金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

セミナー検索結果 : アパートローン

アパートローンに関するセミナー

開催日
2018-01-23(火) 9:30~12:30
セミナータイトル
アパート・マンションローンにおけるリスク管理の高度化
講師名
岡田 嘉邦 氏(有限責任監査法人トーマツ 金融インダストリーグループ シニアマネジャー 不動産鑑定士)
開催地
東京都千代田区
ステータス
お申し込み可
概要
日本銀行の「貸出先別貸出金」によると、新規不動産業向け貸出が大きく伸びており、平成28年事務年度の金融行政方針においても、経済・市場環境が大きく変化した際に当該貸出が金融機関の健全性に与える影響について検証することとされている。
こうした状況に鑑み、不動産業向け貸出(主にアパート・マンションローン)に焦点をあて、多くの金融機関が抱えている課題(入口審査、中間管理など)を踏まえ、アパマンローンのリスク管理の高度化(家賃、空室率予測、事業収支シミュレーション、安全性分析、担保評価、稼働状況モニタリング、ポートフォリオベースのデータ整備・分析、財務ストレスモデル等)についての具体事例、金融機関の取組事例などを交えて解説を行う。
▲ページトップへ
開催日
2016-10-27(木) 13:30~16:30
セミナータイトル
金融機関におけるアパートローンのリスク・収益管理の高度化
講師名
内田 貴士 氏(株式会社浜銀総合研究所 情報戦略コンサルティング部 アナリティクス第2グループ グループ長)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
近年地域金融機関では、主に富裕層の相続・節税対策、資産運用といったニーズの高まりを背景としたアパートローン貸出が増加しており、適切なリスク・収益管理をおこなっていくことが求められています。一方、アパートローンのリスク・収益管理を高度化する際に、どのようなデータを蓄積・整備すれば良いか、どのような切り口で分析をおこなえば良いかについて具体的なイメージを持ちにくいのが現状だと思われます。
本セミナーでは、データ分析をベースとし、金融機関のアパートローンにおけるリスク・収益管理を高度化することでいかに実務に応用していくかについて解説します。
▲ページトップへ
開催日
2013-10-15(火) 13:30~16:30
セミナータイトル
アパートローンにおける信用リスク管理の高度化≪実践編≫
講師名
秋場 良太 氏(NSフィナンシャルマネジメントコンサルティング株式会社)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
近年、いくつかの金融機関で賃貸用不動産向けローン、いわゆるアパートローン(アパートローンとマンションローン)を積極的に推進する動きがみられる。こうした積極姿勢はアパートローンが事業法人や住宅ローンに比して、デフォルト率が低いのと、高めのスプレッドを確保できる数少ない商品だからであろう。こうした動きがあるにもかかわらず、アパートローンの初期審査基準が経験則で定められたままになっていたり、データ整備が不十分なため途上モニタリングがうまく機能していなかったり等、管理が不十分な金融機関が多いのが現状である。そのため金融機関においてアパートローンのリスク管理強化は喫緊の課題といえよう。
そこで本セミナーではアパートローンのリスク管理高度化に必要な事項を体系的に整理する。さらに蓄積した初期・途上与信データのマーケティングへの活用方法などについても考察したい。
▲ページトップへ
開催日
2014-03-20(木) 13:30~16:30
セミナータイトル
投資用マンション・アパートローンのリスク管理高度化≪実践編≫
講師名
秋場 良太 氏(NSフィナンシャルマネジメントコンサルティング株式会社)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
近年、リース会社や銀行などの金融機関で賃貸用不動産向けローン(投資用マンションローンとアパートローン)を積極的に推進する動きがみられる。こうした積極姿勢はノンバンクであれば銀行との競合を避けられる投資用マンションローンの展開、銀行であれば住宅ローンへの過度な依存からの脱却等の背景があるからである。こうした動きがあるにもかかわらず、投資用マンション・アパートローンの初期審査基準が経験則で定められたままになっていたり、データ整備が不十分なため途上モニタリングがうまく機能していなかったり等、管理が不十分な金融機関が多いのが現状である。そのため金融機関において当該ローンのリスク管理強化は喫緊の課題といえよう。そこで本セミナーでは投資用マンション・アパートローンのリスク管理高度化に必要な事項を体系的に整理する。
▲ページトップへ
開催日
2014-12-19(金) 13:30~16:30
セミナータイトル
金融機関における投資用マンション・アパートローンの営業推進とリスク管理≪実践編≫【オンラインLiveセミナー】
講師名
杉本 好正 氏(NSフィナンシャルマネジメントコンサルティング株式会社 代表取締役社長)
開催地
大阪府大阪市
ステータス
締め切り
概要
※東京会場の模様をオンラインLive中継します。

