金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

セミナー検索結果 : 決済

決済に関するセミナー

開催日
2016-12-02(金) 9:30~12:30
セミナータイトル
グローバルな決済FinTechの成否の実態と日本の金融機関に必要な対応
講師名
星野 真戸 氏(MasterCard Advisors シニア・ディレクター)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
昨年来、FinTechに関する記事を見ない日がない状況です。ところが、注目度が高い割には、「スマホがカメラやゲーム、音楽業界を飲み込んだように、金融機関は、全て置き換えられてしまう」と煽るような話や、「単なる一時的ブーム」と耳にフタをするなど、反応は様々。官庁や経営陣の期待もあり、「何か対応しないといけない」ムードのため、担当部署を作り、勉強会やベンチャーを集めたイベント/提携を模索するが、収益に貢献する道筋は見えてこない場合が多いのではないでしょうか。果たして、変革のインパクトはどこまであり、何をしないといけないのか?“FinTech”という幅広い定義で抽象論を繰り返しても、全く解は見えてきません。変革が最も進む「決済」の分野で、欧米や新興国の事例も交え、具体的なサービスの成否の要件を分析しつつ、見極め方を紹介させていただきます。
▲ページトップへ
開催日
2011-08-23(火) 15:00~17:00
セミナータイトル
震災と決済 ~決済サービスが担うべき新しい役割とは?~
講師名
姥貝徳尚(日本カードビジネス研究会 主任研究員)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
東日本大震災の発生後、被害状況や被災者の方々の近況などが報道されはするものの、生活物資の不足や避難場所の悪環境に関する情報に隠れて、“お金”やそれを媒介とする“決済”についての現況はなかなか耳にしません。とりあえず、着の身着のままで避難した方々はどのように消費生活を送っているのか?各種金融機関は被災者の方々の決済ニーズにどのような対応をとったのか?
震災後の決済にまつわる諸問題を整理するとともに、さまざまな決済手段が大規模災害後にも通常通り使えるという、現金に並ぶ安心感や信頼を得るために必要なことは何かを検討し、21世紀型の決済サービスの新しい役割として提言します。
▲ページトップへ
開催日
2011-02-22(火) 15:00~17:00
セミナータイトル
新たな決済手段PayPalの戦略
講師名
大橋晴彦(ペイパルジャパン株式会社 マーチャントサービス部長)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
世界最大のネットオークションeBayでの実績と、24通貨190の国と地域で利用ができるオンライン決済サービス「PayPaltm(ペイパル)」。日本国内でも利用可能なショッピングサイトが徐々に増えており、存在感が増しつつあります。
本講演ではペイパルジャパン株式会社 マーチャントサービス部長 大橋 晴彦 氏にPayPalは日本の決済市場にどのような変化をもたらすのか、またどのような戦略で日本の決済市場を攻めていくのかご講演いただきます。
▲ページトップへ
開催日
2011-01-25(火) 15:00~17:00
セミナータイトル
決済手段の多様化を求める消費者と決済イノベーション
講師名
佐藤元則(日本カードビジネス研究会 代表)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
2011年という新しい年を迎えるにあたり、カード業界はどこをめざして舵を取るべきなのでしょうか。新天地をめざすべきなのか、旧来のビジネスに固執しつづけるのがいいのか。
いうまでもなく、カード業界の利益はメイン顧客である消費者から生みだされます。その消費者の生活行動が、ふたつの要因によって大きく変容しています。ひとつは低迷する経済情勢、もうひとつは情報通信技術の革新です。消費者は生活行動の変化にともない、決済になにを求めているのでしょうか。この回答に、進むべき進路が明示されているはずです。
年初にあたり、日本カードビジネス研究会代表の佐藤元則が「決済手段の多様化を求める消費者と決済イノベーション」と題し、今後のカード・クレジットビジネスの指針を提言します。ふるってご参加ください。
▲ページトップへ
開催日
2010-07-15(木) 15:00~17:00
セミナータイトル
転換期を迎えた企業通貨(ポイント)市場を徹底解剖! ~1兆円市場に挑む決済サービスの未来像~
講師名
冨田勝己(株式会社野村総合研究所金融戦略コンサルティング部)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
右肩上がりで成長を続けるポイント市場では共通ポイントの存在感が大きくなっている一方、他社との差別化を図るのは難しい状況で、あらためてポイントの意義が問われています。今後ポイントはどうあるべきか?利用者にとって望ましいポイントサービスとは何か?その鍵を握るのは、「ID」にあると考えています。
本講演では株式会社野村総合研究所 金融戦略コンサルティング部 主任コンサルタント 冨田 勝己 氏をお招きし、企業ポイントの現状と成功するためのポイント、今後の予想などについてご講演いただきます。
▲ページトップへ
開催日
2010-06-04(金) 15:00~17:00
セミナータイトル
EC決済の現状と今後
講師名
嶋田大(株式会社ペイジェント 取締役企画管理部長)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
EC市場の拡大にあわせて、決済手段についても、クレジットカード決済、コンビニ決済、ネットバンキング、携帯キャリア決済など多様化しています。

