金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

セミナー検索結果 : 金融サービス

金融サービスに関するセミナー

開催日
2017-07-19(水) 13:30~16:30
セミナータイトル
海外における金融サービスの先進事例
講師名
田中 実 氏(株式会社KDDI総合研究所 フューチャーデザイン2部門 アナリスト)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
金融分野において、先端技術を活用した新サービスが、米国、欧州、アジアで登場しています。これらの新サービスは、決済や預金といった従来の金融サービスを変えるだけではなく、生活者のライフスタイルや購買行動にも変化をもたらしています。本セミナーでは、こうした海外の新サービスの事例を通じて、金融機関における業務効率化や優良顧客の囲い込みに向けた動きを紹介します。また、こうした新サービスの日本における金融機関への導入や普及の可能性についても考察します。
▲ページトップへ
開催日
2016-07-04(月) 13:30~16:30
セミナータイトル
金融デジタルマーケティングの新標準
講師名
宮坂 祐 氏(株式会社ビービット エグゼクティブマネージャ/エバンジェリスト)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
金融機関のデジタル施策の企画・開発の現場において「カスタマーエクスペリエンス」というキーワードに注目が集まっています。技術活用により何ができるかに焦点を当てるのではなく、顧客が何を必要としているかに焦点を当てる潮流です。本セミナーでは、カスタマーエクスペリエンスを高めることで新規顧客獲得や既存顧客の生涯価値向上に成功している国内外のデジタル活用事例とその成功の秘訣をご紹介します。
▲ページトップへ
開催日
2011-06-17(金) 13:30~16:30
セミナータイトル
金融サービスにおける顧客価値共創マーケティング
講師名
戸谷 圭子 氏(株式会社マーケティング・エクセレンス マネージング・ディレクター)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
社会との成熟化と情報化は顧客の力の増大を意味する。金融サービスはもともと長期にわたって顧客のビジネスや人生をサポートするものだが、今後はさらに顧客とともに価値を創造していく時代に入る。本セミナーではそういった価値共創について、先進事例の紹介、長期的関係性維持、商品開発、東日本大震災以後より注目されるであろうコーズマーケティングの視点から解説する。

▲ページトップへ
開催日
2010-02-25(木) 13:30~16:30
セミナータイトル
金融サービスの顧客育成・顧客維持マーケティング
講師名
宮腰 卓志 氏(株式会社 博報堂 営業開発推進局 ダイレクトマーケティング推進部 ビジネスディベロップメントスーパーバイザー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
CRMは非常に誤解が多い。単純に顧客満足度(CS)を高めることでもなければ、クロスセル・アップセルをするためだけのものでもない。昨年11月開催の「金融サービスの新しい売り方のつくり方」が顧客獲得に関するセミナーであったとすれば、今回は獲得した顧客をより収益を生む顧客に育て、さらに収益を生む顧客を維持していく顧客育成・維持のマーケティングがテーマとなっている。
顧客育成・維持をテーマとすると、CRMソフトウェアや精神論のようなマーケティング講義がありがちだが、本セミナーは「お客さまに商品を買い続けてもらう」CRMを前提にした実践的なセミナーとしていく。
金融業界においてデータベースをどのように活用していくのか、WEBサイトの活用方法、費用対効果の考え方など豊富な経験をベースとしたリアルなCRMナレッジを提供することを狙いとする。
▲ページトップへ
開催日
2009-11-09(月) 13:30~16:30
セミナータイトル
金融サービスにおけるダイレクトマーケティング ~ 新しい「売り方のつくり方」の事例紹介 ~
講師名
宮腰 卓志 氏(株式会社博報堂 営業開発推進局 ダイレクトマーケティング推進部 ビジネスディベロップメントスーパーバイザー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
金融業界において広く用いられている、ダイレクトメール、コールセンター、人的セールスといったプロモーション手段は、いまだに有効なのか?一般的にダイレクトマーケティングと呼ばれるマーケティング手法は、通信販売において飛躍的に進化し、インターネットの普及とともにeコマースにおいてさらなる進化を遂げている。見込み客から新規顧客への引き上げ手法、WEBサイトとコールセンターの連動、クロスセルやアップセルを可能にするレコメンデーション技法。金融業界に応用できるダイレクトマーケティングの方法論は実に多い。
もちろん、健康食品や化粧品といった通販商材と金融サービスとでは「売り方」が違い、「売れ方」も違う。しかし、様々な事例の根本にある、「売り方の作り方」には共通点がある。それは、データベースの活用というダイレクトマーケティングが他の方法論に優る新しい「売り方の作り方」である。
今回は、博報堂の金融業界におけるダイレクトマーケティング手法の応用での多数の経験に基づき、通販・eコマースを包含した広義のダイレクトマーケティング事例の中から、金融業界で活用できる知見をご紹介し、新しい「売り方」を模索する上で参考となる「売り方の作り方」を提供することを狙いとする。
▲ページトップへ
開催日
2007-11-06(火曜日) 13:30〜16:30
セミナータイトル
金融サービスのイノベーション 〜海外の先進事例と邦銀への示唆〜
講師名
高橋 利彦 氏
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
 グローバリゼーションが進展してフラット化する世界の中で、金融サービスにおいても従来は見られなかった大きな変化が起き始めています。金融機関がその変化に対応し、激化する競争の中で勝ち残り、成長するためには、差別化とイノベーションが最も重要な促進要因になってきています。

