金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

セミナー検索結果 : モバイル決済

モバイル決済に関するセミナー

開催日
2015-05-19(火) 15:00~17:00
セミナータイトル
モバイル決済動乱期!主要サービスの動向と決済の未来 ~Apple Pay、LINE Pay、Squareほか~
講師名
田中 大輔 氏(株式会社野村総合研究所 ICT・メディア産業コンサルティング部 コンサルティング事業本部 上級コンサルタント)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
2015年3月のMobile World Congressにて、GoogleからAndroid Payが発表され、AppleのApple Payとあわせて、モバイルNFCのプラットフォームが出そろった。
また、Square、CoineyなどのmPOS決済サービスも、世界中でさまざまなプレーヤーがしのぎを削っている。
ネット上では、SNSの雄LINEが、C2Cの送金サービスをベースに、決済市場へ参入してきた。
そんな中、2014年12月に、経済産業省で「キャッシュレス化に向けた方策」がとりまとめられた。
2020年のオリンピック・パラリンピック東京大会等に向けて、日本のモバイル決済環境はどう変わっていくのか、最新状況をもとに解説する。
▲ページトップへ
開催日
2014-05-09(金) 13:30~16:30
セミナータイトル
世界のモバイル決済における最新トレンド ~世界の先端事例、不透明化するデファクト規格と事業化における5つの成功要件~
講師名
星野 真戸 氏(MasterCard Advisors シニア マネージング コンサルタント)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
「モバイル決済」は、スマホの世界的急増等で、皆が注視している分野です。ところが、一言で「モバイル決済」と言っても、様々な種類があり、具体的にどの手法がどんな用途でデファクト・スタンダードを取っていくのか、未整理の場合が多いのではないでしょうか。NFCやMobile-POSなど各手法についても、日本の一般的な見方と、グローバルな見方で相違があります。そこで、今回グローバルな成功失敗事例も踏まえ、モバイル決済のトレンドを詳述し、デファクト競争を見ていきます。
一方「モバイル決済」は、一般論で重点分野と言われますが、具体的に何をどのように事業として推進するか、ロードマップが描けていない場合も見受けられます。金融・商業・IT通信の融合分野であり、O2Oやロイヤルティ管理と合わせた検討や、Beaconなど通信規格の新たな使い方という側面も出てきます。「決済」に留まらない利用の生態系を捉えて事業検討するための王道の推進方法も解説致します。
▲ページトップへ
開催日
2014-03-19(水) 15:00~17:00
セミナータイトル
2014年モバイル決済新潮流 ~NFCか?新スキームか?~
講師名
田中 大輔 氏(株式会社野村総合研究所 コンサルティング事業本部 ICT・メディア産業コンサルティング部 上級コンサルタント)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
いよいよ、日本でもNFCでの決済サービスが開始されます。いっぽうで、iPhoneにはNFCが搭載されないまま、Bluetoothを活用したiBeaconが利用されようとしています。また、Squareをはじめとしたスマートフォン決済やCoinなど、プラスチックカードの存在感も高まっています。
本講演では,株式会社野村総合研究所 コンサルティング事業本部 ICT・メディア産業コンサルティング部 上級コンサルタント 田中 大輔 氏 をお招きし、2020年のオリンピックを控え、決済サービスはどうなっていくのか、最新の情報を交えながら解説していただきます。
▲ページトップへ
開催日
2013-09-19(木) 15:00~17:00
セミナータイトル
世界のモバイル決済革命
講師名
佐藤 元則(日本カードビジネス研究会 代表)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
スマートフォンやタブレットの普及で、消費者のショッピングスタイルや、マーチャントの販売スタイルが激変しています。店頭で商品にスマートフォンをかざし、価格比較や商品の詳細情報を取得している人を、よくみかけるようになりました。ショップ店員が商品説明にタブレットを使い、その場でカード決済というシーンも増えています。
情報通信技術の発達を受け、モバイルを活用した革新的な決済が、世界中でつぎつぎにうまれています。モバイル決済はどのように分化し、進化していくのでしょうか。今回は日本カードビジネス研究会 代表 佐藤 元則 と 研究員 増渕 翔平が、モバイル決済の最新動向をレポートします。ふるってご参加ください。
▲ページトップへ
