金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

セミナー検索結果 : 企業不動産

企業不動産に関するセミナー

開催日
2009-01-22(木) 13:10~17:00
セミナータイトル
活発化するCRE(企業不動産)戦略と不動産会社のビジネスチャンス
講師名
平川茂 氏 (税理士法人平川会計パートナーズ 税理士)
開催地
東京都港区
ステータス
締め切り
概要
 国土交通省が2007年に公表した「企業不動産の合理的な所有・利用に関する研究会(CRE研究会)」の報告書によれば、日本国内の一般事業会社を含む全法人が保有する不動産は、面積規模は5.4万キロ平米国土の14%)にのぼり、時価ベースの金額で490兆円となっています。バブル崩壊以前は、一般事業会社の保有する不動産は、会社のステータスになるだけでなく、融資を受ける際の銀行の担保になるなどメリットの大きい資産でした。

 ところがバブル崩壊で、不動産を保有することは価格下落リスクや流動性リスクがあることが認知され、減損会計等の会計制度の変革により不動産価値の変動が企業経営に影響を及ぼすものになりました。2008年からは、オフバランスの厳格化が要求されるリース会計基準の変更、金融商品取引法における内部統制導入が義務化されました。さらに、国際会計基準に収斂する(いわゆるコンバージェンス)一連の動きによって、今後は投資不動産の時価開示や、将来における固定資産の解体や撤去等の費用を前倒しで計上する資産除去債務などが導入される予定です。

 これらが実施されると、一般事業会社の経営数値は、本業以外に、保有する不動産の状況に大きく左右されてしまいます。そこで今後は、一般事業会社は企業不動産(CRE)戦略を真剣に考えなくてはならない状況に置かれます。

 このような中で、各不動産会社は不動産のプロとしてどう関わるか、その技量が大いに問われる局面が多く発生します。それはすなわち各不動産会社にとってのビジネスチャンスでもあります。
▲ページトップへ