金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

セミナー検索結果 : デューディリジェンス

デューディリジェンスに関するセミナー

開催日
2008-07-15(火) 13:00~17:00
セミナータイトル
デューディリジェンス基礎講座 ~ 物的調査から法的調査、経済的調査まで
講師名
楠 浩一 氏(株式会社竹中工務店  FM部DD担当副部長)
開催地
東京都千代田区(四ツ谷駅徒歩1分)
ステータス
締め切り
概要
 昨年冬までの数年間は、大手不動産会社やマンションデベロッパーに加え、私募ファンドやJ-REITによる不動産投資が加熱し、不動産市況は活況を呈してきました。
 これに対し、金融庁や国土交通省は、私募ファンドやJ-REITへの監視を強めてり、2007年には不動産鑑定評価基準が一部改正されました。一方、建築・設備維持保全推進協会(BELCA)においても時代の要請に応えるべく、「エンジニアリング・レポート作成に係るガイドライン」を改訂しました。
 このような中、昨年秋に発生した米国のサブプライムローン問題の影響を受け、国内外の投資家も資金調達に苦労するケースが増え、不動産投資市場は1つの転換点にきていると考えられます。この数年は不動産価格の上昇により、不動産に係るリスクの存在が結果として覆い隠されることもありましたが、今後は、従来より一層不動産の善し悪しを見極める目が必要とされます。
 本セミナーは、デューディリジェンス業務における法的・経済的調査の役割と、デューディリジェンスを踏まえた投資判断についてご紹介するものです。
▲ページトップへ
開催日
2015-10-06(火) 13:30~16:30
セミナータイトル
【大阪オンラインLiveセミナー】ヘルスケアビジネスのデューディリジェンス及び事業再編
講師名
妹尾 かを里 弁護士(TMI総合法律事務所 パートナー)
開催地
大阪市北区
ステータス
締め切り
概要
少子高齢化の流れを受けて、病院、介護施設及び製薬・医療機器事業等を中心とするヘルスケアビジネスにはさらなる注目が集まっています。今回は、ヘルスケアビジネスの中でも、特に医療機関及び介護事業者(有料老人ホーム設置事業者)に焦点をあてて、事業体の構造等を深く理解する目的で基本的な性質やガバナンスのあり方等について触れつつ、デューディリジェンス及び事業再編(M&A)を行う際のポイントについて、直近の実例等を交えながら、実践的な解説を行います。
また、第6次医療法改正の概要に加え、直近の第7次医療法改正の内容(地域医療連携推進法人制度の創設、医療法人制度の見直し等)についても解説します。

----------------------------------------
※大阪会場の注意事項
オンラインLiveセミナー開催中に音声及び映像のトラブルが万が一発生した場合は、次の通り対応をさせていただきますのでご了承ください。
(1)映像等が切断した場合、再接続してから講義を再開いたします。
(2)接続が回復できない等、再開が困難な場合はオンラインLiveセミナー不成立として参加費を返金させていただきます。
▲ページトップへ
開催日
2015-10-06(火) 13:30~16:30
セミナータイトル
ヘルスケアビジネスのデューディリジェンス及び事業再編
講師名
妹尾 かを里 弁護士(TMI総合法律事務所 パートナー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
少子高齢化の流れを受けて、病院、介護施設及び製薬・医療機器事業等を中心とするヘルスケアビジネスにはさらなる注目が集まっています。今回は、ヘルスケアビジネスの中でも、特に医療機関及び介護事業者(有料老人ホーム設置事業者)に焦点をあてて、事業体の構造等を深く理解する目的で基本的な性質やガバナンスのあり方等について触れつつ、デューディリジェンス及び事業再編(M&A)を行う際のポイントについて、直近の実例等を交えながら、実践的な解説を行います。
また、第6次医療法改正の概要に加え、直近の第7次医療法改正の内容(地域医療連携推進法人制度の創設、医療法人制度の見直し等)についても解説します。
▲ページトップへ
開催日
2017-04-25(火) 9:30~12:30
セミナータイトル
再エネ設備等のセカンダリー取引における契約上の留意点
講師名
滝 琢磨 弁護士(TMI総合法律事務所 パートナー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
FIT制度に基づく調達価格が年々下落し、再エネ設備開発案件の新規件数が落ち込んでいる一方で、上場インフラファンドの立上げに向けた動きが進んでいます。こうした中で、再エネ設備等のセカンダリー取引は増加してきておりますが、事業の実施可能性や適切性を確認した上でFIT認定を行うことなどを内容とした改正再エネ特措法が本年4月1日に施行された後も、こうした増加傾向は今後も続くとみられます。しかし、再エネ設備等の売買に際しては、事前のデューディリジェンスが重要であることに加え、売買契約において、購入時の開発状況や許認可の取得状況、土地利用権の種類等に応じて適切な前提条件や誓約事項、表明保証条項を組み込む必要があるなど、留意すべきポイントが多数に及んでいます。
そこで、セミナーでは、弁護士として多数の再エネ設備等の取引実務やインフラファンドの組成案件に複数関与し、その実務に精通する講師が、改正再エネ特措法の施行を踏まえつつ、再エネ設備等のセカンダリー取引における様々な留意点を、図表等を用いて分かり易く整理し、解説します。
▲ページトップへ
開催日
2014-12-08(月) 13:30~16:30
セミナータイトル
ヘルスケアビジネスのデューディリジェンス及び事業再編~直近及び今後の医療法改正動向等を踏まえて~
講師名
妹尾 かを里 弁護士(TMI総合法律事務所)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
少子高齢化の流れを受けて、病院、介護施設及び製薬・医療機器事業等を中心とするヘルスケアビジネスにはさらなる注目が集まっています。今回は、ヘルスケアビジネスの中でも、特に医療機関及び介護事業者(有料老人ホーム設置事業者)に焦点をあてて、事業体の構造等を深く理解する目的で基本的な性質やガバナンスのあり方等について触れつつ、デューディリジェンス及び事業再編(M&A)を行う際のポイントについて、直近の実例等を交えながら、実践的な解説を行います。
また、直近の第6次医療法改正の概要に加え、年内には取りまとめが行われるとされる「非営利ホールディングカンパニー型法人制度」の検討状況についても解説します。
▲ページトップへ