拡大していくEC市場で利用者が求める決済手段とは何なのでしょうか。また、海外サイトでのショッピング拡大によりPayPalや銀聯対応は必要なのでしょうか。今後のEC決済の動向については関連企業が日々注目している状況です。

本講演では、株式会社ペイジェント 取締役企画管理部長 嶋田 大 氏をお迎えし、EC決済についての現状と今後の動向についてご講演いただきます。
▲ページトップへ
開催日
2016-09-09(金) 13:30~16:30
セミナータイトル
決済の基本と決済インフラ改革、そしてFinTech
講師名
宿輪 純一 氏 (帝京大学経済学部教授 慶應義塾大学経済学部非常勤講師 経済学博士)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
FinTechという用語が登場し注目を集め、日本でも実証実験は活発に行われているものの、ビジネスとしての存在感は薄い。Bitcoinなどの仮想通貨も、日本では法律によって財産的価値と定義され、明確に貨幣(通貨)ではないことが確認された。モノとして売買には消費税もかかる。コンプライアンスも対応が急務である。
また、Fintechの多くは「決済」サービスであり、現在の「決済インフラ」や金融業務の関係が重要になってくる。つまり、Fintechを現在の「金融」がどれだけ包摂できるかという問題である。
さらに、日本においては、新日銀ネットが稼働し、今後の予定では、24時間365時間決済の決済小口決済システムが導入され、証券決済期間が短縮化されるなど、決済インフラ改革による高度化が進行している。
ここでは、まず、変わらない「決済の基本」を確認し、現在の「決済インフラ」とその改革の方向性、Fintechのクリアすべき課題やそれぞれのサービスの将来性を検討する。さらに、決済インフラのアジアへのリンク、金融機関のリスク管理の在り方も検討する。
▲ページトップへ
開催日
2016-08-23(火) 15:00〜17:00
セミナータイトル
Amazonが与える決済業界へのインパクト −顧客基盤をもつプレイヤーが決済を支配するのか?−
講師名
姥貝 徳尚(日本カードビジネス研究会 主任研究員)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
この案内を読んでいただいている方で今週オンラインショップを利用した人はどれくらいいるだろうか。その中にはきっとアマゾンを利用した方もいるかもしれない。我々の生活に密接しているアマゾンのサービスはオンラインショップだけでなく、デジタルコンテンツやさまざまなサービスを提供し、個人、法人を問わず幅広く利用されている。アマゾンはさまざまな顧客のニーズを叶えることでサービスを拡大してきた。そのサービスを利用するには最終的に決済が必要となる。小売店だけでなく、決済業界へのインパクトを与えたアマゾンはどのようなサービスを展開し、どこへ向かっていくのだろうか。顧客基盤をもっているアマゾンの強さについて決済サービスを中心に解説する。
▲ページトップへ
開催日
2016-07-20(水) 15:00〜17:00
セミナータイトル
世界のモバイル送金・決済 最前線! −ミレニアルズを魅了するフィンテックとは?−
講師名
増渕 翔平(日本カードビジネス研究会 研究員)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
「居酒屋の飲み代を割り勘しよう」
日本の個人間送金サービスの代名詞で必ず登場する割り勘支払い。たとえば海外では、グループで割り勘することを前提に、アプリで直感的にお金のやり取りができるサービスが既に流行しています。日本のフィンテックは資産管理や会計サービスが多いなか、欧米、アジアに目を向ければ、ミレニアルズ(若年層)を惹きつける斬新なモバイル送金・決済サービスが次々に登場しているのです。
今回は特にユーザーからの支持率が高い事例を多数取り入れ、スマートフォンのアプリ機能やビジネスモデル、ユニークなマーケティング事例に至るまで、さまざまな角度から世界のフィンテックを解剖します。ふるってご参加ください。
▲ページトップへ
開催日
2011-06-14(火) 15:00~17:00
セミナータイトル
ギフトカードモール事業について ~準備と立ち上げまでのプロセス 諸課題と実例について~
講師名
荒井琢麿(インコム・ジャパン株式会社 代表取締役) 
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
世界のプリペイドカード、ギフトカード市場を牽引するインコム。
現在、国内でもデジタルコンテンツからリアル店舗まで様々なシーンで利用できるカードが発行されています。小売店にとっては売上アップの効果が期待できるとされていますが、導入までどのような手順があり、どのような効果があったのかについて、国内、海外の具体的な事例を交え、インコム・ジャパン株式会社 代表取締役 荒井 琢麿 氏にご講演いただきます。
▲ページトップへ
開催日
2010-12-07(火) 15:00~17:00
セミナータイトル
生活者の電子マネーWAON ~地域通貨をめざして~
講師名
前川 渉 氏(イオンリテール株式会社 WAON電子マネープロジェクト プロジェクトリーダー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
2009年度には決済金額が初めて1兆円を超え、決済件数や一回あたりに使われる平均単価も年々増加傾向にあるプリペイド型電子マネー。主要な電子マネーの中でも利用件数や利用単価の増加が他社よりも目立つ、流通系電子マネーのWAON。成長し続ける秘策はどこにあるのか、将来的に目指すものはどこにあるのか。
本講演ではイオンリテール株式会社 前川 渉 氏をお招きし、現在のWAONの状況から具体的な事例をまじえ、成長し続けるWAONの戦略についてご講演いただきます。
▲ページトップへ
開催日
2018-04-24(火) 15:00 ~ 17:00
セミナータイトル
なぜオープンAPIが我が国の金融革新に必要なのか? -顧客目線で描くFinTechビジネスモデルのあり方とは-
講師名
吉本 憲文 氏(住信SBIネット銀行株式会社 FinTech事業企画部長)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
日本の金融革新が岐路に立っています。銀行が自前で作る時代は終わりました。

