金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

セミナー検索結果 : 高齢者

高齢者に関するセミナー

開催日
2019-05-28(火) 13:30~16:30
セミナータイトル
収益に直結する高齢者の期待に応えるリアル戦略
講師名
丹羽 哲夫 氏(経営企画研究所 代表)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
第2次金融次世代型店舗の開発・展開の時期に突入している。第2次の背景は、顧客の来店動機が薄れ、預かり限度額倍増のゆうちょ銀行と資本提携したアフラックとの連携でかんぽ生命が、反転攻勢を本格化させている。さらに、リアル重視の戦略転換を推進するネット金融との競合も激化している。しかも、多様化する金融商品が必ずしも顧客の期待に応えていない状況にある。特に、今後の高齢者急増に対応し切れていない。50歳代・60歳代・70歳以上と高齢化するほど資産は増加する。しかし、見落としている点がある。第1点は、自宅から動けない高齢者も増加することである。第2点は、金融資産以上に実物資産が多いことである。第3点は、複雑な家族の相続・介護などで課題を抱えていることである。第2次金融次世代店舗で情報システム・AI(人工知能)とジャスト・インタイムで来店客のニーズとマッチングさせても、期待値を上回るメリットを継続的に提供できない。渉外と他の金融業態・専門人材・提携先との連携が不可欠である。このため、先見性のある金融機関は、高齢者の期待に応えるリアル戦略を展開し始めている。本セミナーでは、銀行・証券・保険のリアル戦略分析し、将来の金融業界常識を超えて進展する姿について予測する。
< 対象者 >
■銀行、地方銀行、ネット銀行の関係者 ■証券、ネット証券の関係者 ■生命保険、ネット生保、損害保険、ネット損保の関係者
■投資信託の関係者 ■情報システムの関係者
▲ページトップへ
開催日
2014-09-10(水) 13:30~16:30
セミナータイトル
老人ホーム・高齢者向け住宅・シニア施設の融資、不動産証券化及びM&Aの実務 ~不動産特定共同事業法の改正と融資のポイント~
講師名
小笠原 治彦 弁護士(ベーカー&マッケンジー法律事務所)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
昨今の高齢化社会の到来を迎え、不動産証券化と企業買収(M&A)の対象として、有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅(旧高齢者専用賃貸住宅)への投資及び融資が活発化しており、シニアビジネスは今後益々ニーズと成長が見込まれております。また、金融機関や投資ファンドからのファイナンス・投資案件も益々増加傾向にあります。本セミナーにおいては、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅及び医療法人・病院事業について、融資のポイントと、最近脚光を浴びている不動産証券化による投資及びM&Aをメインテーマとして、実務に即した解説を行います。また、平成25年度の不動産特定共同事業法の改正により現物不動産を対象とするGK-TKスキームによる不動産証券化が可能となりました。今後益々利用が見込まれるGK-TKスキームを利用した有料老人ホームの不動産証券化と実務の参考となるモデル条項についても解説します。シニア施設に融資を行うことを検討している金融機関、不動産証券化やM&Aによりシニア施設への投資を検討している投資家、事業者の多数の皆様のご参加をお待ちしております。
▲ページトップへ
開催日
2009-01-30(金) 13:30~16:00
セミナータイトル
高齢者向け居住施設事業の現状と今後の展望
講師名
吉村直子 氏 (株式会社長谷工総合研究所 主任研究員)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
 速いスピードで人口高齢化が進む中、高齢者向け居住施設の供給が増加しています。人口・世帯統計では、今後大都市圏で急激に高齢化が進行することが予測されています。要介護者の割合が増える後期高齢者の増加や、家族介護を期待しにくい一人暮らし・夫婦のみ高齢世帯の増加は、介護ニーズの増大に直結する問題です。

