金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

セミナー検索結果 : 事業承継

事業承継に関するセミナー

開催日
2019-04-23(火) 13:30~16:30
セミナータイトル
各種金融機関がおさえておくべき事業承継M&Aのアドバイスポイント
講師名
龍野 滋幹 氏 (アンダーソン・毛利・友常法律事務所 パートナー弁護士)
開催地
東京都千代田区
ステータス
お申し込み可
概要
多くのオーナー企業において黒字経営であったり有力技術を持っていたりするにもかかわらず後継者難が深刻になる中、大企業が地域の有力企業を取り込んでカバー地域・領域を一気に拡張したり、投資ファンドが経営のてこ入れや同種企業の統合によるシナジー後のエグジットを企図したりするなどして、事業承継をM&Aによって行う動きが加速してきています。このような流れを受けて、近年金融機関でも、事業承継M&Aの支援を行う部署を新設するなど取組みを強化しています。
もっとも、事業承継M&Aにおいては、当事者、アドバイザーともに、M&A一般に関する理解・ノウハウを十分に持つことに加え、当事者、案件の進め方、デュー・ディリジェンスにおける頻出注意点、M&A契約書の構成・内容等、特有のポイントが多く存在し、それらを理解して進めることが肝要です。そこで、本セミナーでは、地方都市を含め多くの事業承継を売主側、買主側双方でアドバイスしてきた講師がその実経験を踏まえて、事業承継M&Aにおいて真にポイントとなる事項について解説いたします。
特に近時事業承継M&Aに力を入れていらっしゃる東京都外の金融機関等の方々におかれましては、M&Aの体系的・立体的理解から事業承継M&Aの実務において真に問題となる特有の論点まで、事業承継M&A実務経験の豊富な大手法律事務所の弁護士による詳細な解説をオンラインでも聞くことのできる稀な機会ですので、奮ってご参加ください。
▲ページトップへ
開催日
2019-04-23(火) 13:30~16:30
セミナータイトル
【DOKODEMO】各種金融機関がおさえておくべき事業承継M&Aのアドバイスポイント
講師名
龍野 滋幹 氏 (アンダーソン・毛利・友常法律事務所 パートナー弁護士)
開催地
東京都千代田区
ステータス
お申し込み可
概要
多くのオーナー企業において黒字経営であったり有力技術を持っていたりするにもかかわらず後継者難が深刻になる中、大企業が地域の有力企業を取り込んでカバー地域・領域を一気に拡張したり、投資ファンドが経営のてこ入れや同種企業の統合によるシナジー後のエグジットを企図したりするなどして、事業承継をM&Aによって行う動きが加速してきています。このような流れを受けて、近年金融機関でも、事業承継M&Aの支援を行う部署を新設するなど取組みを強化しています。
もっとも、事業承継M&Aにおいては、当事者、アドバイザーともに、M&A一般に関する理解・ノウハウを十分に持つことに加え、当事者、案件の進め方、デュー・ディリジェンスにおける頻出注意点、M&A契約書の構成・内容等、特有のポイントが多く存在し、それらを理解して進めることが肝要です。そこで、本セミナーでは、地方都市を含め多くの事業承継を売主側、買主側双方でアドバイスしてきた講師がその実経験を踏まえて、事業承継M&Aにおいて真にポイントとなる事項について解説いたします。
特に近時事業承継M&Aに力を入れていらっしゃる東京都外の金融機関等の方々におかれましては、M&Aの体系的・立体的理解から事業承継M&Aの実務において真に問題となる特有の論点まで、事業承継M&A実務経験の豊富な大手法律事務所の弁護士による詳細な解説をオンラインでも聞くことのできる稀な機会ですので、奮ってご参加ください。
▲ページトップへ
開催日
2014-11-17(月)  10:30~17:00
セミナータイトル
平成26年6月27日会社法改正に対応『非公開株式譲渡の法務・税務』
講師名
牧口 晴一 氏(法務大臣認証「事業承継ADR」調停補佐人 牧口会計事務所 所長 税理士)
開催地
東京都新宿区
ステータス
締め切り
概要
- 事業承継対策に不可欠な自己株式の時価 -

事業承継対策などで、非公開株式を取得する場合、相続税評価と異なる時価の検討が必要です。安易な合意価額で「みなし譲渡」「みなし贈与」「みなし配当」のトリプル課税になるため「自己株式の評価」が求められる実務の難題です。
 相続ではなく、譲渡時の評価を基本から紐解き、国税三法の「時価」の相違をつかみ、最新判例からリスクを最小限にする要点を、2008年『非公開株式譲渡の法務・税務』(中央経済社)発行後、本年発行の第4版となった同著の著者が解説いたします。
▲ページトップへ
開催日
2013-11-14(木) 13:00~16:30
セミナータイトル
「戦略型コンサルティングスタイル」を身につけよう
講師名
塩見 哲 氏(ダンコンサルティング株式会社 代表取締役 経営戦略コンサルタント・税理士)
開催地
東京都新宿区
ステータス
締め切り
概要
【経営・事業承継ビジネス研究会 第15回 定例会】

- 会計事務所はビジネスか先生か -

 会計事務所をビジネスと考えるなら、何を売っているのですか?
 ここでいう「何を」とは、ビジネスコンセプトのことを言います。このビジネスコンセプトとは経営の入り口のことです。そのためには、出口戦略(拠って立つ基盤、何のために社会に存在しているのか、何を目指しているのか)が明確になっていなければなりません。これがない限り中小企業に「継続してコンサルティングを売る」ことは不可能なのです。
 そこで、本セミナーでは、会計事務所の経営コンサルティングによる生き残り戦略をお話しいただきます。
▲ページトップへ
開催日
2013-11-12(火) 13:30~16:00
セミナータイトル
事業承継・相続対策における信託・一般社団法人の活用法
講師名
宮田 房枝 氏(税理士法人タクトコンサルティング 税理士)
開催地
東京都新宿区
ステータス
締め切り
概要
- 信託及び一般社団法人に関する制度の概要から活用例までを解説!! -

信託及び一般社団法人に関する制度は、いずれも近年大改正があったものです。それぞれ使い勝手がよくなって、4~5年経過したわけですが、世間一般的な税務の現場では、どちらもまだ馴染みが薄いように思います。
しかし、これまでは対策が難しいなと思っていたような場面でも、これらの制度を利用すれば簡単に解決できるという場面もあり、事業承継や相続対策に関するアドバイスを行う上で、これからは「信託」や「一般社団法人」の知識が必要不可欠になると考えられます。
そこで、今回のセミナーでは、この2つのテーマについて、それぞれの概要と活用例をご紹介致します。
▲ページトップへ
開催日
2013-11-08(金) 13:30~16:00
セミナータイトル
事業承継・相続対策における信託・一般社団法人の活用法
講師名
宮田 房枝 氏(税理士法人タクトコンサルティング 税理士)
開催地
大阪府大阪市
ステータス
締め切り
概要
- 信託及び一般社団法人に関する制度の概要から活用例までを解説!! -