オープンAPIは日本が金融領域で競争力を取り戻すための重要なキーワードです。

銀行はなぜAPIを開放しなければならないのか?FinTech事業者、その他事業会社はこのチャンスを生かしてどのようなビジネスモデルを描くべきなのか?

今回は住信SBIネット銀行株式会社の吉本氏をお招きし、API公開が努力義務とされた背景からミニ技術解説、同行のオープンAPI構想を中心とした取り組み事例、APIがキャッシュレスにどう寄与するか等について、幅広くお話しをいただきます。
▲ページトップへ
開催日
2018-04-17(火) 15:00 ~ 17:00
セミナータイトル
データに見る、日本人のキャッシュレス意識 - 決済手段に関する最新生活者調査結果報告 -
講師名
鍋島 浩 氏(株式会社 電通 産業戦略室 産業2部 部長)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
いったいなぜ、キャッシュレスが進まないのでしょうか?

2018年は「キャッシュレス元年」とも呼ばれ、様々な事業者が決済や送金の領域で新しいサービスをリリースしていますが、消費者のキャッシュレス決済はなかなか進みません。

私たちは事業者目線で生活者にとって便利な仕組みを考えますが「日本人のキャッシュレス意識」という本質的な部分に、もっと向き合うべきなのではないでしょうか。

今回は株式会社電通の鍋島氏、吉富氏をお招きし、決済手段に関する最新の調査結果報告を元に、日本人のキャッシュレス意識について考察いただきます。
▲ページトップへ
開催日
2018-03-13(火) 13:30 ~ 16:30
セミナータイトル
最新 デリバティブ業務フロー解説
講師名
猪田 義浩
開催地
東京都中央区
ステータス
締め切り
概要
最新のデリバティブ業務について、
業務のフロー及び規制対応などを解説致します。

◆主な内容
・取引量の多いスワップ取引を中心に、市場でのトレードから担保の授受、中央清算機関による清算、ポートフォリオ・コンプレッション、CVAなど、リーマン・ショック後の業務フロー、規制への対応等
・取引経験の無いあるいは乏しい方にも最新のデリバティブ業務が具体的にイメージできるよう、スワップやオプションなどの具体的な取引内容と約定からリコンサイルといったデリバ業務の一般的な流れや、近年デファクト・スタンダード化している Markitwire, TriOptima といった業者の提供するシステムの役割など
・その他、スワップションをはじめとするオプション取引や仕組債関連取引などにおける取引慣習やリスク管理の方法など

最新の規制対応などについても、解説いたします。
▲ページトップへ
開催日
2018-03-27(火) 15:00 ~ 17:00
セミナータイトル
スマホ決済アプリ「PayB」で実現するキャッシュレス化の世界 ~払込票や様々なシーンでスマホを活用する新市場での戦略~
講師名
木幡 徹 氏(ビリングシステム株式会社 営業本部長 兼 業務本部長)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
< 前半 >
1. ビリングシステム社の紹介
・会社概要
・決済サービスの動向および導入事例等
2. スマホ決済アプリ 「PayB」 のサービス紹介
・サービスの特徴
・払込票決済の市場動向
・金融機関および加盟店等の導入状況
・今後の戦略

