金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

セミナー検索結果 : 外国籍公募

外国籍公募に関するセミナー

開催日
2018-01-25(木) 9:30~12:30
セミナータイトル
金融セミナーのセミナーインフォ > セミナー情報 > 
講師名
橋本 雅行 弁護士 (アンダーソン・毛利・友常法律事務所 パートナー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
お申し込み可
概要
外国投資信託には、海外の運用会社による多様な運用手法に投資できる機会を日本の投資家に直接提供できるなど、国内投資信託にはない特色があります。
他方で、外国投資信託は外国法を準拠法としつつ、投信法等の国内法の適用があるなど、組成・募集や継続開示等の各場面において複数の法令に従う必要があります。また、事前の届出等の外国投資信託だけに求められる手続もあります。
そこで、本セミナーでは、まず外国投資信託に適用がある法令や基本的な仕組みなどの基礎的な枠組みについて、日本で最も利用されているケイマン籍ファンドおよびルクセンブルグ籍ファンドを例に具体的に説明します。その上で、外国投資信託の組成・募集、継続開示、変更・償還のそれぞれ場面において必要な手続や書類等について解説するとともに、これらの手続に際して実務上留意しておくべき事項について説明します。
▲ページトップへ
開催日
2013-05-15(水) 13:30~16:30
セミナータイトル
外国籍公募・私募ファンドの法的諸問題 ~FATCAおよびボルカー・ルールの外国籍ファンドへの影響を含む~
講師名
小野 雄作 弁護士
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
FATCAの外国籍ファンドへの影響、および銀行またはその関係会社が設定した外国籍ファンドに対するボルカー・ルールの適用を中心に、プロ向け投資運用業の要件、ETFを原資産とするJDR等を検討します。さらに日本で販売される外国籍ファンドと国内籍ファンドが投資制限を中心にどのように法的に異なっていて、且つどのようなメリットとデメリットを有するか比較し(会社型投信と契約型投信の比較を含む)、売出しに関する金融商品取引法の改正に伴い、(i) 私募の要件がどのように変更されたか、(ii) 外国籍ETFにどのような影響を与えたか等を検討し、金融商品取引法、投信法、税法等に関する実務上の法的問題点を分かりやすく解説して外国籍投信の商品設計や販売を行う際に少しでもお役に立てていただきたいのが今回のセミナーの狙いです。
▲ページトップへ
開催日
2011-03-10(木) 13:30~16:30
セミナータイトル
外国籍公募・私募投信の法的諸問題 ~ルクセンブルグにおけるファンド関連法律制度の改正を含む~
講師名
小野 雄作 弁護士
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
ルクセンブルグにおけるファンドに関する法律の改正およびケイマンのファンドとの違い等を検討し、日本で販売される外国籍ファンドと国内籍ファンドが投資制限を中心にどのように法的に異なっていて、且つどのようなメリットとデメリットを有するか比較し(会社型投信と契約型投信の比較を含む)、2009年の売出しに関する金融商品取引法の改正に伴い、(i) 私募要件がどのように変更されたか、(ii) 外国籍ETFにどのような影響を与えたかを検討し、ならびに外国籍公募投信と私募投信の解散の場合の手続きおよび投信法上の届出の実務等を検討し、金融商品取引法、投信法、税法等に関する実務上の法的問題点を分かりやすく解説して外国籍投信の商品設計を行う際に少しでもお役に立てていただきたいのが今回のセミナーの狙いです。

▲ページトップへ
開催日
2010-08-31(火) 13:30~16:30
セミナータイトル
外国籍公募・私募投信の最新法務 ~外国籍ファンドと国内籍ファンドの比較を踏まえて~
講師名
小野 雄作 弁護士
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
日本で販売される外国籍ファンドと国内籍ファンドが投資制限を中心にどのように法的に異なっていて、且つどのようなメリットとデメリットを有するか比較します(会社型投信と契約型投信の比較を含む)。さらに、2009年の売出しに関する金融商品取引法の改正に伴い、(i) 私募要件がどのように変更されたか、(ii) 外国籍ETFにどのような影響を与えたか、および (iii) 目論見書の見直しはどのようになったかを検討し、加えて、外国籍投資信託の設立地(ケイマン諸島、ルクセンブルグ及びアイルランド)による違い、および外国籍公募投信と私募投信の解散の場合の手続き等を検討し、金融商品取引法、投信法、税法等に関する実務上の法的問題点を分かりやすく解説して外国籍投信の商品設計を行う際に少しでもお役に立てていただきたいのが今回のセミナーの狙いです。
▲ページトップへ
開催日
2010-01-26(火) 13:30~16:30
セミナータイトル
外国籍公募・私募投信の組織変更およびトラブルへの対応
講師名
竹野 康造 弁護士(森・濱田松本法律事務所 パートナー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
外国投資信託は資産運用のための有効な手段として長きにわたって広く利用されてきていますが、海外で設定・運用されるために、日本の受益者や販売会社の関与無くファンドの組織変更が行われ、国内で特別な対応が必要となる場合があります。例えば、投資方針や関係当事者が変更される場合があり、また最近では、リーマン・ショック以降、投資対象が流動性を失ったことによりいわゆるサイド・ポケットによる対応を行う例がありました。本講座ではまず、外国投資信託の基本的な構造やその設立手続きを、ケイマン籍やルクセンブルグ籍等の外国投信を中心に説明し、国内で公募または私募を行う場合に関係する投資信託法、金融商品取引法および協会規則等、基本的な関係法令を解説します。次にこれらの基本的な知識をふまえ、外国投資信託に起こりうる組織変更事例を検討し、さらに外国投信に関してこれまで問題となったトラブル事例を解説します。これにより、外国投資信託を設立し、国内で販売するにはどのような点に注意する必要があるかを説明し、外国投資信託に関するトラブルを未然に防ぐことができるようにしていただきたいと考えています。

