金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

セミナー検索結果 : 外部委託

外部委託に関するセミナー

開催日
2018-08-08(水) 13:30~16:30
セミナータイトル
金融機関の外部委託先管理の再構築
講師名
田宮 秀樹 氏(有限責任監査法人トーマツ シニアマネジャー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
お申し込み可
概要
金融機関における外部委託は引き続き拡大傾向にあります。一方、外部委託先での情報漏洩事故や品質面での不備が報道され、現行の委託先管理の形骸化や実効性に不安を持つ声も多く聞かれます。委託先における内部不正への対策なども引き続き課題として認識されています。
本セミナーでは改めて外部委託リスクを整理します。前半では現状の課題とシナリオを利用した形骸化防止策、サービスの多様化による新しいリスクを、後半では可視化した外部委託リスク情報を利用した管理の効率化事例、委託業務の事務リスクとRPA(Robotic Process Automation)が外部委託業務に与える影響についてご紹介します。
▲ページトップへ
開催日
2014-05-12(月) 13:30~16:30
セミナータイトル
金融機関における外部委託先管理のポイント ~顧客情報の外部委託を中心として~
講師名
浅井 弘章 弁護士(浅井国際法律事務所)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
金融機関では多数の部門・部署において外部委託制度が積極的に活用されているところ、外部委託制度に関する法規制は複雑多岐にわたり、また、近年その法規制が強化されつつある。
本セミナーでは金融機関の外部委託に伴う問題のうち、顧客情報の管理に焦点をあてて、実務上の留意点等を分かりやすく解説する。
▲ページトップへ
開催日
2015-02-26(木) 13:30~16:30
セミナータイトル
【大阪オンラインLiveセミナー】金融機関のシステムリスク管理≪実践編≫
講師名
田宮 秀樹 氏(有限責任監査法人トーマツ シニアマネジャー)
開催地
大阪市淀川区
ステータス
締め切り
概要
近年、システムリスクの顕在化が相次いで報道されており、金融機関にとって複雑化、多様化するシステムリスクの管理は、より一層重要になっています。システムリスク管理の管理サイクルは多くの金融機関で確立していますが、現行の管理に対する形骸化や実効性に不安を持つ声も多く聞かれます。また、外部委託先における情報セキュリティリスク顕在化についても改めて課題として認識されています。本セミナーでは、リスク管理担当者向けに、最近の事故事例や外部委託業務の多様化を踏まえ、実効性のあるシステムリスク管理実務を解説いたします。また、金融機関でも利用が増えつつあるクラウド環境の利用について、システムリスクの観点からの留意点についてもご紹介します。

※大阪会場の注意事項
オンラインLiveセミナー開催中に音声及び映像のトラブルが万が一発生した場合は、次の通り対応をさせていただきますのでご了承ください。
(1)映像等が切断した場合、再接続してから講義を再開いたします。
(2)接続が回復できない等、再開が困難な場合はオンラインLiveセミナー不成立として参加費を返金させていただきます。
▲ページトップへ
開催日
2015-02-26(木) 13:30~16:30
セミナータイトル
金融機関のシステムリスク管理≪実践編≫
講師名
田宮 秀樹 氏(有限責任監査法人トーマツ シニアマネジャー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
近年、システムリスクの顕在化が相次いで報道されており、金融機関にとって複雑化、多様化するシステムリスクの管理は、より一層重要になっています。システムリスク管理の管理サイクルは多くの金融機関で確立していますが、現行の管理に対する形骸化や実効性に不安を持つ声も多く聞かれます。また、外部委託先における情報セキュリティリスク顕在化についても改めて課題として認識されています。本セミナーでは、リスク管理担当者向けに、最近の事故事例や外部委託業務の多様化を踏まえ、実効性のあるシステムリスク管理実務を解説いたします。また、金融機関でも利用が増えつつあるクラウド環境の利用について、システムリスクの観点からの留意点についてもご紹介します。
