金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

セミナー検索結果 : 地方銀行

地方銀行に関するセミナー

開催日
2018-02-27(火) 9:30~12:30
セミナータイトル
10年後の地域銀行の姿と課題
講師名
内野 逸勢 氏 (株式会社大和総研 金融調査部 主席研究員)
開催地
東京都千代田区
ステータス
お申し込み可
概要
2016-17年は、今後の10年の地方銀行を含む銀行および金融機関に対する規制および監督方針が大きく変化した年と言えよう。その背景には、地域銀行のビジネスの持続可能性および金融庁自身の監督のあり方に対する危機感がある。つまり、今後10年の間に想定されている生産年齢人口減少等の社会・経済構造の変化がもたらす利益率の低下圧力に対する地方銀行の経営・組織・現場の対応力が試されている。この“対応力”の源泉は“付加価値生産性の向上”(≒一人当たり利鞘・手数料の向上)の変革を指していると考えられる。ただし、同生産性の向上には情報生産機能強化、付加価値の高い情報(=容易にデジタル化できない“アナログ”情報)による顧客の“囲い込み”が求められよう。これらを踏まえて、地方銀行の10年後に求められる姿を目指す上での課題と、その解決の方向性を示していく。
さらに、10年後に利益率がマイナスになることを回避するために各地域銀行は経営努力を続けている。その一つの方法として地域銀行の経営統合があり、活発化する動きが各地で見られることから、今後の再編の方向性を簡単に示す。
▲ページトップへ
開催日
2017-02-09(木) 9:30~12:30
セミナータイトル
地銀大再編
講師名
高橋 克英 氏(株式会社マリブジャパン 代表取締役)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
2020年20兆20行体制へ向けて、なぜ、いま地銀再編が進んでいるのか、従来の預金・貸出モデルからの脱却も進むなか、その要因と背景を示す。貸出・有価証券・事業のポートフォリオ・リバランスを進める各行。 新たな3つのコアビジネスとして、富裕層・シニア・金融商品を掲げ、リテール金融サービス会社への道を提言。本部と営業店が一体となり、資産運用ビジネスを核に、長期的かつ継続的に手数料や貸出増加に繋げる。地銀の働き方改革も事例紹介。職場の構造やカルチャーを変えない限り飛躍は困難。コンコルディア、東京TY、千葉、静岡、京都、武蔵野、百五、池田泉州、滋賀、南都、百十四、みちのく、宮崎、大分、山梨中央など24行のビジネス事例で分析。
▲ページトップへ
開催日
2016-10-07(金) 13:30~16:30
セミナータイトル
地方銀行業界の動向と今後の展望
講師名
内野 逸勢 氏(株式会社大和総研 経済環境調査部長)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
地方銀行業界は、緩和的な金融環境の下、金利の低下・競争の激化・資金需要の伸び悩みといった課題に直面する中で、本業の収益性低下に歯止めのかからない状況に置かれている。さらに、日本経済および世界経済の先行き不透明感が強まる中、日銀によるマイナス金利政策が導入されたことで、地方銀行業界を取り巻く環境は一段と厳しさを増している。こうした中、最近では、金融の垣根を越えたイノベーションをもたらしうるFinTechの台頭にも関心が高まっており、金融機関が新たなサービスやビジネスモデルのあり方を模索する動きが広がりを見せている。今回のセミナーでは、マイナス金利政策の影響やFinTechの動向を含めた金融業界を巡る環境変化を踏まえつつ、地方銀行の果たすべき役割と課題を整理しながら、マクロ・セミマクロの視点から業界の現状と今後の方向性を説明する。
▲ページトップへ
開催日
2016-01-22(金) 13:30~16:30
セミナータイトル
【大阪オンラインLiveセミナー】地方銀行業界の最新動向と今後の展望
講師名
内野 逸勢 氏(株式会社大和総研 経済環境調査部長)
開催地
大阪市北区
ステータス
締め切り
概要
地方銀行の再編が徐々に進展する中、その背景にある地方銀行の置かれている状況について関心が集まっている。今回のセミナーでは、注目されるフィンテックの台頭など新たな動きを踏まえつつ、地方銀行が本来果たすべき役割、期待される役割を整理しながら、マクロ・セミマクロの視点から事業環境の現状と今後の方向性を説明する。

