金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

セミナー検索結果 : 調査

調査に関するセミナー

開催日
2012-07-04(水) 10:30~17:00(受付開始10:00)
セミナータイトル
【2日間連続研修】 財産評価基本通達による!! 『土地評価』マスター講座
講師名
原 卓司 氏 (株式会社東京アプレイザル 財産評価支援室 室長)
開催地
東京都新宿区
ステータス
締め切り
概要
- 不動産の調査から市街地山林等(宅地比準)の評価まで -

路線価評価をする上で、最低限知っておかなければならない不動産の知識をまず学び、次いで、宅地の評価単位・想定整形地の考え方を中心に、路線価方式や宅地比準方式による不動産評価を実例(演習形式)を通して基礎から学びます。
▲ページトップへ
開催日
2012-06-15(金) 10:30~17:00(受付開始10:00)
セミナータイトル
【2日間連続研修】 財産評価基本通達による!! 『土地評価』マスター講座
講師名
原 卓司 氏 (株式会社東京アプレイザル 財産評価支援室 室長)
開催地
東京都新宿区
ステータス
締め切り
概要
- 不動産の調査から市街地山林等(宅地比準)の評価まで -

路線価評価をする上で、最低限知っておかなければならない不動産の知識をまず学び、次いで、宅地の評価単位・想定整形地の考え方を中心に、路線価方式や宅地比準方式による不動産評価を実例(演習形式)を通して基礎から学びます。
▲ページトップへ
開催日
2011-06-22(水) 10:30~17:00(受付開始10:00)
セミナータイトル
【財産評価】都市計画法・建築基準法等の知識を活かした!! 『広大地調査・判定の実務』
講師名
石川真樹 氏 (株式会社 東京アプレイザル 不動産コンサルティング部 取締役)
開催地
東京都港区
ステータス
締め切り
概要
- 財産評価基本通達による広大地を不動産の基本から解説 -

広大地評価をする上で、不動産の基礎知識がなければ対応できなことが数多くあります。例えば、マンション適地の判定には、都市計画道路や用途地域などの都市計画法関連の知識、また、道路や容積率などの建築基準法関連の知識が必要です。また、戸建用地の判定や公共公益的施設用地(開発道路)の有無については、都市計画法等の知識だけでは足りず各自治体の開発指導要綱や開発登録簿の調査、さらに、不動産(最有効使用、標準的宅地面積など)に関する知識も必要となります。
そこで、不動産の専門家の立場から、広大地を調査する上で、どのような点に留意し、対応すべきかを具体的な事例を通じて解説いたします。
▲ページトップへ
開催日
2011-04-06(水) 13:30~17:00(受付開始13:00)
セミナータイトル
【立川会場】路線価評価・広大地評価に必要な!! 『都市計画法と建築基準法の基礎』
講師名
石川真樹氏(株式会社 東京アプレイザル 不動産コンサルティング部 取締役)
開催地
東京都立川市
ステータス
締め切り
概要
- 路線価評価等をする上で必要な不動産の基礎知識を解説 -
▲ページトップへ
開催日
2011-04-08(金) 13:00~17:00(受付開始12:30)
セミナータイトル
【財産評価】都市計画法・建築基準法等の知識を活かした!! 『広大地調査・判定の実務』
講師名
石川真樹 氏(株式会社 東京アプレイザル 不動産コンサルティング部 取締役)
開催地
東京都新宿区
ステータス
締め切り
概要
- 財産評価基本通達による広大地を不動産の基本から解説 -