< 後半 >トークセッション
モデレーター : NCB Lab. 代表  佐藤 元則
※トークセッションの議論テーマは変更の可能性がございます
▲ページトップへ
開催日
2018-03-15(木) 15:00 ~ 17:00
セミナータイトル
2020その先に ~キャッシュレス社会実現に向けての取り組み
講師名
外山 正志 氏(ビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社 取締役 営業本部長)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
1. 決済を取り巻く環境
2. Visa最新動向
3. キャッシュレス普及のカギ
4. FinTechがもたらす未来
5. キャッシュレスシティの経済効果
6. 日本における今後の課題、展望
▲ページトップへ
開催日
2018-02-27(火) 15:00 ~ 17:00
セミナータイトル
Society 5.0が引き起こす決済の変革とパワーシフト 〜10年後に金融・決済サービスの覇権を握るのは誰か〜
講師名
浅見 淳 氏(一般社団法人 金融財政事情研究会 月刊 消費者信用 編集長 )
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
1. 未来投資戦略とキャッシュレス化のKPI
2. 決済に求められているものは何か?
3. EX(顧客体験)の変革に伴う決済の革新
4. 改正割販法と加盟店のセキュリティ対策
5. 決済における4つの変化
① クラウド化
② ID連携
③ 基本構成要素の進化
④ 銀行口座へのショートカット
6. ビジネスモデルの融合と金融庁が描く機能別・横断的法制
7. 行政が旗を振るAPI連携がもたらす変化
8. 金融・決済を巡るパワーシフト
▲ページトップへ
開催日
2018-02-27(火) 15:00 ~ 17:00
セミナータイトル
Society 5.0が引き起こす決済の変革とパワーシフト 〜10年後に金融・決済サービスの覇権を握るのは誰か〜
講師名
浅見 淳 氏(一般社団法人 金融財政事情研究会 月刊 消費者信用 編集長)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
1. 未来投資戦略とキャッシュレス化のKPI
2. 決済に求められているものは何か?
3. EX(顧客体験)の変革に伴う決済の革新
4. 改正割販法と加盟店のセキュリティ対策
5. 決済における4つの変化
① クラウド化
② ID連携
③ 基本構成要素の進化
④ 銀行口座へのショートカット
6. ビジネスモデルの融合と金融庁が描く機能別・横断的法制
7. 行政が旗を振るAPI連携がもたらす変化
8. 金融・決済を巡るパワーシフト
▲ページトップへ
開催日
2018-02-20(火) 15:00 ~ 17:00
セミナータイトル
バックオフィス効率化へ向けた課題へのアプローチ -債権回収などの業務効率化へのキーポイント-
講師名
阿部 章裕 氏(フェアアイザックジャパン合同会社 プリンシパル コンサルタント)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
バックオフィス効率化へ向けた課題へのアプローチ -債権回収などの業務効率化へのキーポイント-
▲ページトップへ
開催日
2012-09-20(木) 15:00~17:00
セミナータイトル
永久不滅.comにみる起業マインドのあり方 ~新事業の明日を担うフリーディスカッション ~
講師名
覺正 純司 氏(クレディセゾン株式会社 取締役 営業企画部長(兼)ネット事業部長)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
日本の決済業界にも欧米の脅威が迫りつつあります。独自の風習、業界構造、規約など、日本は新しい変化を取りづらい環境にあり、決済業界のみならず、こうした「ガラパゴス化」の影響によって日本は世界の潮流に取り残されつつあります。
逆境で新しいビジネスを確立するためにはどのような起業マインドが必要なのでしょうか。そこで今回は、日本でトップの成果をあげるアフィリエイト・モール「永久不滅.com」を立ち上げた株式会社クレディセゾン 取締役 覺正 純司 氏、そして「永久不滅.com」の立ち上げに参画したソフトバンク株式会社 社長室 野澤 比日樹 氏のお二方をお迎えし、新規参入プレーヤーに求められる取り組み姿勢、市場の着眼点、立ち上げ時のリスク管理など、ペイメント業界が時代の変化に対応するための起業マインドについて、フリーディスカッションを交えながらご講演いただきます。
▲ページトップへ
開催日
2011-10-25(火) 15:00~17:00
セミナータイトル
クラウドで変わる決済ビジネス
講師名
八子知礼(デロイトトーマツコンサルティング株式会社 パートナー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
企業では自社のシステムでおこなっていた処理を、インターネットを通じて外部のシステムで処理をおこなうなど、クラウドを活用した技術が導入され始めています。
今回はクラウドコンピューターの基礎から、各業種の導入事例また決済業界にあたえる影響などについてデロイトトーマツコンサルティング株式会社の八子 知礼 氏にご講演いただきます。
▲ページトップへ
開催日
2011-05-18(水) 15:00~17:00
セミナータイトル
資金決済法はこう攻略する! ~新たなビジネスチャンスを掴むためのHow toセミナー~
講師名
堀天子(森・濱田松本法律事務所 弁護士)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
2010年4月、資金決済法が施行され、これまで銀行のみに認められてきた送金・決済業務が、銀行以外の事業者にも解禁されることになりました。これを受けて、2011年1月末時点で、合計9社の事業者が登録を完了させ、送金・決済ビジネスをスタートさせています。今後も登録申請中の会社が続々とビジネスをスタートさせる予定です。情報通信技術の革新・イノベーションの促進と、利用者保護を図ることを目的とした資金決済法により、実際にどのようなビジネスが可能となっているのか、登録のハードルはどの程度なのか。
本講演では森・濱田松本法律事務所 弁護士 堀 天子 氏をお迎えし、当局担当者として立法及び登録審査に携わった経験をもとにご講演いただきます。
▲ページトップへ
開催日
2010-10-07(木) 15:00~17:00
セミナータイトル
OpenIDで広がる決済サービスとWebサービスの可能性 ~Webにおける会員囲い込みの課題と今後の展望~
講師名
山中 進吾 氏(一般社団法人 OpenIDファウンデーション・ジャパン 事務局長)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
SNS利用者が増え続け、ゲームやショッピング、ニュースなど新たなソーシャルサービスが続々と生まれています。コンテンツが充実する半面、長らく利用者とウェブサービス事業者双方にとって課題であった異なるサイト間の認証や情報連携などの問題が、今OpenIDの広がりとともに解決されようとしています。