▲ページトップへ
開催日
2009-05-12(火) 13:30~16:30
セミナータイトル
外国籍公募・私募投資信託における法的諸問題 ~税務も含めて~
講師名
吉井 一浩 弁護士(アンダーソン・毛利・友常法律事務所 パートナー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
本セミナーでは、外国籍投資信託に関する法務について、代表的な法域の外国籍投資信託の構造(ケイマン、ルクセンブルグ、アイルランド)を説明し、日本における販売(公募・私募)をめぐる法規制を、近時の金融商品取引法の改正状況を踏まえて解説するとともに、外国籍私募投信特有の個別問題点も含め、外国投資信託の設定及び日本における販売に関する基本的な問題を幅広く取り上げます。外国籍投信に関する税務上の取扱いの概要についても、一部取り上げます。
▲ページトップへ
開催日
2009-02-17(火) 13:30~16:30
セミナータイトル
外国籍公募・私募投信の法的諸問題 ~プロ向市場創設への対応を含む~
講師名
小野 雄作 弁護士
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
プロ向市場創設により金融商品取引法および投資信託及び投資法人に関する法律ならびにそれらの政省令が改正され、それらによる外国籍投信の実務に与える影響を分析し、さらに、外国籍投資信託の設立地(ケイマン諸島、ルクセンブルグ及びアイルランド)による違いおよびファンド・オブ・ファンズの実務上の注意点を中心に外国籍投信と国内籍投信の比較等について検討し、証券取引法、投信法、税法等に関する実務上の法的問題点を分かりやすく解説して、外国籍投信の商品設計を行う際に少しでもお役に立てていただきたいのが、今回のセミナーの狙いです。
▲ページトップへ
開催日
2008-09-10(水) 13:30~16:30
セミナータイトル
外国籍公募・私募投資信託についての法務 ~金融商品取引法による改正点を含む~
講師名
吉井 一浩 弁護士 (アンダーソン・毛利・友常法律事務所 パートナー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
本セミナーでは、外国籍投資信託に関する法務について、代表的な法域の外国籍投資信託の構造を説明し、日本における販売(公募・私募)をめぐる法規制を、特に、金融商品取引法施行後の外国投資信託の受益証券や外国投資法人の投資証券の販売に関する法務を中心に解説するとともに、外国籍私募投信特有の個別問題点も含め、外国投資信託の設定及び日本における販売に関する基本的な問題を幅広く取り上げます。
▲ページトップへ
開催日
2008-08-08(金) 13:30~16:30
セミナータイトル
外国籍公募・私募ファンドのストラクチャーと税務 ~金融商品取引法への対応を含めて~
講師名
小野 雄作 弁護士
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
今年の税制改正による外国籍ファンドに与える影響と金融商品取引法施行後の外国籍ファンドの仕組を検討し、税法上および法律上の実務上の問題点を分かりやすく解説して、外国籍ファンドの商品設計を行う際に少しでもお役に立てていただきたいのが今回のセミナーの狙いです。
▲ページトップへ
開催日
2007-10-31(水曜日) 13:30〜16:30
セミナータイトル
外国籍公募・私募投信の法的諸問題 〜金融商品取引法政省令・改正投信法政省令への対応を中心に〜
講師名
小野 雄作 弁護士
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
 金融商品取引法および改正投資信託法の政省令が外国籍投信の実務に与える影響を分析し、さらに、ファンド・オブ・ファンズの実務上の注意点を中心に外国籍投信と国内籍投信の比較等について検討し、証券取引法、投信法、税法等に関する実務上の法的問題点を分かりやすく解説して外国籍投信の商品設計を行う際に少しでもお役に立てていただきたいのが今回のセミナーの狙いです。
▲ページトップへ