金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

セミナー検索結果 : 金融検査マニュアル

金融検査マニュアルに関するセミナー

開催日
2019-01-16(水) 13:30~16:30
セミナータイトル
金融検査マニュアル廃止の及ぼす影響と求められるリスク管理・RAFの再構築
講師名
神崎 有吾 氏 (EY新日本有限責任監査法人 金融事業部 アソシエート・パートナー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
お申し込み可
概要
金融検査マニュアルの廃止に関する記述を含む、「金融検査・監督の考え方と進め方(検査・監督基本方針)」が公表されて以降、金融機関や会計基準設定団体、監査業界等、様々な関係者間で、関連する議論が活発に行われています。
これまでは、金融検査マニュアルに準拠する形で、過去実績に基づき形式的に償却・引当を実施していたのが、今後は、各金融機関の予想や判断に基づき、より実態に即した償却・引当に変わっていくことが想定されます。また、償却・引当が、各金融機関の予想や判断に依存することとなるため、予想に係るモデルの構築と検証、判断に対するガバナンス等がより重要性が増すことが想定されます。
仮に、格付や債務者区分等に係る制度について、大きな変更をする場合には、業務やシステムに与える影響が甚大となるため、メリット・デメリットを明確にした上で、どの程度の制度変更を行うべきかについて、慎重な検討を必要があります。
本セミナーでは、本邦における償却・引当制度が、近い未来、どのように変わっていくのか、各業界の意見や海外事例等を参考に、実務的な立場から解説を行う予定です。
▲ページトップへ
開催日
2018-01-24(水) 9:30~12:30
セミナータイトル
金融行政改革と金融機関の取り組むべき課題
講師名
江平 享 弁護士 (森・濱田松本法律事務所 パートナー 元金融庁検査局専門検査官)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
平成25年に開始された金融行政改革は、総仕上げのときを迎えています。
まず、金融検査・監督の目標・手法が大きく変化し、「国民の厚生の増大の実現」という究極的目標の実現を目指し、「顧客本位の業務運営」、「日本型金融排除」、「共通価値の創造」といった独特のキーワードの下、「見える化」により金融機関の自主的な取組みを促す「プリンシプル・ベース」のアプローチが採用されています。
また、金融庁の組織体制の見直しについても、検査局の廃止を含む組織変更が予定されるとともに、金融検査マニュアル等の整理・統合が検討されており、最終段階に入っています。
本セミナーでは、弁護士業務などを通じて金融行政・金融モニタリングの現場を熟知する検査官経験者の講師が、金融行政改革の流れを俯瞰した上で、金融機関に今求められる発想・行動様式の大きな転換や、各業態における直近の個別の諸課題について、各種の金融庁公表文書を踏まえて検討します。
▲ページトップへ
開催日
2014-11-11(火) 13:30~16:30
セミナータイトル
改正監督指針を踏まえた最新の反社対応 ~パブコメ結果から読み取る情報収集から取引管理・解消まで~
講師名
香月 裕爾 弁護士 (小沢・秋山法律事務所 パートナー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
反社会的勢力(以下「反社」ともいう)に関する政府指針が出されて7年が経過し、当時改正された監督指針等が今年になって再度改正された。この改正の端緒は、某メガバンクにおける反社会的勢力との不適切な取引が放置されたことにある。金融庁は、この事案から金融機関の態勢整備に相当程度の問題があると認識したようであり、監督指針等の改正を行った。監督指針改正に際して実施されたパブリックコメント(以下「パブコメ結果」という)については、90近いコメントが寄せられ、金融庁の判断も明らかにされている。そこで、本セミナーでは、パブコメ結果を踏まえ、金融機関に求められる反社対応について、方向性および具体的な対応策を明示したい。
▲ページトップへ
開催日
2007-12-20(木) 13:30~16:30
セミナータイトル
バーゼルⅡが与える金融機関の投資行動の変化
講師名
菅野 泰夫 氏
