金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

セミナー検索結果 : フィンテック

フィンテックに関するセミナー

開催日
2017-11-17(金) 9:30~12:30
セミナータイトル
「フィンテック・仮想通貨」の現実的課題と 「決済インフラ改革」の更なる進展
講師名
宿輪 純一 氏 (帝京大学経済学部教授 慶應義塾大学経済学部非常勤講師 経済学博士)
開催地
東京都千代田区
ステータス
お申し込み可
概要
ITの進展を背景に、フィンテック(FinTech)や、その一部のビットコインなどの仮想通貨が進展している。しかし、様々な問題も発生している。特に仮想通貨にはシステム面も法律面も様々な事件が発生し、海外の当局は規制を始めた。仮想通貨を支えるブロックチェーンも金融機関が研究を重ねているが、実証実験の域を長年出ない。このように決済インフラとしてのフィンテック・仮想通貨の最新事情、問題点、そして将来像を解説する。さらに、様々な従来型の「決済インフラ」も日々改革されている。資金・証券・デリバティブなどの決済インフラをはじめ、決済慣行の改革も進行中である。決済システム改革では、日本では新日銀ネットが稼働し、今後の予定では、24時間365日決済の小口決済システムや新しい全銀システムも導入され、国債や証券などの証券決済期間が短縮化されるなど高度化が進行している。そもそも即時振込の全銀システムを始め、世界最高水準のレベルとなる。一方、金融庁や日本銀行は決済を巡る新しい法律「改正資金決済法」「改正銀行法」を施行し、金融機関の行政方針の転換も行い、今後、決済インフラ対応を含め金融機関の経営が大きく変わる。さらに、変わらない「決済の基本」を再確認し、官民を挙げて推進している「決済高度化」、そして、アジアへのリンクも含め、決済インフラの近未来の全体像も解説する。
▲ページトップへ
開催日
2016-01-26(火) 15:00~17:00
セミナータイトル
フィンテックではじめる日本の金融大変革
講師名
佐藤 元則(日本カードビジネス研究会 代表)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
2016年カード・決済業界のキーワードは「キャッシュレス」「地方創生」そして「フィンテック」です。昨年年初のセミナーでは、日本政府のキャッシュレス推進を受け、2020年にかけて一大飛躍のトレンドにはいると述べました。しかし残念ながら、2015年の取扱高にその成長のきざしはありません。どうすれば、飛躍的な成長軌道に乗せることができるのでしょう。その鍵はカード・決済企業としての「こころざし」と「フィンテックの活用」にあります。
今回のセミナーでは当研究会代表の佐藤が、実体験や海外視察をもとに、わかりやすく成長戦略を解説します。ふるってご参加ください。
▲ページトップへ
開催日
2015-12-10(木) 15:00~17:00
セミナータイトル
フィンテックの最新トレンドと注目のキーワード -世界最大Fintechイベント 米Money20/20参加報告-
講師名
姥貝 徳尚(日本カードビジネス研究会 主任研究員)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
毎日の新聞でみない日はなくなった「フィンテック」というキーワード。日本でも金融機関とベンチャーの提携が加速するなど、金融+ITの波がいよいよ本格化してきています。そこで日本カードビジネス研究会はフィンテックのいまを追うべく、米国で10月25日より開催された世界最大のイベント「Money20/20」へ参加しました。フィンテックは味方か敵か?どのようなチャンス、リスクがあるのか? 気になる最新動向や具体事例をセミナーにてレポートします。ふるってご参加ください。
▲ページトップへ
開催日
2015-08-25(火) 15:00~17:00
セミナータイトル
世界のフィンテック最新動向
講師名
佐藤 元則(日本カードビジネス研究会 代表)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
いま世界中でフィンテック(Fintech)熱がヒートアップしています。フィンテックとは従来の金融(Finance)をテクノロジー(Technology)によって革新するサービスやビジネスのこと。なかには金融の常識を破るフィンテックも生まれています。英国政府は英国を世界のフィンテックハブにすると宣言。カード・決済会社はさまざまなフィンテックイベントを立上げています。
