金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

セミナー検索結果 : 三つの防衛線

三つの防衛線に関するセミナー

開催日
2020-01-15(水) 9:30~12:30
セミナータイトル
金融機関における三つの防衛線(3つのディフェンスライン)に基づくリスク管理体制の構築
講師名
渡邉 宙志 氏 (プロアクト法律事務所 パートナー 弁護士 公認不正検査士)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
近年、金融機関や上場企業等を中心として、「3つのディフェンスライン(three lines of defense)」を意識したガバナンス・リスクマネジメント体制の整備が進められている。特に、2018年10月に金融庁が発表したコンプライアンス・リスク管理基本方針には、「三つの防衛線」を意識したコンプライアンス・リスク管理の枠組みが示されており、その後の金融庁検査・監督の実務においてもかかる枠組みの活用が進んでいるなど、引き続き注目が高まっているところである。
金融機関において、かかる「三つの防衛線」を活用したリスク管理体制を適切に構築・運用し、さらには、不正・不祥事の予防と発見統制に活用していくために留意すべきポイントはどこにあるか。三つの防衛線についての基本的事項についての解説から、金融機関を含めた過去の不祥事例との対比や企業における具体的な導入例までに触れながら解説したい。
▲ページトップへ
開催日
2019-08-06(火) 13:30~16:30
セミナータイトル
【DOKODEMO】金融機関における三つの防衛線(3つのディフェンスライン)に基づくリスク管理体制の構築
講師名
渡邉 宙志 氏 (プロアクト法律事務所 パートナー 弁護士 公認不正検査士)
開催地
インターネットが利用できるパソコン、タブレットPC、スマホ、iPhoneなど
ステータス
締め切り
概要
近年、金融機関や上場企業等を中心として、「3つのディフェンスライン(three lines of defense)」を意識したガバナンス・リスクマネジメント体制の整備が進められている。特に、昨年10月に金融庁が発表したコンプライアンス・リスク管理基本方針には、「三つの防衛線」を意識したコンプライアンス・リスク管理の枠組みが示されており、その後の金融庁検査・監督の実務においてもかかる枠組みの活用が進んでいるなど、引き続き注目が高まっているところである。
金融機関において、かかる「三つの防衛線」を活用したリスク管理体制を適切に構築・運用し、さらには、不正・不祥事の予防と発見統制に活用していくために留意すべきポイントはどこにあるか。過去の不祥事例との対比や企業における具体的な導入例などに触れながら解説したい。
▲ページトップへ
開催日
2019-08-06(火) 13:30~16:30
セミナータイトル
金融機関における三つの防衛線(3つのディフェンスライン)に基づくリスク管理体制の構築
講師名
渡邉 宙志 氏 (プロアクト法律事務所 パートナー 弁護士 公認不正検査士)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
近年、金融機関や上場企業等を中心として、「3つのディフェンスライン(three lines of defense)」を意識したガバナンス・リスクマネジメント体制の整備が進められている。特に、昨年10月に金融庁が発表したコンプライアンス・リスク管理基本方針には、「三つの防衛線」を意識したコンプライアンス・リスク管理の枠組みが示されており、その後の金融庁検査・監督の実務においてもかかる枠組みの活用が進んでいるなど、引き続き注目が高まっているところである。
金融機関において、かかる「三つの防衛線」を活用したリスク管理体制を適切に構築・運用し、さらには、不正・不祥事の予防と発見統制に活用していくために留意すべきポイントはどこにあるか。過去の不祥事例との対比や企業における具体的な導入例などに触れながら解説したい。
▲ページトップへ
開催日
2020-02-12(水) 13:30~16:30
セミナータイトル
元検査官による「コンプライアンス・リスク管理基本方針」の重要論点と実務対応
講師名
小松 幸浩 氏 (株式会社ファーストシステムコンサルティング シニアコンサルタント)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
金融庁は、2018年10月、「コンプライアンス・リスク管理に関する検査・監督の考え方と進め方(コンプライアンス・リスク管理基本方針)」(以下「基本方針」といいます。)を公表し、2019年6月、「コンプライアンス・リスク管理の傾向と課題」(以下「傾向と課題」といいます。)を公表しました。そこでは、経営陣の姿勢・主導的役割や開かれたガバナンス態勢等従前と変わらぬ内容がある一方、コンダクトリスクや企業文化等、従前の検査マニュアル等にはない概念や視点を取り入れています。
「基本方針」では一般的な方針が示され、「傾向と課題」により具体化を図ってはいますが、金融機関の皆様におかれましては、新しい概念や視点の本質、具体的な要求事項、或いは課題への対応策等のイメージが把握し難いと感じている方もおられるのではないでしょうか。
本セミナーでは、「基本方針」の作成に携わった弁護士と、金融検査・証券検査の経験豊富な元検査官が、それぞれの視点から「基本方針」の行間を読み解き、「何が変わって、どうすれば良いのか、課題への対応は?」等についてのヒントをお伝えします。
▲ページトップへ
開催日
2020-02-12(水) 13:30~16:30
セミナータイトル
【DOKODEMO】元検査官による「コンプライアンス・リスク管理基本方針」の重要論点と実務対応
講師名
小松 幸浩 氏 (株式会社ファーストシステムコンサルティング シニアコンサルタント)
開催地
オンライン受講
ステータス
締め切り
概要
金融庁は、2018年10月、「コンプライアンス・リスク管理に関する検査・監督の考え方と進め方(コンプライアンス・リスク管理基本方針)」(以下「基本方針」といいます。)を公表し、2019年6月、「コンプライアンス・リスク管理の傾向と課題」(以下「傾向と課題」といいます。)を公表しました。そこでは、経営陣の姿勢・主導的役割や開かれたガバナンス態勢等従前と変わらぬ内容がある一方、コンダクトリスクや企業文化等、従前の検査マニュアル等にはない概念や視点を取り入れています。
「基本方針」では一般的な方針が示され、「傾向と課題」により具体化を図ってはいますが、金融機関の皆様におかれましては、新しい概念や視点の本質、具体的な要求事項、或いは課題への対応策等のイメージが把握し難いと感じている方もおられるのではないでしょうか。
本セミナーでは、「基本方針」の作成に携わった弁護士と、金融検査・証券検査の経験豊富な元検査官が、それぞれの視点から「基本方針」の行間を読み解き、「何が変わって、どうすれば良いのか、課題への対応は?」等についてのヒントをお伝えします。
▲ページトップへ