金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

セミナー検索結果 : API

APIに関するセミナー

開催日
2019-02-20(水) 13:30~16:30
セミナータイトル
決済サービスの海外・国内事情2019春版
講師名
山本 正行 氏 (山本国際コンサルタンツ 代表 明治学院大学法学部 講師 関東学院大学経営学部 講師)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
本講義では、昨年6月の講義に続き、海外・国内を対比的に俯瞰し日本の2020年に向けた動向を探ります。2017年後半海外ではあまり活発な動きは見られませんが、全体ではアマゾンペイの動向、Pto P送金サービスの増加、中国ではAMEXが2002年以降撤退していた海外決済事業者として初めて再参入の見通しが立つなど、地味ながら重要なニュースがあります。
国内では経済産業省による提言「キャッシュレス・ビジョン」に基づき2025年までにキャッシュレス比率を40%に高めようとする施策が稼働しはじめました。推進母体となるキャッシュレス推進協議会がQRコード決済の標準化、キャッシュレス普及に寄与する自動サービス機の普及促進などのプロジェクトを進めようとしています。さらに政府は加盟店手数料を3.25% 以下に規制することや消費税増税時にポイント還元するなどの新たな方策案を打ち出しています。制度面では、17年度に改正された銀行法がフィンテック対応を目的に「資金決済等代行業者」、同年施行の資金決済法により「仮想通貨交換業」、18年度に施工されたより改正割賦販売法による「クレジットカード番号等取扱契約締結事業者」があらたに規制対象となりました。資産管理、クラウド会計アプリ提供会社、仮想通貨交換業者、アクワイアラー、決済代行業者、などが新たに法的地位を得、規制を受ける立場となりました。
Alipay、WeChat Pay を契機に国内で導入が進み始めたQR決済(〇〇ペイ)が話題となっており、銀行、JCB、NTTドコモなどの参入でより活発化の様相を呈しています。実際の利用は進まないとの指摘やビジネスモデルを疑問視する意見もあるようです。これに関しては状況を取りまとめ解説します。
本講義は金融機関や小売などで決済サービスに従事する方のほか、ソリューションを提供するプロバイダの方などにも受講していただくことを意識し、決済サービスの状況と課題、今後の方向性を広範に扱う予定です。
▲ページトップへ
開催日
2017-08-22(火) 9:30~12:30
セミナータイトル
銀行APIオープン化に向けたシステムリスク評価の動向
講師名
安達 知可良 氏(新日本有限責任監査法人 FinTech推進担当 シニアマネージャー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
2017年5月26日に成立した改正銀行法では、これまでは規制対象となっていない一部のFinTech企業を「電子決済等代行業者」と定義し、当局監督下に置くものとなります。一方、銀行等の金融機関に対してはAPIのオープン化を促す条文も記載されている等、電子決済等代行業者との協業に向けた対応整備を求める内容も含まれています。こうした法整備により、利用者保護を図りつつ、金融機関とFinTech企業による連携・協業によるオープンイノベーションが促進するものと期待されています。本セミナーでは、改正銀行法の設立に至る経緯と条文の概要を解説させて頂いた上、銀行APIオープン化に向けて民間団体が進めているシステムリスク評価に寄与する資料について情報共有させていただきます。
▲ページトップへ
開催日
2018-10-10(水) 13:30~16:30
セミナータイトル
FinTechにおけるAPI利用契約の実務
講師名
大井 哲也 氏 (TMI総合法律事務所 パートナー弁護士)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
金融機関が保有している顧客の取引履歴、保有金融資産データ、決済データに加え、顧客の家族構成などの属性情報、趣味・嗜好などのセグメントデータがビッグデータの利活用のシーンとして着目されています。本セミナーでは、金融機関がFinTech企業と締結すべきAPI利用契約(全国銀行協会の改正銀行法対応のAPI利用契約の条文例(案))や、データを提供または購入する際に締結すべきデータ・サプライ(契約)の参考条項を解説し、ビッグデータ利活用を進める金融機関が留意すべき規制のみならず、最新のビジネス動向に照らした契約実務のスタンダードを解説します。
▲ページトップへ
開催日
2018-05-28(月) 13:30~16:30
セミナータイトル
オープンAPI導入を控えた銀行・クレジットカード会社における実務の最終チェック
講師名
落合 孝文 氏(パートナー 弁護士)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
「銀行法等の一部を改正する法律」が平成29年5月26日に成立し、各銀行等は電子決済等代行業者との連携及び協働に係る基本方針に加え、API開放予定の有無や開放予定時期等を含む一定の事項の公表をすでに実施している。また、上記改正銀行法にかかる施行令案、施行規則案や銀行代理業に係るガイドライン案等が本年3月9日に公表され、パブリックコメント手続を経て金融庁の回答が示される見込みである。各業界団体等でもAPI接続に関する契約について論点整理等が行われており、その成果も今後公表される予定である。このように、改正銀行法施行に向けた各所の準備が着々と進んでおり、改正法も本年6月1日に施行される予定となっていることから、実務的観点から直近に迫った改正銀行法施行に向けた最終チェックを行うものである。また、経産省からもクレジットカード会社向けにAPI利用等にかかるガイドラインが策定され、これも近日中に公表される予定であることから、これを踏まえた対応策についても可能な限り取り上げることとしたい。
