金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

セミナー検索結果 : 保険代理店

保険代理店に関するセミナー

開催日
2013-12-17(火) 13:30~16:30
セミナータイトル
保険会社、代理店・委託先の管理と当局の着眼点
講師名
青木 茂幸 氏(東京国際コンサルティング株式会社 代表取締役)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
保険会社の経営環境や業務の分散化を背景に、保険会社の内部管理の重点領域が、代理店や業務委託先の適切な統制に移るとともに、監督当局の関心も高まっている。そこで保険会社向けの監督・検査方針、検査指摘事例等の分析を踏まえ、保険会社の代理店・外部委託先管理、代理店・委託先の適切な内部統制のあり方について解説を行う。
▲ページトップへ
開催日
2012-10-26(金) 13:30~16:30
セミナータイトル
保険代理店に求められる態勢整備と保険会社による代理店監査上の留意点 ~平成24事務年度検査基本方針・監督方針を踏まえて~
講師名
吉田 桂公 弁護士 (のぞみ総合法律事務所)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
本年8月28日公表の平成24事務年度検査基本方針では、平成23事務年度に引き続き、保険会社による保険代理店の管理態勢の検証を行うほか、保険代理店に対する金融検査についても、積極的に実施することが示され、また、平成24事務年度保険会社等向け監督方針でも、保険会社による保険代理店の監督状況の検証、保険募集代理店において適切な保険募集管理態勢が構築されているかの検証を行うことが示されている。このように、保険会社による保険代理店の管理の状況、保険代理店における態勢整備の状況は、当局の重要関心事項であり、保険会社・保険代理店には、早急の対応が求められている。本セミナーでは、こうした近時の動向を踏まえながら、保険代理店における態勢整備上の留意点、保険会社による代理店監査上の留意点等について、解説する。
▲ページトップへ
開催日
2012-04-11(水) 13:30~16:30
セミナータイトル
保険代理店に対する監査の着眼点と監査手法の考察 ~監査を通じた保険会社における保険代理店管理のポイント~
講師名
番匠 史人 弁護士(のぞみ総合法律事務所)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
昨年8月26日に公表された平成23検査事務年度検査基本方針において,保険代理店への立入検査の実施が明記されるなど,保険代理店の管理に対する当局の関心は高まっているものと思われる。本セミナーでは,保険会社が保険代理店を管理する上で,極めて重要な手段である代理店監査の着眼点と監査手法について分析・検討する。
▲ページトップへ
開催日
2012-01-16(月) 13:30~16:30
セミナータイトル
保険代理店等への直接検査と管理態勢整備の着眼点 ~最新の検査基本方針等を踏まえて~
講師名
青木 茂幸 氏(東京国際コンサルティング株式会社 代表取締役)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
昨年に続き今年度の検査基本方針でも保険代理店等への直接検査が表明され、保険検査マニュアルも改定された。これにより、保険代理店等の管理は一層厳しくなることが予想される。そこで最近の当局の問題意識をおさえつつ、保険代理店等に対する管理上の重要課題、保険会社・代理店等が対応すべきポイントついて実務的に解説を行う。

▲ページトップへ
開催日
2011-10-28(金) 13:30~16:30
セミナータイトル
保険代理店における不祥事件対策 ~保険会社,保険代理店のそれぞれがやるべきこと~
講師名
吉田 桂公 弁護士(のぞみ総合法律事務所)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
保険会社にとって保険代理店は有力な販売チャンネルであるが,一方で本年7月1日に公表された金融検査結果事例集において保険代理店に関する指摘が多く見られるように,保険代理店のコンプライアンス態勢については,なお多くの課題が認められる。本年8月26日に公表された平成23検査事務年度検査基本方針においても,保険代理店への立入検査の実施が明記されるなど,保険代理店のコンプライアンス態勢に対する当局の関心も高い。本セミナーでは,保険代理店において問題になりやすい保険募集管理や顧客情報管理に関する不祥事件を例に,不祥事件の防止に向けた保険代理店におけるコンプライアンス態勢上の留意点と保険会社における保険代理店管理の留意点等について検討する。  

▲ページトップへ
開催日
2011-10-11(火) 13:30~16:30
セミナータイトル
保険代理店等に対する当局検査と適切な管理態勢の構築 ~監督・検査方針等を踏まえて~