信託及び一般社団法人に関する制度は、いずれも近年大改正があったものです。それぞれ使い勝手がよくなって、4~5年経過したわけですが、世間一般的な税務の現場では、どちらもまだ馴染みが薄いように思います。
しかし、これまでは対策が難しいなと思っていたような場面でも、これらの制度を利用すれば簡単に解決できるという場面もあり、事業承継や相続対策に関するアドバイスを行う上で、これからは「信託」や「一般社団法人」の知識が必要不可欠になると考えられます。
そこで、今回のセミナーでは、この2つのテーマについて、それぞれの概要と活用例をご紹介致します。
▲ページトップへ
開催日
2013-10-24(木) 13:30~16:30
セミナータイトル
事業承継を成功に導くための!!『会社法の活用ポイント』
講師名
江口 正夫 氏(海谷・江口・池田法律事務所 弁護士)
開催地
東京都新宿区
ステータス
締め切り
概要
 事業承継を成功させるには、後継者に安定した経営権を確保するに足りるだけの株式を取得させることがポイントになります。そのために役立つ会社法上の制度も、生前の準備をしていない場合には、必ずしも効果的に機能しないことが少なくありません。経営権の確保どころか、経営者一族が会社から排除されることもあり得ます。
そこで、本講座では事業承継を成功に導くための会社法上の制度の概要と、その活用上のポイントを①経営者死亡後における対策の限界と②生前対策の重要性について検討していきます。
▲ページトップへ
開催日
2013-03-21(木) 13:00~16:30(受付開始12:30)
セミナータイトル
会計事務所ができる!! 『親族内事業承継の実務』
講師名
城所 弘明 氏 (城所会計事務所 所長 公認会計士・税理士・行政書士)
開催地
東京都新宿区
ステータス
締め切り
概要
- 通常業務の付加価値としてできる事業承継支援ビジネス -

各企業が有するすぐれた商品開発能力、技術力、容易に真似のできないビジネスモデルやのれん等の付加価値を創出する源泉=「事業価値の源泉」が事業承継によってきちんと維持されることにより、社会に提供される付加価値が毀損することなく存続し、その結果として雇用も確保されます。本講座では、事業承継の本来の目的である「事業価値源泉」に着目し、その分析と承継を軸として、「親族内」事業承継支援コンサルティング業務の進め方を解説していきます。
▲ページトップへ
開催日
2012-09-07(金) 13:30~17:00(受付開始13:00)
セミナータイトル
事業の継続・発展に着目した!! 『事業承継支援コンサルティングの実務』
講師名
城所 弘明 氏 (城所会計事務所 所長 公認会計士・税理士・行政書士・AFP)
開催地
東京都新宿区
ステータス
締め切り
概要
事業承継の本来の目的は“事業の継続・発展”であり、
これによる継続的な付加価値のサービスの提供である!

■■■
9.13発足『経営事業承継ビジネス研究会』会員募集中!
~会計事務所の「経営コンサル×事業承継コンサル」ビジネスを研究~
■■■

各企業が有するすぐれた商品開発能力、技術力、容易に真似のできないビジネスモデルやのれん等の付加価値を創出する源泉=「事業価値の源泉」が事業承継によってきちんと維持されることにより、社会に提供される付加価値が毀損することなく存続し、その結果として雇用も確保されます。本講座では、事業承継の本来の目的である「事業価値源泉」に着目し、その分析と承継を軸として、事業承継支援コンサルティング業務の進め方を解説していきます。
▲ページトップへ
開催日
2012-07-10(火) 10:30~17:30(受付開始10:00)
セミナータイトル
【「経営・事業承継実務研究会」プレ講座】 会計事務所が知っておくべき『事業承継コンサルティングビジネスの現場実務』
講師名
税理士 中村克宏 氏 (株式会社船井財産コンサルタンツ 法人コンサルティング事業部 執行役員 事業部長)
開催地
東京都中央区
ステータス
締め切り
概要
サービスメニューとして「事業承継」を掲げる会計事務所は多いと思いますが、事業承継コンサルティングでまとまった報酬を得ているケースは極めて少ないようです。また、銀行、保険会社、M&Aブティック等が「事業承継」のコンサルティングを標榜しているケースも多いと思います。
「事業承継」のコンサルティングというと、自社株式の評価引き下げスキームの構築と思われている方が多いのも現状ですが、事業承継を円滑に進める課題は複雑化しています。たとえば、事業承継者がいないケースや、たとえ事業承継者がいたとしても、会社債務の個人保証を求められる代表取締役の地位承継を躊躇する実子も増えています。また、バブル崩壊後20年以上が経過し、過去の相続対策や過去の相続にともなう遺産分割によって株式が分散する等のしわ寄せが出ているケースも多く見られます。
そこで、本セミナーでは上記問題に対処するために以下の内容をお伝えいたします。

○ 現場の企業オーナーの感じている問題(ニーズ)は何か?
○ 会計事務所が事業承継ビジネスにどのような形で参入すべきなのか?
○ 会計事務所が事業承継ビジネスへ参入するのであれば、その全体像の中でどのようなポジションをとるべきなのか?
○ 企業オーナーに対する問題提起のポイントは何か?
○ プランニングのポイントは何か?
▲ページトップへ
開催日
2012-06-08(金) 2012年6月8日(金)
セミナータイトル
徹底活用!! 『事業承継のための組織再編』
講師名
佐藤 信祐 氏 (公認会計士・税理士)
開催地
東京都新宿区
ステータス
締め切り
概要
平成22年度税制改正により、グループ法人税制が導入され、組織再編に関する税務上の取扱いが明確になってきました。また、平成13年度税制改正により導入された組織再編税制についても、ようやく定着してきたようにも感じられます。そのため、組織再編税制についての理解は、会計事務所にとって特殊なノウハウというよりも、知っておかなければならない基本的な内容となりつつあります。
これに対し、事業承継においても組織再編を利用しようとする動きも見受けられ、相続税引下げのための手法だけでなく、事業上のニーズに沿った利用も増えてきています。そこで、本講座では、事業承継のための組織再編についての税務上の取扱いについて解説を行います。