 本講演では、海外の金融機関のイノベーション事例を取り上げ、その適用ビジネス領域やテクノロジーの活用策と重要成功要因について考察します。
▲ページトップへ
開催日
2016-03-16(水) 9:30~12:30
セミナータイトル
FinTechから見た金融サービスの最新動向
講師名
田中 達雄 氏 (株式会社野村総合研究所 IT基盤ソリューション本部 デジタルビジネス推進部 シニアITアナリスト)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
ベンチャー企業を中心としたディスラプター(破壊者)が、従来の金融サービスとは異なるITを駆使したサービスを提供しはじめたことで、金融(Finance)と技術(Technology)を融合したFinTech に注目が集まっている。一方、先進的な金融機関では、オープンイノベーションの取り組みとともに、これらFinTechの新たな金融サービスを取り込み始めている。
本講演では、FinTechに見る新たな金融サービスの動向を押さえつつ、先進的な金融機関の具体的な取り組みと照らし合わせながら、今後の金融サービスの方向性を紹介する。
▲ページトップへ
開催日
2016-02-02(火) 13:00~16:20
セミナータイトル
FinTechがもたらすイノベーション
講師名
明壁 佑希 氏(株式会社NTTデータ経営研究所 金融戦略コンサルティング部門 金融コンサルティングユニット マネージャー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
近年注目のFinTech、新技術として金融とITの融合が新たな金融サービスとしてますます盛り上がっていくと思われるこのFinTechの可能性について、最新動向を各企業の方々にご解説をしていただきます。


第一部【 FinTechとデジタル・ネイティブ(若年層)がもたらす金融サービス革新~地域金融機関にとってのFinTech戦略~ 】
【明壁 佑希 氏】

金融(Finance)と技術(Technology)を合わせた造語であるFinTechの登場と生まれた頃からインターネットやスマートフォン、SNSを駆使する若年層、いわゆるデジタル・ネイティブへの注目により、欧米を中心に金融サービスの革新が起こっている。本セッションでは、昨今の国内金融機関のFinTechへの関心の高まる中で、地域金融機関としてのFinTech戦略の在り方を考察する。


第二部【 マネーフォワードにおけるFintechビジネスの取り組み 】
【瀧 俊雄 氏】

昨今のFintechに関連して金融機関・ベンチャーのビジネスが活発化している。本講演では、そのFintech企業として取り上げられることも多いマネーフォワードにおいて展開している、消費者向け・スモールビジネス向けのソリューション展開と、金融機関との協業の取り組みを紹介する。


