金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

セミナー検索結果 : データ利活用

データ利活用に関するセミナー

開催日
2019-11-14(木) 9:30~12:30
セミナータイトル
金融機関におけるデータ利活用事例と規制
講師名
藤野 大輝 氏 (株式会社大和総研 研究員)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
「データは21世紀の石油」といわれていますが、特に個人に結びついたデータを利活用したビジネスが活発化しています。GAFA等のデジタル・プラットフォーマーはサービスを介して個人データを収集し、それを利用して企業から対価を得て、データ市場において独占的な立場となっています。
これに対し、特にEUを中心に個人情報を保護する機運が高まり、GDPRが施行されました。日本も個人情報保護法の大きな改正を2017年に行い、2020年にも改正が予定されています。
こうした個人情報保護の潮流に倣い、データに対する本人のコントロール権を維持しつつ、本人に代わってデータの管理・提供を行う「情報銀行」という仕組みが近年考えられています。わが国では情報銀行の認定制度等の環境整備を行い、今まさに事業化が行われようとしています。一方で、情報銀行には多くの課題が残されており、どのようなビジネスモデルを目指すかも各社多様であると考えられます。
本セミナーでは、個人情報保護の法整備について整理するとともに、情報銀行について、今後どのような展開が見込まれ、どういったビジネスモデルが想定されるのかを実例も踏まえた上で模索しつつ、金融機関における情報銀行の活用方法について考察します。
▲ページトップへ
開催日
2020-01-17(金) 9:30~12:30
セミナータイトル
データ駆動型社会におけるデータ利活用ビジネスの実装化
講師名
湯川 喬介 氏(株式会社富士通総研 プリンシパルコンサルタント)
開催地
東京都千代田区
ステータス
お申し込み可
概要
データ駆動型社会は、既に始まっています。日本も遅れを取らず戦略とスピードをもって進めていくことが重要だと考えています。そのためにも、各企業、消費者個人にとって安全・安心で信頼できる環境整備が必要です。
安全・安心なデータエコシステムに必要な「データ生成・収集・流通」と「データ分析(AI)」を支える技術についても事例を交えてご紹介させていただきます。特に、ヘルスケア領域と金融領域に焦点を当て、各種動向や海外事例等もご紹介します。最後に、富士通グループの実践内容についても共有させていただきます。

この講座で伝えたいポイント
・「生活者起点のデータ利活用ビジネス」実装化に向けた現在の状況とポイント
・”情報銀行”という社会システムの信頼性
・データポータビリティを実現するサービス
・パーソナルサービスとビッグデータ活用の事例と動向
・マネタイズが成立し、世の中全体で収益分配されるビジネスモデルとは
・金融、医療・ヘルスケアのユースケース