この潮流を受け、日本カードビジネス研究会はFintech Report 2015を発刊。2014年に100万ドル以上の資金を調達した注目のフィンテック241社を調査しました。今回のセミナーでは、このレポートをもとに日本カードビジネス研究会 代表 佐藤 元則と研究員 小林 均がフィンテックの最新動向を解説いたします。
▲ページトップへ
開催日
2017-10-11(水) 14:00~17:00
セミナータイトル
FinTechセミナー|宿輪純一の決済インフラの改革最新事情と基本知識
講師名
宿輪 純一(帝京大学経済学部経済学科教授、慶應義塾大学経済学部非常勤講師、博士<経済学>)
開催地
東京都中央区
ステータス
締め切り
概要
銀行間から、リテールまで、様々な「決済インフラ」は、大きな転換期を迎え、金融機関にとって大きな経営課題となっています。
新決済インフラとしての「仮想通貨」・「フィンテック」も発展し、「資金決済法」が改正され、法的に定義付けされ、「銀行法」も改正になりました。 「金融審議会」「金融庁」「全国銀行協会」の最新の方針に沿って、様々な決済インフラの改革も進展しています。
そのような状況下、決済の第一人者の 宿輪純一教授に、最新の決済インフラの“改革”を説明して頂き、さらに“決済のバイブル”『決済インフラ入門』(東洋経済新報社)をベースとして決済インフラの“基本”も説明して頂くという、金融機関・金融関連企業・IT企業にとって大変役立つセミナーを開催します。是非、ご参加をご検討下さい。
『決済インフラ入門』を持参されるとより理解が深まります。
▲ページトップへ
開催日
2017-09-06(水) 10:00~12:30
セミナータイトル
FinTechを巡る最新動向と日本銀行の取組み
講師名
宮 将史 氏 (日本銀行 決済機構局 決済高度化グループ長)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
近年注目を集めているフィンテックは、情報技術を利用して金融サービスの付加価値を向上させようという革新的な動きである。情報技術の発達、スマートフォンの普及、人工知能(AI)・ビッグデータ分析の発展、ブロックチェーン技術の応用―これらはすべて、フィンテックの潮流の背景にある技術的要素であり、これらと金融サービスに対するニーズの変化などが相俟って、金融サービスや金融の構造が大きく変わろうとしている。
本講演では、フィンテックの発展の背景にある技術や思想と、現状の課題をまとめ、今後フィンテックがもたらし得る変化について解説する。
▲ページトップへ
開催日
2016-05-17(火) 15:00〜17:00
セミナータイトル
モバイル×フィンテック モバイルにおけるフィンテック革命
講師名
田中 大輔 氏(株式会社野村総合研究所 ICT・メディア産業コンサルティング部 コンサルティング事業本部 上級コンサルタント)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
『Fintech』が盛況である。FinanceとTechnologyの組合わせにより、新たなサービスやビジネスモデルの出現が期待されている。 そこでは、スマートフォンやタブレットが当然のように活用される。
また、日本でのサービス開始が期待されるApple Payなど、様々なモバイル決済サービスも、Fintechの機運の波にうまく乗れるだろうか。
モバイルからみたFintechの動向について最新状況をもとに解説する。
▲ページトップへ
開催日
2016-05-24(火) 15:00〜17:00
セミナータイトル
インドネシア、ミャンマーの金融、 決済の状況とアジアから学ぶ金融サービス
講師名
安留 義孝 氏(富士通株式会社 金融システム事業本部 事業戦略企画統括部 シニアコンサルタント・マネジャー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
これまでめざましい経済成長を遂げてきたアジア地域。小売・流通の発達も著しく、金融・決済分野にも変化が起こっています。東南アジア地域におけるGDP実績を見ると、近々にコアターゲットとなるインドネシア、近未来的に優良市場となりうるミャンマーの2カ国に参入機会があると考えられます。今回は、その2カ国の銀行動向や電子マネー浸透状況、決済動向などについて、統計資料ではなく、実際に講師が目で見て、ローカルの方々から聞いた生の情報をベースにご説明いたします。