●資産税を専門とされている会計事務所様で、組織再編関連の業務に対応したい方
●申告業務を専門とされている会計事務所様で、顧問先における組織再編関連の業務に対応したい方
▲ページトップへ
開催日
2012-01-26(木) 13:00~17:00(受付開始12:30)
セミナータイトル
事業承継税制の概要とその徹底活用法
講師名
玉越 賢治 (税理士法人タクトコンサルティング 代表社員 税理士)
開催地
東京都新宿区
ステータス
締め切り
概要
平成21年4月に施行された「非上場株式に係る贈与税・相続税の納税猶予制度」は、平成23年9月現在で確認申請が2,313件に上るものの、相続税の認定申請は316件、贈与税の認定申請は96件に過ぎません。
この制度に関わる税理士・公認会計士・金融機関担当者等からは「円滑化法と税法の両方を理解しなければならず難しい」、「適用要件が数多く定められており、間違うと大変」、「事後要件が厳しく使いづらい」、「具体事例を知りたい」等のご意見が多数寄せられています。
本講座では、事業承継税制の生い立ち、概要を解説するとともに、専門家が留意すべき点や疑問点についてお答えいたします。
▲ページトップへ
開催日
2011-11-10(木) 13:30~17:00(受付開始13:00)
セミナータイトル
税理士・会計事務所のための『M&Aの実務』
講師名
岸田 康雄 氏(国際公認投資アナリスト ・公認会計士税理士 中小企業診断士税理士・中小企業診断士)
開催地
東京都新宿区
ステータス
締め切り
概要
- 事業承継は相続だけではない、M&Aもある!! 一流投資銀行のノウハウを大公開 -

サービス・メニューとして、「事業承継」を掲げる税理士その他士業の方は多いと思いますが、相続対策にとどまり、M&Aまでアドバイスできる方は極めて少ないようです。これは、金融機関やM&A仲介会社が提供しているM&Aのノウハウが、これまで外部に開示されてこなかったためです。
「事業承継」のコンサルティングというと、自社株式の評価引下げスキームなど相続対策だと思われている方が多いのが現状ですが、事業承継を行うための経営環境は複雑化し、単純に相続対策で済まないケースが増えてきています。たとえば、後継者となる子息・子女がいないケース、後継者がいたとしても、会社債務の個人保証を求められる代表者の地位承継に躊躇されるケースなどです。
そこで、本セミナーでは事業承継の手段としてのM&Aを自らアドバイスできるようになるため、以下の内容をお伝えいたします。
▲ページトップへ
開催日
2011-11-10(木) 13:30~17:00(受付開始13:00)
セミナータイトル
税理士・会計事務所のための『M&Aの実務』
講師名
岸田 康雄 氏(国際公認投資アナリスト ・公認会計士税理士 中小企業診断士税理士・中小企業診断士)
開催地
東京都新宿区
ステータス
締め切り
概要
- 事業承継は相続だけではない、M&Aもある!! 一流投資銀行のノウハウを大公開 -

サービス・メニューとして、「事業承継」を掲げる税理士その他士業の方は多いと思いますが、相続対策にとどまり、M&Aまでアドバイスできる方は極めて少ないようです。これは、金融機関やM&A仲介会社が提供しているM&Aのノウハウが、これまで外部に開示されてこなかったためです。
「事業承継」のコンサルティングというと、自社株式の評価引下げスキームなど相続対策だと思われている方が多いのが現状ですが、事業承継を行うための経営環境は複雑化し、単純に相続対策で済まないケースが増えてきています。たとえば、後継者となる子息・子女がいないケース、後継者がいたとしても、会社債務の個人保証を求められる代表者の地位承継に躊躇されるケースなどです。
そこで、本セミナーでは事業承継の手段としてのM&Aを自らアドバイスできるようになるため、以下の内容をお伝えいたします。
▲ページトップへ
開催日
2011-04-05(火) 10:30 ~ 17:00 (受付 10:00 ~ )
セミナータイトル
事業承継に必須!!『非公開株式譲渡の時価』
講師名
牧口 晴一 氏 (愛知淑徳大学大学院客員教授 牧口会計事務所所長 税理士)
開催地
東京都中央区
ステータス
締め切り
概要
<千葉県税理士会 認定研修講座>

事業承継対策などで、非公開株式を取得する場合、相続税評価と異なる時価の検討が必要です。安易な合意価額で「みなし譲渡」「みなし贈与」「みなし配当」のトリプル課税になるため「自己株式の評価」が求められる実務の難題です。最悪、「受贈益」とのクアドラブル(四重)課税となります。
相続ではなく、譲渡時の評価を基本から紐解き、国税三法の「時価」の相違をつかみ、最新判例からリスクを最小限にする要点を、一昨年『非公開株式譲渡の法務・税務』(中央経済社)発行後、4刷を重ね、昨年の第二版も5刷となった同著の著者が解説いたします。
▲ページトップへ
開催日
2014-08-06(水) 10:30~13:00
セミナータイトル
【オンラインLIVEセミナー】【事業承継スペシャリスト講座】組織再編を活用した事業承継・相続対策《福岡》
講師名
佐藤 信祐 氏(佐藤信祐事務所 所長 公認会計士・税理士)
開催地
福岡県福岡市
ステータス
締め切り
概要
- 事業承継のための組織再編についての税務上の取扱いについて事例を交えながら解説 -

 平成22年度税制改正により、グループ法人税制が導入され、組織再編に関する税務上の取扱いが明確になりました。また、平成13年度税制改正により導入された組織再編税制についても、ようやく定着してきたように感じられます。そのため、組織再編税制についての理解は、会計事務所にとって特殊なノウハウというよりも、知っておかなければならない基本的な内容となりつつあります。
これに対し、事業承継においても組織再編を利用しようとする動きも見受けられ、相続税引下げのための手法だけでなく、事業上のニーズに沿った利用も増えてきています。
そこで、本講演では、事業承継のための組織再編についての税務上の取扱いについて事例を交えながら解説していきます。
▲ページトップへ
開催日
2014-08-06(水) 10:30~13:00
セミナータイトル
【オンラインLIVEセミナー】【事業承継スペシャリスト講座】組織再編を活用した事業承継・相続対策《名古屋》
講師名
佐藤 信祐 氏(佐藤信祐事務所 所長 公認会計士・税理士)
開催地
愛知県名古屋市
ステータス
締め切り
概要
- 事業承継のための組織再編についての税務上の取扱いについて事例を交えながら解説 -

 平成22年度税制改正により、グループ法人税制が導入され、組織再編に関する税務上の取扱いが明確になりました。また、平成13年度税制改正により導入された組織再編税制についても、ようやく定着してきたように感じられます。そのため、組織再編税制についての理解は、会計事務所にとって特殊なノウハウというよりも、知っておかなければならない基本的な内容となりつつあります。
これに対し、事業承継においても組織再編を利用しようとする動きも見受けられ、相続税引下げのための手法だけでなく、事業上のニーズに沿った利用も増えてきています。
そこで、本講演では、事業承継のための組織再編についての税務上の取扱いについて事例を交えながら解説していきます。
▲ページトップへ
開催日
2014-08-06(水) 10:30~13:00
セミナータイトル
【オンラインLIVEセミナー】【事業承継スペシャリスト講座】組織再編を活用した事業承継・相続対策《大阪》
講師名
佐藤 信祐 氏(佐藤信祐事務所 所長 公認会計士・税理士)
開催地
大阪府大阪市
ステータス
締め切り
概要
- 事業承継のための組織再編についての税務上の取扱いについて事例を交えながら解説 -