▲ページトップへ
開催日
2014-10-22(水) 13:30~16:30
セミナータイトル
金融機関業務の外部委託と有効な管理のための着眼点
講師名
青木 茂幸 氏 (東京国際コンサルティング株式会社 代表取締役)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
金融機関業務の外部委託の広範化や代理業務の進展に伴い、多様なリスクが顕現化しており、重大な事件に至った例も散見される。こうした状況を踏まえた法令等の改正も行われ、監督当局による金融機関の外部委託管理態勢へのチェック姿勢も厳格化している。最近の監督・検査における外部委託管理態勢の着眼点、見落としやすいポイント等を含め、有効な委託業務管理の基本姿勢、ポイントについて実務的に解説する。
▲ページトップへ
開催日
2014-10-09(木) 14:30~17:30
セミナータイトル
金融機関業務の外部委託と有効な管理のための着眼点
講師名
青木 茂幸 氏(東京国際コンサルティング株式会社 代表取締役)
開催地
大阪府大阪市中央区
ステータス
締め切り
概要
金融機関業務の外部委託の広範化や代理業務の進展に伴い、多様なリスクが顕現化しており、重大な事件に至った例も散見される。こうした状況を踏まえた法令等の改正も行われ、監督当局による金融機関の外部委託管理態勢へのチェック姿勢も厳格化している。最近の監督・検査における外部委託管理態勢の着眼点、見落としやすいポイント等を含め、有効な委託業務管理の基本姿勢、ポイントについて実務的に解説する。
▲ページトップへ
開催日
2014-09-02(火) 13:30~16:30
セミナータイトル
保険会社の外部委託・代理業務の適切な管理と監督対応
講師名
青木 茂幸 氏(東京国際コンサルティング株式会社 代表取締役)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
保険会社における経営管理の変化や業務委託の広範化に伴い、内部管理の重点領域が、業務委託や代理業の管理のあり方に移行しており、監督・検査部局の関心も高いところです。そこで保険会社向け監督方針、金融モニタリング基本方針、問題事例等の分析を踏まえつつ、保険会社における外部委託・代理業務の適切な管理の水準やあり方、監督対応について実務的に解説を行います。
▲ページトップへ
開催日
2014-02-26(水) 13:30~16:30
セミナータイトル
金融機関における外部委託と危機管理 ~反社・顧客情報漏えい・不祥事件等の実務~
講師名
香月 裕爾 弁護士(小沢・秋山法律事務所 パートナー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
外部委託には功罪の両面がある。コストダウンや企業経営の効率化を図ることができるものの、反面で第三者に業務を委ねることとなるから、監督が不十分等になるリスクを抱えることになる。
 最近、銀行融資において、申込、審査、融資、管理、回収までの全過程を子会社であるノンバンクへ外部委託をした事例にて、反社会的勢力に対する融資を行っていた多数の事案が発覚し、社会的な問題とされた。その他、外部委託においては、顧客情報の漏えい事案、委託先の職員の不祥事件等の問題事案が散見されることになっている。そこで、このような外部委託における危機管理(有事対応)に関し、特に第三者委員会の留意点等についても、体験を踏まえて考えてみたい。
▲ページトップへ
開催日
2011-10-26(水) 13:30~16:30
セミナータイトル
金融機関における外部委託先管理の解決策 ~リスク管理の観点からの実務対応~
講師名
田宮 秀樹 氏(有限責任監査法人トーマツ シニアマネジャー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
平成23年8月26日に平成23事務年度の監督方針並びに検査基本方針が発出されました。外部委託先管理については今年度も引き続き基本方針に挙げられており、適格な業務遂行状況を検証することが明記されています。もはや、金融機関にとって外部委託はなくてはならぬものになっていますが、コスト削減などのメリットの享受が先行し、その裏側に潜むリスクやリスクを軽減するための管理手法については、まだ未解決の課題といえそうです。本セミナーでは、委託先管理の取組事例や金融検査指摘事例等を紹介するとともに、リスク管理のフレームワークを利用して、外部委託に伴うリスクの明確化と削減手法について、現実的な解決策を解説することといたします。