「アベノミクス」による異次元の金融緩和以降、金融機関において賃貸用不動産向けローン(投資用マンションローンとアパートローン)を積極的に推進する動きがみられる。賃貸用不動産向けローンといっても、顧客の投資目的(節税対策、事業承継、キャピタルゲイン)、債務者属性(給与所得者、年金生活者、資産管理会社)、物件属性(RCマンション、木造アパート、区分・一棟所有、満室保証)などさまざまな案件のタイプがあることから、一律に「アパートローン」と称して営業推進やリスク管理を行うことは、顧客ニーズに合致した有効なファイナンスの提案につながらないばかりか、適切なリスク評価、途上与信管理の実効性を損なう恐れがある。
本セミナーでは、金融機関のアパートローン推進担当者や審査担当者を対象に、実践的な視点から、投資用マンション・アパートローンの最近のマーケット動向、投資目的別・投資タイプ別の営業推進の切り口・提案のポイントから初期審査や途上与信管理のあり方まで網羅的に解説するとともに、賃貸マーケットの市場データを用いた定量的なリスク評価手法、初期審査基準や途上与信管理における今後の高度化要件を体系的に整理する。

※大阪会場の注意事項
オンラインLIVEセミナー開催中に音声及び映像のトラブルが万が一発生した場合は、次の通り対応をさせていただきますのでご了承ください。
(1)映像等が切断した場合、再接続してから講義を再開いたします。
(2)接続が回復できない等、再開が困難な場合はオンラインLIVEセミナー不成立として参加費を返金させていただきます。
▲ページトップへ
開催日
2014-12-19(金) 13:30~16:30
セミナータイトル
金融機関における投資用マンション・アパートローンの営業推進とリスク管理≪実践編≫
講師名
杉本 好正 氏(NSフィナンシャルマネジメントコンサルティング株式会社 代表取締役社長)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
「アベノミクス」による異次元の金融緩和以降、金融機関において賃貸用不動産向けローン(投資用マンションローンとアパートローン)を積極的に推進する動きがみられる。賃貸用不動産向けローンといっても、顧客の投資目的(節税対策、事業承継、キャピタルゲイン)、債務者属性(給与所得者、年金生活者、資産管理会社)、物件属性(RCマンション、木造アパート、区分・一棟所有、満室保証)などさまざまな案件のタイプがあることから、一律に「アパートローン」と称して営業推進やリスク管理を行うことは、顧客ニーズに合致した有効なファイナンスの提案につながらないばかりか、適切なリスク評価、途上与信管理の実効性を損なう恐れがある。
本セミナーでは、金融機関のアパートローン推進担当者や審査担当者を対象に、実践的な視点から、投資用マンション・アパートローンの最近のマーケット動向、投資目的別・投資タイプ別の営業推進の切り口・提案のポイントから初期審査や途上与信管理のあり方まで網羅的に解説するとともに、賃貸マーケットの市場データを用いた定量的なリスク評価手法、初期審査基準や途上与信管理における今後の高度化要件を体系的に整理する。
▲ページトップへ
開催日
2015-09-28(月) 9:30~12:30
セミナータイトル
【大阪オンラインLiveセミナー】地方銀行の収益モデルと最新動向
講師名
久保 太郎 氏(株式会社格付投資情報センター(R&I) 格付本部 チーフアナリスト)
開催地
大阪市淀川区
ステータス
締め切り
概要
2000年代、地銀の収益構造は新たな事業領域を牽引役に変容しましたが、2010年代に入って顧客部門の収益は大きく減少しており、今後10~20年を見据えるとさらなる変革が必要になっています。1990年代までは地元の中小企業や地公体、東京の大企業など法人顧客への貸出・決済関連ビジネス中心の収益構造でしたが、2000年代には個人顧客への住宅ローンやアパートローン、投信・保険の販売がコア事業として拡大・定着して、法人顧客からの収益減少を補いました。隣県への貸し出しも伸ばしましたが、これら2000年代に拡大したビジネスは市場の飽和感や過当競争に晒されており、これら事業の変革や新たな事業領域の発掘が地銀経営の大きな課題になっています。
本セミナーでは、地銀の最新の取り組み状況を解説したうえで、地銀に求められる役割を踏まえ、収益モデルの今後の方向性を探ります。

----------------------------------------
※大阪会場の注意事項
オンラインLiveセミナー開催中に音声及び映像のトラブルが万が一発生した場合は、次の通り対応をさせていただきますのでご了承ください。
(1)映像等が切断した場合、再接続してから講義を再開いたします。
(2)接続が回復できない等、再開が困難な場合はオンラインLiveセミナー不成立として参加費を返金させていただきます。
▲ページトップへ
開催日
2015-09-28(月) 9:30~12:30
セミナータイトル
地方銀行の収益モデルと最新動向
講師名
久保 太郎 氏(株式会社格付投資情報センター(R&I) 格付本部 チーフアナリスト)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
2000年代、地銀の収益構造は新たな事業領域を牽引役に変容しましたが、2010年代に入って顧客部門の収益は大きく減少しており、今後10~20年を見据えるとさらなる変革が必要になっています。1990年代までは地元の中小企業や地公体、東京の大企業など法人顧客への貸出・決済関連ビジネス中心の収益構造でしたが、2000年代には個人顧客への住宅ローンやアパートローン、投信・保険の販売がコア事業として拡大・定着して、法人顧客からの収益減少を補いました。隣県への貸し出しも伸ばしましたが、これら2000年代に拡大したビジネスは市場の飽和感や過当競争に晒されており、これら事業の変革や新たな事業領域の発掘が地銀経営の大きな課題になっています。
本セミナーでは、地銀の最新の取り組み状況を解説したうえで、地銀に求められる役割を踏まえ、収益モデルの今後の方向性を探ります。
▲ページトップへ