 平成22年度税制改正により、グループ法人税制が導入され、組織再編に関する税務上の取扱いが明確になりました。また、平成13年度税制改正により導入された組織再編税制についても、ようやく定着してきたように感じられます。そのため、組織再編税制についての理解は、会計事務所にとって特殊なノウハウというよりも、知っておかなければならない基本的な内容となりつつあります。
これに対し、事業承継においても組織再編を利用しようとする動きも見受けられ、相続税引下げのための手法だけでなく、事業上のニーズに沿った利用も増えてきています。
そこで、本講演では、事業承継のための組織再編についての税務上の取扱いについて事例を交えながら解説していきます。
▲ページトップへ
開催日
2014-08-06(水) 10:30~13:00
セミナータイトル
【オンラインLIVEセミナー】【事業承継スペシャリスト講座】組織再編を活用した事業承継・相続対策
講師名
佐藤 信祐 氏(佐藤信祐事務所 所長 公認会計士・税理士)
開催地
東京都新宿区
ステータス
締め切り
概要
- 事業承継のための組織再編についての税務上の取扱いについて事例を交えながら解説 -

 平成22年度税制改正により、グループ法人税制が導入され、組織再編に関する税務上の取扱いが明確になりました。また、平成13年度税制改正により導入された組織再編税制についても、ようやく定着してきたように感じられます。そのため、組織再編税制についての理解は、会計事務所にとって特殊なノウハウというよりも、知っておかなければならない基本的な内容となりつつあります。
これに対し、事業承継においても組織再編を利用しようとする動きも見受けられ、相続税引下げのための手法だけでなく、事業上のニーズに沿った利用も増えてきています。
そこで、本講演では、事業承継のための組織再編についての税務上の取扱いについて事例を交えながら解説していきます。
▲ページトップへ
開催日
2013-10-16(水) 13:30~16:30(受付開始13:00)
セミナータイトル
事例で学ぶ!!『組織再編による事業承継対策』
講師名
佐藤 信祐 氏 (佐藤信祐事務所 所長 公認会計士・税理士)
開催地
東京都新宿区
ステータス
締め切り
概要
- 相続税対策や事業承継対策で組織再編を利用した事業承継手法 -

▲ページトップへ
開催日
2012-11-15(木) 13:30~17:00(受付13:00~)
セミナータイトル
『会社法を活用した事業承継(親族内承継)の実務』
講師名
前山 信之 氏 (アンダーソン・毛利・友常法律事務所 パートナー弁護士)
開催地
東京都新宿区
ステータス
締め切り
概要
遺留分問題への対策及び会社法を踏まえた事業承継(親族内承継)スキームの法務上の留意点を中心に

創業経営者の高齢化が進行する中、事業承継の必要性はここ数年注目を浴びております。一口に事業承継といっても様々な類型がありますが、近年の事業承継の約6割程度がいわゆる親族内承継によるといわれています。親族内承継において遺留分問題は不可避の検討事項であって、遺留分問題への対策を怠ると企業オーナーの資産が散逸し、後継者への事業承継が円滑になされないおそれすらあります。また、近年、遺留分問題への対策としても有用な会社法を活用した親族内承継スキームも考案されております。

そこで、会計事務所が事業承継に関連する民法、会社法の理解を深めることで、事業承継を複眼的に捉えることができ、事業承継コンサルティングの場面において、従来の税務、会計面からのアドバイスに加え、法務面をも意識した充実したアドバイスができるものと思います。

本セミナーでは、遺留分制度のポイント、会社法を活用した事業承継(親族内承継)スキームの法務上の留意点を中心に事業承継(親族内承継)の実務について想定事例を用いて具体的かつ網羅的に解説いたします。
▲ページトップへ
開催日
2012-06-26(火) 10:30~17:30(受付開始10:00)
セミナータイトル
【6時間集中特別講座】 会計事務所・税理士のための!! 『相続・事業承継ビジネスエッセンス』
講師名
岸田 康雄 氏 他 (国際公認投資アナリスト・公認会計士・税理士・中小企業診断士)他
開催地
東京都新宿区
ステータス
締め切り
概要
相続、事業承継、組織再編、M&A、その他専門家による[連続研修]講座

相続・事業承継支援業務~M&Aアドバイザリー業務まで、
会計事務所の業務を拡大できるノウハウを学ぶ!

相続・事業承継対策は、一人(一事務所)で行える時代ではありません。あらゆる業種の専門家及び地域の方が【チーム】となって対応していくことが必要です。多様な相続・事業承継問題を解決する上で重要なのは、様々な能力のコラボレーションです。
専門家に対するお客様の期待は全く変わりつつあります。そこで、本セミナーを受講された皆さまが、戦略・情報・業務と、多岐にわたる能力をもった専門家たちをまとめ、ワンチームでお客様の課題解決に取り組むのに加え、外部の知見や手法を積極的に協業し、既存のアプローチにとらわれない【最適なスキーム】を創っていくことを期待します。

● 申告業務を専門とされている会計事務所で、
 顧問先の相続・事業承継業務に対応したい方
● 金融機関や投資ファンドの相続・事業承継に対する取り組みを知りたい
 会計事務所の方
● 資産税を専門とされている会計事務所で、M&A業務に対応したい方
▲ページトップへ
開催日
2012-01-17(火) 10:30~17:00 (受付10:00~)
セミナータイトル
【全3講座 第3講座】 『非公開株式譲渡の時価<完全版>』 [高田馬場会場]
講師名
牧口 晴一 氏 (愛知淑徳大学大学院客員教授 牧口会計事務所所長 税理士)
開催地
東京都新宿区
ステータス
締め切り
概要
相続・事業承継を解決する専門家になる!! ≪非公開株式譲渡の時価と相続・事業承継対策の実務≫

●新「合資会社設立」節税 ●小規模宅地2次相続の常識変化の誤解
●新「消費税還付!」 ●優遇化贈与で子の浪費対策の親族信託
●種類株式の活用事例としての事業承継に活かす従業員持株会