広大地評価をする上で、不動産の基礎知識がなければ対応できなことが数多くあります。例えば、マンション適地の判定には、都市計画道路や用途地域などの都市計画法関連の知識、また、道路や容積率などの建築基準法関連の知識が必要です。また、戸建用地の判定や公共公益的施設用地(開発道路)の有無については、都市計画法等の知識だけでは足りず各自治体の開発指導要綱や開発登録簿の調査、さらに、不動産(最有効使用、標準的宅地面積など)に関する知識も必要となります。
そこで、不動産の専門家の立場から、広大地を調査する上で、どのような点に留意し、対応すべきかを具体的な事例を通じて解説いたします。
▲ページトップへ
開催日
2011-06-16(木) 10:00~17:00(受付開始9:30)
セミナータイトル
相続税申告件数650件超の実績を持つ税理士が教える!! 『相続人・相続財産の調査実務』
講師名
清田幸弘 氏 (ランドマーク税理士法人 代表社員 税理士)
開催地
東京都新宿区
ステータス
締め切り
概要
- 細目ごとの調査内容や収集資料をチェックリストで明瞭化し、その留意点を解説 -

平成23年度税制改正で、相続税の課税ベースが拡大し、今後、相続税申告業務の増加が考えられます。しかし、相続税の申告は、帳簿調査とは異なる資料の調査・相続人からの聞き取り作業等“経験と専門スキル”を要します。
そこで、これまで650件超の相続税申告を手掛けた税理士・清田幸弘氏を講師にお招きし、過去の事例から相続人・相続財産の調査に関して税理士が誤りやすい点や見過ごしがちな点などの留意すべき事項を実務に即した内容で解説して頂きます。また、相続財産等を漏れなく調査するために、土地・家屋から相続債務まで様々な相続財産を取り上げ、全項目についてその調査ノウハウを解説して頂きます。
▲ページトップへ
開催日
2012-05-07(月) 18:00~20:00(受付開始17:30)
セミナータイトル
【大阪会場】会計事務所が調査や評価で見落としやすい!! 『建築基準法の道路と路線価』
講師名
石川 真樹 氏 (株式会社 東京アプレイザル 取締役)
開催地
大阪府大阪市
ステータス
締め切り
概要
[会計事務所のための不動産実務 【入門】大阪会場(大阪・淀屋橋)] 

- 路線価評価における道路調査の重要性を基礎から解説 -

皆さんはなぜ土地に値段が付くと思いますか?それは、土地に「建物」を建てる(利用する)ことができるからです。土地が建築基準法の道路に「2m以上」接していなければ、建物を建てることはできません。したがって、道路の「意味」を知ることと「調査」は、土地評価において重要な位置を占めることになります。
▲ページトップへ
開催日
2012-02-08(水) 18:00~20:00(受付開始17:30)
セミナータイトル
会計事務所が調査や評価で見落としやすい!! 『建築基準法の道路と路線価』
講師名
石川真樹 氏 (株式会社東京アプレイザル 取締役)
開催地
東京都新宿区
ステータス
締め切り
概要
東京アプレイザル主催 不動産実務【入門】シリーズ

- 路線価評価における道路調査の重要性を基礎から解説 -

皆さんはなぜ土地に値段が付くと思いますか?それは、土地に「建物」を建てる(利用する)ことができるからです。土地が建築基準法の道路に面していなければ、建物を建てることはできません。したがって、道路の「意味」を知ることと「調査」は、土地評価において重要な位置を占めることになります。
▲ページトップへ
開催日
2011-07-28(木) 10:30~17:00 (受付10:00~)
セミナータイトル
【財産評価】都市計画法・建築基準法等の知識を活かした!! 『広大地調査・判定の実務』
講師名
石川真樹 氏 (株式会社 東京アプレイザル 不動産コンサルティング部 取締役)
開催地
東京都新宿区
ステータス
締め切り
概要
広大地評価をする上で、不動産の基礎知識がなければ対応できなことが数多くあります。例えば、マンション適地の判定には、都市計画道路や用途地域などの都市計画法関連の知識、また、道路や容積率などの建築基準法関連の知識が必要です。また、戸建用地の判定や公共公益的施設用地(開発道路)の有無については、都市計画法等の知識だけでは足りず各自治体の開発指導要綱や開発登録簿の調査、さらに、不動産(最有効使用、標準的宅地面積など)に関する知識も必要となります。
そこで、不動産の専門家の立場から、広大地を調査する上で、どのような点に留意し、対応すべきかを具体的な事例を通じて解説いたします。
▲ページトップへ
開催日
2011-06-08(水) 10:30~17:00(受付開始10:00)
セミナータイトル
【財産評価】路線価評価・広大地評価に必要な!! 『都市計画法と建築基準法の知識』
講師名
石川真樹 氏 (株式会社 東京アプレイザル 不動産コンサルティング部 取締役)
開催地
東京都港区
ステータス
締め切り
概要
- 路線価評価や広大地評価に必要な不動産の知識を解説 -