講師名
青木 茂幸 氏(東京国際コンサルティング株式会社 代表取締役)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
昨年度の検査基本方針、検査マニュアルにおいて保険代理店等への検査が表明されたように、保険代理店等への監視は今後厳格化することが想定される。そこで、監督当局の問題意識をおさえつつ、保険代理店等の内部管理態勢上の重要課題、保険会社・代理店等が対応すべきポイントついて実務的に解説を行う。

▲ページトップへ
開催日
2011-02-08(火) 13:30~16:30
セミナータイトル
保険代理店への検査と内部管理・コンプライアンス上の的確な対応 ~監督指針、監督・検査方針等による問題意識を踏まえて~
講師名
青木 茂幸 氏(東京国際コンサルティング株式会社 代表取締役)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
今年度の検査基本方針でも保険代理店等への検査が表明されるなど、保険代理店等への監督・検査は今後厳格化することが予想される。こうした当局の問題意識も踏まえつつ、保険代理店等の内部管理・コンプライアンス上の様々な課題と代理店・保険会社が認識しておくべきポイント、対応策について解説を行う。

▲ページトップへ
開催日
2010-07-01(木) 13:30~16:30
セミナータイトル
保険代理店における不祥事件対応 ~検査指摘事例,行政処分事例を踏まえて~
講師名
吉田 桂公 弁護士(のぞみ総合法律事務所)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
近時,保険代理店における不祥事件について,保険会社及び当該保険代理店に対して行政処分が発出されるなど,保険代理店におけるコンプライアンス態勢・不祥事件防止態勢,また,保険会社の保険代理店に対する管理態勢の構築が改めて注目されている。本セミナーでは,検査指摘事例,行政処分事例を踏まえながら,保険代理店で問題になる不祥事件の未然防止態勢及び不祥事件が発生した場合の対応について,解説する。

▲ページトップへ
開催日
2009-12-21(月) 13:30~16:30
セミナータイトル
市場縮小、寡占化で揺れる保険代理店 ~損保各社の代理店施策の総点検から見えてくること~
講師名
中崎 章夫 氏(ナカザキ・アンド・カンパニー 保険ジャーナリスト)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
国内市場の縮小化傾向が鮮明になりつつ中で、経営の選択と集中を強め、国内大手損保の統合・再編が相次ぐほか、生保を含めた新たなグループ作りも進む。国内損保も相次ぎネット販売に踏み出すなど新たな局面展開を迎える。損保のマルチチャネル化推進の中で、顧客接点強化の観点から、量から質への、チャネル革新、わけても伝統的な専業代理店事業のモデル転換が急がれる一方、現場での受け止め方には温度差も見られる。地域の専業代理店の事業ビジョンが改めて問われてもいる。本講座では、ジャーナリストの視点から、独自取材に基づき、現場視点で、損保各社の代理店施策を再検討するとともに今後の保険代理店経営モデルはどうあるべきか、独自の評価基準を含め、保険代理店の成功要件について考える。   
▲ページトップへ
開催日
2018-03-07(水) 9:30~12:30
セミナータイトル
保険分野における販売手数料開示と展望
講師名
徳沢 清児 氏(株式会社エスカリエ町田 代表取締役)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
2016年、募集分野にメスを入れた改正保険業法の施行後、2017年には、「顧客本位の業務運営に関する原則」が公表されました。以降、さまざまな金融事業者が、このフィデューシャリーデューティーに関する取組方針の策定・公表を実施していますが、ともすれば先が見えないままに、対症療法の制度構築になりがちです。特に保険代理店に対して支援する立場の保険会社でも、どのように先を読んでいくべきかを不安視する声も聞かれます。金融行政方針に示されたように、ルールベースからプリンシプルベースへの転換を図ろうとする保険監督局の問題認識も踏まえる必要があります。
本セミナーでは、かかる背景も鑑み、募集現場で確認された顕在化事象に対し、世界の金融先進国の事例等も参考にしながら、販売手数料の分野にフォーカスして、どのように実効性のある対策と手段を採っていけるのかを紐解いてまいります。
▲ページトップへ
開催日
2018-01-17(水) 9:30~12:30
セミナータイトル
保険代理店における代理店契約の解消や役職員の独立・移動などの法的論点
講師名
足立 格 弁護士 (村田・若槻法律事務所 パートナー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