【FP継続教育単位認定講座】

相続税の大衆課税時代。資産家は「資産経営者」たることを求められます。「経営」に最適な組織は「会社」です。個人資産家も、新スキームの“合名会社”設立で「資産保有会社」による相続税の節税をしつつ「消費税還付」も可能です。また、持分化で「納税猶予」の可能性や「遺留分の特例」まで受けられます。さらに、物件毎の会社設立で、その都度「消費税還付」を受け、既存の事業会社と共に必然的に「グループ法人」化します。これらの会社は、節税効果維持と事業継続のため「事業承継」が求められます。その一環で株式等を「譲渡」取得する場合、相続税評価と異なる時価が必要で、安易な合意はトリプル課税になるため難解な「自己株式の評価」が必要です。その回避策には、効果的節税の面ばかりでなく、増大する親族外承継にも使える従業員持株会を用います。
▲ページトップへ
開催日
2011-12-08(木) 10:30~17:00 (受付10:00~)
セミナータイトル
【全3講座 第2講座】 『事業承継に活かす従業員持株会』 [高田馬場会場]
講師名
牧口 晴一 氏 (愛知淑徳大学大学院客員教授 牧口会計事務所所長 税理士)
開催地
東京都新宿区
ステータス
締め切り
概要
相続・事業承継を解決する専門家になる!! ≪非公開株式譲渡の時価と相続・事業承継対策の実務≫

●新「合資会社設立」節税 ●小規模宅地2次相続の常識変化の誤解
●新「消費税還付!」 ●優遇化贈与で子の浪費対策の親族信託
●種類株式の活用事例としての事業承継に活かす従業員持株会

【FP継続教育単位認定講座】

相続税の大衆課税時代。資産家は「資産経営者」たることを求められます。「経営」に最適な組織は「会社」です。個人資産家も、新スキームの“合名会社”設立で「資産保有会社」による相続税の節税をしつつ「消費税還付」も可能です。また、持分化で「納税猶予」の可能性や「遺留分の特例」まで受けられます。さらに、物件毎の会社設立で、その都度「消費税還付」を受け、既存の事業会社と共に必然的に「グループ法人」化します。これらの会社は、節税効果維持と事業継続のため「事業承継」が求められます。その一環で株式等を「譲渡」取得する場合、相続税評価と異なる時価が必要で、安易な合意はトリプル課税になるため難解な「自己株式の評価」が必要です。その回避策には、効果的節税の面ばかりでなく、増大する親族外承継にも使える従業員持株会を用います。
▲ページトップへ
開催日
2011-10-15(土) 10:30~17:00(受付10:00~)
セミナータイトル
【全3講座 第1講座】 『合名会社設立による相続税節税と消費税還付』
講師名
牧口 晴一 氏 (愛知淑徳大学大学院客員教授 牧口会計事務所所長 税理士)
開催地
愛知県名古屋市
ステータス
締め切り
概要
相続・事業承継を解決する専門家になる!! ≪非公開株式譲渡の時価と相続・事業承継対策の実務≫

●新「合資会社設立」節税 ●小規模宅地2次相続の常識変化の誤解
●新「消費税還付!」 ●優遇化贈与で子の浪費対策の親族信託
●種類株式の活用事例としての事業承継に活かす従業員持株会

【FP継続教育単位認定講座】

相続税の大衆課税時代。資産家は「資産経営者」たることを求められます。「経営」に最適な組織は「会社」です。個人資産家も、新スキームの“合名会社”設立で「資産保有会社」による相続税の節税をしつつ「消費税還付」も可能です。また、持分化で「納税猶予」の可能性や「遺留分の特例」まで受けられます。さらに、物件毎の会社設立で、その都度「消費税還付」を受け、既存の事業会社と共に必然的に「グループ法人」化します。これらの会社は、節税効果維持と事業継続のため「事業承継」が求められます。その一環で株式等を「譲渡」取得する場合、相続税評価と異なる時価が必要で、安易な合意はトリプル課税になるため難解な「自己株式の評価」が必要です。その回避策には、効果的節税の面ばかりでなく、増大する親族外承継にも使える従業員持株会を用います。
▲ページトップへ
開催日
2011-06-14(火) 13:30~17:00(受付開始13:00)
セミナータイトル
【最新】ケーススタディで解説する!! 『信託を活用した相続・事業承継対策』
講師名
後宏治 氏(税理士法人UAP パートナー 公認人会計士・税理士)
開催地
東京都新宿区
ステータス
締め切り
概要
- 事業承継に活用可能な信託スキームを解説 -

平成19年に施行された改正信託法により、事業承継に活用可能なスキームが創設され、そのメリットについて数多くの指摘がなされています。しかしながら、実際には多くの中小企業経営者にとって、信託を活用した事業承継への取り組みのイメージが湧かない、会社法や民法との関係が十分に整理されていないため、リーガルリスクを懸念して、信託銀行等の商品展開に慎重であることなどの要因により、事業承継の円滑化のために信託が活用されている事例はそれほど多くはありません。
そこで、信託会社を自ら設立し、経営した経験を有し、税理士として信託を活用した事業承継を実際に手がけている後宏治先生を講師にお招きし、実務上におけるポイントと課税関係の取扱いを実例を通して解説していただきます。
▲ページトップへ
開催日
2010-11-08(月) 18:00~21:00(受付開始17:30)
セミナータイトル
事業承継に必須!! 「非公開株式譲渡の時価」
講師名
牧口 晴一(愛知淑徳大学大学院客員教授・牧口会計事務所所長税理士)
開催地
埼玉県さいたま市
ステータス
締め切り
概要
自己株式の適正時価マトリックスを解説
▲ページトップへ
開催日
2014-10-01(水) 14:00~17:00
セミナータイトル
【タクト流!!資産税コンサルティング実務2014】第7講座『「信託」「一般社団法人」を活用した事業承継・相続対策』
講師名
宮田 房枝 氏(税理士法人タクトコンサルティング 税理士)
開催地
東京都新宿区
ステータス
締め切り
概要
- 信託及び一般社団法人に関する制度の概要から活用例までを豊富な事例で解説 -

 信託及び一般社団法人に関する制度は、いずれも近年大改正があったものです。それぞれ使い勝手がよくなって、約6年前後経過したわけですが、世間一般的な税務の現場では、どちらもまだ馴染みが薄いように思います。
 しかし、これまでは対策が難しいなと思っていたような場面でも、これらの制度を利用すれば簡単に解決できるという場面もあり、事業承継や相続対策に関するアドバイスを行う上で、これからは「信託」や「一般社団法人」の知識が必要不可欠になると考えられます。
 そこで、この講座では、この2つのテーマについて、それぞれの概要と活用例をご紹介致します。
▲ページトップへ
開催日
2013-11-07(木) 14:00~16:30
セミナータイトル
税理士、司法書士のための“新しい”相続・事業承継の切り札!! 『信託を活用した資産承継スキーム』
講師名
小林 智 氏(富嶽信託株式会社 取締役開発営業部長)
開催地
大阪市中央区
ステータス
締め切り
概要
- 実例に基づいた事例紹介をもとに信託スキームの概要を解説 -

