftは、仮想通貨PF(Blockchain as a service)を提供するのか?等々
これらのニュース(すでに起きている未来)を解説することにより、これからのBIG5の戦略(デジタルビジネス時代の新たなデジタルビジネス戦略)を理解していただきます。本セミナーでは、特に以下3つのポイントを中心にお話しします。
[1] BIG5の戦略の本質とは、顧客インテリジェンスを巡る3つの戦略(社会課題解決、エコシステム構築、情報PF)
[2] BIG5のもたらす金融業界へのインパクトは、想像以上に巨大である。単なる決済にとどまらず、融資、送金、さらには仮想通貨発行まで含む経済圏(ヒト・モノ・カネ・情報の支配)まで想定することが不可欠
[3] BIG5のもたらす新産業秩序には、従来の金融業という枠での戦略策定では勝ち抜くことが難しく、新たな住所変更(新たなバリューチェーンにおける事業ドメイン)と新たな事業開発モデルが求められる(デザインシンキング、コラボレーション、デジタルPF)
▲ページトップへ
開催日
2018-06-05(火) 9:30~12:30
セミナータイトル
Amazonを中心としたBig5がもたらす金融業界へのインパクトと未来予測
講師名
冨永 孝 氏(株式会社ICTソリューションコンサルティング 代表取締役・インテリジェントデザイナー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
お申し込み可
概要
昨今、Amazonを始めとするビッグ5(Amazon, Google, Microsoft, Apple, Facebook)が、メディアのトップニュースに挙がることが多くなりました。そのニュースは、ビッグ5の時価総額の大きさと変化、新たなサービス、および、技術の戦略、ICT社会のリスクと課税の問題に集約されます。
しかしながら彼らのもたらしたものは、ICTによるサービス革新だけではありません。さらに上の次元の商流革命(もの、ひと、金、情報の流れ)を起こしつつあります。従来の業界構造を破壊し、顧客データの寡占により、従来の業界構造を破壊し、従来の全ての領域のビッグビジネスの利権を侵食しつつあります。
なぜ、Amazonを始めとして、5社がAIスピーカーを出すのか(FBはアプリ型メッセンジャー)
なぜ、Googleは自動運転AIを作るのか
なぜ、Amazonは、高級ス―パーWholefoodsを買収したのか
なぜ、AmazonやAppleはPaymentに進出するのか?
なぜ、Microsoftは、仮想通貨PF(Blockchain as a service)を提供するのか?等々
これらのニュース(すでに起きている未来)を解説することにより、これからのBIG5の戦略(デジタルビジネス時代の新たなデジタルビジネス戦略)を理解していただきます。本セミナーでは、特に以下3つのポイントを中心にお話しします。
[1] BIG5の戦略の本質とは、顧客インテリジェンスを巡る3つの戦略(社会課題解決、エコシステム構築、情報PF)
[2] BIG5のもたらす金融業界へのインパクトは、想像以上に巨大である。単なる決済にとどまらず、融資、送金、さらには仮想通貨発行まで含む経済圏(ヒト・モノ・カネ・情報の支配)まで想定することが不可欠
[3] BIG5のもたらす新産業秩序には、従来の金融業という枠での戦略策定では勝ち抜くことが難しく、新たな住所変更(新たなバリューチェーンにおける事業ドメイン)と新たな事業開発モデルが求められる(デザインシンキング、コラボレーション、デジタルPF)
▲ページトップへ