金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

セミナー検索結果 : 介護報酬改定

介護報酬改定に関するセミナー

開催日
2017-05-24(水) 9:30~12:30
セミナータイトル
地域医療構想や医療・介護同時改定を見据えたデータ分析と戦略立案
講師名
渡辺 優 氏(株式会社メディチュア 代表取締役)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
団塊の世代が70代に達し、高齢者の増加が進む中で、病院経営は年々厳しくなっております。2018年の医療・介護同時改定を目前に控え、自院の病床機能選択や重要な経営判断であり、また、日々の業務改善は不可欠です。しかしながら、多くの病院では、厳しい経営環境下、限られた人員体制で日常業務をこなしており、経営判断を促すような戦略の立案や、業務改善を能動的に推進できる人材は不足しているのが実情です。そこで、様々な職種・人員が日常業務の進めながら、病院経営の課題を考えるきっかけを増やし、データに基づく議論を促し、戦略立案や業務改善ができるような組織を目指すノウハウについて説明いたします。
▲ページトップへ
開催日
2016-06-17(金) 13:30~16:30
セミナータイトル
福祉医療施設を取り巻く経営環境
講師名
本地 央明 氏 (独立行政法人福祉医療機構 経営サポートセンター チームリーダー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
日本の社会保障は、2025年を見据え大きな変革期に差し掛かっています。
医療分野においては2017年度から各都道府県において地域医療構想の策定がスタートし、病床機能の分化・連携が進められることとなります。また、福祉分野においても、地域包括ケアシステムの構築が進められ、医療施設も含めた施設間の連携が求められているところです。こうしたなか、福祉医療分野の経営者は、施設間連携を図りながら継続的にサービスを提供するためにも経営の安定化を図る必要があります。
本講座では、福祉医療分野における経営者を取り巻く環境を、診療報酬改定や介護報酬改定の動向などを踏まえて概観するとともに、福祉医療機構の融資先の財務諸表データ等に基づき、医療法人、社会福祉法人、病院、特別養護老人ホームなどの経営状況を解説します。
▲ページトップへ
開催日
2017-07-20(木) 13:30~16:30
セミナータイトル
2018年診療報酬・介護報酬 ダブル改定を踏まえた在宅医療戦略
講師名
村上 典由 氏(株式会社メディヴァ コンサルタント兼 桜新町アーバンクリニック事務長)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
2018年の診療報酬・介護報酬のダブル改定では、病床機能分化と削減、在宅医療の推進がますます進みます。各都道府県の地域医療構想を紐解くと、2025年には在宅医療患者数は全病床数を上回り、近いうちに在宅医療が医療のメインストリームとなることが予想されます。
本講では、近年、在宅医療が推進されている政策的背景と、高度化、組織化された現在の在宅医療の実際を
紹介します。また、メディヴァが行った最新の調査から在宅医療マーケットの分析と在宅医療時代における製薬会社の採るべき戦略についてご提案します。
▲ページトップへ
開催日
2017-04-28(金) 13:30~16:30
セミナータイトル
2018年同時改定の先を見据えた対応
講師名
杉浦 鉄平 氏 (メディテイメント株式会社 代表取締役 病院組織再生プロデューサー セコム医療システム株式会社 顧問)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
多くの病院経営層のみなさんは、医療政策の動向などマクロ的視点から自院の将来に活路を見出そうと熱心に勉強されていますが、なかなか答えが見つかりません。病院を永続させるためにはまず地域の中で自院のポジショニングを明確化すること。しかしその判断基準となる経営指標やデータが不足しており漠然とした不安の中で出口が見えません。仮に良い戦略だがあっても医療専門職の行動を喚起するにはどうしたら良いのか?元看護部長、事務局長として現場と経営の両方を知り尽くした、医療専門職コンサルタントが病院組織再生プロデューサーとして全国ワーストの公立病院はじめ、消費税、診療報酬改定のダブルパンチで減収は避けられないと言われた病院を逆に1.5億増収させるなど、人材と業績を同時に向上させるメソッドと、諦めない病院経営者のための病院組織再生プロジェクトについて事例を紹介しながらこれらの問題を解決する手法を解説します。
▲ページトップへ