 信託は「究極の奥義」となりえるか!? これまで信託はなじみのないものだったように思います。これは信託を学んだとしても実際に受け皿となる受託者が存在しなかったのが最大の要因かもしれません。机上の空論として片隅に追いやられていました信託ですが、ようやく日の目を見る環境になってきました。信託を活用することによりかなりの確率で今まで解決できなかった資産承継の問題を解決できるのではないでしょうか?
 従来の手法での限界や問題点を提示し、どのように信託を活用して解決していくのかを実例に基づいた事例紹介をもとに、様々な信託スキームを解説させて頂きます。今回事例紹介させて頂くスキームは机上の空論ではありません。すべて富嶽信託で実際に受託できるスキームです。信託を実務で活用したいと考えておられる方の参加をお待ちしております。

『富嶽信託株式会社』について
クライアントの要望に応じて商品設計を行う完全オーダーメイド型信託サービスを提供する独立系信託会社です。
▲ページトップへ
開催日
2012-12-12(水) 14:00~17:00(受付13:30~)
セミナータイトル
『信託を活用した相続・贈与の実務』
講師名
笹島 修平 氏 (税理士法人つむぎコンサルティング 代表社員・公認会計士・税理士)
開催地
東京都港区
ステータス
締め切り
概要
- これからの相続・贈与・事業承継の対応策 -

2007年9月に改正信託法が施行され、5年が経ちます。この改正により、相続・贈与の場面で信託を活用し新しいことができるようになりました。さらに、この信託は親族内だけで活用することができます。具体的には遺言書の作成、財産の贈与、高齢化対策等において信託を活用することができます。しかも、課税上のデメリットも基本的にありません。本セミナーでは、相続・贈与における信託の基本からその活用方法を事例を通してわかりやすく解説したいと思います。
▲ページトップへ
開催日
2011-08-04(木) 10:30 ~ 17:00 (受付 10:00 ~ )
セミナータイトル
非公開株式譲渡の時価と相続・事業承継対策の実務 【全3講座 第3講座】 非公開株式譲渡の時価<完全版>
講師名
牧口 晴一 氏(愛知淑徳大学大学院客員教授 牧口会計事務所所長 税理士)
開催地
東京都新宿区
ステータス
締め切り
概要
●新「合資会社設立」節税
●小規模宅地2次相続の常識変化の誤解
●新「消費税還付!」
●優遇化贈与で子の浪費対策の親族信託
●従業員持株会

相続税の大衆課税時代。資産家は「資産経営者」たることを求められます。「経営」に最適な組織は「会社」です。個人資産家も、新スキームの“合資会社”設立で「資産保有会社」による相続税の節税をしつつ「消費税還付」も可能です。また、持分化で「納税猶予」や「遺留分の特例」まで受けられます。さらに、物件毎の会社設立で、その都度「消費税還付」を受け、既存の事業会社と共に必然的に「グループ法人」化します。これらの会社は、節税効果維持と事業継続のため「事業承継」が求められます。その一環で株式等を「譲渡」取得する場合、相続税評価と異なる時価が必要で、安易な合意はトリプル課税になるため難解な「自己株式の評価」が必要です。その回避策には、効果的節税の面ばかりでなく、増大する親族外承継にも使える従業員持株会を用います。
▲ページトップへ
開催日
2011-07-16(土) 10:30 ~ 17:00 (受付 10:00 ~ )
セミナータイトル
非公開株式譲渡の時価と相続・事業承継対策の実務 【全3講座 第2講座】 事業承継に活かす従業員持株会
講師名
牧口 晴一 氏(愛知淑徳大学大学院客員教授 牧口会計事務所所長 税理士)
開催地
東京都新宿区
ステータス
締め切り
概要
●新「合資会社設立」節税
●小規模宅地2次相続の常識変化の誤解
●新「消費税還付!」
●優遇化贈与で子の浪費対策の親族信託
●従業員持株会

相続税の大衆課税時代。資産家は「資産経営者」たることを求められます。「経営」に最適な組織は「会社」です。個人資産家も、新スキームの“合資会社”設立で「資産保有会社」による相続税の節税をしつつ「消費税還付」も可能です。また、持分化で「納税猶予」や「遺留分の特例」まで受けられます。さらに、物件毎の会社設立で、その都度「消費税還付」を受け、既存の事業会社と共に必然的に「グループ法人」化します。これらの会社は、節税効果維持と事業継続のため「事業承継」が求められます。その一環で株式等を「譲渡」取得する場合、相続税評価と異なる時価が必要で、安易な合意はトリプル課税になるため難解な「自己株式の評価」が必要です。その回避策には、効果的節税の面ばかりでなく、増大する親族外承継にも使える従業員持株会を用います。
▲ページトップへ
開催日
2011-07-15(金) 10:30 ~ 17:00 (受付 10:00 ~ )
セミナータイトル
非公開株式譲渡の時価と相続・事業承継対策の実務 【全3講座 第1講座】 「合資会社」設立による相続税節税・消費税還付
講師名
牧口 晴一 氏(愛知淑徳大学大学院客員教授 牧口会計事務所所長 税理士)
開催地
東京都新宿区
ステータス
締め切り
概要
●新「合資会社設立」節税
●小規模宅地2次相続の常識変化の誤解
●新「消費税還付!」
●優遇化贈与で子の浪費対策の親族信託
●従業員持株会

相続税の大衆課税時代。資産家は「資産経営者」たることを求められます。「経営」に最適な組織は「会社」です。個人資産家も、新スキームの“合資会社”設立で「資産保有会社」による相続税の節税をしつつ「消費税還付」も可能です。また、持分化で「納税猶予」や「遺留分の特例」まで受けられます。さらに、物件毎の会社設立で、その都度「消費税還付」を受け、既存の事業会社と共に必然的に「グループ法人」化します。これらの会社は、節税効果維持と事業継続のため「事業承継」が求められます。その一環で株式等を「譲渡」取得する場合、相続税評価と異なる時価が必要で、安易な合意はトリプル課税になるため難解な「自己株式の評価」が必要です。その回避策には、効果的節税の面ばかりでなく、増大する親族外承継にも使える従業員持株会を用います。
▲ページトップへ
開催日
2012-11-07(水) 13:30~17:00(受付13:00~)
セミナータイトル
相続・事業承継のビジネスチャンス到来! 『今、求められるのは「プロの総合資産コンサルティング」』
講師名
鷹野 保雄 氏 (株式会社日本資産総研 代表取締役 税理士)
開催地
東京都中央区
ステータス
締め切り
概要
お客様に最善最適な資産環境を構築し、未来を見通し、未来を設計する実践的コンサルタントの必要性

今、「社会保障と税の一体改革」の名のもとに、相続税・所得税の増税案が検討されるなど富裕層を取り巻く環境は厳しい状況になっていくことが予想されるとともに、不動産コンサルティングの重要性が増しています。
しかしながら、そのような富裕層の期待に不動産関連業界が十分に応えられていないのが現状です。
これからは、総合的な資産コンサルティングにより、富裕層の未来設計・幸せ創造を実践することが求められます。
そこで今回は、「総合資産コンサルティング」の実践とビジネス化について、事例を取り上げながら解説していきます。
▲ページトップへ
開催日
2012-12-06(木) 10:30~17:00(受付10:00~)
セミナータイトル
『組織再編・資本等取引をめぐる税務の基粗』
講師名
牧口 晴一 氏 (愛知淑徳大学大学院客員教授 牧口会計事務所所長 税理士)
開催地
東京都新宿区
ステータス
締め切り
概要
【9.21満員御礼】好評につき追加講演決定!