第三部【 住信SBIネット銀行におけるFinTechの取組み 】
【吉本 憲文 氏】

欧米ではここ数年で大きく金融機関と顧客との関係が変化し、金融関連スタートアップに注目したイベントや企業買収などが盛んに行われている。本邦でも「金融・IT融合」「FinTech」といったキーワードとともに新たなバンキングサービスへの取組みが加速している。「FinTech」がもたらす事業環境変化についてネット銀行からみた考察と、具体的な取組事例を紹介する。
▲ページトップへ
開催日
2012-10-01(月) 13:30~16:30
セミナータイトル
BCM格付と新たな金融サービス
講師名
蛭間 芳樹 氏(株式会社 日本政策投資銀行 環境・CSR部 BCM格付主幹)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
将来、我が国では、東海・東南海・南海地震や首都直下型の大地震の発生が予想されています。一方、日本社会が直面する危機は地震だけではなく、新型インフルエンザなどのパンデミック災害、テロに代表される人為災害、インテリジェンス情報をターゲットとしたサイバー攻撃災害、隣国との軍事緊張領土問題、アンバランスな財政状態と国債暴落の潜在的可能性、労働生産人口の減少、ヒト/モノの高齢化などの様々なリスクとともに生きています。これら、21 世紀の日本が抱える諸政策課題を解決しながら、前掲に代表される国難の危機発生を前提に、人々が豊かで安全に暮らせる持続可能な社会を実現するために必要な金融とは何か、金融機関が利益を獲得することがどのように国民の福祉に貢献するのかについて真剣に考え、能動的に行動する必要があります。
本講演では、リスク・マネジメントの基礎概念を紹介するとともに、社会のリスク・コントロールに貢献するファイナンスである「DBJ BCM格付」融資の金融技術と哲学、BCM格付取得企業の企業危機管理の先進事例、海外の危機管理に関する最新動向などについて解説します。
▲ページトップへ
開催日
2009-10-14(水) 13:30~16:30
セミナータイトル
携帯キャリアによる金融・決済サービスの可能性
講師名
江藤 俊弘 氏(株式会社NTTドコモ フロンティアサービス部 金融・コマース戦略担当部長)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
現在、ドコモは、ケータイの特性や自社のアセットを活用することによって、ユーザーの利便性がこれまで以上に高められ、かつ社会的課題も解決できる可能性がある事業領域として、金融・決済分野に着目している。そして、この分野で今年7月より提供開始したサービスが「ドコモ ケータイ送金」である。本サービスは、まずは小額の個人間送金をケータイで簡便に行えることを実現しているが、今後もこれをベースに様々なサービス拡張が可能であり、更に来春施行予定の「資金決済法」を視野に入れると、新たなビジネスモデルへ発展するポテンシャルを持っている。本セミナーでは、携帯キャリアによる金融・決済サービスの可能性を海外事例にも触れつつ解説し、併せて今後のマクロトレンドも展望することとしたい。
▲ページトップへ
開催日
2013-05-30(木) 13:30~16:30
セミナータイトル
米国発:新時代の金融ビジネス ~ 速い・満足・面白い ~
講師名
青木 武 氏(グローバルリサーチ研究所 代表)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
米国では、ITの発達により、これまでは不可能と思われていた金融サービスが可能となってきている。また、発想の柔らかい他業態の革新的な人々が金融ビジネスに参入することにより、金融ビジネスはより速く、より顧客ニーズに合った、そしてより面白いものになってきている。本セミナーは昨年12月にご好評いただいた「米国発」セミナーの続編であるが、内容はさらに最新のものにアップグレードしている。
▲ページトップへ
開催日
2016-10-21(金) 13:30~16:30
セミナータイトル
InsTechの戦略と法務
講師名
松田 克信 氏(グローバルアドバイザリーファーム ディレクター)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
FinTechの登場により、欧米を中心に金融サービスの革新が起こっていますが、金融と情報の集積という意味で連続線上にある保険業界においても同様の動向が見受けられます。これらは、FinTechとパラレルに、InsTech(インステック。またはInsurTech(インシュアテック))と呼ばれています。このInsTechのビジネスへの影響とその課題、そしてそれに関わる法制度上の留意点についてご解説いただきます。


第一部【InsTechの戦略 ~InsTechとは何か、そしてその課題~】
【松田 克信 氏】
第一部では、InsTechの定義とともに、現状の整理を行う。FinTechと比較すると聞きなじみの薄いInsTechではあるが、保険会社にとってもテクノロジーの進化は無視できない状況になっている。ただし、InsTechを単なるテクノロジーの活用ととらえると本質を見誤る。本セミナーの前半では、InsTechが保険会社の経営及び事業に与える影響、InsTechをBUZZワードにしないための保険会社にとっての課題について考える。

