金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

金融セミナー詳細情報

取締役の責任 ~経営者を取り巻く法的課題とリスク回避~
セミナーID:8734
締め切り
◆ ステータス
締め切り
◆ 開催日時
2008-09-08(月) 13:00~17:00 締め切り
◆ 概要
コーポレートガバナンス,内部統制,コンプライアンスの新しい流れの中での、経営者を取り巻く法的課題とリスク回避の勘所を、強力講師陣が丁寧にご説明致します。
◆ 講師
野村修也 氏
中央大学法科大学院教授/森・濱田松本法律事務所客員弁護士
郷原信郎 氏
桐蔭横浜大学法科大学院教授/郷原総合法律事務所弁護士
久保利英明 氏
日比谷パーク法律事務所代表弁護士/大宮法科大学院大学教授
◆ 会場
ロイヤルパークホテル 2階東雲の間 東京都中央区日本橋蛎殻町 2-1-1
◆ タイムスケジュール
13:00~13:05  はじめに
13:05~14:15  第1講 野村修也 氏
14:25~15:35  第2講 郷原信郎 氏
15:50~17:00  第3講 久保利英明 氏
◆ 詳細
[第1講] 取締役の職務と責任 ~訴訟リスクを回避するために
講師:野村修也 13:05~14:15

1 取締役の職務
2 取締役の責任(対会社責任・対第三者責任・弁済責任など)
3 代表訴訟の仕組み
4 善管注意義務と忠実義務(競業避止義務・利益相反取引)
5 経営判断の原則
6 内部統制システム構築義務
7 企業不祥事と公表義務
8 反社会的勢力と利益供与の禁止


[第2講] 法令遵守の内部統制がもたらす企業社会への影響
講師:郷原信郎 14:25~15:35

1 偽装問題について―耐震偽装・食品
2 コンプライアンス=法令遵守の考え方の背景
3 法令の機能とその限界
4 日本社会における司法の機能
5 社会的要請と法令遵守
6 コンプライアンスとは
7 フルセット・コンプライアンスの基本的な考え方
8 法を「点」ではなく「面」でとらえる
9 企業法の体系
10 法令遵守の法的義務化がもたらすもの


第3講 会社はガバナンスの客体であり,かつ主体である
講師:久保利英明 15:50~17:00

1 株式会社とは何か 
  ―有限責任社団法人の強みと弱み
2 株主による当社のガバナンス~総会決議による役員の選任・解任
  ―安定株主と敵対的株主の相克
3 株主としての他社へのガバナンス~他社総会への議決権行使にあたり当社株主の利益を考慮しているか
  ―持合は合理的か
4 取締役会の構成 
  ―委員会設置会社と監査役会設置会社のガバナンス
  ―社外取締役の意味
   ・ダスキンにおけるたった一人の社外取締役の存在
   ・ソニーにおける15人中12人の社外取締役の存在
5 なんでも株主総会主義の効果と限界~日本の裁判所はなぜ株主総会に頼るのか
6 ステークホルダーとしての従業員・取引先にガバナンス上何が期待できるか
◆ 定員
40
◆ 対象・参加条件
なし
◆ お申込期限
2008年9月7日(日)
◆ 注意事項
■同一の受講申込書にて1社2人以上申込の場合、2人目から2,100円引きといたします。
■レジュメのみの販売はいたしません。
■会場での録音・撮影、パソコン・携帯電話の使用はご遠慮願います。
◆ 主催者情報
主催者 株式会社 商事法務
事業概要
住所 〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町3-9-10
電話番号 03-5614-5650
◆ 受講料
受講費(税込) 52,500
受講費支払い方法 銀行振込(企業様ページに登録済み)
お申込期限 2008年9月7日(日)
お支払い方法について 受付完了後、折り返し請求書・受講票、振込用紙をご郵送します。 請求書をご確認の上、受講費をお支払いください。
◆ 関連セミナー
カテゴリー 経営一般
関連キーワード 法務  経営  コーポレートガバナンス  久保利 英明  郷原 信郎  野村 修也

締め切り
▲ページトップへ