また昨今トレンドとなっている「Fintech」の視点で、実際に新興国で利用されているレミッタンス、ブランチレスバンキング、e-Walletなどの金融サービスをビデオ、デモなどを含めご紹介させていただきます。
▲ページトップへ
開催日
2016-04-26(火) 15:00~17:00
セミナータイトル
猛威振るう中国フィンテックの脅威 ~Alipay,WeChat Wallet~
講師名
小林 均(日本カードビジネス研究会 研究員)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
13.6億人を抱える中国。その規模は日本の10倍強、米国の4倍を超えます。名目GDPも世界第2位。中国経済の減速懸念はあるものの、今後も世界に大きなインパクトを与えることは確かでしょう。その中国で今、フィンテック分野が躍進しています。新興グループの一角は既存の銀行や証券をしのぐ利用者数を集めています。Eコマースの巨人、アリババグループ傘下のAlipay、多様なネットサービスで快進撃を続けるテンセントグループのWeChat Wallet。これらは既存プレイヤーにとって脅威となっています。
本講演では中国フィンテック市場動向をふまえ、AlipayやWeChat Walletの躍進ぶりと、そのパワーの秘密に迫ります。
▲ページトップへ
開催日
2016-04-21(木) 15:00~17:00
セミナータイトル
Visaの戦略について -フィンテック動向とビックデータ活用事例-
講師名
外山 正志 氏(ビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社 クライアント リレーションズ 統括部長)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
2015年の訪日外国人数は1,973万人を突破。2020年の東京オリンピック・パラリンピックにむけ、さらなる増加が目されるなか、訪日客にとって日本の決済環境には課題が多い状況のようです。日本の民間消費に占めるカード決済の割合は約17%。これは韓国(73%)やカナダ (68%)などと比べ低い数字です。日本を訪れる人々にとって普段と同じ決済環境を整備することは、日本品質のおもてなしの重要な鍵だと考えます。もちろん日本人にとっての利便性も重要です。クレジットカードに加え、デビットカード、プリペイドカードの普及、非接触のソリューション等、多様化が進んでいる中、携帯情報端末を駆使する消費者に対し個々のニーズにカスタマイズしたサービスについても検討し、更なるキャッシュレス決済の推進を図る必要があると考えております。
本講演ではビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社クライアント リレーションズ 統括部長 外山 正志 氏をお迎えし、Visaの戦略、新技術への取組みと課題、そして安全・安心な決済環境整備に向けた施策など、多面的な視点でご講演いただきます。
▲ページトップへ
開催日
2017-03-23(木) 15:00〜17:00
セミナータイトル
インドのキャッシュレス革命と躍進するフィンテック
講師名
佐藤 元則(NCB Lab. 代表)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
NCB Lab.は、3月23日(木)にフィンテック関連セミナーを開催いたします。「インドのキャッシュレス革命と躍進するフィンテック」と題し、インドで起きている、国家と民間によるキャッシュレス革命を取り上げます。2016年11月8日、インドのモディ首相は突如2種類の高額紙幣の使用を禁止すると発表しました。使えなくなるのはわずか4時間後から。50日以内に換金か口座へ預けなければ紙クズになるという内容です。これに爆速で呼応したのがモバイル決済のPaytm(ペイティエム)。発表当日から全社をあげてキャッシュレス推進策を企画開発し、あっという間にインドのメイン決済手段に躍り出ました。国家として世界初となる大胆なチャレンジの裏には何があるのでしょう。革命の波はどのように広がっているのでしょうか。インドのキャッシュレス革命は、日本でのキャッシュレス推進のベンチマークになるはずです。