▲ページトップへ
開催日
2017-04-10(月) 13:30~16:30
セミナータイトル
金融機関における改正個人情報保護法と外部委託の実務
講師名
香月 裕爾 弁護士(小沢・秋山法律事務所)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
個人情報の保護に関する法律が改正され、本年5月30日から施行される。平成17年4月1日の全面施行以来、初めての改正であって改正事項は多岐にわたる。平成28年1月1日から個人情報全般を司る独立行政委員会である個人情報保護委員会は、同年10月5日に「個人情報の保護に関する法律施行令の一部を改正する政令」と「個人情報の保護に関する法律施行規則の一部を改正する規則」を公布し、同年11月30日に「個人情報の保護に関する法律についてのガイドライン」を公表している。個人情報保護法等が改正されたことによって、ガイドラインの通則編に外部委託管理規定が置かれたものの、金融機関に適用される「金融分野における個人情報の保護に関するガイドライン」には、大きな修正点はない。これに対し、改正法が創設した「外国にある第三者への提供の制限」においては、金融機関が外国の事業者に外部委託をする場合の新たな規制が設けられている。また、改正法によって創設された個人データの第三者提供に係る確認・記録義務においては、金融機関が顧客の委託等を受けて「本人に代わって」個人データを第三者に提供する場合には、確認・記録義務が生ずる第三者提供に該当しないとの考え方がガイドラインの「第三者提供時の確認・記録義務編」によって示されている。
そこで、本セミナーでは、金融機関が個人データの取扱いの全部または一部を外部委託する場合の留意点および改正法によって創設された規制等について考えてみたい。
▲ページトップへ
開催日
2014-06-26(木) 13:30~16:30
セミナータイトル
金融機関の本社機能に対する内部監査手法の高度化≪実践編≫
講師名
青木 茂幸 氏(東京国際コンサルティング株式会社 代表取締役)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
金融機関における内部監査の重要性は年々高まっており、当局の期待も大きくなっている。リスクベースの監査を前提とした場合、依然として課題が残るポイントが本社機能に対する監査である。そこで監督当局の問題意識も踏まえつつ、本社機能監査の課題と高度化の手法について実践的な解説を行うものである。
▲ページトップへ
開催日
2012-02-27(月) 13:30~16:30
セミナータイトル
保険会社における外部委託・グループ内委託管理の重要ポイント
講師名
浅井 弘章 弁護士(尾高・浅井国際法律事務所)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
保険会社・保険会社グループでは多数の部門・部署において外部委託制度が積極的に活用されているが、外部委託制度に関する法規制は複雑多岐にわたり、また、近年その法規制が強化されつつある。本セミナーでは保険会社の外部委託に関する法規制・問題点を採りあげ、それぞれの法規制について「違法となる場合」、「適法となる場合」の典型(机上・仮想)事例を採りあげ、どのような点に注意する必要があるかを検討する。また、保険会社グループにおいて外部委託制度を活用するにあたっての実務上の留意点について解説する。

▲ページトップへ
開催日
2012-02-17(金) 13:30~16:30
セミナータイトル
個人情報の漏えいと消費者集合訴訟リスク ~外部委託における情報漏えい防止体制の整備~
講師名
香月 裕爾 弁護士(小沢・秋山法律事務所 パートナー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
消費者庁を統括する消費者委員会によって検討されていた集合訴訟制度の概要が明らかとなった。消費者委員会に設置された「集団的消費者被害救済制度専門調査会」から検討結果が公表されたからである。現在、平成24年の国会(常会)提出を目指し、法制化作業がされているものと思われる。