第二部【InsTechの法務 ~業法、個人情報からデジタルヘルス、自動走行まで~】
【落合 孝文 弁護士】【細田 浩史 弁護士】
第二部では、国内外におけるInsTechの事例を参考にしつつ、日本の保険業界における今後の取組及び法制度上の留意点・課題について考察する。最近の改正をも踏まえて、保険業法上の留意点について解説を行い、また、InsTechを行うに当たり注意すべきであると考えられる問題点についても検討する。
▲ページトップへ
開催日
2012-02-02(木) 13:30~16:30
セミナータイトル
金融業界のロイヤルティ・マーケティングと優良顧客へのアプローチ
講師名
中村 雅彦 氏
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
一般消費財のマスマーケティングには歴史があり、体系だった理論やモデルが構築されているが、金融商品のマーケティングはまだ緒に付いたばかりであり、各社とも試行錯誤の最中であろう。消費財マーケティングとは異なり、ストックが収益を生む金融業においては顧客との継続的な付き合いの中で収益を上げていくことが本来の姿である。近年、金融機関と顧客間の情報の非対称性が徐々に解消されるにつれ、企業規模やイメージだけではロイヤルティの醸成が難しくなっている。
本セミナーでは、まず顧客の声に耳を傾けて「顧客のロイヤルティ」を測定することを起点とし、この結果を活用してロイヤルティを高めていく方法について解説を行う。さらに、ロイヤルティの高い優良顧客を見つけた後に、その顧客にアプローチするための手法についても紹介する。

▲ページトップへ
開催日
2011-10-13(木) 13:30~16:30
セミナータイトル
金融機関におけるロイヤルティ顧客の維持・育成 ~横浜銀行の事例を踏まえて~
講師名
秋場 良太 氏(株式会社浜銀総合研究所 情報戦略コンサルティング部 副主任研究員)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
金融機関の取り扱う商品・サービスは最終的な目的を達成するものではなく、住宅購入や万が一のための備えなど、目的達成のための手段や補助的役割を提供するものである。すなわち金融機関は人々にとっての「黒子」なのである。そのため金融マーケティングにおいて最重要課題として取り組むべきことは、金融サービス・クオリティの向上であると考える。金融機関を利用した時に“ストレスフリーに”手続きが完了する。“安心・安全・確実に”手続きが完了する。そうした当たり前のことを当たり前のように実現することを金融機関は再考すべきではないだろうか。そこで本セミナーでは、横浜銀行の事例を交えながら、強固な顧客ロイヤルティを醸成する金融サービス・クオリティ獲得には、製造業で培われた品質管理の理論を金融に応用することが要諦であることを提案する。さらにソーシャルメディア(Twitter、ブログ)の分析をすることで網羅的にサービス・クオリティの管理が可能となることも考察する。  