今後ますますシームレスなウェブサービスが実現されると予想されており、ネットにおける決済のあり方も大きく変わろうとしています。決済事業者と会員との関係性はどう変化するのか?またネット利用者にとっての“おサイフ”はどう位置づけられるのか?

今回の講演では、一般社団法人OpenIDファウンデーション・ジャパン 山中 進吾 氏をお招きし、クレジットカード会社をはじめとした決済事業者にとってのウェブにおける決済や会員サービスの将来像についてご講演いただきます。
▲ページトップへ
開催日
2016-10-25(火) 15:00~17:00
セミナータイトル
アジア圏主要国におけるEコマース市場 および決済ビジネス動向 〜中国・インド・ASEAN主要国〜
講師名
浅川 秀之 氏(株式会社日本総合研究所 上席主任研究員、通信メディア・ハイテク戦略クラスター長)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
中国やインドなどに代表されるアジア圏主要国のEコマース市場の成長は引きつづき著しい。
同一国内を対象としたBtoC向けEC市場の成長はもとより、最近では異国間でのEC市場(越境EC)も注目されている。
異国間での取引においては、決済や物流に関する新たな課題への対応事例も散見される。
さらに最近においては、個人間売買を仲介するEC市場(CtoC)の成長も注目されている。
現在では主に同一国内でのCtoC取引が中心だが、今後は異国間でのCtoC取引の成長も見込まれる。

当セミナーにおいては、市場全体としては大きく成長しながらも、その中の個別事例はさまざまな変化を遂げるアジア圏のEC市場を中心に、その最新動向の整理と、その中での決済ビジネスの動向や新規参入の可能性について紹介する。
▲ページトップへ
開催日
2011-10-18(火) 15:00~17:00
セミナータイトル
オンラインゲーム決済におけるバリューチェーン
講師名
藤田稔(株式会社ISAO iPEGASaaS事業部 事業部長)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
オンラインゲームに代表されるインターネット上のエンターテインメントコンテンツビジネスの中で、会員管理や課金決済を取り巻くバリューチェーンとはどういったものか。昨今の大規模なハッキング問題などのリスクマネジメントをどうするか等、事例を交えながら、今後のオンラインコンテンツビジネスと決済のあり方について、株式会社ISAO 藤田 稔 氏にご講演いただきます。
▲ページトップへ
開催日
2011-07-26(火) 15:00~17:00
セミナータイトル
ソーシャルメディアが決済に与える影響
講師名
中崎尚(アンダーソン・毛利・友常法律事務所 弁護士 )
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
北アフリカ各地でのTwitter革命、東日本大震災後の情報過疎の解消など、私たちの社会においてソーシャルメディアの存在感は日に日に高まりつつあります。

代表的なFacebookやTwitterにあっては公式アカウントなどを開設し、マーケティングに利用する国内企業も急増するなど、企業のソーシャルメディアへの関わりは伸びる一方です。

そこで本講演では、アンダーソン・毛利・友常法律事務所の弁護士 中崎 尚 氏をお迎えし、決済サービス基盤としてのソーシャルメディアの役割や、ソーシャルメディア特有の状況などについて、リーガルリスクの観点での分析を交えながらご講演いただきます。
▲ページトップへ
開催日
2011-05-12(木) 15:00~17:00
セミナータイトル
nanacoの戦略 ~7&iグループにおける金融事業の中核へ~
講師名
磯邊俊宏(株式会社セブン・カードサービス 執行役員 電子マネー開発部担当)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
市場拡大が続きプレイヤーの競争も激しいプリペイド型電子マネーの中にあって、発行枚数や加盟店数で他社の後塵を拝しながら、利用件数で独走するnanaco。その裏にはグループとしての明確な戦略があります。最近でこそニュース性の高い話題は少ないものの、優良な顧客基盤をベースに、次代の取り組みが徐々に進んでいるようです。
本講演では株式会社セブン・カードサービス 磯邊 俊宏 氏をお招きし、現在のnanacoの最新状況や取り組み事例、またその将来像についてご講演いただきます。
▲ページトップへ
開催日
2011-04-21(木) 15:00~17:00
セミナータイトル
2011年日本と世界のニューペイメント予測 ~New Payment Report 2011 発刊記念講演~
講師名
佐藤元則(日本カードビジネス研究会 代表)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
未来の種は過去にある、といわれます。2010年、クレジット決済、デビット決済、プリペイド決済、モバイル決済、送金サービスというニューペイメントではどのような動きがあったのでしょうか。世界ではつぎつぎに革新的なサービスが生まれています。日本でもいくつかのユニークなチャレンジがスタートしました。これらをもとに2011年のニューペイメント市場を予測してみました。はたしてそこではどんな決済が生まれ、どんなサービスが花開いているのでしょうか。日本カードビジネス研究会が発行する「New Payment Report 2011」の概要を、日本カードビジネス研究会代表の佐藤元則と株式会社TIプランニング 代表取締役 池谷 貴 氏が解説します。特に池谷氏には、取材現場の生の声をレポートしていただきます。ご期待ください。
▲ページトップへ
開催日
2010-04-20(火) 15:00~17:00
セミナータイトル
ビジネスシーンを劇的に変えるiPhone
講師名
中山五輪男(ソフトバンクモバイル株式会社 マーケティング本部事業推進統括部 シニアエヴァンジェリスト)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
モバイル業界にスマートフォンという新しいジャンルの裾野を広げたiPhone。通信機能だけでなく、画期的なアプリケーションを駆使しさまざまなビジネスシーンに変化をもたらしています。

