金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

セミナー検索結果 : 不祥事防止

不祥事防止に関するセミナー

開催日
2017-11-10(金) 9:30~12:30
セミナータイトル
金融機関の不祥事防止・発生時対応の実務
講師名
川西 拓人 弁護士 (のぞみ総合法律事務所 パートナー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
金融機関において不祥事防止は内部管理態勢構築の最重要テーマの一つであり続けている。近時は金融行政が対話型のモニタリングを重視していることから、不祥事を契機に行政処分が発される件数は減ったものの、大規模・長期間に及ぶ横領事件、故意の侵害による顧客情報漏えい事件、政府系金融機関における公的制度融資に係る組織的不正行為等、社会的耳目を集める金融機関の不祥事は引き続き発生している。また、企業存続リスクに繋がる大規模不祥事が、内部通報を端緒に判明する例が増加し、改めて内部通報システムの高度化に焦点があたっている。昨年12月の「公益通報者保護法を踏まえた内部通報制度の整備・運用に関する民間事業者向けガイドライン」(内部通報ガイドライン)改正を踏まえて、金融機関の内部通報システム高度化のため、今、取り組むべき事項につき検討する。
▲ページトップへ
開催日
2016-10-31(月) 13:30~16:30
セミナータイトル
金融機関における不祥事防止態勢の構築
講師名
河島 啓太 氏 (太陽有限責任監査法人 パートナー 公認会計士)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
金融機関において、不祥事件の防止は永遠のテーマである。しかし、2015年度に銀行が公表した現金着服等の不祥事件の数は二桁を越え、信用金庫などの他の金融機関も含めれば、毎月、どこかの金融機関が不祥事の発生を報告している計算となる。不祥事防止のために様々な施策を講じている金融機関において、なぜ不祥事はなくならないのか。本セミナーでは、不祥事発生のメカニズムを、具体的な事例を交えて紹介するとともに、近年の不祥事の傾向を分析し、金融機関における不祥事防止策の運用上の課題やポイントを解説します。また、近年重要視されている情報セキュリティや外部委託管理について、不祥事防止の観点からポイントを解説します。
▲ページトップへ
開催日
2018-04-04(水) 9:30~12:30
セミナータイトル
金融機関の内部通報制度運用の課題と改正ガイドライン対応
講師名
川西 拓人 氏(のぞみ総合法律事務所 パートナー弁護士)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
金融機関において不祥事防止は内部管理態勢構築の最重要テーマであり続けている。特に、近時、日本を代表する大企業において、企業の根幹を揺るがしかねない大規模・組織的な不祥事が頻発し、金融機関においても、組織の存立にかかわる大規模不祥事が生じている。かかる不祥事の早期発見・抑止の有効なツールとして、内部通報制度が挙げられる。金融機関において内部通報制度の整備は一定進んでいるものの、2017年12月に改正された「公益通報者保護法を踏まえた内部通報制度の整備・運用に関する民間事業者向けガイドライン」(内部通報ガイドライン)において示された、匿名通報の取扱い、経営幹部から独立性を有する通報ルート、利益相反関係の排除等の論点への対応は、未だ十分でない金融機関も多く存在する。本セミナーでは、金融機関で生じた大規模不祥事を研究すると共に、内部通報ガイドラインにおける論点への金融機関としての取組みについて、実務的な対応を検討する。
▲ページトップへ
開催日
2015-06-10(水) 13:00~17:00
セミナータイトル
金融機関におけるタブレット端末を活用した取引・契約と法務
講師名
浅井 弘章 弁護士(浅井国際法律事務所)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
銀行取引、保険取引、証券取引等の金融機関と顧客との間の取引においてタブレット端末の利活用が進んでおり、こうした取引に関する法務・コンプライアンス上のリスクの適切な管理の必要性が話題になって久しい。本セミナーでは、保険業法施行規則(案)による改正点等最新の法規制の内容も踏まえ、タブレット端末の利活用に関する論点を体系的に整理し、実務上の留意点等を含め解説する。
▲ページトップへ