 改正保険業法による態勢整備、保険募集人適正化や労務問題など、保険代理店をめぐる法的問題は数多ありますが、とりわけ、代理店委託契約の解消や保険代理店の役職員の独立・移動に伴って生じる論点は最も悩ましいものの1つです。たとえば、前者の論点として、保険代理店委託契約が即時解除となるのはどのような場合か、同契約が60日前予告解除の場合はどうか(やむを得ない事由などは必要か)、他社との乗合いや研修生出身であることを解除の理由とする場合はどうか、などがあります。また、後者の論点として、独立・移動する役職員に対し、競業禁止を課すことはできるのか(限度はどこまでか)、(既存顧客への)募集禁止を課すことはできるのか(限度はどこまでか)、顧客情報の取扱いについてどのような点に留意すべきか(個人情報保護法との関係、守秘義務条項との関係、不正競争防止法上の営業秘密との関係)、などがあります。そして、両者に関連する論点として、保険契約の移管の論点があります。
 本セミナーでは、訴訟を初めとした企業の紛争解決法務を専門とし、保険代理店委託契約の解消や保険代理店の役職員の独立・移動に伴って生じるトラブルの解決に豊富な経験を有し、保険実務と保険をめぐる裁判例や各法律に精通している弁護士が、これらの論点について、過去の裁判例や学説、具体的な実務を踏まえつつ、移送や仮処分などの訴訟現場での問題意識も加味して、トラブル解決の重要ポイントをお示しします。
▲ページトップへ
開催日
2016-12-06(火) 9:30~12:30
セミナータイトル
保険会社と保険代理店にとっての実務的重要トピック4テーマにおける論点と動向
講師名
足立 格 弁護士(村田・若槻法律事務所)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
保険会社や保険代理店が実務上検討すべき論点は少なくない。その中でも、[1]来年春ころの全面施行が予定されており最近政令・規則やガイドライン案が公表された個人情報保護法改正、[2]改正保険業法でクローズアップされ今後の展開と発展が期待される顧客紹介ビジネス、[3]規程や不正競争防止法の理解が鍵となる顧客情報管理、[4]リーズインセンティブやポイントビジネスとも関連する特別利益の提供は、とりわけ関心の高いトピックであると思われる。そこで、本講演では、保険実務に精通し、保険に関連する案件を多数扱って経験豊富な講師が、これらの実務的重要トピックにつき、論点と最近の動向を解説する。
▲ページトップへ
開催日
2014-03-05(水) 13:30~16:30
セミナータイトル
生命保険会社向け代理店管理モニタリングの実践
講師名
綾部 泰二 氏(PwC Japan あらた監査法人 リスク・アシュアランス部 シニアマネージャー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
保険会社の代理店管理において、販売促進という観点からの攻めに対する管理のみならず、昨今の監督官庁のモニタリング方針や監督指針からも明らかなように、コンプライアンス遵守という守りの管理が強く求められています。
 では、保険会社は今なにをすべきなのか、特に生命保険会社における代理店のコンプライアンス上のリスクにフォーカスし、モニタリングのポイントを複数の保険会社において、代理店管理を支援しているあらた監査法人により実際の事例をもとに解説いたします。
▲ページトップへ
開催日
2013-10-31(木) 13:30~16:30
セミナータイトル
保険代理店の態勢整備における実務上の留意点 ~金融庁の当局の動向を踏まえて~
講師名
吉田 桂公 弁護士 (のぞみ総合法律事務所 パートナー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
金融庁・金融審議会「保険商品・サービスの提供等の在り方に関するワーキング・グループ」の報告書「新しい保険商品・サービス及び募集ルールのあり方について」(本年6月7日)では、保険代理店における態勢整備の義務等について規定され、また、本年9月6日公表の「平成25事務年度 金融モニタリング基本方針」でも、保険代理店に対して金融モニタリングを実施していくことが示されており、保険代理店における態勢整備は喫緊の課題となっている。
本セミナーでは、こうした金融庁の動向を踏まえながら、特に、いわゆる「委託型募集人制度」を採用している「乗合代理店」における態勢整備上の留意点等について、解説する。
▲ページトップへ
開催日
2012-10-04(木) 13:30~16:30
セミナータイトル
保険会社及び保険代理店における情報管理の留意点と実務対応
講師名
町田 行人 弁護士 (西村あさひ法律事務所)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