 “高速高齢化”する大都市圏では短期間のうちに、在宅介護サービスのみならず、高齢者向け居住施設の利用を求める人々が爆発的に増えることも予想され、市場原理に従えば、高齢者向け居住施設の市場は今後さらに拡大していくものと考えられます。

 介護保険制度がスタートした2000年以降、営利法人が手がけられる高齢者向け居住施設が急増し、新規参入も積極的に行われたものの、2006年度の介護保険法改正を契機に多くの自治体が有料老人ホーム(特定施設)や認知症高齢者グループホームの新設を認めない状況となってしまいました。

 しかし、療養病床の削減や特別養護老人ホームの供給鈍化などの問題もあり、2009年度以降は特定施設に対する総量規制が緩和されるのではないかとの見方も出てきています。他方で、規制の緩やかな高齢者専用賃貸住宅が急増しており、また、シニア向け分譲マンションも増加の兆しを見せ始めています。このように、高齢者向け居住施設を取り巻く状況が大きく変化している今こそ、高齢者向け居住施設のあり方・方向性を基礎から学ぶべきではないでしょうか。

 そこで、本セミナーでは長谷工総合研究所主任研究員の吉村直子氏を講師に招き、高齢者向け居住施設の全体像、市場動向、事業特性といった基本的事項をはじめとして、法改正等に伴う事業環境の変化や今後の展望・課題について解説していただきます。
▲ページトップへ
開催日
2016-10-05(水) 9:30~12:30
セミナータイトル
地域包括ケアシステム構築に向けたヘルスケアビジネスの展開
講師名
齊木 大 氏(株式会社日本総合研究所 創発戦略センター シニアマネジャー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
地域包括ケアシステムの構築が進められる一方、公的サービスをこれまで以上に拡大することは難しく、自費サービスへの注目が集まっています。一方で、一口に高齢者といってもニーズは多様です。
そこで本セミナーでは、地域包括ケアシステム構築に向けた動向と高齢者のニーズの両面から出発し、自費サービスの事例も交えながら、ヘルスケアビジネス構築におけるポイントをご提案します。
▲ページトップへ
開催日
2014-08-22(金) 13:30~16:30
セミナータイトル
シニアマーケットの捉え方
講師名
新村 茂夫 氏 (株式会社アサツー ディ・ケイ 統合ソリューションセンター シニアプロデューサー アラ☆ダン研究所(R)所長 兼 アカウントマネジメントセンター シニアディレクター)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
我が国の圧倒的人口ボリュームである団塊世代を中心とした60代及びその前後のターゲット層をマーケットと捉えて、「マクロ」「ミクロ」そして「リアリティー」の視点で内外の事例を織り交ぜながら納得性のある合理的な考察を行なっていきます。また、価値観によるオリジナルクラスター「アラ☆ダン11(R)(イレブン)」等を活用してそれぞれのクラスターごとの消費行動や意識などを見ながら、商品開発や効果効率的コミュニケーションプラン策定のヒントを呈示していきます。
▲ページトップへ
開催日
2014-02-12(水) 13:30~16:30
セミナータイトル
高齢顧客に対する投資商品の勧誘販売ルール施行直前対応 ~実践的な日証協ガイドラインに対応した社内態勢整備に向けて~
講師名
香月 裕爾 弁護士(小沢・秋山法律事務所 パートナー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
昨年10月、日本証券業協会(以下「日証協」という)において、高齢者に対する投資商品の勧誘販売ルールが強化され、金融庁の監督指針もこれに倣った。新たなルールに基づく勧誘販売が本年3月16日からスタートする。昨年夏に突然審議が行われ、数回の会議を経て案がパブリックコメントに付され、あっという間の改正劇だったから、多くの金融機関において、現在も体制整備を模索しているというのが実態ではないか。
そこで、ガイドライン施行直前の時期であるが、本セミナーでは最低限具備すべき体制等について、ガイドラインに基づき、想定される具体的な会話例等を踏まえて分かりやすく説明をする。
▲ページトップへ