金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

セミナー検索結果 : ポイントサービス

ポイントサービスに関するセミナー

開催日
2019-02-06(水) 9:30~12:30
セミナータイトル
ポイント会員サービスの最新動向と楽天の戦略
講師名
安岡 寛道 氏(株式会社野村総合研究所 ICTメディア・サービス産業コンサルティング部 プリンシパル/Ph.D.(中小企業診断士))
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
9:30~10:50【第一部】
自社発行の個別ポイントから始まり、現在では数多くの共通ポイントが生まれ、さらにはそのポイント会員に紐付く ID(付帯情報)を活用したビジネスも展開されるなど、ポイント会員サービスは数多くの事業者が導入し、さらに活用しています。流通やECなどでは、来店や購入機会、購入単価・数量増の優良顧客化につなげる取り組みが活発になっておりますが、一方でその原資負担の拡大、過当競争の激化、さらには情報漏洩リスクの増加なども見受けられます。また、各種提携による「経済圏」の構築の流れ、有益なポイントサービスの活用において、「攻め」と「守り」など、現状と今後の動向について、“楽天”の事例を紹介する前に、国内の傾向を中心に、その全体の潮流を解説します。

11:00~12:20【第二部】
2002年にネット上でサービスを開始したポイントプログラム「楽天スーパーポイント」。以降同ポイントシステムはネット上に限らず様々な場で、利用者の様々な要望に沿うよう形を変えながら、楽天は楽天ポイントを軸にした「楽天経済圏」を展開しています。
今や「楽天スーパーポイント」は会員数約9,900万という顧客基盤を持ち、ポイントの累計付与は1兆ポイントを突破しました。この巨大な経済圏の構築に至るまでに、楽天は如何に戦ってきたのか。楽天のポイント・決済の仕組みから、マーケティング/CRM/販売促進におけるポイントの活用、決済システムや人工知能「Rakuten AIris」等の今後の展開まで、楽天のポイントビジネスを巡る取組みについて具体的にご紹介いたします。
▲ページトップへ
開催日
2014-07-10(木) 13:30~16:30
セミナータイトル
ポイントサービス、クーポンと仮想通貨 ~電子決済と金融機関プロモーション~
講師名
本田 元 氏(ペイメントジャーナリスト 元TISエキスパート)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
多様化するポイントサービス、近年はクーポンとの接続で、プロモーション機能の向上がはかられています。また、Bitcoin Mtgox破綻後も、新しい仮想通貨が続々登場しています。破綻後の法整備、レギュレーションの制定により、新しい金融サービスにつながるのでしょうか?
電子マネーやポイント、クーポンと電子通貨、あらゆるプロモーションがテクノロジーの進歩によりインターネットと融合しています。
スマートフォンの普及とNFCやバーコードなど非接触決済、新しいサービススキームはポイントサービスやクーポン、そして金融機関にどのような影響を与えるのでしょうか。
本セミナーでは、ポイントプログラムそしてクーポン、電子通貨と金融機関のマーケティングとプロモーションの最新情報を学びます。
今回は「カードビジネスのしくみ」「カードビジネスの戦略」や月刊「消費者信用」への10年におよぶ連載で知られる本田元氏を講師に迎え、取材活動で得られた最新動向と今後をご紹介いただきます。

