金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

セミナー検索結果 : 国際金融規制

国際金融規制に関するセミナー

開催日
2019-02-06(水) 13:30~17:20
セミナータイトル
金融規制動向とリスク管理・ガバナンス・内部監査の高度化事例
講師名
勝藤 史郎 氏(有限責任監査法人トーマツ リスク管理戦略センター ディレクター)
開催地
東京都千代田区
ステータス
お申し込み可
概要
13:30~14:40
【国際金融規制の動向とリスク管理】
講師:勝藤 史郎 氏

本公演では、まず、国際的な金融規制の動向として、最終化されたバーゼルIII改革の実施に向けた動向、コンダクトリスクに関する国際的な要請、そして金融指標改革とLIBOR移行の課題を概観する。次に各国・法域の規制動向と、金融機関にとっての課題を見る。最後に、今後2022年頃にかけての金融機関の規制対応とリスク管理の課題として、非財務リスク管理の高度化など、金融機関が重点的に取り組むべき課題ととるべきアクションを論じていく。
--------------------------------------------------------------
14:40~15:30
【FFGにおけるリスクアペタイト・フレームワーク構築への取組み】
講師:宮本 英二 氏

金融危機の反省を踏まえた「新たな経営管理・リスク管理の包括的な枠組み」として、昨今、地域金融機関においても関心が高まっているリスクアペタイト・フレームワーク(RAF)の構築について、ふくおかフィナンシャル・グループの取組みを紹介する。
--------------------------------------------------------------
15:30~15:40 休憩
--------------------------------------------------------------
15:40~16:30
【損害保険ジャパン日本興亜 内部監査高度化への挑戦~経営と現場の期待に応える監査実践例~】
講師:酒井 香世子 氏

国内外でコーポレートガバナンス強化の動きが加速する中、我が国でも、スチュワードシップ・コード(2014年策定・2017 年改訂)、コーポレートガバナンス・コード(2015年策定・2018年改訂)等が公表されています。
また、金融庁は、持続可能なビジネスモデルの構築に向けたガバナンス発揮の一環として、金融機関に対し内部監査の高度化を求める姿勢を、より鮮明にしています。このような中、損害保険ジャパン日本興亜内部監査部では、外部評価の導入や、IIA基準に準拠した監査品質管理態勢の構築等、内部監査の高度化を進めてまいりました。本講演では、この具体的な実践例を説明します。
--------------------------------------------------------------
16:30~17:20
【金融規制とガバナンス強化の潮流】
講師:吉藤 茂 氏

前半では、リスク感応度よりも簡素さと比較可能性に比重を移しつつあるバーゼルIIIや、乱立する各国独自規制とその域外適用というグローバル規制からマルチナショナルな規制へと益々複雑化する金融規制の潮流を概観します。複雑な規制の弊害を考えれば、「望ましい規制のアーキテクチャーは、規制と監督と市場規律のバランスが取れたシンプルな枠組み」であり、それを実現するためにも、金融機関自らがガバナンスを強化する必要がある。後半では、金融機関自らのガバナンス強化の取り組みとして、主に[1]ERMの中核となるリスクアペタイト・フレームワーク(RAF)の構築、[2]監査を中心としたガバナンス態勢の構築、[3]3線防御体制の強化、について説明する。
▲ページトップへ
開催日
2019-01-18(金) 9:30~12:30
セミナータイトル
国際金融規制における市場商品に関するポートフォリオ管理の高度化
講師名
浅井 太郎 氏(ロボット投信株式会社 )
開催地
東京都千代田区
ステータス
お申し込み可
概要
銀行等金融機関ではこの低金利環境下において今までは投資対象としていなかった市場商品への投資が拡大しており、その管理手法・管理態勢のさらなる高度化が求められている状況です。さらに銀行等に対する健全性の規制であるバーゼル規制の見直しは、債券、ファンドや証券化商品、デリバティブ取引等の市場商品に対しても継続して行われており、見直し後の規制に対応しながら投資を行う必要があります。
このような状況の中で、市場商品に関するポートフォリオ管理の高度化に関するセミナーを開催させて頂くことにしました。本セミナーでは、市場商品に関するポートフォリオ管理の最新動向を解説するとともに、今後適用が予定されている銀行規制のポイントとその実務的対応について解説を行います。銀行等金融機関の市場部門およびリスク管理部門の担当者の実務を踏まえた内容とする予定です。
▲ページトップへ
開催日
2018-12-05(水) 13:30~16:30
セミナータイトル
【メガセミナー】国内外における金融規制の動向とFinTechの未来
講師名
村井 英樹氏(自由民主党衆議院議員)
開催地
東京都千代田区九段北4-2-25
ステータス
締め切り
概要
金融庁はFinTechの進展に対応するため、現行の金融規制の見直しに取り組んでいます。また国際金融規制も規制強化の見直しに動いています。

FinTechを含む金融規制が大きく変わる局面で、規制の今後の動向と企業の取り組みについてオープニングで自由民主党衆議院議員の村井 英樹様に今後の金融規制の行方についてご挨拶いただき、講演セッションでは、FinTech規制に詳しい森・濱田松本法律事務所 パートナー弁護士の堀 天子様、国際金融規制の動向についてみずほ証券株式会社 顧問の宮内 惇至様にご説明いただきます。最後のセッションでは、FinTech分野で常に新しいチャレンジを続けているSBIホールディングス株式会社の取り組みについて常務取締役の小野 尚様に展望いただきます。

本セミナーが皆様の業務の一助となれば幸いです。
▲ページトップへ
開催日
2015-09-07(月) 10:00~12:30
セミナータイトル
最新版「金融モニタリングレポート」を読み解く
講師名
渡邊 隆彦 氏 (専修大学商学部 准教授 元 三菱UFJフィナンシャル・グループ コンプライアンス統括部長)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
2013年9月に導入された「金融モニタリング」は、「オン・オフ一体」、「水平的レビュー」の導入、「ベスト・プラクティス」の慫慂など、金融庁検査の枠組みを大きく変化させ、これに伴い、金融機関側にも発想の転換が求められている。
本セミナーでは、7月3日に発表された「金融モニタリングレポート」を読み解きながら、金融庁検査(オンサイトおよびオフサイト・モニタリング)に対し、各金融機関が実際どのように対応すれば良いのか、国際金融規制の潮流や金融庁の具体的な着眼点も踏まえた上で、解説する。
▲ページトップへ