本講演ではソフトバンクモバイル株式会社のシニアエヴァンジェリスト中山五輪男氏に、iPhoneの最新アプリケーションの紹介、国内海外のビジネスシーンにおける導入事例をご講演いただきます。カードビジネスや送金サービスにも多くのヒントがあるはずです。ふるってご参加ください。
▲ページトップへ
開催日
2017-02-16(木) 15:00〜17:00
セミナータイトル
割賦のニューモデル!カードレス後払いが拓く新しい決済マーケット
講師名
佐藤 元則(NCB Lab. 代表)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
NCB Lab.は、2月16日(木)にフィンテック関連セミナーを開催いたします。「割賦のニューモデル!カードレス後払いが拓く新しい決済マーケット」と題し、近年台頭するカード不要の割賦払いを取り上げます。EC市場の拡大により、新たな決済手段として導入が加速するカードレス後払い。法律との関連性、審査の方法、国内外の豊富な事例をもとに、注目ポイントやその将来性を解説します。
▲ページトップへ
開催日
2017-01-26(木) 15:00〜17:00
セミナータイトル
2017年 フィンテックの展望とキャッシュレスの野望
講師名
佐藤 元則(NCB Lab. 代表)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
NCB Lab.は、1月26日(木)にセミナーを開催いたします。

英国の欧州離脱、米国大統領にトランプ氏当選、というトレンドをみると、国家のアイデンティティを取戻し、自国民によって景気低迷から脱却したい、という強い思いが世界中に拡大しているようです。
2017年、世界の、そして日本の金融・決済業界はどんな展開になるのでしょうか。
例えば怖いシナリオは、決済・送金はボーダレスから国境や民族、宗教を意識する閉鎖的なサービスへ移行。とか、規制強化でフィンテックは逆風にさらされる。
楽観的なシナリオは、民族意識がキャッシュレスを加速。とか、規制強化でキャッシュレス加盟店が急増とか。
新しい年を迎えるにあたり、NCB Lab.代表の佐藤元則が恒例の大胆予測を披露します。
ふるってご参加ください。
▲ページトップへ
開催日
2016-12-20(火) 15:00〜17:00
セミナータイトル
Apple Payから見た世界のモバイル決済
講師名
増渕 翔平(NCB Lab. 研究員)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
フィンテック関連セミナー(12月20日)「Apple Payから見た世界のモバイル決済」NCB Lab.!2016年12月1日 13時
NCB Lab.は、12月20日(火)にフィンテック関連セミナーを開催いたします。「Apple Payから見た世界のモバイル決済」と題し、「支払いのモバイル化」が破壊する旧来のビジネス構造について、ビジネスモデルや関与者の変化、中国など世界のモバイル決済動向といった視点から、幅広く解説させていただきます。
▲ページトップへ
開催日
2016-11-22(火) 15:00〜17:00
セミナータイトル
Money20/20でわかったFintech注目最新トレンド -世界最大Fintechイベント 参加報告-
講師名
姥貝徳尚(NCB Lab. 主任研究員)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
さまざまなメディアを賑わしつづけるフィンテック。
国内でもベンチャー企業だけでなく大手金融機関もつぎつぎに参戦し、
モバイル決済や送金、融資に至るまで、フィンテックによる金融変革が起きつつあります。
では今後のフィンテックはどこへ向かうのか。
最新動向を知るべく、世界最大級のフィンテックイベント「Money20/20」へNCBメンバーが参加します。
世界では今何が起きているのか。
フィンテックの今を、具体事例とともにレポートいたします。
ふるってご参加ください。
▲ページトップへ
開催日
2016-10-18(火) 15:00~17:00
セミナータイトル
10大ニュースから読み解く!世界の最新Fintechトレンド
講師名
佐藤 元則(NCB Lab. 代表)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
いま、世界中で飛びかっているFintech関連のニュースには、金融業界の大きなうねりを見ることができます。
世の中ではなにが、なぜ、どのように起こっているのでしょうか?
今回は、最近の10大ニュースをレビューし、各トピックスの背景や狙いをNCB Lab. 独自の観点で、おもしろく、わかりやすく解説させていただきます。
今までのNCBとはひと味違う、ユニークなスタイルのセミナーとなります。
ふるってご参加ください。
▲ページトップへ
開催日
2010-10-27(水) 10:00~17:00
セミナータイトル
資金決済法をチャンスに飛躍するには? ~成長戦略を描くための鍵を見つけよう~
講師名
佐藤元則(日本カードビジネス研究会 代表、株式会社アイエスアイ 代表取締役)、他NCB研究員
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
先日開催した第251回NCB定例セミナー「資金決済法をチャンスに飛躍 ~送金サービスとプリペイド・デビットで成長戦略を描く~」が大変ご好評をいただきました。