▲ページトップへ
開催日
2017-03-15(水) 15:00〜17:00
セミナータイトル
Visaの戦略 東京2020に向けて多様化する決済と今後
講師名
外山 正志 氏(ビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社 取締役 営業本部長)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
NCB Lab.は、3月15日(水)にフィンテック関連セミナーを開催いたします。「Visaの戦略 東京2020に向けて多様化する決済と今後」と題し、ビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社 取締役 営業本部長 外山正志氏をお招きします。各地域・国でのVisaの動向、ネットワークのオープン化を始めとしたフィンテックへの取り組み、2020年の東京オリンピックに向けた日本におけるキャッシュレス・非接触決済推進策、インバウンド施策など、多面的な視点でご講演いただきます。
▲ページトップへ
開催日
2017-02-16(木) 15:00〜17:00
セミナータイトル
割賦のニューモデル!カードレス後払いが拓く新しい決済マーケット
講師名
佐藤 元則(NCB Lab. 代表)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
NCB Lab.は、2月16日(木)にフィンテック関連セミナーを開催いたします。「割賦のニューモデル!カードレス後払いが拓く新しい決済マーケット」と題し、近年台頭するカード不要の割賦払いを取り上げます。EC市場の拡大により、新たな決済手段として導入が加速するカードレス後払い。法律との関連性、審査の方法、国内外の豊富な事例をもとに、注目ポイントやその将来性を解説します。
▲ページトップへ
開催日
2017-02-28(火) 15:00〜17:00
セミナータイトル
ペイメント市場2020 〜新たな決済・送客インフラの構築と勢力地図の変化〜
講師名
浅見 淳 氏(一般社団法人 金融財政事情研究会 月刊 消費者信用 編集長)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
NCB Lab.は、2月28日(火)にフィンテック関連セミナーを開催いたします。「ペイメント市場2020 〜新たな決済・送客インフラの構築と勢力地図の変化〜」と題し、決済業界が2020年に向けて取るべき動きにつき、決済、送客、セキュリティ、法改正、勢力図といった多様な視点から、網羅的に解説いただきます。
▲ページトップへ
開催日
2017-01-26(木) 15:00〜17:00
セミナータイトル
2017年 フィンテックの展望とキャッシュレスの野望
講師名
佐藤 元則(NCB Lab. 代表)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
NCB Lab.は、1月26日(木)にセミナーを開催いたします。

英国の欧州離脱、米国大統領にトランプ氏当選、というトレンドをみると、国家のアイデンティティを取戻し、自国民によって景気低迷から脱却したい、という強い思いが世界中に拡大しているようです。
2017年、世界の、そして日本の金融・決済業界はどんな展開になるのでしょうか。
例えば怖いシナリオは、決済・送金はボーダレスから国境や民族、宗教を意識する閉鎖的なサービスへ移行。とか、規制強化でフィンテックは逆風にさらされる。
楽観的なシナリオは、民族意識がキャッシュレスを加速。とか、規制強化でキャッシュレス加盟店が急増とか。
新しい年を迎えるにあたり、NCB Lab.代表の佐藤元則が恒例の大胆予測を披露します。
ふるってご参加ください。
▲ページトップへ
開催日
2016-12-13(火) 15:00〜17:00
セミナータイトル
Fintechで個人投資は変わるのか
講師名
北澤 直 様(株式会社お金のデザイン COO )
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
NCB Lab.は、12月13日(火)にフィンテック関連セミナーを開催いたします。「Fintechで個人投資は変わるのか」と題し、個人投資を促進するロボアドバイザーの実態や、国内金融サービスの課題について、資産運用サービスTHEO(テオ)を提供する株式会社お金のデザインCOOの北澤直様にご講演いただきます。