▲ページトップへ
開催日
2017-11-06(月) 13:30~16:30
セミナータイトル
FinTechにおけるビッグデータ利活用の実務
講師名
大井 哲也 弁護士 (TMI総合法律事務所 パートナー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
個人情報保護法の改正の大きな柱として、ビッグデータの取り扱いに対する規制が導入されました。その中でも、特に、金融(FinTech)分野におけるビッグデータの有用性に着目される一方で、顧客の個人情報の保護、プライバシー侵害のリスクヘッジを如何に担保するかが金融機関にとって最重要課題となっています。今後、金融分野や取引決済の分野において、顧客の商品取引履歴、金融資産保有データ、クレジットカード決済履歴、顧客の属性、趣味・嗜好などのセグメント・データや、他の事業者における購買履歴などビッグデータの取扱いが重要なテーマとなっています。
本セミナーでは、ビッグデータ利活用を進める金融機関が留意すべき規制のみならず、最新のビジネス動向に照らした実務のスタンダードを解説します。
▲ページトップへ
開催日
2019-02-05(火) 9:30~12:30
セミナータイトル
NIPPON Platformにおけるキャッシュレス化と情報銀行実装化への取り組みおよび今後の展望
講師名
高木 純 氏(NIPPON Platform株式会社 創業者 代表取締役社長 一般社団法人日本キャッシュレス化協会 専務理事 一般社団法人NIPPON応援団 理事)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
2025年に40%のキャッシュレス化目標が日本政府によって掲げられ、その流れに乗って事業拡大を見込んだ事業者が次々と「〇〇ペイ」として新規参入している。盛り上がりを見せるキャッシュレス業界だが、「〇〇ペイ」事業者が乱立している状況とは裏腹に、積極的な導入、利用につながっていない中小個人商店や地方の消費者の存在が浮かび上がっている。
2019年、登場し続ける新しい決済サービスは、日本社会および我々消費者にどのような影響を与えるのか、そしてこの情勢の中、中小個人商店向けに展開する店舗向けキャッシュレス・プラットフォームビジネスの戦略とあわせて日本のキャッシュレス化展望について解説する。
▲ページトップへ
開催日
2018-12-07(木) 13:30~16:30
セミナータイトル
金融機関における新技術活用の最新動向と求められる態勢構築
講師名
柴田 裕 氏 (有限責任 あずさ監査法人 マネジャー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
昨今、金融機関においては、FinTechへの対応に代表される、様々な新技術への対応が要請されておりますが、他方では、これに合わせた内部統制の整備を含むガバナンス上の対応も必須となります。また、2019年に予定されている金融検査マニュアル廃止に伴うプリンシプルベースアプローチの導入を控え、特にITガバナンスについては、今後ますます重要視されていくものと想定されます。本セミナーでは、システムリスク管理態勢を中心とした最新動向のほか、金融機関への導入が大きく進展することが予想されるRPAや、オープンAPIといった新技術導入に対して考慮すべきITガバナンス上の留意点について、金融機関の皆様が検討を進められるにあたってご参考となる諸論点を解説いたします。
▲ページトップへ
開催日
2018-03-19(月) 13:30~16:30
セミナータイトル
セブン銀行におけるAI活用によるトランスフォーメーション、スタートアップとのオープンイノベーションの取組み
講師名
松橋 正明 氏(株式会社セブン銀行 セブン・ラボ 常務執行役員)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
銀行APIのオープン化、フィンテック潮流の加速、異業種からの金融領域への参入等、経営を取り巻く環境変化が激しい昨今、企業として「挑戦を続ける」ことがますます重要になっていると認識しております。本セミナーでは、セブン銀行における、AI・APIの技術革新による業務改革への取組み、スタートアップや産学連携によるオープンイノベーションによる事業共創の取組み、ユーザーファーストでのサービス開発のアプローチといった取組事例を紹介するとともに、これらを支える組織改革・人材覚醒といったソフト面での取組みについてもご紹介させていただきます。
▲ページトップへ
開催日
2018-11-14(水) 9:30~12:30
セミナータイトル
Fintech対応の次にくる新たな金融ビジネスモデル
講師名
五十嵐 文雄 氏 (株式会社金融革新パートナーズ 代表取締役/Founder)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
多くの金融機関では、2015年以降相次いでFinTech対応部署ができ、FinTech対応が始まった。現在はAPIの用意も整い、家計簿アプリとの連携などのほか、AIの活用、RPA実証実験、ブロックチェーン関連のコンソーシアムへの参加など対応を進めているが、ここにきて一息ついた感が金融機関にある。FinTech、AIやRPAをすることが目的化し、やってはいるが達成感はないという。
このままでよいのだろうか?