開催日
2012-08-21(火) 15:00~17:00
セミナータイトル
モバイル決済最前線 ~スマートフォンを活用したカード決済ソリューションとウォレットの動向~
講師名
佐藤 元則(日本カードビジネス研究会 代表)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
世界の決済市場では、すでに確立したビジネスモデルを破壊し、市場構造を劇的に変えるイノベーションが起きています。主役となるのはスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末です。欧米では主にベンチャー企業によって毎日の様にニューペイメントが立ち上げられ、早くも淘汰が始まっている状況です。日本もいよいよ、破壊的革新の舞台になろうとしています。2012年5月にはPayPalとソフトバンクが提携し、スマートフォンを活用したO2O決済を推進する事を発表しました。
決済体系はどのように激変しているのでしょうか。その概要を日本カードビジネス研究会代表の佐藤元則がわかりやすく解説します。ふるってご参加ください。
▲ページトップへ
開催日
2017-10-20(金) 13:30~16:30
セミナータイトル
決済サービスの最新動向と重要ポイント
講師名
宮居 雅宣 氏(株式会社野村総合研究所 金融ITイノベーション事業本部 上級コンサルタント)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
FinTechで決済サービスが活況を呈し、中央省庁も決済業務高度化や金融制度改革に取組む。Apple PayやAndroid Payが日本でFeliCaに対応しモバイル決済利用者も増えている。海外のモバイル決済サービス取扱店も増え、NFCのみならずバーコード決済も盛況となっている。しかし決済サービスは安全安心に使えることが大前提であり、利便性偏重の決済サービスは後に大きな問題を事業者と消費者の双方にもたらす可能性を孕んでいる。講師が月刊消費者信用で注意喚起した中国人民銀行の通達は現実のものとなり、アリペイやウィチャットペイの推進に大きな影響を及ぼす。一見容易に思える決済サービスだが、不正や未収、情報漏洩などのリスク、システムの信頼性や些細なようで意外に大きな影響を及ぼす業務負荷、請求者責任や加盟店管理責任、行政確認しても後に業界に激震を及ぼす司法判断など、注意事項が数多く潜む。
本講演では、カード会社で業界をリードしたセキュリティ対応や新サービス開発の実務経験に基づき、決済サービスの最新動向を表面的ではなく深く掘り下げて詳しく理解し、押えるべき基礎知識から新サービス検討に必要な注意点や潜在課題までを、最新情報の解説と共にご説明します。
▲ページトップへ
開催日
2017-02-09(木) 13:30~16:30
セミナータイトル
FinTech・決済サービスの盲点と重要ポイント
講師名
宮居 雅宣 氏(株式会社野村総合研究所 金融ソリューション事業二部 上級コンサルタント)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
FinTechで決済サービスに注目が集まる中、日本にもApple Payが上陸、日本で普及するFeliCaに対応しました。しかし「Apple Pay取扱店」と表示されたお店で訪日外国人のApple Payが使えないなど混乱を来たしています。他にも様々に新たな○○Payが登場していますが、何がどう違うのでしょう。クレジットカードの会員規約に「カードは貸与。他人にカード情報を使用させてはいけない。」と明記されているのに、なぜカード番号を登録して決済できるのでしょう。
本講演は、華やかな情報が溢れるFinTechと話題の決済サービスについて、実務経験に照らした解釈で仕組みを紐解き、根拠を以って氾濫する誤情報を正すと共に、対応する上での注意点や重要なポイントをご説明します。
▲ページトップへ
開催日
2016-06-28(火) 15:00〜17:00
セミナータイトル
2020年 日本と世界の決済市場を予測する
講師名
佐藤 元則(日本カードビジネス研究会 代表)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
2020年、東京オリンピック開催の年、日本の決済市場はどのような風景になっているのでしょうか。モバイルの普及や、すべてのモノがインターネットにつながるIoTで、世界の決済風景は激変しています。データ漏えいや規制強化も、新たな決済モデルへの変容を促進する触媒となっています。欧米だけでなく、アジアも熱い。モバイル決済であっという間に数億人規模の決済利用者を獲得する新参者に、既存プレイヤーはたじたじです。
日本カードビジネス研究会は大変革の兆候を「New Payments Report 2016」にまとめました。今回のセミナーでは当研究会代表の佐藤の大胆予測をもとに、わかりやすく成長戦略を解説いたします。ふるってご参加ください。
▲ページトップへ
開催日