消費者集合訴訟は、そもそも米国等におけるクラスアクションに類似しており、少額被害の大量事件を効率よく裁くために認められる制度であって、被害者の救済という観点からは、合理性のある制度であるものの、被告席に座らなければならない企業にとっては負担の重い制度でもある。しかも、大量の個人顧客情報を取り扱う金融機関において、情報漏えい事件が生じたとすれば、単純な漏えいだけでは、個々人の被害額は少額であり、大量の事件数になるから、集合訴訟の対象となることが予想される。加えて、昨今は経費削減等の見地から顧客情報の管理等について外部委託が利用されることも多く、外部委託は、受託者という第三者が存することから、法律問題も複雑になりがちであるし、どのような場合であれば、管理監督責任を果たしたと解されるかなども問題となり得る。
本セミナーでは公表された消費者集合訴訟の概要を説明するとともに、従来生じた具体的な事件に照らして、その解決方法などを考える。さらに、漏えい事故の起こりがちな外部委託の管理体制についても言及する。

▲ページトップへ
開催日
2012-08-30(木) 13:30~16:30
セミナータイトル
金融機関におけるシステム障害に対する業務継続管理強化の実務 ~実際のシステム障害対応事例、及びシステムリスク総点検と金融検査マニュアル改訂への対応を踏まえて~
講師名
宮村 和谷 氏(PwC Japan あらた監査法人 リスク・アシュアランス部 代表社員)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
業務のシステム依存度が高い金融機関において、重大システム障害は非常に大きな社会的インパクトを与え得るリスクとなっています。対応の如何によって、各種ステークホルダーに対する影響にとどまらず、金融システム全体の信頼性にも影響しかねないことが、昨今の障害実績からも明らかとなっています。このような状況下、システムリスク総点検の結果を踏まえ、金融検査マニュアルが改訂され、より一層のシステム障害に対するBCM(業務継続管理)強化の対策が望まれている状況です。本セミナーでは、このような状況を踏まえて、如何にしてシステム障害に対するBCM強化を行うか、その実務的な対応につき、講演者が拘わった複数の対応事例も交えながら共有したいと思います。
▲ページトップへ
開催日
2014-02-18(火) 13:30~16:30
セミナータイトル
行政処分事例・金融検査結果事例集・裁判例から学ぶ最新の反社対応
講師名
香月 裕爾 弁護士(小沢・秋山法律事務所 パートナー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
反社会的勢力に関する政府指針が出されて6年が経過した。この間、多くの金融機関は、反社会的勢力に関するデータが蓄積され、暴力団排除条項の普及と相俟って、各種取引から反社会的勢力を廃除し、関係を遮断していることと思われる。しかしながら、最近もメガバンクにおいて反社会的勢力との不適切な取引が放置されたことを原因として業務改善命令が出された事案などがあり、当局からみれば、金融機関の態勢整備に相当程度の問題があるとの認識がされているようである。そこで、本セミナーでは、行政処分事例や金融検査結果事例、および最近の裁判例から反社会的勢力に関する事案をピックアップして、問題点の分析等を行うことにより、最新の反社会的勢力対応を考えてみたいと思う。
▲ページトップへ
開催日
2013-12-10(火) 13:30~16:30
セミナータイトル
行政処分事例・金融検査結果事例集・裁判例から学ぶ最新の反社対応
講師名
香月 裕爾 弁護士 (小沢・秋山法律事務所 パートナー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
反社会的勢力に関する政府指針が出されて6年が経過した。この間、多くの金融機関は、反社会的勢力に関するデータが蓄積され、暴力団排除条項の普及と相俟って、各種取引から反社会的勢力を廃除し、関係を遮断していることと思われる。しかしながら、最近もメガバンクにおいて反社会的勢力との不適切な取引が放置されたことを原因として業務改善命令が出された事案などがあり、当局からみれば、金融機関の態勢整備に相当程度の問題があるとの認識がされているようである。
 そこで、本セミナーでは、行政処分事例や金融検査結果事例、および最近の裁判例から反社会的勢力に関する事案をピックアップして、問題点の分析等を行うことにより、最新の反社会的勢力対応を考えてみたいと思う。
▲ページトップへ