▲ページトップへ
開催日
2016-12-20(火) 15:00〜17:00
セミナータイトル
Apple Payから見た世界のモバイル決済
講師名
増渕 翔平(NCB Lab. 研究員)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
フィンテック関連セミナー(12月20日)「Apple Payから見た世界のモバイル決済」NCB Lab.!2016年12月1日 13時
NCB Lab.は、12月20日(火)にフィンテック関連セミナーを開催いたします。「Apple Payから見た世界のモバイル決済」と題し、「支払いのモバイル化」が破壊する旧来のビジネス構造について、ビジネスモデルや関与者の変化、中国など世界のモバイル決済動向といった視点から、幅広く解説させていただきます。
▲ページトップへ
開催日
2016-11-22(火) 15:00〜17:00
セミナータイトル
Money20/20でわかったFintech注目最新トレンド -世界最大Fintechイベント 参加報告-
講師名
姥貝徳尚(NCB Lab. 主任研究員)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
さまざまなメディアを賑わしつづけるフィンテック。
国内でもベンチャー企業だけでなく大手金融機関もつぎつぎに参戦し、
モバイル決済や送金、融資に至るまで、フィンテックによる金融変革が起きつつあります。
では今後のフィンテックはどこへ向かうのか。
最新動向を知るべく、世界最大級のフィンテックイベント「Money20/20」へNCBメンバーが参加します。
世界では今何が起きているのか。
フィンテックの今を、具体事例とともにレポートいたします。
ふるってご参加ください。
▲ページトップへ
開催日
2016-07-20(水) 15:00〜17:00
セミナータイトル
世界のモバイル送金・決済 最前線! −ミレニアルズを魅了するフィンテックとは?−
講師名
増渕 翔平(日本カードビジネス研究会 研究員)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
「居酒屋の飲み代を割り勘しよう」
日本の個人間送金サービスの代名詞で必ず登場する割り勘支払い。たとえば海外では、グループで割り勘することを前提に、アプリで直感的にお金のやり取りができるサービスが既に流行しています。日本のフィンテックは資産管理や会計サービスが多いなか、欧米、アジアに目を向ければ、ミレニアルズ(若年層)を惹きつける斬新なモバイル送金・決済サービスが次々に登場しているのです。
今回は特にユーザーからの支持率が高い事例を多数取り入れ、スマートフォンのアプリ機能やビジネスモデル、ユニークなマーケティング事例に至るまで、さまざまな角度から世界のフィンテックを解剖します。ふるってご参加ください。
▲ページトップへ
開催日
2017-12-18(月) 13:30~16:30
セミナータイトル
加速する中国FinTech
講師名
チョウ イーリン 氏 (株式会社富士通総研 経済研究所 上級研究員)
開催地
東京都千代田区
ステータス
お申し込み可
概要
中国ではスマホ決済をはじめとする第三者決済サービスが急速に普及し、キャッシュレス経済が加速している。スマホがあれば、財布を持つ必要がないと考える人は8 割超になり、財布を持ち歩かなくても普通に暮らすことができる「キャッシュレス都市」も現れてきている。フィンテックの進展に伴って、金融がより身近な存在になり、一般の人でもあらゆる金融サービスを享受することが可能となっている。
当セミナーでは、進化する中国フィンテックの情報をお伝えし、キャッシュレス社会の到来を迎えつつある中国の現状と代表的なプレーヤーの成長路線を説明する。今後の方向性も展望する予定である。
▲ページトップへ
開催日
2017-10-31(火) 15:00〜17:00
セミナータイトル
フィンテック関連セミナー(10月31日)「法環境整備はFintech拡大を後押しするか」
講師名
堀 天子 氏(森・濱田松本法律事務所 弁護士)
開催地
東京都千代田区
ステータス
お申し込み可
概要