※参考資料: 本田元著 「市場創造のプロモーション技法」 中央経済社刊 付
▲ページトップへ
開催日
2013-07-04(木) 13:30~16:30
セミナータイトル
多様化するポイントサービスの現状と課題 仕組みの検証と課題・国際会計基準への対応を考える ~1兆円規模に成長した日本のポイントスキームの今後は~
講師名
山本 正行 氏 (山本国際コンサルタンツ 代表 関東学院大学経済学部講師)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
近年ポイントサービスを提供する事業者が増え、さまざまな種類のポイント間で交換が可能になりました。電子マネーや現金への交換も可能で、実質的に隠れた電子マネーとして市場に流通し始めています。一方でポイント発行企業には引当金が営業収益を超える企業もあります。またポイントの会計処理をめぐり国際会計基準との相違が問題視され、流通量の増加から、ポイントを資金と見る動きもあります。本講義では、ポイントサービスを国内、海外に分けてビジネス面から総合的に整理・分析します。これまで一般的だったマーケティング的視点ではなく、仕組み・制度面にフォーカスし、ポイントサービスの課題と今後の方向性を予想し、企業がとるべき対策も示唆したいと考えています。
▲ページトップへ
開催日
2009-04-14(火) 13:30~16:30
セミナータイトル
電子マネー・決済サービス・ポイントサービス等に関する新しい法制度と実務対応
講師名
飯田 耕一郎 弁護士(森・濱田松本法律事務所 パートナー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
「決済に関するワーキング・グループ」(金融審議会金融分科会第二部会)が終了し、決済に関する新しい法制度が、いよいよ立法化の段階に進みつつあります。
本セミナーでは、新しい法制度の影響を受ける可能性のある事業者や、今後新規に決済サービスを立ち上げる事業者等の担当者向けに、従来の検討経緯、既存の規制法規と各種サービスとの関係等を整理した上で、新しい法制度の方向性や内容について、最新の情報をふまえてわかりやすく説明します。あわせて、利用規約等に定めるべき条項についても概観します。最新知識と実務上のポイントを的確に把握できる講義です。
▲ページトップへ
開催日
2008-12-09(火) 13:30~16:30
セミナータイトル
電子マネー・決済サービス・ポイントサービス等に関する新しい法制度と実務対応
講師名
飯田 耕一郎 弁護士(森・濱田松本法律事務所 パートナー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
電子マネーその他の決済サービス全般、ポイント・サービス等を広く対象に含めて行われている「決済に関するワーキング・グループ」(金融審議会金融分科会第二部会)の議論も大詰めを迎え、決済に関する新しい法制度の枠組みが徐々に明らかになりつつあります。
本セミナーでは、新しい法制度の影響を受ける可能性のある事業者や、今後新規に決済サービスを立ち上げる事業者等の担当者向けに、従来の検討経緯、既存の規制法規と各種サービスとの関係等をふまえた上で、新しい法制度の方向性や内容についてわかりやすく説明します。あわせて、利用規約等に定めるべき条項についても概観します。
最新知識と実務上のポイントを的確に把握できる講義です。
▲ページトップへ
開催日
2018-05-31(木) 9:30~12:30
セミナータイトル
共通ポイントのデータ活用とビジネス革新
講師名
冨田 勝己 氏(株式会社野村総合研究所 上級コンサルタント)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
【第一部】増える共通ポイント、進むマルチポイント化
2014年の楽天以降、グループ外企業も対象とした共通ポイントが次々と現れ、またグループ内で乱立していたポイントを共通化する活動も活発になってきている。またその一方で、複数のポイントを導入(=マルチポイント化)する企業も後を絶たない。両社は一見すると矛盾しているようではあるが、実際には併存が可能な現象である。本講演ではその背景を紐解くとともに、現在起きている、あるいは顕在化しつつある変化を踏まえた将来像を描くとともに、導入各社が講じるべき対策の方針を述べる。


【第二部】Tポイントのデータ活用と未来像 ~金融機関への取り組みを中心に解説~
日本全国で6,574万人が日々利用し、コンビニエンスストア、飲食店、衣料店、ドラッグストア、銀行、携帯電話、ネットショッピングなど生活に密着したあらゆる生活シーンで利用できる共通ポイントサービス、Tポイントの現状と、運用するCCCの取り組みをご紹介し、Tポイントを活用してどのようなサービス構築が可能かであるかを示します。
地域創生や顧客接点の強化等流通サービス業TSUTAYAから始まったTポイントならではのデータベースマーケティングにより、地域の企業及びお客様との関係強化をいかに計るかの提言をいたします。
共通ポイント活用の一端をご紹介いたします。
▲ページトップへ