そこで上述の内容をさらに深堀りさげて研究すべく、あらためてニューペイメントセミナーを開催いたします。今回はゼミ形式とし、ご参加いただく皆様も一緒に考え、質問したり意見したりと、より理解を深めていただけるようなセミナーを考えております。

プリペイド決済、送金サービス、モバイル決済など、日本において未開拓の市場が眼前に広がるなか、どこに参入するべきなのか?またどうすれば収益事業に育てることができるのか?その答えを探るカギがここにあります。

定例セミナーにご参加いただけなかった方はもちろん、ご参加いただいた方にも必ずやご満足いただける内容となっております。この機会を逃すことなく、新しい決済ビジネスをその手におさめていただくためにも、本セミナーへの皆さまのご参加をお待ち申し上げております。
▲ページトップへ
開催日
2010-07-08(木) 13:00~17:00
セミナータイトル
New Payment Seminar ~新しい決済トレンドとカードの基礎知識を学ぶ~
講師名
佐藤元則(日本カードビジネス研究会 代表、株式会社アイエスアイ 代表取締役)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
カード・クレジット業界で長年研究を続けてきたNCBならではの豊富な内容の講義と、その場で疑問を解決できるフリーディスカッションで、単なる知識ではない、納得した理解を得られることでしょう。
基礎知識の習得や復習から中・上級者の方にもお役立ていただける実践的な内容まで、正統派のカード関連知識を身につけたい方に最適です。今年からは新たにNew Paymentの要素を盛り込んで、さらに充実したセミナーとなりました。
▲ページトップへ
開催日
2017-07-27(木) 15:00 〜 17:00
セミナータイトル
フィンテック関連セミナー(7月27日)「事業の壁を超えるイノベーション『金融だってオープンイノベーション』」
講師名
冬野 健司 氏(株式会社情報通信研究所 取締役 新ビジネス推進担当 主席研究員)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
NCB Lab.は、7月27日(木)にフィンテック関連セミナー「事業の壁を超えるイノベーション『金融だってオープンイノベーション』」を開催いたします。テクノロジーの進化と各企業の努力により、日々新しいサービスが登場しています。そんな中、技術革新を進めるキーワードとして「オープンイノベーション」が注目されています。オープンイノベーションとは自社だけの技術だけでなく他企業などとの連携により幅広い経験、知識から革新的な技術を生み出す考え方です。金融業界はフィンテックというキーワードの登場で果たしてオープンイノベーションは進んでいるのでしょうか。他業界のオープンイノベーションの事例をもとに金融業界での可能性について掘り下げていきます。
▲ページトップへ
開催日
2017-07-20(木) 15:00 〜 17:00
セミナータイトル
フィンテック関連セミナー(7月20日)「NCBが選ぶ2017年上期注目トピックスランキング」
講師名
姥貝 徳尚(NCB Lab. 主任研究員)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
NCB Lab.は、7月20日(木)にフィンテック関連セミナー「NCBが選ぶ2017年上期注目トピックスランキング」を開催いたします。2017年、中国ではキャッシュレス決済市場が200兆円を超えました。消費支出に占めるカード決済比率がわずか5%と言われるインドでさえ高額紙幣廃止を機に非現金決済が進んでいます。米国ではあらゆる企業が業界をこえて金融&決済で顧客の心をつかみ、日本も負けじとスマホを起点に日常の決済や送金を革新する動きが目立ち始めています。めまぐるしく進化する金融・決済の世界動向について、今回はランキング形式で各テーマを深堀りした特集をお送りします。ぜひご参加下さい。
▲ページトップへ
開催日
2017-05-23(火) 15:00 〜 17:00
セミナータイトル
フィンテック関連セミナー(5月23日)「2020キャッシュレスオリンピックに向けて -訪日外国人の購買需要をどう取り込むのか?-」
講師名
大竹口 隆 氏(株式会社ネットスターズ 執行役員 インバウンド事業部長)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
NCB Lab.は、5月23日(火)に決済関連セミナー「2020キャッシュレスオリンピックに向けて -訪日外国人の購買需要をどう取り込むのか?-」を開催いたします。2016年の訪日外国人観光客は2,000万人を超えました。中国人観光客の爆買いは収束したといわれてはいますが、同じく2016年の訪日外国人旅行消費額は過去最高となっています。消費がモノからコトへと変わってきているなか、購買需要をさらに増加させるにはどうしたらよいのでしょうか。今セミナーでは、インバウンド事業に携わる 株式会社ネットスターズ 執行役員 インバウンド事業部長の大竹口 隆 氏、ぴあ株式会社 インバウンド事業開発室 室長の宮崎 裕二 氏をお招きし、両社の決済、マーケティング施策についてご講演いただきます。後半ではNCB Lab. 代表の佐藤も加わり、トークセッション形式で開催します。