2015-09-02(水) 13:30~16:30
セミナータイトル
異業種参入企業における決済サービスの多様化とその行方
講師名
加藤 総 氏 (決済ビジネスコンサルタント 山本国際コンサルタンツ パートナー 株式会社電子決済研究所 パートナー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
消費者にとって決済手段の主役は、長らく現金が担っている。一方、クレジットカードは生活に欠かせない決済サービスとして定着している。前払式支払手段は、紙型の商品券から磁気型、IC型、サーバー型へと変遷しながら、その種類は多岐に及ぶ。また、EC、オークションといった取引の多様化に伴い、コンビニ収納、代金引換、キャリア課金が登場しているが、これらの決済サービスの多様化は金融業以外の企業の参入により加速している。反面、これらの多様化は誰のために起こるものなのか。デビットカードの規格が2つあることに意味があるのか。仮想通貨は普及するのか。事業者目線を起点に構築される各決済サービスを消費者目線で再鑑することで、今後、この市場がどのように展開していくかを予測する。
▲ページトップへ
開催日
2017-09-19(火) 13:30~16:30
セミナータイトル
2020年国内キャッシュレス市場拡大に向けたJCBのモバイル決済戦略
講師名
吉田 敦史 氏(株式会社ジェーシービー QUICPay事業推進部次長(企画G担当))
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
2016年秋に日本でもついにApple Payがスタートし、Android PayやQRコードを使ったものを含めモバイル(スマートフォン)を決済デバイスとする流れに普及の兆しが見えてきている。特に、これまでの電子マネーやおさいふケータイの利用でイメージされてきた少額決済市場だけではなく、クレジットカードと同じような利用ができるデバイスとして広まろうとしている。高額市場にまで踏み込める理由と、世界では独特といわれる日本の決済市場での今後のモバイルペイメントの動向と普及ポイントについて説明する。
▲ページトップへ
開催日
2013-02-13(水) 15:00~17:00
セミナータイトル
NFCとモバイルウォレットの最新動向
講師名
田中 大輔 氏(株式会社野村総合研究所 ICT・メディア産業コンサルティング部 上級コンサルタント)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
2012年後半以降、日本国内でも、モバイルNFC決済の商用化に向けた方針が次々に発表されました。スマートタグやモバイルtoモバイルの情報連携など、NFCでは関連サービスの動向も注目されています。いっぽう、米国を中心としたモバイルウォレットサービスは、NFCが普及していくには時間を要すと見込まれているため、NFCを代替するモバイル決済インフラ拡大の動きも見てとれます。2013年以降、どのような決済モデルがスタンダードになっていくのでしょうか。 世界を変えるO2O決済とは、また日本におけるFelica系サービスとの住み分けは、今後どのような展開をみせるのでしょうか。
本講演では株式会社野村総合研究所 ICT・メディア産業コンサルティング部 上級コンサルタントの田中 大輔 氏をお迎えし、今後が期待される決済手段の最新状況についてご講演いただきます。
▲ページトップへ
開催日
2011-04-26(火) 15:00~17:00
セミナータイトル
携帯キャリアの金融・決済サービス展開 ~NTTドコモの新たな取り組み~
講師名
江藤俊弘(株式会社NTTドコモ フロンティアサービス部 金融・コマース事業推進担当部長)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
クレジット事業「iD」「DCMX」、そして「ドコモ ケータイ送金」「ドコモ ワンタイム保険」と金融・決済事業における積極性が目立つNTTドコモ。資金移動業への参入も期待される中、どのような戦略を練っているのか?5,500万人を超える契約者を擁す巨人が繰り出す次の一手とは?
本講演では株式会社NTTドコモ フロンティアサービス部 金融・コマース事業推進担当部長 江藤 俊弘 氏をお招きし、業界の最新動向、また今後の行方についてご講演いただきます。
▲ページトップへ
開催日
2011-02-15(火) 15:00~17:00
セミナータイトル
新たなペイメントサービスの胎動 ~資金決済法施行後の業界最新動向~
講師名
田中大輔(株式会社野村総合研究所 情報・通信コンサルティング部 主任コンサルタント)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
2010年4月に「資金決済に関する法律」が制定されてから、もうすぐ1年が経過します。注目される送金サービス分野に参入してきた企業は、どのようなサービスを展開しているのか、「黒船」外資系企業は何を考えているのか?