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
本講演では、バーゼルⅡが金融機関の投資行動に及ぼした影響を中心に解説を行う。特に新規制適用後の都市銀行、地方銀行のポートフォリオの変化(特にオルタナティブ投資)を検証し、金融庁の対応が銀行の投資行動にどの様に影響を及ぼしたかを考察する。更に、金融検査マニュアル改訂による生じたファンド投資への影響を論ずると共に、未だ個別プロダクトの信用リスク計測で迷走する金融機関の疑問点にも触れていく。最後にバーゼルⅡへ対応した商品戦略の検討を行い、今後生じる、金融機関の投資行動の変化を推察する。
▲ページトップへ
開催日
2007-11-05(月曜日) 13:30〜16:30
セミナータイトル
金融機関における顧客保護態勢の確立 〜金融商品取引法や改訂金融検査マニュアルを踏まえて〜
講師名
香月 裕爾 弁護士(小沢・秋山法律事務所)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
 本年2月に「預金等受入機関に係る金融検査マニュアル」(以下、「金融検査マニュアル」という)が大幅に改訂されました。そして、新たな大検査項目として、「顧客保護等管理態勢」が登場しました。

 これは金融機関の対顧客戦略を大きく転換するものと考えられます。金融検査マニュアルにおける顧客保護の内容は主として、?説明管理、?サポート等管理、?情報管理、?外部委託管理からなりますが、特に?のサポート等に関しては、専ら苦情の受付とされていた分野をより拡大し、お客様の声を真摯に受け止める必要があります。本講演では、金融検査マニュアルを中心に主たる法令等にも言及し、あるべき顧客保護等管理態勢について解説いたします。
▲ページトップへ
開催日
2018-01-16(火) 13:30~16:30
セミナータイトル
金融機関における内部監査の最新動向と高度化
講師名
吉田 友斉 氏( 新日本有限責任監査法人 金融事業部 シニアマネージャー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
近年、金融機関の内部監査に注目が集まっています。従来、金融検査マニュアルに基づく事後的なチェック中心であった内部監査は、今後、よりフォワード・ルッキングな視点で、企業に付加価値を提供するべきとされています。金融機関がさらされている規制の変化、国際化やIT化等の荒波の中で、内部監査部門がどのように時代の変化に対応するのかが問われています。
本セミナーでは、国内外の最新動向とともに、近年注目されているRPA(Robotic Process Automation)をご紹介し、内部監査に関する論点等についてわかりやすく解説します。
▲ページトップへ
開催日
2015-11-06(金) 13:30~16:30
セミナータイトル
 【大阪オンラインLiveセミナー】金融検査マニュアル/安全対策基準の改定からみるサイバーセキュリティ対策
講師名
寺島 淳一 氏 (デロイトトーマツリスクサービス株式会社 マネージャー)
開催地
大阪府大阪市
ステータス
締め切り
概要
金融庁は、平成27年2月に監督指針・金融検査マニュアルの改正(案)を公表するとともに、改定ポイントの一つにサイバーセキュリティ管理を挙げました。また、平成27年6月には公益財団法人 金融情報システムセンター (FISC)が発行している『金融機関等コンピュータシステムの安全対策基準・解説書』も改訂され、こちらも「サイバー攻撃に関する対応」が改訂ポイントに含まれています。
背景としては、サイバーセキュリティ基本法の全面施行(平成27年1月)や、世界規模で深刻化するサイバーセキュリティに対する脅威があります。
サイバーセキュリティに関する脅威は世界規模で日々進化を遂げており、金融機関はその規模や場所を問わず、常に新たなリスクにさらされています。本セミナーでは金融庁やFISCが示した監督上の着眼点(案)を参考に、金融機関におけるサイバーセキュリティ管理の実態とその対策について、ご紹介いたします。

----------------------------------------
※大阪会場の注意事項
オンラインLiveセミナー開催中に音声及び映像のトラブルが万が一発生した場合は、次の通り対応をさせていただきますのでご了承ください。