NCB Lab.は、10月31日(火)にフィンテック関連セミナー「法環境整備はFintech拡大を後押しするか」を開催いたします。Fintechというキーワードのもと、ITを活用した新たな金融サービスが続々と登場しています。それらのFintechサービスを後押しするように、銀行法改正、資金決済法改正など注目される法改正がおこなわれています。この法改正によって既存の金融機関、新規参入プレイヤーにどのような影響があるのでしょうか、また日本国内でFintechがさらに拡大する要因となるのでしょうか、法改正のポイントとともに解説いただき、後半はトークディスカッションにて今後のFintechの可能性について議論していきます。
▲ページトップへ
開催日
2017-10-24(火) 15:00〜17:00
セミナータイトル
金融ビジネス関連セミナー(10月24日)「欧米・中国のP2P(個人間)送金から学ぶキャッシュレスジャパン実現に向けたヒント」
講師名
姥貝 徳尚(NCB Lab. 主任研究員)
開催地
東京都千代田区
ステータス
お申し込み可
概要
いま、P2P送金に世界の熱い視線が注がれています。米国ではAppleが今秋よりiOSユーザー同士の送金を開始することを発表しました。世界では大手銀行、決済事業者、SNS、携帯キャリアなど、顧客基盤をもったあらゆるプレーヤーがP2P送金を始めています。なぜ、これほどまでに盛り上がっているのでしょうか?P2P送金は単体のビジネスとして成り立つのでしょうか?今回は世界の動向を俯瞰しつつ、個別サービスの事例を細かく考察。送金事業単体でのマネタイズの可能性や、P2P送金を参考とした日本でのキャッシュレス事業のあり方、今後の課題等を探ります。ふるってご参加ください
▲ページトップへ
開催日
2017-09-14(木) 15:00〜17:00
セミナータイトル
フィンテック関連セミナー(9月14日)「スマホ決済バトル・ロイヤル!将来はこう変わる 〜QR/バーコード vs NFC 既存モデルからの刷新〜」
講師名
姥貝 徳尚(NCB Lab. 主任研究員)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
NCB Lab.は、9月14日(木)にフィンテック関連セミナー「スマホ決済バトル・ロイヤル!将来はこう変わる 〜QR/バーコード vs NFC 既存モデルからの刷新〜」を開催いたします。世界中でモバイルを利用した決済サービスが次々と登場している、まさに加盟店、利用者を囲い込もうと決済事業者は群雄割拠の時代を迎えました。決済手段として主に比較されるのはQR/バーコードとNFC。この2つの決済手段からどのような比較ができるでしょうか。具体的なサービス事例の紹介と共に様々な観点から、QR/バーコード vs NFCバトル・ロイヤルの様子を実況中継しモバイル決済チャンピオンロードへ向けたポイントを考察します。
▲ページトップへ
開催日
2017-08-29(火) 15:00 〜 17:00
セミナータイトル
フィンテック関連セミナー(8月29日)「金融ビジネスを破壊するコードネーム“C.O.I.N.” - ダブルミーニングに込められた未来創造の鍵 -」
講師名
佐藤 元則(NCB Lab. 代表)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
日々ブログを通して世界の金融ビジネスの動向をウォッチしているからでしょうか。最近特に、C.O.I.N.という4つの文字が強烈に迫ってくるのです。4つの頭文字。すなわち、接続され(Connected)、開放された環境(Open)で、知力(Intelligence)を上げ、新たなビジョン(New Vision)をもつこと。これを実践している企業が、革新的なビジネスを創出しています。キャッシュレス推進にコストがかかるCOINは不要ですが、金融ビジネスの創造的破壊にはC.O.I.N.が不可欠です。NCB Lab.代表の佐藤が、多くの事例をもとに、未来創造の4つのキーワードをわかりやすく解説します。C.O.I.N.はフィンテックの開発や、既存事業の変革に役立つだけでなく、スカイロケッティングな企業成長を約束する鍵となるでしょう。ふるってご参加ください。
▲ページトップへ
開催日
2017-07-27(木) 15:00 〜 17:00
セミナータイトル
フィンテック関連セミナー(7月27日)「事業の壁を超えるイノベーション『金融だってオープンイノベーション』」
講師名