“内科医”的税理士(通常の申告業務だけの税理士)が…
“心臓移植外科医”的税理士(組織再編に対応する税理士)となるための税務を中心としつつ、
実務に活かすために不可欠な周辺を含めた、詳し過ぎず「粗」なる知識を、1日で習得する!

「いつか、しっかりと理解したい!」そう思う組織再編や資本等取引は、しかし難解です。その複雑・奇怪な条文もさることながら、そもそも、その難解さの原因は、実は他に沢山あるのです。
それでも、事業承継等に不可欠なため学ばなければならない「板挟み」にあります。
難解な「組織再編税制」を、以下の要領で段階的に基粗を重視して学び、まずは専門の税務の基本で恥をかかない自信を付けるための、組織再編の入門講座です。
▲ページトップへ
開催日
2012-10-25(木) 10:30~17:00(受付10:00~)
セミナータイトル
『組織再編・資本等取引をめぐる税務の基粗』
講師名
牧口 晴一 氏 (愛知淑徳大学大学院客員教授 牧口会計事務所所長 税理士)
開催地
東京都中央区
ステータス
締め切り
概要
【9.21満員御礼】好評につき追加講演決定!!

“内科医”的税理士(通常の申告業務だけの税理士)が…
“心臓移植外科医”的税理士(組織再編に対応する税理士)となるための税務を中心としつつ、
実務に活かすために不可欠な周辺を含めた、詳し過ぎず「粗」なる知識を、1日で習得する!

「いつか、しっかりと理解したい!」そう思う組織再編や資本等取引は、しかし難解です。その複雑・奇怪な条文もさることながら、そもそも、その難解さの原因は、実は他に沢山あるのです。
それでも、事業承継等に不可欠なため学ばなければならない「板挟み」にあります。
難解な「組織再編税制」を、以下の要領で段階的に基粗を重視して学び、まずは専門の税務の基本で恥をかかない自信を付けるための、組織再編の入門講座です。
▲ページトップへ
開催日
2012-10-11(木) 2012年10月11日(木)
セミナータイトル
『親族外事業承継コンサルティングの実務』 経営・事業承継ビジネス研究会【第2回 定例会】
講師名
岸田康雄 氏 (国際公認投資アナリスト・公認会計士・税理士・中小企業診断士)
開催地
東京都新宿区
ステータス
締め切り
概要
- 事業価値源泉に着目した「親族外承継」の進め方 -

近年、政府や民間の諸団体による普及啓発活動とも相まって、中小企業経営者の間にも事業承継問題の重要性の認識が浸透して来たが、全ての事業承継を親族内だけでなし得ることはおよそ不可能であり、親族外からの後継者選びと専門家の支援が不可欠であるため、今後は、そのアドバイスやコンサルティングの重要性が益々高まるものと考えられる。

親族外承継を考えるに当たり重要なのは、創業者一族の手を離れた後の事業の継続・発展であり、これによる継続的な付加価値の提供である。すなわち、各企業が有する優れた商品開発能力、技術力、容易に真似のできないビジネスモデルやのれん等の付加価値を創出する源泉=「事業価値の源泉」が、親族外への事業承継であってもきちんと維持されることにより、社会に提供される付加価値が毀損することなく存続し、その結果として職員・従業員の雇用が確保されることである。

そこで、中小企業の事業承継の支援業務に携わる税理士の一助とするため、従来、あまり焦点が当てられて来なかった事業価値源泉に着目し、その分析と承継を軸として、「親族外承継」の進め方を示していくこととする。
▲ページトップへ
開催日
2012-07-06(金) 13:30~17:00(受付開始13:00)
セミナータイトル
『個人間における利益移転と税務の諸問題』
講師名
小林磨寿美 氏 (小林摩寿美税理士事務所 所長 税理士)
開催地
東京都新宿区
ステータス
締め切り
概要
- 権利関係の移動と課税関係について、相続税法9条を中心に解説 -

事業や財産の承継をどのように進めていくかは、個人を取り巻く税務における大きな一つのテーマとなっています。
事業の承継に関しては、従来からの手法である増資や自己株式の買取りに加えて、組織再編やグループ法人税制の活用が、実務家の間で関心事の一つとなっています。また、ここ数年の改正で事業体等を巡る法制及び税制が整備されたことから、次の世代への財産の移転に利用できないかと模索する動きもあります。さらには、バブル期の相続対策などで、共有とした不動産等について、次の相続が発生する時期となったことにより、その後始末のための対策が喫緊の課題ともなっています。
これらのことに対処する際に、どのような権利関係の移動が起こり、どのような課税関係が発生するか、特に相続税法9条を中心に解説していきます。

● 個人間で利益移転が起こる場面と発生する課税関係
 ・個人が絡む取引では複数税目に渡る課税関係が発生する
 ・所得税、法人税の考え方と贈与税の考え方

● 間接的な利益供与に対する課税関係はどのようなものか
 ・表で起こる取引と裏で起こる課税関係
 ・個人間の利益移転を介在するもの

● 意図しない利益移転と意図された利益移転
 ・相続税法9条が発動されるのはどのような場面か
 ・発生しうる課税関係にどう対処するか
▲ページトップへ
開催日
2012-07-04(水) 10:30~17:00(受付開始10:00)
セミナータイトル
『非公開株式譲渡の時価・分散株式の集中化』
講師名
牧口 晴一 氏 (愛知淑徳大学大学院客員教授 牧口会計事務所所長 税理士)
開催地
東京都渋谷区
ステータス
締め切り
概要
- 自己株式の適正時価マトリックスを解説・否認で「トリプル課税」 -

グループ法人化あるいは離脱で増加する自己株式の譲渡・事業承継のための
親族間等の譲渡に欠かせない自己株式の時価・議決権集中

事業承継対策などで、非公開株式を取得する場合、相続税評価と異なる時価の検討が必要です。安易な合意価額で「みなし譲渡」「みなし贈与」「みなし配当」のトリプル課税になるため「自己株式の評価」が求められる実務の難題です。
相続ではなく、譲渡時の評価を基本から紐解き、国税三法の「時価」の相違をつかみ、最新判例からリスクを最小限にする要点を、2008年『非公開株式譲渡の法務・税務』(中央経済社)発行後、昨年の第3版も5刷となった同著の著者が解説いたします。
▲ページトップへ
開催日
2012-02-09(木) 13:00~17:00(受付開始12:30)
セミナータイトル
相続贈与の実務対策
講師名
玉越 賢治 氏 (税理士法人タクトコンサルティング 代表社員 税理士)
開催地
東京都新宿区
ステータス
締め切り
概要
- 相続税・贈与税の平成24年度改正(案)にも言及!! -