▲ページトップへ
開催日
2017-08-23(水) 9:30~12:30
セミナータイトル
金融サービスにおける改正民法の下での定型約款と契約実務
講師名
藤池 智則 パートナー弁護士(堀総合法律事務所(千葉大学法科大学院講師 企業法務担当))
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
平成21年10月の法制審議会への諮問に始まり約7年半にわたって検討されてきた民法(債権法)改正が、ついに本年5月26日に法律として成立するに至り、公布日である6月2日から3年以内に施行される。本改正は、民法制定以来120年ぶりの抜本的改正であり、改正項目も債権法全般にわたることから、企業取引に幅広く影響を与えるものである。とりわけ、新たに導入される定型約款に関する規律は、約款を用いてサービスを提供する企業に新たな対応を迫る。銀行、証券会社、保険会社等の金融機関や、金融サービスを提供するクレジットカード会社、貸金業者、資金移動業者、電子マネー発行会社、収納代行会社、決済代行会社等は、契約実務において多数の約款を利用していることから、本改正が、現在制定されている約款にどのような影響を与えるのか、約款の制定・改定に係る業務フローをどのように見直す必要があるかを見極めた上で、施行日を睨み、今から、実務上の論点を洗い出し、これに対応するためのシステム改修その他の方策を検討するとともに、当該方策を実現するためのスケジュールを固めておく必要がある。
そこで、本セミナーでは、金融機関及び各種金融サービスを提供する事業者を念頭に、定型約款その他重要な改正項目について概説した上で、定型約款の規律が及ぶこととなる各種金融サービスにおける約款による契約実務に焦点を当てて、本改正により影響を受ける項目を洗い出すとともに、これに対する実務的な対応策について具体的に解説する。
▲ページトップへ
開催日
2009-05-15(金) 13:30~16:30
セミナータイトル
リテール金融サービスの革新とIT戦略
講師名
五十嵐  文雄 氏 (株式会社野村総合研究所 金融ITマネジメントコンサルティング部 担当部長 上席システムコンタルタント )
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
ここ数年で、わが国の生活者を取り巻くリテール金融サービスは、店舗を中心とした従来の金融機関に加え、ネット専業、流通系金融事業者など様々な参入により、その提供者や商品・サービスなどに多様化が見られる。また、一方で従来の金融機関もクロスチャネルの拡大に加え、証券子会社を持つなど、銀行・証券・保険など総合的な金融商品・サービスを提供する試みも始まっている。
今回は、多くの点で日本のリテール金融環境と共通店が見られる欧州の事例も交えながら、様々なリテール金融の提供形態を構造的に整理することで、従来の金融機関や新規参入の金融機関が今後どのように取り組んでいけばよいかというポイントをITの視点を含めご紹介する。
▲ページトップへ
開催日
2014-12-01(月) 13:30~16:30
セミナータイトル
オムニチャネル・バンキングが実現する金融サービスの変革~先進金融機関事例から考える次世代金融サービスの方向性~【オンラインLiveセミナー】
講師名
隈本 正寛 氏(株式会社富士通総研 第一コンサルティング本部 金融・地域事業部 マネジングコンサルタント)
開催地
大阪府大阪市
ステータス
締め切り
概要
※東京会場の模様をオンラインLive中継します。

近年、海外金融機関では、異業種やベンチャー企業が相次いで金融サービスに参入を果たしており、顧客の「銀行離れ」に対する危機感が強まっています。一方、国内では少子高齢化の進展や産業構造の変化に伴い、金融市場は中長期的な縮小トレンドにあり、こうした状況に直面する本邦金融機関はそのビジネスモデルを変革することが求められつつあります。今後、市場全体が成熟・縮小していく中では、ICT戦略の重点を「効率化」から顧客との「リレーション構築」にシフトし、顧客をエンゲージ(関係強化)していく必要があり、次世代のチャネルコンセプトであるオムニチャネル・バンキングの実現が求められます。本セミナーでは、このような環境変化を捉えた国内・海外金融機関の先進的事例をご紹介するとともに、顧客エンゲージメント強化をICTでご支援する方策についてご紹介いたします。

※大阪会場の注意事項
オンラインLIVEセミナー開催中に音声及び映像のトラブルが万が一発生した場合は、次の通り対応をさせていただきますのでご了承ください。
(1)映像等が切断した場合、再接続してから講義を再開いたします。
(2)接続が回復できない等、再開が困難な場合はオンラインLIVEセミナー不成立として参加費を返金させていただきます。
▲ページトップへ
開催日
2014-12-01(月) 13:30~16:30
セミナータイトル
オムニチャネル・バンキングが実現する金融サービスの変革~先進金融機関事例から考える次世代金融サービスの方向性~
講師名
隈本 正寛 氏(株式会社富士通総研 第一コンサルティング本部 金融・地域事業部 マネジングコンサルタント)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
近年、海外金融機関では、異業種やベンチャー企業が相次いで金融サービスに参入を果たしており、顧客の「銀行離れ」に対する危機感が強まっています。一方、国内では少子高齢化の進展や産業構造の変化に伴い、金融市場は中長期的な縮小トレンドにあり、こうした状況に直面する本邦金融機関はそのビジネスモデルを変革することが求められつつあります。今後、市場全体が成熟・縮小していく中では、ICT戦略の重点を「効率化」から顧客との「リレーション構築」にシフトし、顧客をエンゲージ(関係強化)していく必要があり、次世代のチャネルコンセプトであるオムニチャネル・バンキングの実現が求められます。本セミナーでは、このような環境変化を捉えた国内・海外金融機関の先進的事例をご紹介するとともに、顧客エンゲージメント強化をICTでご支援する方策についてご紹介いたします。
▲ページトップへ