冬野 健司 氏(株式会社情報通信研究所 取締役 新ビジネス推進担当 主席研究員)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
NCB Lab.は、7月27日(木)にフィンテック関連セミナー「事業の壁を超えるイノベーション『金融だってオープンイノベーション』」を開催いたします。テクノロジーの進化と各企業の努力により、日々新しいサービスが登場しています。そんな中、技術革新を進めるキーワードとして「オープンイノベーション」が注目されています。オープンイノベーションとは自社だけの技術だけでなく他企業などとの連携により幅広い経験、知識から革新的な技術を生み出す考え方です。金融業界はフィンテックというキーワードの登場で果たしてオープンイノベーションは進んでいるのでしょうか。他業界のオープンイノベーションの事例をもとに金融業界での可能性について掘り下げていきます。
▲ページトップへ
開催日
2017-07-20(木) 15:00 〜 17:00
セミナータイトル
フィンテック関連セミナー(7月20日)「NCBが選ぶ2017年上期注目トピックスランキング」
講師名
姥貝 徳尚(NCB Lab. 主任研究員)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
NCB Lab.は、7月20日(木)にフィンテック関連セミナー「NCBが選ぶ2017年上期注目トピックスランキング」を開催いたします。2017年、中国ではキャッシュレス決済市場が200兆円を超えました。消費支出に占めるカード決済比率がわずか5%と言われるインドでさえ高額紙幣廃止を機に非現金決済が進んでいます。米国ではあらゆる企業が業界をこえて金融&決済で顧客の心をつかみ、日本も負けじとスマホを起点に日常の決済や送金を革新する動きが目立ち始めています。めまぐるしく進化する金融・決済の世界動向について、今回はランキング形式で各テーマを深堀りした特集をお送りします。ぜひご参加下さい。
▲ページトップへ
開催日
2017-06-21(水) 15:00 〜 17:00
セミナータイトル
フィンテック関連セミナー(6月21日)「法人市場を捉えるマスターカードの取り組み」
講師名
藤井 由紀 氏(マスターカード ジャパンオフィス コマーシャルペイメントソリューションズ シニアディレクター)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
NCB Lab.は、6月21日(水)にフィンテック関連セミナー「法人市場を捉えるマスターカードの取り組み」を開催いたします。世界中に3,810万加盟店を抱える国際ブランド、マスターカード。新たな市場として、法人向けのサービスを拡大しています。マスターカードが見据える法人市場のポテンシャルやニーズ、それに応じるソリューションの概要につき、マスターカード ジャパンオフィスの藤井 由紀 氏にご講演いただきます。
▲ページトップへ
開催日
2017-05-23(火) 15:00 〜 17:00
セミナータイトル
フィンテック関連セミナー(5月23日)「2020キャッシュレスオリンピックに向けて -訪日外国人の購買需要をどう取り込むのか?-」
講師名
大竹口 隆 氏(株式会社ネットスターズ 執行役員 インバウンド事業部長)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
NCB Lab.は、5月23日(火)に決済関連セミナー「2020キャッシュレスオリンピックに向けて -訪日外国人の購買需要をどう取り込むのか?-」を開催いたします。2016年の訪日外国人観光客は2,000万人を超えました。中国人観光客の爆買いは収束したといわれてはいますが、同じく2016年の訪日外国人旅行消費額は過去最高となっています。消費がモノからコトへと変わってきているなか、購買需要をさらに増加させるにはどうしたらよいのでしょうか。今セミナーでは、インバウンド事業に携わる 株式会社ネットスターズ 執行役員 インバウンド事業部長の大竹口 隆 氏、ぴあ株式会社 インバウンド事業開発室 室長の宮崎 裕二 氏をお招きし、両社の決済、マーケティング施策についてご講演いただきます。後半ではNCB Lab. 代表の佐藤も加わり、トークセッション形式で開催します。
▲ページトップへ
開催日
2017-05-16(火) 15:00 〜 17:00
