金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

セミナー検索結果 : 楽天

楽天に関するセミナー

開催日
2018-06-15(金) 13:30~16:30
セミナータイトル
楽天のデータサイエンスの活用
講師名
森 正弥 氏(楽天株式会社 執行役員 兼 楽天技術研究所代表 兼 楽天生命技術ラボ所長 公益社団法人 企業情報化協会 常任幹事)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
楽天の戦略R&D組織である楽天技術研究所では、ビジョン「サード・リアリティ」と共にE-Commerce、FinTech、IoT関連の技術開発を行っており、世界4カ国の体制で特にアカデミックなアプローチによるデータサイエンスの活用に力を入れています。その成果として、Deep Learningを応用した潜在顧客抽出ソリューションの開発、NLPを応用した潜在ニーズ抽出によるマーケティングの展開、世界有数の精度を誇る機械翻訳技術の実践導入を行っています。本講演では、データ活用の様々な事例および、課題について述べます。特にインターネットの発展がビジネスにもたらす困難さとそれとデータサイエンスとの関係を明らかにし、今後、大きなトレンドとなると思われる、創造的コンテンツを作り出すクリエイティブAIの誕生へとつながるビジョンを提示します。
▲ページトップへ
開催日
2013-05-29(水) 13:30~16:30
セミナータイトル
楽天の3金融分野における競争力と今後の予測
講師名
丹羽 哲夫 氏(経営企画研究所  代表)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
ネットの巨大なプラットフォームを有し、銀行・証券・保険などの総合金融業態を展開するグループがある。それは楽天グループであり、課題を克服しながら着実に成長している。外部から見るとネット総合金融会社に見えるが、金融商品購入プロセスや個別の金融商品開発に独自性を追求するだけでなく、目指す未来像は異なる。特に、未来像を実現していくための会員ビジネスモデルは現在構築途上にある。競合する金融グループとの多面的な競争力を比較分析しながら、3金融分野における今後の戦略展開を予測する。これらの分析・予測を通じて各金融業態各社への影響を推測し、今後の戦略に取り入れられる内容である。
▲ページトップへ
開催日
2012-12-06(木) 13:30~16:30
セミナータイトル
楽天の成長戦略とE-Commerce ~ロングテール、大規模トランザクション処理、クラウド、ビッグデータとグローバリゼーション~
講師名
森 正弥 氏(楽天株式会社 執行役員 楽天技術研究所 所長)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
日本を代表するインターネット E-commerce企業である楽天の成長について、E-commerce というビジネスの本質について言及しつつ、その成長を支えてきた技術群についても含めて解説する。特に、E-commerceのロングテールとは例えばどのような形でビジネスの実際として現れてくるのか。そのようなビジネスを進める上での技術課題とはどのようなものか。そして、爆発的に成長するインターネットに対応して、どのような戦略を持ち、組織を構成し、技術活用をしてきたのかについて、実際に用いてる技術群のプレゼンテーションを通し説明する。また楽天の英語公用語化、グローバリゼーションの実際についても、なぜそれが必要なのか、そして実際の成長にどのような形で関わっているのかについても取り上げる。
▲ページトップへ
開催日
2011-08-05(金) 13:30~16:30
セミナータイトル
楽天とSBIの金融戦略研究 ~巨大なプラットフォームと異なるビジネスモデル~
講師名
丹羽 哲夫 氏(経営企画研究所 代表)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
ネットの巨大なプラットフォームを有し銀行・証券・保険などの総合金融業態を目指すグループがある。それは楽天グループとSBIグループであり、着実に成長している。両グループの共通点が顕著であるため、外部から見ると同じネット総合金融会社に見える。しかし、金融商品購入プロセスや個別の金融商品だけでなく、両社の事業内容を詳細に分析していくと今後の目指す未来像は異なる。特に、未来像を実現していくためのビジネスモデルは現在構築中であるが、大きな相違がある。金融グループ形成の経緯から分析し、今後の戦略展開を対比して予測する。これらの分析・予測を通じて各金融業態各社への影響を推測し、今後の戦略に取り入れられる内容である。