(1)映像等が切断した場合、再接続してから講義を再開いたします。
(2)接続が回復できない等、再開が困難な場合はオンラインLiveセミナー不成立として参加費を返金させていただきます。
▲ページトップへ
開催日
2015-10-27(火) 13:30~16:30
セミナータイトル
金融機関における「外部委託先管理
講師名
伊集院 正 氏(KPMGコンサルティング株式会社 パートナー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
近年の金融機関においては、様々な業務において外部委託化がすすみ、委託先への依存度が高まるなか、委託先における事故や不祥事が見受けられるようになり、これまで以上に「外部委託先管理」が重要視されてきています。
今回は、「外部委託リスク」や、求められる「外部委託先管理」に関する事例、内容・課題とその改善事例について解説するとともに、講師が様々な金融機関において「外部委託管理」に関連する支援を行うなかで把握した、課題や管理のポイント等をご紹介いたします。
▲ページトップへ
開催日
2015-07-22(水) 13:30~16:30
セミナータイトル
 金融機関におけるサイバーセキュリティの重要課題と実務対応
講師名
田宮 秀樹 氏(有限責任監査法人トーマツ シニアマネジャー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
サイバーセキュリティ基本法の全面施行、全世界で発生しているサイバーセキュリティ事案に対する脅威の深刻化等を踏まえ、金融庁では「監督指針」および「金融検査マニュアル」の改正を適用しました。これらの改正は特にサイバーセキュリティについて必要な態勢の整備や利用者への対応が具体的な項目として挙げられており、金融機関として必要な管理態勢を整備・機能させる必要があります。
本セミナーでは、金融機関のリスク管理部門、情報システム部門、および内部監査部門向けに、監督指針・金融検査マニュアル改訂の概要から、サイバーセキュリティの海外の対応事例等、セキュリティガバナンスの強化に向けた態勢強化のポイントを解説します。
▲ページトップへ
開催日
2014-04-02(水) 13:30~16:30
セミナータイトル
中小企業金融における保証実務上の留意点 ~「経営者保証に関するガイドライン」および改正監督指針等を踏まえて~
講師名
國吉 雅男 弁護士(弁護士法人中央総合法律事務所 パートナー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
2014年2月1日「経営者保証に関するガイドライン」(2013年12月5日策定)が適用開始となり、さらにこれに合わせて、同ガイドラインの積極的な活用促進、融資慣行として浸透・定着を図ることを目的とする「主要行等向けの総合的な監督指針」および「金融検査マニュアル」等の一部改正(2013年12月27日公表・パブコメ実施、2014年1月31日パブコメ結果公表)も、同日適用が開始された。本ガイドラインは、合理性が認められる保証契約の在り方等を示すとともに、主たる債務の整理局面における保証債務の整理を公正かつ迅速に行うための準則を定めるものである。それ自体、法的拘束力はないとされているものの、改正監督指針等が金融機関等に同ガイドラインの趣旨や内容を十分に踏まえた適切な態勢整備を求めているところであり、現在、金融機関等においては、同ガイドラインの趣旨や内容を踏まえた態勢の構築・整備に試行錯誤の中取り組んでいるものと思われる。
本講演では、金融庁において中小企業金融に係る制度推進等を担当してきた講師が、本ガイドラインおよび改正監督指針等の目的、経緯、態勢整備・取組の要点について概説するとともに、中小企業再生・保証債務の整理の実務を実践してきた講師が、本ガイドラインを踏まえた、保証契約の締結、既存保証契約の見直し、保証債務の整理等の各局面における実務上の留意点について解説する。
▲ページトップへ
開催日
2012-11-22(木) 13:30~16:30
セミナータイトル
外部委託管理と監査
講師名
金田 雅子 氏(株式会社三菱東京UFJ銀行 監査部 業務監査室 上席調査役)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