セミナータイトル
フィンテック関連セミナー(5月16日)「キャッシュレスジャパンを実現するための課題と対策 -アクワイアリングの現場から-」
講師名
林 和宏 氏(株式会社エム・ピー・ソリューション 取締役)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
NCB Lab.は、5月16日(火)に決済関連セミナー「キャッシュレスジャパンを実現するための課題と対策 -アクワイアリングの現場から-」を開催いたします。決済方法がカードから非接触、モバイルなど多様化するなか、2020年のキャッシュレス五輪に向けて、どのような施策を取るべきなのでしょうか。今セミナーでは、株式会社エム・ピー・ソリューション 取締役の林 和宏 氏と、Square 株式会社 カントリーマネージャーの水野 博商 氏をお招きし、アクワイアリングの現状や課題、今後の展開につき、ご講演いただきます。
▲ページトップへ
開催日
2017-04-25(火) 15:00 〜 17:00
セミナータイトル
消費者から見た金融サービスの実態 - NRI生活者1万人アンケート調査(金融編)2016
講師名
中島 芳徳 氏(株式会社野村総合研究所 金融コンサルティング部 グループマネージャー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
NCB Lab.は、4月25日(火)にフィンテック関連セミナーを開催いたします。本来、金融サービスの企画には、消費者の目線が欠かせません。しかし、フィンテックという言葉が流行する昨今では、新しい技術だけが先行しがちです。では、消費者の金融サービスに対する意識はどうなっているのでしょうか。株式会社野村総合研究所では、2010年から3年ごとに、「NRI生活者1万人アンケート調査(金融編)」を実施しています。最新の調査が昨年12月に発表となったことを受けて、消費者の金融意識や金融行動の調査結果を、株式会社野村総合研究所 金融コンサルティング部 グループマネージャー 中島 芳徳 氏と弊社代表 佐藤との対話形式にて読み解いていきます。
▲ページトップへ
開催日
2017-04-13(木) 15:00 〜 17:00
セミナータイトル
ブロックチェーンは金融革命を起こすのか?!〜分散型台帳技術のユースケースと将来の可能性〜
講師名
宮沢 和正 氏(ソラミツ株式会社 執行役員 最高執行責任者)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
NCB Lab.は、4月13日(木)にフィンテック関連セミナーを開催いたします。「ブロックチェーンは金融革命を起こすのか?!〜分散型台帳技術のユースケースと将来の可能性〜」と題し、ブロックチェーン技術が注目を集めるその理由と、金融業界での活用を探ります。講師にお招きするのは、ソラミツ株式会社 執行役員 最高執行責任者の宮沢 和正 氏。弊社代表 佐藤との対話形式でお送りします。
▲ページトップへ
開催日
2017-08-30(水) 13:30~16:30
セミナータイトル
2017年前半の金融規制環境等に係る変化を踏まえたオペレーショナル・リスク管理
講師名
佐藤 里帆 氏
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
バーゼル銀行監督委員会による自己資本比率計算・管理方法の見直しは、オペレーショナル・リスクの規制上の必要資本計算のみならず、内部管理上の必要資本計算・管理(第2の柱)にも影響を及ぼすことが考えられます。また、その影響は、CSAやシナリオ、計量モデルといったリスクの管理手法のみならず、管理の対象範囲や区分方法にも及ぶ可能性があります。
フィデューシャリー・デューティーの確立、証拠金規制の施行、金融庁の金融モニタリング態勢見直しから、フィンテックの利用促進、サイバー攻撃の増加といった幅広い環境変化に応じ、オペレーショナル・リスク管理体制をいかに見直すべきか、考察します。
▲ページトップへ
開催日
2015-11-17(火) 15:00~17:00
セミナータイトル
【参加無料】(沖縄県主催)経済金融活性化特区PRセミナー
講師名
高山征嗣
開催地
品川
ステータス
締め切り
概要
国内唯一の金融・IT等の業務向けの特区である“経済金融活性化特区”を活用した貴社の新たなビジネス展開を是非、この機会にご検討下さい。
▲ページトップへ