路線価評価や広大地評価をする上で、不動産の基礎知識がなければ、対応できないことが数多くあります。例えば、都市計画道路や用途地域などの都市計画法関連、また、建築基準法上の道路や容積率などの建築基準法関連の知識などです。さらに、土地・建物によっては、建築基準法の知識だけでは足りず、東京都建築安全条例などの各自治体の条例に関する知識も必要となります。
そこで、不動産の専門家の立場から、不動産を調査・評価する上で、どのような点に留意し、対応すべきかを具体的な事例を通じて解説いたします。
▲ページトップへ
開催日
2011-06-03(金) 13:30~16:30(受付開始13:00)
セミナータイトル
【税理士必須】路線価評価に必要な不動産の調査!! 『不動産調査マニュアル』
講師名
萩原岳 氏 (株式会社 東京アプレイザル 不動産鑑定士)
開催地
東京都新宿区
ステータス
締め切り
概要
- 不動産の基礎から調査実務までを実例で解説 -

路線価評価や広大地評価を行うためには、対象不動産についての線密な調査が前提となります。調査項目の見落としや調査方法の誤りは評価額に影響を与えてしまう可能性があるため、慎重を期す必要があります。
そこで本講座では専門家の立場から、評価に必要な不動産調査の基本から実践までを体系的に整理し、解説いたします。
▲ページトップへ
開催日
2018-04-17(火) 15:00 ~ 17:00
セミナータイトル
データに見る、日本人のキャッシュレス意識 - 決済手段に関する最新生活者調査結果報告 -
講師名
鍋島 浩 氏(株式会社 電通 産業戦略室 産業2部 部長)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
いったいなぜ、キャッシュレスが進まないのでしょうか?

2018年は「キャッシュレス元年」とも呼ばれ、様々な事業者が決済や送金の領域で新しいサービスをリリースしていますが、消費者のキャッシュレス決済はなかなか進みません。

私たちは事業者目線で生活者にとって便利な仕組みを考えますが「日本人のキャッシュレス意識」という本質的な部分に、もっと向き合うべきなのではないでしょうか。

今回は株式会社電通の鍋島氏、吉富氏をお招きし、決済手段に関する最新の調査結果報告を元に、日本人のキャッシュレス意識について考察いただきます。
▲ページトップへ
開催日
2012-07-20(金) 15:00~17:00 (受付14:30~)
セミナータイトル
相続税財産(土地)評価に必要な!! 『市街化調整区域の調査と倍率評価の限界』
講師名
石川 真樹 氏 (株式会社東京アプレイザル 取締役)
開催地
東京都新宿区
ステータス
締め切り
概要
市街化調整区域は、都市計画法上、「市街化を抑制すべき区域」と定めれられていますので、原則として建物は建ちませんが、条件によっては一般的な建物のほか戸建分譲(広大地の適用)も可能となります。また、市街化調整区域は農地法(農業委員会の調査)とも密接に絡むため、調査の仕方を間違えると、過小評価または過大評価に結び付く可能性があります。そこで、本講座では市街化調整区域の土地評価に必要な調査にポイントをおき、資料収集の仕方やその留意点を実際の実例を基に解説いたします。
▲ページトップへ