▲ページトップへ
開催日
2007-11-09(金) 13:30〜16:30
セミナータイトル
楽天のネット保険販売戦略
講師名
茨木 紀夫 氏(楽天株式会社 保険BU事業長)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
 楽天は今年10周年で節目の年を迎えている。世界一のインターネット企業を目指す楽天ではお客様のニーズに沿った商品の品揃えとして様々な金融商品も取り扱っている。
 このセミナーでは、「保険」という商品がインターネットの世界でどのように販売されれば最もお客様の希望に沿った形で最適・快適に保険加入をお勧めできるのか、現状の保険業界における問題点も検討しながら、その可能性について解説する。
▲ページトップへ
開催日
2016-07-26(火) 15:00〜17:00
セミナータイトル
続出する共通ポイント。 勝敗を決めるのは経済圏としての影響力
講師名
冨田 勝己 氏(株式会社野村総合研究所  ICT・メディア産業コンサルティング部  上級コンサルタント)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
2014年10月の楽天(楽天スーパーポイント)につづいて、2015年12月にはNTTドコモ(dポイント)が、2016年6月にはイオン(WAON POINT)が自社グループのポイントを共通ポイントへと転換。また、地域レベルでも東ではJR東日本グループ、西では阪急阪神グループが自社グループ内のポイントの統合を進めるなど、様々なレベルでポイントの共通化が進んできている。
その狙いは、ポイントに紐づく様々な活動の補足と促進とを効果的におこなえる“経済圏”を構築することで、より広範な事業の収益性を高めることにある。
本講では共通ポイントが続出している背景を解説するとともに、今後の環境変化
を踏まえ、来るべき共通ポイント時代の将来像を提示する。
▲ページトップへ
開催日
2016-12-14(水) 9:30~12:30
セミナータイトル
ソフトバンク・グループの金融事業参入戦略
講師名
丹羽 哲夫 氏 (経営企画研究所 代表)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
ソフトバンク・グループはネット・通信関連事業を多数抱えている。検索エンジン・スマートフォーンを集客の入り口として巨大な事業生態圏の形成を目指している。必然的に、EC事業のテコ入れと並行して、2012年にヤフー内にセントラルサービスカンパニーを新設し、金融事業を多面的に展開する動向を示していた。その後、グループの展開はSBIグループのネット総合金融会社とは異なるアプローチで展開し、目指す未来像は異なる。さらに、異業種最強タッグによる本業の選択と集中は、楽天・KDDIの金融事業とも競合していく。ソフトバンク・グループの未来像を実現していくため既出資のネット銀行やFX 事業の拡大とソフィで先行した融資事業などから、今後の戦略展開を予測する。展開金融事業の競争力と他の金融業態への後発参入戦略の分析を通じて各金融業態への影響を推測し、今後の戦略に取り入れられる内容である。
▲ページトップへ
開催日
2017-04-20(木) 9:30~12:30
セミナータイトル
本格化するアマゾンの金融事業戦略
講師名
丹羽 哲夫 氏 (経営企画研究所 代表)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
アマゾンは、EC(電子商店街)発で巨大な経済圏の形成を世界的に目指している。必然的に、EC事業を中核にして、様々な事業を展開し、その多角化動向は極めて顕著である。しかし、アジアにおいて思わぬライバルと伏兵に遭遇している。しかも、アマゾンとして手薄な金融事業において、ライバルと伏兵はネット総合金融戦略を展開している。躍進するライバル(アリババグループ)と伏兵(楽天グループ)との金融戦略の相違を明確にし、アマゾンの金融戦略の実像をアメリカと日本で確認する。相互に影響し合う競争戦略の性質を踏まえ、アマゾンの今後の日本における金融戦略展開も予測する。展開金融事業の競争力と他の金融業態への後発参入戦略の分析を通じて各金融業態への影響を推測し、今後の戦略に取り入れられる内容である。
▲ページトップへ
開催日
2017-09-22(金) 13:30~16:30
セミナータイトル
楽天のビッグデータ及びAI活用とイノベーションの創出
講師名
森 正弥 氏(楽天株式会社 執行役員 兼 楽天技術研究所代表 公益社団法人企業情報化協会 常任幹事)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
楽天の戦略R&D組織である楽天技術研究所では、ビジョン「サード・リアリティ」と共にE-Commerce、Fintech、IoT関連の技術開発を行っており、世界5拠点の体制で特にAI技術の活用に力を入れています。昨夏には、シンガポール科学技術研究庁(A*STAR)とのAI人材育成プログラムを立ち上げ、またスタンフォード大学やMIT、筑波大学とのAI技術活用の共同研究を開始する等、活動を加速させています。本講演では、 AI技術活用に向けた課題について述べます。特にインターネットの発展がビジネスにもたらす困難さとそれとAIとの関係を明らかにし、より活用を推進し、イノベーションの創出へと繋げる為に示唆となる論点を提示したいと思います。
▲ページトップへ
開催日
2011-03-15(火) 15:00~17:00
セミナータイトル
新展開!Edyのこれから ~楽天グループとしての戦略~
講師名
宮沢和正(ビットワレット株式会社 CSO)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
今や電子マネー市場は1兆円を超えるまでに成長したが、その黎明期に「Edy」をもって業界を引っ張ったビットワレット社は、昨年楽天グループの一員となり、新たなスタートをきった。交通系、流通系の電子マネーが勢いを増す中、汎用型の「Edy」はどういった戦略をとるのか?楽天グループとしてシナジーは生まれるのか?生き残りをかけた新しい施策はうたれるのか?
本講演ではビットワレット株式会社 CSO 宮沢和正氏をお迎えし、「Edy」の今後の展開についてご講演いただきます。
▲ページトップへ