金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

セミナー検索結果 : インフラファンド

インフラファンドに関するセミナー

開催日
2019-08-07(水) 9:30~12:30
セミナータイトル
インフラデットファンドの趨勢と今後の運用戦略
講師名
中村 博信 氏(アセットマネジメントOne オルタナティブインベストメンツ株式会社 インフラストラクチャー運用部長 投資責任者)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
国内の長引く低金利環境を背景に、株式・債券といった伝統的資産運用の代替として、長期安定的なインカムリターンが享受できる海外インフラストラクチャーへの投資が注目され、インフラファンドに資金の仲介者としての活躍が期待されています。本セミナーでは、グローバルに展開するインフラファンドを俯瞰し、その対比において、当ファンドがこだわるプロジェクトファイナンス・インフラデットというアセットクラスに特化した投資戦略、インフラドットファンドの趨勢と今後の動向について詳説いたします。
▲ページトップへ
開催日
2017-02-21(火) 9:30~12:30
セミナータイトル
インフラファンド組成・上場の法務と実務
講師名
岡谷 茂樹 弁護士(森・濱田松本法律事務所 パートナー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
2016年、東京証券取引所のインフラファンド市場に2つのインフラファンドが上場を果たしました。また、再生可能エネルギー発電設備のセカンダリー取引や私募ファンドの組成の動きも活発化しています。さらに、空港を中心に公共施設等運営権制度(コンセッション)を利用した民営化案件も徐々に増加しており、将来的には、公共施設等運営権を裏付けとする資産に投資するファンドの組成もあり得るところです。
本セミナーでは、上場インフラファンド第一号、第二号の発行体カウンセルとして、実際にインフラファンドの組成・上場に関与した講師が、インフラファンドに関する最先端の法務と実務を解説します。
▲ページトップへ
開催日
2015-05-20(水) 9:30~12:30
セミナータイトル
インフラファンドの最新動向と今後の展望
講師名
福田 隆之 氏(新日本有限責任監査法人 インフラ・PPP支援室長 エグゼクティブディレクター)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
2013年10月には政府が官民連携インフラファンド(株式会社民間資金等活用推進機構)を設立し、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)では、海外の公務員年金と連携し、インフラ投資に乗り出すなど、政府によるインフラファンド組成や投資に関する動きが急である。民間においても複数の機関投資家が投資を開始すると共に、そうした投資家向けのファンド組成の動きもみられる。今回のセミナーでは、こうした動きを踏まえ、インフラファンド投資の流れを概観すると共に、こうした流れを加速させるカギを握る、日本国内のインフラへの民間資金活用の流れについても解説する。
▲ページトップへ
開催日
2013-09-30(月) 13:30~16:30
セミナータイトル
国内インフラ投資の最新動向と重要ポイント ~空港・上下水・官民ファンドの動きを踏まえ~
講師名
福田 隆之 氏(新日本有限責任監査法人 エグゼクティブディレクター)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
2011年6月にPFI法改正によって公共施設等運営権が導入されて以降、PFIの世界は大きく変化を遂げている。PFI法改正と同時に制定された関空伊丹統合法に基づいて関西国際空港と大阪国際空港(伊丹空港)の運営権を民間に委ねることが可能になり、2013年6月には民活空港運営法が成立し、全国の国管理空港・地方管理空港にも同様の制度の導入が可能となった。
また、上下水道の世界でも大阪市を中心に活用を検討する動きが現れてきており、本格的な「官業の民間開放」の時代が到来してきている。こうした動きに合わせる形で、内閣府は公共施設等運営権の活用についてガイドラインをまとめると共に、PFI法を再度改正し、官民インフラファンドを組成するなどの支援体制の構築に動いている。
本講演ではこうした最新動向を整理すると共に、改めてPFIの基礎部分についても整理することで、こうした動きに事業として参画していく上での知識を提供することを企図している。
▲ページトップへ