ピーク時には被相続人100人中約8人が相続税の対象であったものが、昨今は4人台に半減しています。平成23年度税制改正による相続税の課税ベース・税率構造の見直し等による増税案は国会に上程されたまま未だ成立していませんが、平成24年度税制改正において、相続税の増税案が再上程されるものと言われています。
相続税の増税傾向は、個人地主や企業オーナー等の資産家層に限らず、今までは相続税のことを意識しなかった方も相続税について理解しておく必要が出てきたことを意味します。
本講座では相続・贈与、事業承継等資産税中心に業務を特化している税理士の玉越賢治氏により、相続・贈与において留意しなければならない点から税理士が悩む納税資金対策や相続税対策まで具体的事例に基づいて解説いたします。
▲ページトップへ
開催日
2013-10-31(土) 10:30~17:00
セミナータイトル
①小規模宅地(事業用+居住用の完全併用)②消費税還付!(増税で効果大)③資産保有「合名会社」と④定借で相続税節税
講師名
牧口 晴一 氏(愛知淑徳大学大学院客員教授 牧口会計事務所所長 税理士)
開催地
東京都新宿区
ステータス
締め切り
概要
本年度税制改正で最大730㎡までの8割減が可能を実現させる土地活用策!
「消費税の還付(自販機節税)はしない」と無視していると税賠となる可能性!
話題の「資産保有会社」を単純に株式会社にしていませんか?
定期借地権と言うとロードサイド店としか考えていませんか?

講師著書をもれなくプレゼント!!
テキストとして使用します。
図解&イラスト『中小企業の事業承継(第5版)』
牧口 晴一 共著
清文社
2013年8月刊行予定
▲ページトップへ
開催日
2012-10-05(金) 10:30~17:00(受付開始10:00)
セミナータイトル
『事業承継に活かす「新しい」従業員持株会』
講師名
牧口 晴一 氏 (愛知淑徳大学大学院客員教授 牧口会計事務所所長 税理士)
開催地
東京都新宿区
ステータス
締め切り
概要
− 相続税の節税・種類株式の活用・親族外承継・組合と社団の相違 −

これまで「従業員持株会と言えば民法の組合」という“常識”がありました。これでも“相続税の節税”に役立ちますが、福祉面は弱く募集や維持が困難でした。
今回、従前ほとんど用いられなかったものの、柔軟性が高く、多くのメリットのある「権利能力なき社団」による「新しい」従業員持株会を提案します!
▲ページトップへ
開催日
2013-01-22(火) 10:30~17:00(受付10:00~)
セミナータイトル
『非公開株式譲渡の時価・分散株式の集中化』
講師名
税理士 牧口 晴一 氏 (愛知淑徳大学大学院客員教授 牧口会計事務所所長)
開催地
東京都新宿区
ステータス
締め切り
概要
- 自己株式の適正時価マトリックスを解説・否認で「トリプル課税」 -

グループ法人化あるいは離脱で増加する自己株式の譲渡・事業承継のための
親族間等の譲渡に欠かせない自己株式の時価・議決権集中


事業承継対策などで、非公開株式を取得する場合、相続税評価と異なる時価の検討が必要です。安易な合意価額で「みなし譲渡」「みなし贈与」「みなし配当」のトリプル課税になるため「自己株式の評価」が求められる実務の難題です。
相続ではなく、譲渡時の評価を基本から紐解き、国税三法の「時価」の相違をつかみ、最新判例からリスクを最小限にする要点を、2008年『非公開株式譲渡の法務・税務』(中央経済社)発行後、昨年の第3版も5刷となった同著の著者が解説いたします。
▲ページトップへ
開催日
2011-12-16(金) 13:30~16:30(受付開始13:00)
セミナータイトル
【大阪開催】《21世紀型》相続ビジネスを成功させるための実務ポイント!! 『富裕層から信頼を得るための相続戦略』
講師名
塩見 哲 氏 (ダンコンサルティング(株) 代表取締役 税理士)
開催地
大阪府大阪市
ステータス
締め切り
概要
今、相続戦略は全く新しい時代を迎えています。過去の狭い範囲からの発想では単なる小手先論に終始してしまうことになるでしょう。何のために「相続戦略」を立てるのかを明確にすることが知識より意識の時代にフィットします。
本セミナーでは、“会計事務所が資産家から信頼され、選ばれるために取り組むべき”新しい発想法や相続戦略の立て方までを解説いたします。今後、会計事務所が生き残るためには、資産家(富裕層)の囲い込みが重要なテーマとなります。

なお、本セミナーでは上記問題に対処するために以下の内容をお伝えいたします。

● 現在の社会を見れば相続税の推移は分かる
● 地主(個人)資産にB/SとP/Lの概念を取り入れる
● 相続マーケティングの重要性を考える
● 相続戦略は不動産戦略・事業承継戦略でもある
● 21世紀型の信頼を得るための発想法とは何か
● 相続の目標は、社会・親族・個人の三方が繁栄していくことである。
▲ページトップへ
開催日
2011-12-02(金) 10:30~17:00 (受付10:00~)
セミナータイトル
【全3講座 第1講座】 『合名会社設立による相続税節税と消費税還付』[高田馬場会場]
講師名
牧口 晴一 氏 (愛知淑徳大学大学院客員教授 牧口会計事務所所長 税理士)
開催地
東京都新宿区
ステータス
締め切り
概要
相続・事業承継を解決する専門家になる!! ≪非公開株式譲渡の時価と相続・事業承継対策の実務≫

●新「合資会社設立」節税 ●小規模宅地2次相続の常識変化の誤解
●新「消費税還付!」 ●優遇化贈与で子の浪費対策の親族信託
●種類株式の活用事例としての事業承継に活かす従業員持株会

【FP継続教育単位認定講座】

相続税の大衆課税時代。資産家は「資産経営者」たることを求められます。「経営」に最適な組織は「会社」です。個人資産家も、新スキームの“合名会社”設立で「資産保有会社」による相続税の節税をしつつ「消費税還付」も可能です。また、持分化で「納税猶予」の可能性や「遺留分の特例」まで受けられます。さらに、物件毎の会社設立で、その都度「消費税還付」を受け、既存の事業会社と共に必然的に「グループ法人」化します。これらの会社は、節税効果維持と事業継続のため「事業承継」が求められます。その一環で株式等を「譲渡」取得する場合、相続税評価と異なる時価が必要で、安易な合意はトリプル課税になるため難解な「自己株式の評価」が必要です。その回避策には、効果的節税の面ばかりでなく、増大する親族外承継にも使える従業員持株会を用います。
▲ページトップへ