金融機関においても、顧客ニーズの多様化、サービスの迅速化、経営資源の効率化等に対応するため、業務を外部委託するケースが多くなっています。一方、外部委託により、金融機関の対外的責任が軽減されることはなく、リスクを適切に管理する必要があります。金融庁は今年の7月に「監督指針」および「金融検査マニュアル」を改正し、システムリスク管理態勢として、外部委託先に対し適切な管理等を実施することを求めています。これらを踏まえて、外部委託にはどのようなリスクがあるのか、そのリスクに応じた管理を実施するポイントは何か等を解説します。また、具体的な事例として、情報システムの開発・運用業務を外部委託する場合の管理・監査のポイントを紹介します。
▲ページトップへ
開催日
2008-09-09(火) 午前8:00~9:30
セミナータイトル
金融機関経営のための法務戦略 2008年度モーニングセミナー 
講師名
野村 修也 氏(中央大学法科大学院 教授 森・濱田松本法律事務所 客員弁護士)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
このセミナーは朝食会を兼ねた全6回のセミナーです。講師には金融庁・総務省等の各種委員を歴任され、コンプライアンス・内部統制がご専門の野村修也教授をお招きして、金融行政の今後の方向や新たな法制化にむけた動き、対応等についてご解説いただきます。金融機関のトップマネジメント、および経営企画、法務、コンプラアインスなどの部門の担当役員・部長クラスの方々をおもな参加対象としており、参加の皆様との相互交流を活発に進めさせていただきます。
▲ページトップへ
開催日
2018-12-13(木) 9:30~12:30
セミナータイトル
【金融リスク管理高度化対応実務】信用格付制度によるポートフォリオ信用リスク管理業務の基本と今後の展望
講師名
尾藤 剛 氏(日本リスク・データ・バンク株式会社 取締役常務執行役員)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
お金の貸し借りで、貸した側にとって一番気になるのは、貸したお金が約束通りに返ってくるかどうか。信用リスクとは、この貸したお金が返ってこない可能性を、客観的・定量的に評価したものです。お金を貸すことが仕事の金融機関にとってはもとより、それ以外のビジネスにとっても、掛取引や割賦販売など、様々な場面でお金の貸し借りが発生します。現代のあらゆるビジネスにとって、信用リスクの管理は、決して避けて通ることのできない経営テーマの一つと言えます。
本セミナーでは、いまの金融機関が取り組んでいる信用リスク管理の手法を念頭に、その基本的な考え方と、具体的な方法、必要となる基礎知識について、全般的に解説します。信用リスク管理業務に携わって日が浅い担当者の方や、基本的な業務知識を頭に入れておきたい管理者の方などに理解を深めていただけるよう、具体的な事例をなるべく多く交えて説明を進めていきます。
▲ページトップへ
開催日
2015-11-06(金) 13:30~16:30
セミナータイトル
金融検査マニュアル/安全対策基準の改定からみるサイバーセキュリティ対策
講師名
寺島 淳一 氏 (デロイトトーマツリスクサービス株式会社 マネージャー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
金融庁は、平成27年2月に監督指針・金融検査マニュアルの改正(案)を公表するとともに、改定ポイントの一つにサイバーセキュリティ管理を挙げました。また、平成27年6月には公益財団法人 金融情報システムセンター (FISC)が発行している『金融機関等コンピュータシステムの安全対策基準・解説書』も改訂され、こちらも「サイバー攻撃に関する対応」が改訂ポイントに含まれています。
背景としては、サイバーセキュリティ基本法の全面施行(平成27年1月)や、世界規模で深刻化するサイバーセキュリティに対する脅威があります。
サイバーセキュリティに関する脅威は世界規模で日々進化を遂げており、金融機関はその規模や場所を問わず、常に新たなリスクにさらされています。本セミナーでは金融庁やFISCが示した監督上の着眼点(案)を参考に、金融機関におけるサイバーセキュリティ管理の実態とその対策について、ご紹介いたします。
▲ページトップへ
開催日
2014-06-09(月) 13:30~16:30
セミナータイトル