昨今、当局によるインサイダー取引摘発の事例は後を絶たず、更に近時、複数の証券会社に対して、公募増資に係るインサイダー情報の提供に端を発して情報の管理態勢を問題視する業務改善命令が下されるなど、インサイダー取引の防止に向けて厳格な対処を行う当局の姿勢に揺るぎはない。証券会社と状況は異なるものの、インサイダー取引の防止に向けた態勢整備は保険会社においても求められるところであり、保険会社にとって決して対岸の火事というわけではない。昨今の動向を踏まえて、保険会社においても十分な情報管理態勢が整備されているか検証を行い、必要な見直しを行うことが急務である。そこで、今回は、いわゆる増資インサイダー問題を契機に、保険会社の情報管理態勢全般につき今一度検証することを目的に、保険会社におけるインサイダー情報の管理態勢を始めとして、顧客情報保護等、情報管理において重要なポイントについて事例を踏まえて解説する。また、保険会社の日常業務においてより身近な問題である保険代理店との関係における情報管理態勢についても併せて取り上げる。
▲ページトップへ
開催日
2012-07-03(火) 13:30~16:30
セミナータイトル
保険会社・保険代理店が留意すべきウェブ対策 ~ウェブ上での保険募集等の管理、風評被害への対策の観点から~
講師名
野村 裕 弁護士(のぞみ総合法律事務所)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
昨今、保険の販売チャネルは多様化しており、ウェブ上での保険販売も拡大しているが、顧客説明等が十分になされていない事例も見受けられる。また、保険紹介・比較サイト、アフィリエイト広告も多く見られるが、募集人資格がない企業・個人がこれらのサイト・広告の運営を行っている場合、無資格募集に該当するおそれがあり、また、不当な比較表示となっているケースも散見され、保険会社・保険代理店としても、これらのサイト・広告をいかに管理していくかが重要な問題となっている。また、近時、ブログやTwitter、Facebook等において、企業が風評被害(名誉・信用毀損等)を受ける事案が散見されており、保険会社・保険代理店としても、危機管理の一貫として、ウェブ上の風評被害への対策は喫緊の課題といえる。本セミナーでは、保険会社・保険代理店が留意すべきウェブ上での保険募集等における問題点とウェブ上での風評被害への実務対応策の双方をテーマに解説する。
▲ページトップへ
開催日
2019-02-22(金) 9:30~12:30
セミナータイトル
民法(債権関係)改正が保険業界に与える影響
講師名
若狭 一行 氏(TMI 総合法律事務所 弁護士)
開催地
東京都千代田区
ステータス
お申し込み可
概要
2017年6月に「民法の一部を改正する法律」(いわゆる債権法改正)が公布され、一部の規定を除き、2020年4月1日に施行されることとなっています。本セミナーでは、保険会社や保険代理店の業務に影響を及ぼす改正点について、実務家による議論の蓄積も参考にしながら、解説いたします。主として、保険会社の法務部門(あるいは経営企画部門)や資産運用部門にご所属の方々を対象としますが、保険代理店の業務に影響を及ぼすと思われる改正点についても解説いたします。
▲ページトップへ
開催日
2017-05-12(金) 13:30~16:30
セミナータイトル
保険会社における「顧客本位の業務運営に関する7大原則」と「特別利益の提供」に係る規制厳格化への対応
講師名
足立 格 弁護士 (村田・若槻法律事務所 パートナー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
金融庁は、本年1月19日、「顧客本位の業務運営に関する原則(案)」を公表した。同原則案は、現在、パブコメ手続き中であるが、顧客本位の業務運営を行うに当たっての7大原則を定め、金融機関などに対して、プリンシプルベースの対応を求めると共に、顧客本位の業務運営を実現するための明確な方針を策定・公表し、これに対する取組状況を定期的に公表し、定期的に見直すことが求められている。そして、コーポレートガバナンス・コード同様、各原則の採否に関し、comply or explainルールが設定されている。金融機関としては、まずは各原則の採否を検討した上で、具体的な方針をどのように策定・公表するかが課題となる。
また、昨今、金融庁は、特別利益の提供に関し、従来に比べて厳格な考え方を示した。保険会社や保険代理店としては、かかる新たな考え方を忖度してビジネスを展開する必要がある。
そこで、本セミナーでは、金融機関のコンプライアンスに関する案件に豊富な経験を有し、保険募集ビジネスをはじめとする保険実務にも精通する講師が、顧客本位の業務運営を実現するための具体的な方針案を実践的に検討し、特別利益の提供との関係でのビジネスの在り方と適法性・妥当性の確認手段を戦略的に分析する。なお、本セミナーまでに「顧客本位の業務運営に関する原則」のパブコメ回答が公表されていた場合は、そちらも踏まえて解説する。
▲ページトップへ
開催日
2016-08-19(金) 13:30~16:30
セミナータイトル
保険会社と保険代理店の保険募集プロセスにおける最近の実務的重要トピック