世の中はますますデジタルで便利になり、生活がガラッと変わろうとしている中、従来の金融機関はどう生き残ればいいのだろうか?
今回は、金融機関のデジタルトランスフォーメーションの推進に向けた課題と対策について、欧州の事例も含めご紹介する。
▲ページトップへ
開催日
2018-10-02(火) 13:30~16:30
セミナータイトル
金融機関の新技術導入におけるリスク管理と事例研究
講師名
小西 仁 氏(有限責任監査法人トーマツ ファイナンシャルインダストリー ディレクター)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
FintechやRPAなど、金融機関においても様々な新しい技術の利用が金融機関経営の巧拙に影響を与えようとしています。新しい技術は、単純業務の自動化や判断業務の代行などによる内部業務の効率化を通じた人員削減や、営業チャネルの変革による対顧客業務の業務削減などに寄与すると考えられます。
新しい技術の導入には当然ながらリスクが伴いますが、巷では漠然とメリットが語られており、どのようなリスクがあるのかを整理しきれていないという金融機関が多くみられます。
当セミナーでは、新しい技術にはどのようなものがあるかを概観し、それに対してどのようなリスク管理を行っていくべきかを考察します。その一環として、現状で新しい技術が適用されている具体的な業務に触れながら、今後求められるリスク管理について解説します。
▲ページトップへ
開催日
2017-10-20(金) 13:30~16:30
セミナータイトル
決済サービスの最新動向と重要ポイント
講師名
宮居 雅宣 氏(株式会社野村総合研究所 金融ITイノベーション事業本部 上級コンサルタント)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
FinTechで決済サービスが活況を呈し、中央省庁も決済業務高度化や金融制度改革に取組む。Apple PayやAndroid Payが日本でFeliCaに対応しモバイル決済利用者も増えている。海外のモバイル決済サービス取扱店も増え、NFCのみならずバーコード決済も盛況となっている。しかし決済サービスは安全安心に使えることが大前提であり、利便性偏重の決済サービスは後に大きな問題を事業者と消費者の双方にもたらす可能性を孕んでいる。講師が月刊消費者信用で注意喚起した中国人民銀行の通達は現実のものとなり、アリペイやウィチャットペイの推進に大きな影響を及ぼす。一見容易に思える決済サービスだが、不正や未収、情報漏洩などのリスク、システムの信頼性や些細なようで意外に大きな影響を及ぼす業務負荷、請求者責任や加盟店管理責任、行政確認しても後に業界に激震を及ぼす司法判断など、注意事項が数多く潜む。
本講演では、カード会社で業界をリードしたセキュリティ対応や新サービス開発の実務経験に基づき、決済サービスの最新動向を表面的ではなく深く掘り下げて詳しく理解し、押えるべき基礎知識から新サービス検討に必要な注意点や潜在課題までを、最新情報の解説と共にご説明します。
▲ページトップへ
開催日
2017-10-16(月) 13:30~16:30
セミナータイトル
金融機関のビッグデータ活用におけるデータマネジメントの高度化
講師名
山本 英生 氏 (株式会社NTTデータ 金融事業推進部技術戦略推進部 技術戦略企画担当部長)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
金融機関、特に銀行においては昨今の金融規制対応の中でデータマネジメントの強化が必要とされ、実際に強化されてきました。一方でデジタル化の進展が叫ばれ、ビッグデータやAIなどデータの取り扱いに関するテクノロジーに注目が当たる中、規制対応ではなくトップラインの拡大などに向けてデータの活用が模索されており、こういった文脈でもデータマネジメントの高度化が求められております。
本セミナーでは、金融機関でのビッグデータ活用にフォーカスをあてデータマネジメントの導入にあたってのポイントをご説明いたします。
▲ページトップへ
開催日
2019-01-16(水) 9:30~12:30
セミナータイトル
異業種から学ぶチャネル戦略と新たな金融ビジネス事例
講師名
奥谷 孝司 氏(オイシックス・ラ・大地株式会社 執行役員)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
第一部 【EC企業がリアルを攻める!-Channel Shift戦略の時代-】
【奥谷 孝司 氏】
アマゾンはなぜ食品スーパーのホールフーズ・マーケットを買収したのか?