<セミナー視聴率測定に関するお知らせ>
本セミナーでは、講義内容の改善とお客様満足度向上を目的として、会場前方より客席の撮影を行います。
撮影された映像は、個人を識別できない形式に変換のうえ、セミナー中の参加者の行動履歴分析に利用させていただきます。
取得したデータは、当社およびセミナー視聴率の測定・分析を行う株式会社QUICK内のみで利用し、その他の第三者への提供や目的外での利用は一切いたしません。
▲ページトップへ
開催日
2019-11-29(金) 13:30~16:30
セミナータイトル
個人情報保護法改正のポイントとデータ利活用の落とし穴の回避
講師名
影島 広泰 氏 (牛島総合法律事務所 パートナー弁護士)
開催地
東京都千代田区
ステータス
お申し込み可
概要
2020年に個人情報保護法の改正が予定されています。個人データの利用停止権や電子データによる開示の請求、仮名情報の新設など、様々な論点が議論されています。また、近時問題となった内定辞退率のデータや、Cookieなどを利用した広告識別子のやりとりやDMPを利用したデータの分析など、データの利活用をする際に個人情報保護法に違反してしまうリスクが散在しています。さらには、優越的地位の濫用が、事業者が消費者から個人情報の収集する文脈で規制対象となる(プラットフォーマー規制)など、規制が強化される一方です。
本セミナーでは、改正個人情報保護法が、金融機関の実務に与える影響について解説した上で、近時問題となっているデータ利活用の落とし穴を回避するためのポイントを解説します。
▲ページトップへ
開催日
2019-05-31(金) 9:30~12:30
セミナータイトル
金融業界に求められるAI・データマーケティング高度化の取り組み
講師名
青木 雅人 氏(株式会社博報堂DYホールディングス マーケティング・テクノロジー・センター 室長)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
データ利活用の必要性が叫ばれる中、部門間でのデータ連携・企業間のデータ連携はあまり進んでいないのが実情。生活者の365日×360度のデータ取得が可能になっている中で、安全・安心にデータ統合をどのように図るべきか?また、音声データ等の非構造化データを今後どのように活用すれば良いのか?今後、金融業界に求められるデータマーケティング高度化に向けての視点・具体的な取り組み事例を紹介する。
▲ページトップへ
開催日
2018-10-10(水) 13:30~16:30
セミナータイトル
FinTechにおけるAPI利用契約の実務
講師名
大井 哲也 氏 (TMI総合法律事務所 パートナー弁護士)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
金融機関が保有している顧客の取引履歴、保有金融資産データ、決済データに加え、顧客の家族構成などの属性情報、趣味・嗜好などのセグメントデータがビッグデータの利活用のシーンとして着目されています。本セミナーでは、金融機関がFinTech企業と締結すべきAPI利用契約(全国銀行協会の改正銀行法対応のAPI利用契約の条文例(案))や、データを提供または購入する際に締結すべきデータ・サプライ(契約)の参考条項を解説し、ビッグデータ利活用を進める金融機関が留意すべき規制のみならず、最新のビジネス動向に照らした契約実務のスタンダードを解説します。
▲ページトップへ
開催日
2019-07-18(木) 13:30~16:30
セミナータイトル
AI・情報銀行時代の金融業界におけるデータ解析実務の戦略
講師名
佐伯 諭 氏 (株式会社電通 データ・テクノロジーセンター 兼 社団法人データサイエンティスト協会 理事)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
昨今のビックデータ、AI/IoT、FinTech、情報銀行などの潮流を受け、金融業界はデジタルトランスフォーメーションの中心に位置し、半ば強制的に変革を迫られている。一方、現行業務をデータドリブンに変革するためのヒトモノカネが戦略的に整備されているか?というと、現実的にそう簡単な話ではない。現行のデータ解析業務の質を落とさないまま、徐々に変革を起こすには?さらに次の時代に対応するために求められる必要なデータ、人材、スキル、組織とは何か?本セミナーでは、金融業のデータ解析実務に議論の焦点を当てながらデータ戦略を解き明かしていく。
▲ページトップへ
開催日
2018-08-08(水) 9:30~12:30
セミナータイトル
国内・海外InsurTechの最新動向と法務の重要ポイント
講師名
鈴木 由里 氏(渥美坂井法律事務所・外国法共同事業 シニアパートナー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
InsurTechはFintechと同様に、第4 次産業革命と言われるIoT・AI・ブロックチェーンを含む情報通信技術の活用や、非金融業種との協業も含むオープンイノベーション等の事業構築手法の変化を保険業界に取り込むものと考えられる。
本セミナーは法規制や制度面での動きを中心に解説するが、その前提としてビジネスを理解する必要がある。Fintechと同様に欧米等の諸外国での実践がより進んでいる状況であるので、海外の事例を紹介した上で、日本国内でInsurTechを実施する場合に問題となる保険業法等の業界に対する規制への対応について解説を行う。また、InsurTechの検討にあたり、金融機関と非金融事業者との協業にとって重要な金融機関APIに関する日本国内の議論を紹介し、また、情報通信技術活用や他業種との連携のために医療・ヘルスケア分野や自動運転の議論や、データ利活用の留意点も紹介をする。
▲ページトップへ