▲ページトップへ
開催日
2017-05-16(火) 15:00 〜 17:00
セミナータイトル
フィンテック関連セミナー(5月16日)「キャッシュレスジャパンを実現するための課題と対策 -アクワイアリングの現場から-」
講師名
林 和宏 氏(株式会社エム・ピー・ソリューション 取締役)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
NCB Lab.は、5月16日(火)に決済関連セミナー「キャッシュレスジャパンを実現するための課題と対策 -アクワイアリングの現場から-」を開催いたします。決済方法がカードから非接触、モバイルなど多様化するなか、2020年のキャッシュレス五輪に向けて、どのような施策を取るべきなのでしょうか。今セミナーでは、株式会社エム・ピー・ソリューション 取締役の林 和宏 氏と、Square 株式会社 カントリーマネージャーの水野 博商 氏をお招きし、アクワイアリングの現状や課題、今後の展開につき、ご講演いただきます。
▲ページトップへ
開催日
2016-10-25(火) 13:30~16:30
セミナータイトル
日米クレジットカード・ビジネスの最新事情と将来像≪入門編≫
講師名
岩崎 薫里 氏 (株式会社日本総合研究所 調査部 上席主任研究員)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
キャッシュレス化の着実な進展に伴いわが国のクレジットカード市場は拡大を続けているものの、事業の収益環境は厳しさを増しています。折しも、ICTの発展によるデジタル社会の到来に伴い、カード・ビジネスが大きく変わりつつあります。そうした変化を的確に認識するとともに、新たなビジネスチャンスとして活用するにはどうすればよいでしょうか。
本稿ではまず、そのヒントを求めてキャッシュレス先進国のアメリカの動向についてみていきます。アメリカでも現在、台頭するフィンテック企業に加えて、ミレニアル世代やオムニチャネルへの対応を迫られ、各プレイヤーはさまざまな試行錯誤を行っています。それらについて、アメリカのクレジットカード市場の基本構造を交えてみていきます。
次に、彼らの取り組みを踏まえて、わが国のカード・ビジネスの今後の一つの方向性を紹介します。カード・ビジネスがICTをプロアクティブに活用することで、カード会社、カード会員、カード加盟店という、カード・ビジネスを構成する3者の関係性を構築、強化、進化することの重要性について解説します。
▲ページトップへ
開催日
2010-11-11(木) 15:00~17:00
セミナータイトル
電子マネービジネスの拡大への布石 ~加盟店開拓の流れの変化と提案について~
講師名
林 和宏 氏(株式会社エム・ピー・ソリューション 取締役)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
年初に「今年こそ電子マネー元年」といわれて久しい。今年は、Edy、Suicaが揃って10歳になり、主要プリペイド電子マネーの決済総額が1兆円を超えるなど、我々の生活に身近になりつつある電子マネーではありますが、全消費支出300兆円に比べれば、1%すら程遠い決済額にすぎません。
決済普及を考えるとき、常に「鶏(会員)が先か、卵(加盟店)が先か」が議論になります。今回は加盟店サイドに目を向け、「なぜ爆発的に加盟店が増えないのか?」、「増えるためにはどうしたらいいのか?」を整理したうえで、具体的な事例紹介や取組みにおける経験談を交えながら、加盟店募集の具体的な戦術展開について考察していきます。
▲ページトップへ
開催日
2010-06-15(火) 15:00~17:00
セミナータイトル
VISAの最新ソリューションがカードビジネスを変える! ~資金決済法を踏まえた、ビザの日本戦略とは~
講師名
外山正志(ビザ・ワールド・ワイド・ジャパン株式会社 コンシューマープロダクツ ヘッド)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
貸金業法、割賦販売法の改正による規制強化でカード・クレジットビジネスが厳しい状況にたたされているなか、かたや資金決済法の施行により送金ビジネスなど新たなビジネスチャンスも生まれています。技術の進化により決済手段も多様化しており、今後の展開が気になるところであります。

本講演では、ビザ・ワールド・ワイド・ジャパン株式会社 コンシューマープロダクツ ヘッド 外山 正志 氏をお迎えし、ビザ決済ビジネスの世界の動向から国内における今後の展開についてご講演いただきます。
▲ページトップへ