金融機関による反社対応の実務と最近の検査結果事例集の分析
講師名
木内 敬 弁護士(長島・大野・常松法律事務所)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
金融庁は、2013年12月26日に「反社会的勢力との関係遮断に向けた取組の推進について」「みずほ銀行等における反社等の問題を踏まえた今後の検査について」を公表し、また、2014年2月25日に反社会的勢力に関する監督指針と金融検査マニュアルの改正案をパブリックコメントに付し、近々、監督指針及び金融検査マニュアルが公表される予定となっている。また、金融庁から定期的に公表されている検査結果事例集には、近年の金融庁の検査の姿勢が厳しくなっていることを窺わせる指摘が多数掲載されている。
本セミナーは、昨年までの金融庁検査局での勤務経験があり、金融機関の反社会的勢力対応を数多く経験した講師が、反社会的勢力排除のための実務対応について解説する。
▲ページトップへ
開催日
2017-06-09(金) 13:30~16:30
セミナータイトル
金融行政方針下の内部管理態勢と最近の不祥事件の傾向と新たなリスク
講師名
宇佐美 豊 氏 (金融監査コンプライアンス研究所 代表 CFE(公認不正検査士))
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
現在の金融行政は過去の規制中心、検査中心から各金融機関の規模・特性等に応じ、本来あるべき金融仲介機能の発揮状況がどうか、顧客志向へ対応がどのようになっているかといった点に重点が置かれつつあります。こうした中、内部管理態勢についても、これまでの「金融検査マニュアル」に依拠したものから各金融機関がそれぞれ適切な内部管理態勢を構築するといった方向に向かいつつあります。また「金融検査マニュアル」そのものについてもいろいろな議論がなされているところです。
本セミナーではこうした中、金融機関の内部管理態勢について、そのあるべき方向性を可能な限り具体的に示唆していこうと思います。また、最近増加しつつある不祥事件について、その傾向と新たなリスク等についても言及し、今後の内部管理・内部監査の対応等についても言及します。
▲ページトップへ
開催日
2014-04-14(月) 13:30~16:30
セミナータイトル
金融機関業務の外部委託と有効な管理のための着眼点
講師名
青木 茂幸 氏(東京国際コンサルティング株式会社 代表取締役)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
昨今の金融機関業務の外部委託の広範化や代理業務の進展に伴い、様々なタイプのリスクが顕現化し、一部に重大な事件も発生している。これらを背景に、監督当局による金融機関の外部委託先管理態勢へのチェック姿勢は厳格化している。最近の監督・検査で求められる外部委託管理態勢の枠組み、見落としやすいポイント等を含め、あるべき委託業務管理のポイントについて実務的に解説する。
▲ページトップへ
開催日
2009-02-18(水) 13:30~16:30
セミナータイトル
保険会社に求められる本社機能監査の実務対応
講師名
小川 英明 氏(富士火災海上保険株式会社  執行役 監査・コンプライアンス本部長)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
金融検査マニュアルの公表、会社法の制定、金融商品取引法の制定の一連の動向は、上場企業であるか否かを問わず、企業体における内部統制構築の必要性を示しています。とりわけ内部統制システムにおけるゲートキーパーである内部監査部門機能の拡充への要求は強く、企業価値向上に向けて、内部監査部門が果たすべき役割は大きく変容しようとしています。
従来いわゆる「営業店コンプライアンス検査」に監査資源を偏重的に投入する傾向が見られた本邦保険会社の内部監査部門は、変革の岐路に立たされているといっても過言ではありません。内外環境が目まぐるしく変化する今日にあっては、企業体が内包する重大リスクに焦点を当てた「本社機能監査」の強化が、ガバナンスの観点からも、契約者保護の視点からも、更には経営健全性確保の立場からも今後は一層求められることとなります。本社機能監査実施実務につき、解説を加え、またそれらを実効性をもって実施するための組織、人材のあり方にも言及します。
▲ページトップへ