----------------------------------------
※大阪会場の注意事項
オンラインLiveセミナー開催中に音声及び映像のトラブルが万が一発生した場合は、次の通り対応をさせていただきますのでご了承ください。
(1)映像等が切断した場合、再接続してから講義を再開いたします。
(2)接続が回復できない等、再開が困難な場合はオンラインLiveセミナー不成立として参加費を返金させていただきます。
▲ページトップへ
開催日
2016-01-22(金) 13:30~16:30
セミナータイトル
地方銀行業界の最新動向と今後の展望
講師名
内野 逸勢 氏(株式会社大和総研 経済環境調査部長)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
地方銀行の再編が徐々に進展する中、その背景にある地方銀行の置かれている状況について関心が集まっている。今回のセミナーでは、注目されるフィンテックの台頭など新たな動きを踏まえつつ、地方銀行が本来果たすべき役割、期待される役割を整理しながら、マクロ・セミマクロの視点から事業環境の現状と今後の方向性を説明する。
▲ページトップへ
開催日
2015-09-28(月) 9:30~12:30
セミナータイトル
【大阪オンラインLiveセミナー】地方銀行の収益モデルと最新動向
講師名
久保 太郎 氏(株式会社格付投資情報センター(R&I) 格付本部 チーフアナリスト)
開催地
大阪市淀川区
ステータス
締め切り
概要
2000年代、地銀の収益構造は新たな事業領域を牽引役に変容しましたが、2010年代に入って顧客部門の収益は大きく減少しており、今後10~20年を見据えるとさらなる変革が必要になっています。1990年代までは地元の中小企業や地公体、東京の大企業など法人顧客への貸出・決済関連ビジネス中心の収益構造でしたが、2000年代には個人顧客への住宅ローンやアパートローン、投信・保険の販売がコア事業として拡大・定着して、法人顧客からの収益減少を補いました。隣県への貸し出しも伸ばしましたが、これら2000年代に拡大したビジネスは市場の飽和感や過当競争に晒されており、これら事業の変革や新たな事業領域の発掘が地銀経営の大きな課題になっています。
本セミナーでは、地銀の最新の取り組み状況を解説したうえで、地銀に求められる役割を踏まえ、収益モデルの今後の方向性を探ります。

----------------------------------------
※大阪会場の注意事項
オンラインLiveセミナー開催中に音声及び映像のトラブルが万が一発生した場合は、次の通り対応をさせていただきますのでご了承ください。
(1)映像等が切断した場合、再接続してから講義を再開いたします。
(2)接続が回復できない等、再開が困難な場合はオンラインLiveセミナー不成立として参加費を返金させていただきます。
▲ページトップへ
開催日
2015-09-28(月) 9:30~12:30
セミナータイトル
地方銀行の収益モデルと最新動向
講師名
久保 太郎 氏(株式会社格付投資情報センター(R&I) 格付本部 チーフアナリスト)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
2000年代、地銀の収益構造は新たな事業領域を牽引役に変容しましたが、2010年代に入って顧客部門の収益は大きく減少しており、今後10~20年を見据えるとさらなる変革が必要になっています。1990年代までは地元の中小企業や地公体、東京の大企業など法人顧客への貸出・決済関連ビジネス中心の収益構造でしたが、2000年代には個人顧客への住宅ローンやアパートローン、投信・保険の販売がコア事業として拡大・定着して、法人顧客からの収益減少を補いました。隣県への貸し出しも伸ばしましたが、これら2000年代に拡大したビジネスは市場の飽和感や過当競争に晒されており、これら事業の変革や新たな事業領域の発掘が地銀経営の大きな課題になっています。
本セミナーでは、地銀の最新の取り組み状況を解説したうえで、地銀に求められる役割を踏まえ、収益モデルの今後の方向性を探ります。
▲ページトップへ
開催日
2017-05-19(金) 13:30~16:30
セミナータイトル
FINTECHはどこへ向かうのか?地方銀行とベンチャー企業の競争と共創
講師名
栗田 康弘 氏(株式会社マーケティング・エクセレンス)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
技術革新は業界のルールを一新する。既存のプレーヤーが脇に追いやられ、代わりにベンチャーが業界の中心に座る。はずであるが、日本におけるFINTECHは必ずしもそうなってはいない。地域金融機関もFINTECHに力を入れ、自分たちの生き残りを託そうとしている。
ゲストスピーカーとして、既存金融機関を代表して、ふくおかフィナンシャルグループが始めた「iBankマーケティング」と、ベンチャーを代表して、投資ロボTHEOの「お金のデザイン」をお招きし、ビジョンと想いとこれからの展開を語っていただきます。マーケティング理論の進化と企業のビジョンと最先端技術導入の関係を整理した上で、最後は、3人で競争と共創についてディスカッションします。ふくおかFGとお金のデザインはなぜ手を組んだのか。企業文化や意思決定スピードの大きな違いはどうすれば埋めることができるのか。手を組むために目をつぶるべきこと、譲ってはならないこと、それぞれの立場からの本音を引き出します。加えて、FINTECHで若年層を取り込むことが本当にできるのか。FINTECHと日本の金融業界はこれからどうなっていくのかを語り合います。どうぞみなさんも議論にご参加ください。
▲ページトップへ