金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

セミナー検索結果 : ファミリーマート

ファミリーマートに関するセミナー

開催日
2019-11-11(月) 13:30~16:30
セミナータイトル
ファミリーマートのデジタル戦略
講師名
植野 大輔 氏 (株式会社ファミリーマート シニアオフィサー デジタル戦略部長)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
7月にローンチしたファミリーマートのバーコード決済サービス「ファミペイ(FamiPay)」。乱立するバーコード決済サービスの中で、後発の小売決済に勝機はあるのか?実はその背後には、ファミリーマートとしての大きなデジタル戦略の構想と、そしてファミリーマートをデジタル変革(DX)して行くための強烈なリーダーシップが存在しています。現在進行形の「ファミペイ」をケーススタディに、デジタル戦略、デジタルトランスフォーメーション、そしてDXに求められるリーダーシップについてお話させていただきます。
▲ページトップへ
開催日
2019-07-26(金) 13:30~16:30
セミナータイトル
コンビニ3強によるキャッシュレス化と金融事業戦略
講師名
丹羽 哲夫 氏 (経営企画研究所 代表 )
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
セブンイレブン・ファミリーマート・ローソンのコンビニ3強は、現在成長低迷の重大な局面に立たされている。第一の重大局面は、店舖数飽和以上に異業態間競合の激化である。コンビニの中核商品群「食品」を狙い打ちして成長するドラッグストア(2017年度6.9兆円売上、2万店)である。さらに、作りたての独自メニューを出す「グローサランド」という新型レストラン併設食品スーパーの増加である。次第にコンビニの顧客を奪いつつある。異業態間競合が激化すれば、単に不採算店の閉鎖だけでは済まず、異業態店舗出店阻止のため不採算店の再活用を図る必要がある。再活用策に金融店舗も選択肢となる。第二の重大局面は、深刻化する人手不足で24時間・365日営業を脅かしている。セブンイレブンでも選択制を視野に入れている。このため、QRコード決済普及などのキャッシュレス化を推進している。セブンぺイ・ファミぺイ・ローソンぺイの全店展開である。しかし、決め手となる無人コンビニを実験しているが、多店舗展開のプロトタイプは完成できていない。本業の成長と収益の低下をもたらす2つの重大局面に対応しながら、第2の収益源となる金融事業展開も急がれている。しかし、セブン銀行も高収益に陰りが見え、ローソン銀行の差別化も不十分である。ファミリーマートとローソンは大株主に総合商社があり、グループのシナジーを出せる新たな金融事業戦略が不可欠であり、この方向を想定しながら既存の金融機関への影響も予測する。
< 対象者 >
■銀行の関係者 ■ポイントカード、電子マネー、QR決済の関係者 ■生命保険・損害保険の関係者
■コンビニエンスストア、食品スーパーと総合スーパーの店舗企画関係者 ■証券の関係者 ■新規事業関係者
▲ページトップへ