また、既存の各決済サービスの現状を俯瞰し、ソーシャルゲームの普及、スマートフォンの市場拡大などが、今後のネット決済サービス市場に与える影響は?
本講演では株式会社野村総合研究所 情報・通信コンサルティング部 主任コンサルタントの田中 大輔 氏をお招きし、ペイメントサービスの最新状況と今後の展望をご講演いただきます。
▲ページトップへ
開催日
2019-06-11(火) 9:30~12:30
セミナータイトル
ペイメントビジネスの現状・展望と成長分野の情報収集・活用のポイント
講師名
菊池 健司 氏 (株式会社日本能率協会総合研究所 MDB事業部 コンサルティングサービス部 部長)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
ペイメント・決済ビジネスの今後について、BtoC、BtoB問わず、実に大きな注目を集めています。キャッシュレスビジョンで想定されるキャッシュレス化はどの程度進んでいくのか?覇権を掴む企業はどこなのか?どのようなビジネスモデルが注目されていくのか?グローバル視点で見た場合、注目企業は一体どこになるのか?まだまだ競争環境の「序章」にあるこの分野に関心を寄せる企業は間違いなく、その裾野が広がっていくでしょう。
本セミナーでは、注目すべきペイメントビジネスの今度にフォーカスし、情報を通じた読み解き方や未来を捉えるための視点について、詳しく解説していきます。数年後のペイメントビジネスを「先読み」する上で、是非お聞きいただきたい内容です。
▲ページトップへ
開催日
2017-06-20(火) 10:00~12:30
セミナータイトル
国内リテール決済サービスの潮流と将来展望
講師名
浅川 秀之 氏(株式会社日本総合研究所 リサーチ・コンサルティング部門 戦略コンサルティンググループ 上席主任研究員)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
世界ではApple Payなどのモバイル決済サービスが登場し、また決済に関連したFintechへの投資も急拡大の様相を示し、決済のデジタル化が急速に進んでいます。一方、国内では依然として現金決済が約8割を占め、現物主義から抜け出せておらず、利便性向上や決済データ活用の面では、先進国から遅れをとっていると考えられます。そのような中、日本政府は2020年の東京五輪に向けて、日本再興戦略において「キャッシュレス化の推進」を掲げ、決済インフラ整備を進めると共に「FinTechをめぐる戦略的対応」として金融業務アンバンドル化の検討を進め、金融市場の変革に乗り出しています。
本セミナーでは、決済事業者やIT系企業・スタートアップ企業の決済に関連した最新の取り組みを紹介し、日本における決済ビジネスの潮流を整理します。また、消費者ニーズや政策動向を概観しながら国内リテール決済ビジネスの今後の方向性を考察します。
▲ページトップへ
開催日
2014-07-17(木) 15:00~17:00
セミナータイトル
変わる電子マネー!中額決済とネット利用が主戦場となる将来。国際ブランドプリペイドを巻き込んだ市場競争を勝ち抜くカギは何か、大胆に予測!
講師名
上田 恵陶奈 氏(株式会社野村総合研究所 ICT・メディア産業コンサルティング部 上級コンサルタント)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
すでに2兆円を超えた電子マネー市場。
かつては鉄道、流通系企業などが次々と新しい電子マネーを打ちだすなど、活発な動きがありました。市場は決済金額でみると右肩上がりで拡大を続けているものの、発行枚数ベースではペースが落ちてくるなど、全体としては成熟化しているように見受けられました。

しかし、電子マネー市場は新たな変化の到来によって活況が続くと考えられます。従来は実店舗でしか使えなかった電子マネーがオンライン決済で利用できるようになったり、国際ブランドの加盟店で使えるプリペイドカードが発行されたり、何より決済単価が徐々に上がってきたために、これまで住み分けしていた他の決済手段との再整理が必要になってきたりと、さまざまな変化の兆しが垣間見えます。また、スマートフォンの急速な普及は、モバイルと言えば非接触ICという業界の認識を変えつつあります。

本セミナーでは株式会社野村総合研究所の上田 恵陶奈 氏をお迎えし、変化の時を迎えている電子マネー市場について現在の状況を整理し、解説をしていただくとともに、今後どういう展開を迎えるのかを大胆に予測していただきます。
▲ページトップへ
開催日
2014-03-19(水) 15:00~17:00
セミナータイトル
2014年モバイル決済新潮流 ~NFCか?新スキームか?~
講師名