講師名
足立 格 弁護士 (村田・若槻法律事務所)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
保険会社にとっても、保険代理店にとっても、保険募集プロセスにおいて留意すべき法的問題点は多い。保険代理店からの役職員の独立・移籍と顧客情報管理といった古くて新しい論点の他、本年5月29日から施行されている改正保険業法や今国会で成立し平成29年6月3日から施行される改正消費者契約法との関係で留意すべき点もある。そこで、本講演では、保険募集ビジネスをはじめとする保険実務に精通する講師が、消費者契約法改正、保険代理店からの役職員の独立・移籍と顧客情報管理、顧客紹介ビジネス、いわゆるリーズインセンティブなど、保険会社と保険代理店にとっての保険募集プロセスにおける最近の実務的重要トピックについて解説する。
▲ページトップへ
開催日
2015-01-30(金) 13:30~16:30
セミナータイトル
保険代理店に求められる態勢整備の実務対応 ~改正保険業法と金融庁の最新動向を踏まえて~
講師名
吉田 桂公 弁護士(のぞみ総合法律事務所 パートナー・公認不正検査士(CFE))
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
平成26年5月に改正保険業法が成立し、平成28年4月の施行が見込まれている。同法では、意向把握義務・情報提供義務といった募集ルール上の義務及び保険代理店の態勢整備義務等が新設されたが、金融当局も、保険会社及び保険代理店に対する金融モニタリングを行うなど、保険代理店の態勢の実態把握や検証を進めている。このように、保険代理店における態勢整備はまさに喫緊の課題となっているが、本セミナーでは、改正保険業法や金融庁の最新動向を踏まえながら、保険代理店が整備すべき態勢上の実務対応等について、解説する。
▲ページトップへ
開催日
2013-05-16(木) 13:30~16:30
セミナータイトル
乗合代理店に求められる態勢整備 ~近時の当局の動向を踏まえて~
講師名
吉田 桂公 弁護士(のぞみ総合法律事務所)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
平成24年8月公表の平成24事務年度検査基本方針では、平成23事務年度に引き続き、保険代理店に対する金融検査について積極的に実施することが示され、平成24年6月から開催されている金融庁・金融審議会「保険商品・サービスの提供等の在り方に関するワーキング・グループ」においては、乗合代理店に対する規制等について議論がなされるなど、乗合代理店における態勢整備は喫緊の課題となっている。本セミナーでは、こうした近時の動向を踏まえながら、特に、いわゆる「委託型募集人制度」を採用している乗合代理店における態勢整備上の留意点等について、解説する。
▲ページトップへ
開催日
2011-03-29(火) 13:30~16:30
セミナータイトル
新「保険検査マニュアル」を踏まえた保険会社及び保険代理店における実務対応 ~保険募集管理・保険代理店管理の観点から~
講師名
吉田 桂公 弁護士(のぞみ総合法律事務所)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
平成22検査事務年度検査基本方針(平成22年8月27日)で,はじめて,保険代理店に対して金融検査を実施することが示されるなど,保険代理店における態勢整備が注目されている。こうした中,本年2月4日付で「保険検査マニュアル」が改定され,「PDCAサイクル」の観点からの検証項目の整理等がなされたが,ここでも保険代理店管理に関する項目が新設されるなど,保険会社による保険代理店管理及び保険代理店における募集管理態勢等の整備は喫緊の課題といえる。本セミナーでは,こうした近時の動向を踏まえながら,主に,保険募集管理・保険代理店管理の観点から,保険会社及び保険代理店における改定「保険検査マニュアル」を踏まえた実務対応について,解説する。

▲ページトップへ
開催日
2010-11-08(月) 13:30~16:30
セミナータイトル
保険募集人・代理店における顧客情報の管理・活用に係るコンプライアンス ~金融庁の監督・検査基本方針の分析とともに、検査指摘事例等を踏まえて~
講師名
武田 涼子 弁護士(西村あさひ法律事務所)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