小売業界で今、起こっている変化(チャネルシフト)、オンライン(EC)を起点とし、オフライン(実店舗)に進出し、顧客とのつながりを創出することによって、マーケティング要素自体を変革しようとする”世界最先端のマーケティング ”戦略について解説します。

第二部 【iBankが目指す新しい金融サービスのカタチ】
【永吉 健一 氏】
「マイナス金利」による収益環境の悪化や、異業種/ベンチャー企業による金融業参入、更にはデジタルテクノロジーの急速な進展などを背景に、金融サービスに対する消費者ニーズは大きく変化しています。そのような中、ふくおかフィナンシャルグループでは、既存の銀行・サービスに捉われない“全く新しい”マネーサービスの構築を目指し、『iBank』プロジェクトを始動しました。若年層をターゲットに、展開する銀行の「第4のチャネル」にまで成長した当プロジェクトの軌跡と、今後の展望をご紹介します。
▲ページトップへ
開催日
2018-07-18(水) 13:30~16:30
セミナータイトル
みずほFGにおけるFinTechの取り組みと新たな領域への挑戦
講師名
多治見 和彦 氏(株式会社みずほフィナンシャルグループ デジタルイノベーション部 IoT・ビッグデータビジネスチーム 次長 株式会社Blue Lab シニアデジタルストラテジスト)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
FinTechという言葉が登場して久しい。さまざまな方面から金融ビジネスへの参入があり、従来の金融機関は対応を迫られている。まずFinTechの全体像を改めて整理する。次に、<みずほ>の取り組みを紹介する。一例は、みずほフィナンシャルグループで「オープンイノベーション」を一層加速させるため、2017年6月にパートナー企業さまと設立した株式会社Blue Labである。組織的な面を紹介したのち、<みずほ>の取り組み事例を紹介する。決済・与信などの金融ビジネスに対して、人工知能を活用して新たな領域に臨むだけではなく、既存の技術を活用し事務作業自動化のためのソフトウェア開発も行っている。単にFinTechと呼ばれる領域のみならず、次世代のビジネスモデル創造・事業化を進めており、その事例等を紹介する。
▲ページトップへ
開催日
2018-10-04(木) 13:30~16:30
セミナータイトル
世界最大級FinTech カンファレンス「Money20/20」 から見る欧州・アジアの決済サービス新潮流
講師名
安留 義孝 氏 (富士通株式会社 流通ビジネス本部 流通フィナンシャルサービス統括営業部 シニアマネージャー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
2018年3月にシンガポール、2018年6月にアムステルダムで開催された金融・決済カンファレンス「Money20/20」の視察報告を行います。アジアでは、Grab、Gojekなどの配車サービスが金融・決済市場に進出しており、LCC大手のエアアジアも金融・決済市場への進出を発表したように、アジアの金融、決済のプレイヤーは多岐に渡る。アジアでは、元々、銀行口座保有率も高く、金融インフラ(支店、ATM)が整う欧米先進国とは異なるキャッシュレス化の歩みをしている。欧州では、2018年1月に、PSD2が施行され、銀行はAPIの開放が義務つけられている。その結果、伝統的な銀行も変革を迫られ、プラットフォーム化、Fintech企業との連携も加速している。
加えて、開催都市である、キャッシュレス化が加速するシンガポール、アムステルダムの街中の様子も紹介させていただく。
なお、本講義は「Money20/20」の視察報告であり、個別企業の技術的な仕組みやビジネスモデルの説明はいたしませんので、ご了承ください。
▲ページトップへ