金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

セミナー検索結果 : アセットファイナンス

アセットファイナンスに関するセミナー

開催日
2017-10-19(木) 13:30~16:30
セミナータイトル
アセットファイナンスの基礎
講師名
末廣 裕亮 弁護士(森・濱田松本法律事務所)
開催地
東京都千代田区
ステータス
お申し込み可
概要
本セミナーでは、アセットファイナンスのうち、不動産や債権等の流動化・証券化タイプの取引に焦点を当てます。歴史的低金利の投資環境の中、高格付でも相対的に高いスプレッドの流動化・証券化商品は、投資商品として近時見直されています。また、住宅ローン債権等の急増や不動産市場の堅調な推移などを背景に、日本の証券化市場は甦りつつあるとの声も日増に聞こえるようになっています。そこで、本セミナーでは、この種の投資商品について典型スキームをベースとして、調達サイド・投資家サイド両方の観点から、実務家が押さえておくべき法律上の基本知識や重要ポイントを解説します。
また、2017年6月に民法(債権法)の改正法が成立し、実務対応への準備が待ったなしの状況となりました。債権譲渡に関するルールの改正や瑕疵担保責任の枠組みの見直しなど、不動産・債権を引当てとするファイナンスに影響を与える改正項目が多いため、これらの実務上のポイントも解説します。
▲ページトップへ
開催日
2017-09-25(月) 13:30~16:30
セミナータイトル
基礎から学ぶアセットファイナンス、プロジェクトファイナンスの法務
講師名
酒井 俊和 弁護士(アンダーソン・毛利・友常法律事務所 スペシャル・カウンセル)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
不動産ファイナンスを含む各種アセットファイナンスやプロジェクトファイナンスは、その引き当てとなる各資産や事業の特性に応じて、それぞれ独自の仕組みと特徴を有する。他方、これらはSPVを利用した(広義の)ストラクチャードファイナンス又はノンリコースファイナンスとして、その仕組みの基本的考え方や知識には共通する部分も多い。これらの共通点を理解することにより、個々の取引に固有のスキームや特徴を本質的に理解することが可能となる。
本講演では、著書『ファイナンス法』で各種アセットファイナンスやプロジェクトファイナンスに共通する総論を体系的に解説した講師が、不動産ファイナンス、航空機ファイナンス、船舶ファイナンス、太陽光発電プロジェクトファイナンスを題材として、その共通点と相違点を比較しつつ、個々の仕組みの基本構造と特徴につき説明を行う。
▲ページトップへ
開催日
2017-08-04(金) 9:30~12:30
セミナータイトル
アセットファイナンスの基礎
講師名
浅野 裕紀 弁護士(モリソン・フォースター外国法事務弁護士事務所 /伊藤見富法律事務所)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
本セミナーでは、動産を対象とするアセットファイナンスに関する基礎的な知識をご提供するとともに、取引の対象となる動産(機械設備、航空機、太陽光設備)毎の法的な特徴、典型スキーム、投融資の実行にあたって検討すべき重要事項など、実務上案件を進める際に有益な事項を解説いたします。また、融資の形態に加え、匿名組合、投資事業有限責任組合等のファンドを用いたポートフォリオ投資など、金融機関の方のみならず、投資家の方にもご参考となるような情報を提供させていただきます。
▲ページトップへ
開催日
2016-06-29(水) 9:30~12:30
セミナータイトル
アセットファイナンスの基礎
講師名
浅野 裕紀 弁護士 (モリソン・フォースター外国法事務弁護士事務所 伊藤見富法律事務所)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
本セミナーでは、各種の動産を対象とするいわゆるアセットファイナンスに関する基礎的な知識をご提供するとともに、一般的に取引の対象となる動産(機械設備、航空機、船舶、太陽光設備等)毎の法的な特徴・リスクを解説させていただきます。また、案件のクロージングまでの流れや投融資の実行にあたって確認すべき重要事項など、実務上案件を進める際によく問題になる点も整理いたします。また、融資やリースの形態だけではなく、匿名組合、投資事業有限責任組合等のファンドを用いたポートフォリオ投資など、金融機関の方のみならず、投資家の方にもご参考となるような情報を提供させていただきます。
▲ページトップへ
開催日
2014-05-16(金) 13:30~16:30
セミナータイトル
金融機関による航空機ファイナンスの実務と法務≪実践編≫ ~航空機の取り戻しを念頭において~
講師名
中井 俊行 弁護士 (長島・大野・常松法律事務所)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
近年、日本の金融機関が国内外の航空機の調達に関するファイナンス(いわゆる「航空機ファイナンス」)を提供する機会は飛躍的に増加していますが、航空機ファイナンスは、航空機という国境をまたいで移動する高額なアセットを対象とするファイナンスであると同時に、主として各航空会社からのリース料収入をローンの弁済の原資とするファイナンスであり、金融機関としてのリスク整理とその対応に注意を要します。本セミナーにおいては、基本的な航空機ファイナンスの仕組みを踏まえてファイナンス手法を説明した上で、航空機の取り戻しを実際に行う際の問題点を踏まえて典型的な航空機ファイナンスの類型におけるリスクを整理し、ストラクチャー組成と契約交渉における対応について検討いたします。
▲ページトップへ
開催日
2017-11-01(水) 9:30~12:30
セミナータイトル
民法改正が契約書実務へ与える影響
講師名
本田 圭 弁護士 (長島・大野・常松法律事務所 パートナー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
お申し込み可
概要
今年5月に成立した改正民法は、主に判例法理や契約実務の明文化が目的とされているため、現在の契約実務に大きな影響はないのではないかと一般に言われています。確かに、特に大きな変更が加わる箇所は限定的ですが、他方で、契約実務に関してどこが変わらないのか、また、どのような議論・課程を経て変わらないことになったのかまで把握している人は少ないと言えます。本セミナーは、民法改正の議論開始時からパブリックコメント等を介して携わってきた講師が、プロジェクトファイナンス・アセットファイナンス案件に対する影響をメインに、民法改正で変わる契約実務・変わらない契約実務を解説します。
▲ページトップへ