田中 大輔 氏(株式会社野村総合研究所 コンサルティング事業本部 ICT・メディア産業コンサルティング部 上級コンサルタント)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
いよいよ、日本でもNFCでの決済サービスが開始されます。いっぽうで、iPhoneにはNFCが搭載されないまま、Bluetoothを活用したiBeaconが利用されようとしています。また、Squareをはじめとしたスマートフォン決済やCoinなど、プラスチックカードの存在感も高まっています。
本講演では,株式会社野村総合研究所 コンサルティング事業本部 ICT・メディア産業コンサルティング部 上級コンサルタント 田中 大輔 氏 をお招きし、2020年のオリンピックを控え、決済サービスはどうなっていくのか、最新の情報を交えながら解説していただきます。
▲ページトップへ
開催日
2014-01-22(水) 15:00~17:00
セミナータイトル
<ニューペイメントレポート2014発刊記念セミナー>カード・決済市場の変化とチャンス
講師名
佐藤 元則(日本カードビジネス研究会 代表)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
アベノミクスによって、日本は長くつづいたデフレからの脱却が現実的なものになってきました。その流れを加速する東京オリンピック開催も決定し、日本人のフィールグッドファクターが上昇。消費マインドが高まっています。2014年はカード・決済業界にもひさびさに明るい日差しがふりそそがれる年になるでしょう。ただし、ビジネスモデルの変革と、強力な推進力が問われる年でもあります。スマートフォンやタブレットによって、市場環境は凄まじい勢いで変貌しています。この激流に乗れるところだけが勝者になれます。日本カードビジネス研究会はカード・決済市場の変化とチャンスを「ニューペイメントレポート2014」にまとめました。発刊にあたり、日本カードビジネス研究会代表の佐藤元則がその概要を解説します。ふるってご参加ください。
▲ページトップへ
開催日
2013-10-02(水) 13:30~16:30
セミナータイトル
リテール決済サービスの革新 ~オンライン/オフライン双方で求められるカスタマーセントリックな決済サービス~
講師名
隈本 正寛 氏(株式会社 富士通総研 第一コンサルティング本部 金融・地域事業部 マネジングコンサルタント)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
FacebookやTwitterといったソーシャルメディアが一般化し、Amazonや楽天などECサイトの利用が日常的となった昨今、オンラインでの決済や送金サービスのニーズが急速に高まっています。一方、スマートフォンの普及により、世界各地でモバイル決済サービスが続々と誕生し、現金を用いない決済環境が世界的に整いつつあります。
 これまで、決済サービスの導入にあたっては、ネットワーク構築/維持の負担などからサービス提供者の論理によって推進されてきた側面があります。一方、近年の決済分野のイノベーションは、SquareやM-pesa、Paypalのように、手軽で、便利な決済サービスを提供するというユーザーのニーズ視点から生まれたサービスであるのが大きな特徴です。また、Bitcoinなどこれまでの決済の仕組みを大きく変えるサービスも登場しつつあります。
 本セミナーでは、ユーザーニーズの視点から、より手軽で、便利なサービスを提供しようとするスタートアップ企業、異業種企業、そして決済分野での伝統的な企業のリテール決済サービスの最新動向をご紹介いたします。
▲ページトップへ
開催日
2011-01-25(火) 15:00~17:00
セミナータイトル
決済手段の多様化を求める消費者と決済イノベーション
講師名
佐藤元則(日本カードビジネス研究会 代表)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
2011年という新しい年を迎えるにあたり、カード業界はどこをめざして舵を取るべきなのでしょうか。新天地をめざすべきなのか、旧来のビジネスに固執しつづけるのがいいのか。
いうまでもなく、カード業界の利益はメイン顧客である消費者から生みだされます。その消費者の生活行動が、ふたつの要因によって大きく変容しています。ひとつは低迷する経済情勢、もうひとつは情報通信技術の革新です。消費者は生活行動の変化にともない、決済になにを求めているのでしょうか。この回答に、進むべき進路が明示されているはずです。
年初にあたり、日本カードビジネス研究会代表の佐藤元則が「決済手段の多様化を求める消費者と決済イノベーション」と題し、今後のカード・クレジットビジネスの指針を提言します。ふるってご参加ください。
▲ページトップへ