2010年8月27日に金融庁から発表された、本年度の保険会社等向け監督方針と検査基本方針において、顧客情報の厳格な管理や顧客保護の徹底による安心・信頼をベースに、金融機関における競争力を高めることが重要であり、そのために本年度の重点的な検証事項として、情報セキュリティ管理の徹底等がまず第一に挙げられたことからも明らかであるように、保険会社において、顧客情報の管理・活用についてのコンプライアンスを徹底する必要があることについては、言を俟たない。また、2010年7月に公表された金融検査指摘事例集においても、顧客情報の管理の不備についての指摘が散見され、保険募集人や代理店における個人情報の実体把握と管理・改善が促されているところである。とりわけ、昨年7月の保険会社の保有する顧客等の情報が相次いで流出する事案が発生したことに端を発し、同月、金融庁から保険協会に向けられた個人情報の管理の徹底について要請文が発出され、同年11月「金融分野における個人情報保護に関するガイドライン」が改正されてから、本年度の監督方針・検査基本方針への一連の流れと傾向を分析すると、競争力を高めるための顧客情報の管理と信頼の確立のためにどのように顧客情報管理をすべきか、という点を見直す機運が高まっているといえる。特に、顧客の信頼を確立する上で、非常に重要な保険募集人や代理店における個人情報の管理・活用を如何に図るかということを再度検証する必要がある。

▲ページトップへ
開催日
2014-07-18(金) 13:30~16:30
セミナータイトル
保険業法改正後の販売勧誘規制の変容と実務への影響 ~保険WG、国会での審議内容を踏まえつつ、保険会社等の実務への影響を検証~
講師名
錦野 裕宗 弁護士(弁護士法人 中央総合法律事務所 パートナー 金融審議会 保険商品・サービスの提供等の在り方に関するWGメンバー )
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
本年3月14日、「保険業法等の一部を改正する法律案」が閣議決定のうえ、国会に提出されたところである。これは、既に公表されている金融審議会「保険商品・サービスの提供等の在り方に関するワーキング・グループ」報告書を踏まえた法改正であるが、「意向把握義務」、保険募集人の体制整備義務・乗合代理店に係る規制等、新規制の導入を含む抜本的本質的な内容を含むものであり、保険会社・保険代理店における保険商品の販売勧誘の実務に与える影響は極めて大きい。
本講演においては、同WGの専門委員でもある講師が、WGの議論や国会審議の状況を踏まえつつ、保険会社・保険代理店の実務に対する影響について検証する。
保険会社等の実務対応に一定の方向性を示すことが出来るような解説が試みられる。
▲ページトップへ
開催日
2013-07-25(木) 13:30~16:30
セミナータイトル
保険商品の販売勧誘規制の将来像と実務への影響 ~金融審議会「保険商品・サービスの提供等の在り方に今後の保険会社等の実務への影響を検討~
講師名
錦野 裕宗 弁護士 (弁護士法人中央総合法律事務所 パートナー 金融審議会 保険商品・サービスの提供等の在り方に関するWGメンバー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
本年6月に、金融庁より金融審議会「保険商品・サービスの提供等の在り方に関するワーキング・グループ」報告書が公表されたところである。同WGにおいては、保険商品の販売勧誘規制の柱と評価できる情報提供義務・意向(ニーズ)確認等について実質的な議論が活発になされた。それを踏まえ、報告書においては、意向把握義務・保険募集人の体制整備義務・乗合代理店に係る規制等、新規制の導入を含む抜本的本質的な提言がなされている。今後監督当局において、これを踏まえ、保険業法制の改正作業等が行われることが想定されるが、いずれにしても、本報告書が保険会社・保険代理店における保険商品の販売勧誘の実務に与える影響は大きい。本講演においては、同WGの専門委員でもある講師が、報告書やWGでの議論状況について解説した後に、保険会社・保険代理店の実務に対する影響について検討する。本質論を意識しつつ、保険会社等の実務対応に一定の方向性を示すことが出来るような解説が試みられる。
▲ページトップへ
開催日
2013-10-08(火) 13:30~16:30
セミナータイトル
保険窓販の法的課題と可能性 ~保険WG報告書を踏まえて~
講師名
関 秀忠 弁護士(弁護士法人ほくと総合法律事務所 パートナー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
金融庁より本年6月に金融審議会「保険商品・サービスの提供等の在り方に関するワーキング・グループ」報告書が公表された。同報告書では、WGにおける情報提供義務・意向確認等の議論を踏まえ、意向把握義務・保険募集人の体制整備義務・乗合代理店にかかる規制等、新規制の導入を含む提言がなされ、今後、同報告書を踏まえて保険業法の改正に向けた動きが想定されている。
 本講演においては、このような状況を踏まえながら、現在の各種法令・監督指針・パブリックコメント等による弊害防止措置を前提とする保険窓販実務の中で、乗合保険代理店としての銀行等金融機関が考えるべきポイントに焦点を当て、保険会社、金融機関代理店、および金融機関と共同募集を行う一般代理店等において保険窓販のコンプライアンスを徹底するにあたり注意すべき点を解説する。
▲ページトップへ