金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

セミナー検索結果 : 若者マーケティング

若者マーケティングに関するセミナー

開催日
2017-02-10(金) 13:30~16:30
セミナータイトル
新しい若者「つくし世代」のマーケティング攻略法
講師名
藤本 耕平 氏(株式会社 アサツー ディ・ケイ アクティベーションプランニング本部 プランニング・ディレクター 兼 若者プロジェクトリーダー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
ゆとり、さとりと揶揄されることの多い20代の若者たち。しかし彼らにはエネルギッシュでアクティブな一面がある。消費をしないのではなく、時と場所を選んでいるだけ。そんな彼らのモチベーションをうまく引き出すために何が必要なのか。女子高生の間で流行っている「朝食サプライズ」、顔面ケーキからの進化系「顔面豆腐」、パスモの名前欄に「ありがとう」を入れてプレゼントなど、若者たちの間では新しい文化が生まれている。「人を喜ばすことに対する貪欲さ(つくしマインド)」をはじめとした彼らならではの特徴を紐解きながら、新しいマーケティングのあり方を探っていく。
▲ページトップへ
開催日
2013-05-31(金) 13:30~16:30
セミナータイトル
金融業界のための若者マーケティング ~定量データにもとづく価値観や金融行動の分析~
講師名
久我 尚子 氏(株式会社ニッセイ基礎研究所 生活研究部門 研究員)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
現在の若年層はクルマ離れやアルコール離れ、高級ブランド品離れなどといわれるように、かつての若者たちが好んでいたものを必ずしも好まなくなっている。また、インターネットの爆発的な普及やスマートフォンの利用拡大によってマスメディア離れも進んでいる。これらの背景には若年層を取り巻く厳しい経済環境や消費社会の成熟化、恋愛・家族形成にみられる価値観・ライフスタイルの変化がある。これらの変化により若年層へのアプローチには苦心する業界も多い。しかし、金融業界では若い時代からの顧客関係が長期に渡って継続されることも多く、若年層の獲得は今後のマーケティング戦略を考える上で重要な鍵となっている。本セミナーでは、公的機関等のデータを用いて若年層の概況を解説した後、ニッセイ基礎研究所により平成24年度に実施された20~30代を対象とした調査や経年実施の生命保険加入実態調査などから得られた定量データにもとづいて、若年層の消費行動や生活設計状況、具体的な金融商品の加入実態や加入プロセスについて解説する。なお、本セミナーでは若年層として20~30代に焦点をあて、分析内容によって未既婚などの属性で分解し詳細に捉えていく。
▲ページトップへ
開催日
2011-02-25(金) 13:30~16:30
セミナータイトル
金融業界のための若者マーケティング
講師名
橋本 之克 氏(株式会社アサツーディ・ケイ 第3アカウントプランニング局長 ADK金融プロジェクト 兼務)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
昨今、効率を目指して、画一的な手法で大きなボリュームのターゲットを獲得するマス・マーケティングが限界を迎えている。顧客の属性や価値観は多様化しており、さまざまなターゲット・グループに対して、その特性や消費ニーズを把握してマーケティングを行うことが必要となる。
特に「若者」ターゲットにおいては、彼らの心理状態や、それが形成されるまでの社会的・文化的な背景までも把握することが重要だ。なぜならば彼らはマスコミや企業から押し付けられることを嫌い、「自分にとって必要か」「自分にとってメリットがあるのか」という価値観でシビアに物事を判断するためだ。今、若者の意識は急激に変化しており、従来の考え方ではとらえきれない。”若者のクルマ離れ” ”若者の、酒タバコ離れ”などの社会現象も、企業が変化に対応しきれないことが理由である。特に変化の激しい”新20代”は、近い将来、消費の主要ターゲットとなるため、その意識・価値観を知ることが今後のマーケティング活動において重要なカギとなる。
今回のセミナーでは、若者ターゲットが注目される背景を解説した後、特に20代前半の若者に焦点を当てて、彼らの意識やマインドを分析する。そのうえで若者の変化に対応するために、最も重要なポイントを5つに絞って解説していく。

▲ページトップへ
開催日
2018-01-23(火) 13:30~16:30
セミナータイトル
新しい若者「つくし世代」のマーケティング攻略法
講師名
藤本 耕平 氏(株式会社 アサツー ディ・ケイ ソリューションプランニング本部 シニアプランナー 兼 若者プロジェクトリーダー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
ゆとり、さとりと揶揄されることの多い20代の若者たち。しかし彼らにはエネルギッシュでアクティブな一面がある。消費をしないのではなく、時と場所を選んでいるだけ。そんな彼らのモチベーションをうまく引き出すために何が必要なのか。若者の間で流行っている「朝食サプライズ」、顔面ケーキからの進化系「顔面豆腐」、本人には内緒でみんなでつくってプレゼントするアカウント「インスタギフト」など、若者たちの間では新しい文化が生まれている。「人を喜ばすことに対する貪欲さ(つくしマインド)」をはじめとした彼らならではの特徴を紐解きながら、新しいマーケティングのあり方を探っていく。
▲ページトップへ
開催日
2017-08-28(月) 13:30~16:30
セミナータイトル
「なぜ買われないのか?」その課題に挑む、最新ショッパーマーケティング
講師名
山本 泰士 氏 (株式会社博報堂 買物研究所 上席研究員)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
「なかなかモノが売れない時代」「モノ消費からコト消費へ」「消費しない若者」…などと語られ始めて随分と時間が経ちました。けれど評論するだけでなく、どうすれば生活者を動かせるのでしうか?博報堂買物研究所は2003年からこのテーマと向かい合い、様々なお得意先に買物をする生活者=ショッパーを動かすための提言をさせていただいております。
今回はスマホが普及し、情報爆発、選択肢が溢れる現代でどうしたら生活者を動かせるのか?国内外の事例も交えた最新のショッパー潮流の解説から、金融商品、サービスのマーケティングをする上での具体的な発想法まで講義。適宜受講者参加型のワークなども取り入れ分かりやすく楽しい講義を目指します。
▲ページトップへ