金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

金融セミナー詳細情報

事例研究:不動産デリバティブ ―不動産リスクマネジメントへの活用を考える―
セミナーID:8459
締め切り
◆ ステータス
締め切り
◆ 開催日時
2008-06-30(月) 13:00~17:00 締め切り
◆ 概要
  我々の日常生活、産業活動の基盤として極めて重要な位置を占める不動産。この不動産は、バブル崩壊後、不確実性を伴う「リスク資産」として認識されるに至り、現在、サブプライムローン問題などに見られるように、不動産に係るリスクをどのようにマネジメントするかが大きな課題となっています。この不動産リスクマネジメントの主要な手段の一つが不動産デリバティブの活用です。
  「不動産デリバティブ」という言葉からは、約10年前の「不動産の証券化」と同じく、難解な金融手法であると誤解されがちですが、既にアジア地域も含む諸外国において、積極的に取引が行われているという現実があります。国土交通省は、このような視点から「不動産デリバティブ研究会」を開催、その報告書を2007年6月に公表しました。  今回、この「不動産デリバティブ研究会」の委託先である野村総合研究所において事務局を務めた谷山智彦氏を講師に招き、現在、国内外にみられる不動産デリバティブ取引の具体的な事例を中心に、不動産デリバティブの実際の活用方法や主要なプレーヤー、そして投資戦略などについて解説いただき、今後、わが国の不動産リスクマネジメントや不動産投資における不動産デリバティブを活用するための課題を講演していただきます。
◆ 講師
谷山 智彦氏((株) 野村総合研究所 事業戦略コンサルティング1部 副主任研究員)
 慶應義塾大学総合政策学部卒業、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了後、株式会社野村総合研究所入所。大阪大学院経済学研究科博士後期過程在学中。
 国土交通省「不動産デリバティブ研究会」で事務局を務めるなど、主に不動産などの新しい資産クラスにおけるファイナンス、証券化、デリバティブズ関連の調査・コンサルティング業務に従事。主な著書・訳書に「コモディティ・ファイナンス」(共訳、日経BP社)、  『政府系ファンド入門(仮)』(共著、日経BP社、近刊)
◆ 会場
主婦会館・プラザエフ 9Fスズラン 東京都千代田区六番町15
http://www.plaza-f.or.jp/
◆ タイムスケジュール
12:30 受付開始
13:00~講演開始(休憩2回)
16:45~質疑応答
17:00 終了 
◆ 詳細
1 不動産デリバティブの基礎   
 ・デリバティブとは何か
 ・不動産デリバティブの用途と不動産市場に与える影響
 ・不動産先物/不動産オプション/不動産スワップの仕組み

2 不動産デリバティブの事例研究
 ・不動産インデックス連動債券(PICs)
 ・トータル・リターン・スワップ(TRS)
 ・不動産インデックス先物、オプション取引
 ・REIT指数デリバティブ

3 日本における不動産デリバティブの事例研究
 ・日本における現在の取り組み状況の紹介
 ・J-REIT指数先物、J-REITオプション取引
 ・不動産デリバティブを用いたデリバティブ取引

4 不動産デリバティブを活用したリスクマネジメントと投資戦略
 ・不動産デリバティブを用いた不動産リスクマネジメントの現状と課題
 ・不動産デリバティブを用いた不動産投資戦略の現状と課題
◆ 定員
60
◆ 対象・参加条件
特にありません
◆ お申込期限
2008年6月27日(金)
◆ 注意事項
◆ 主催者情報
主催者 株式会社ビーエムジェー
事業概要 ・雑誌、書籍の制作、編集、出版
・各種ビジネスセミナーの企画、主催
・不動産経営・管理に関する各種コンサルティング
住所 〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-16-8 飯島ビル5F
電話番号 03-5501-3722
◆ 受講料
受講費(税込) 37,000
受講費支払い方法 銀行振込(企業様ページに登録済み)
お申込期限 2008年6月27日(金)
お支払い方法について
※領収書発行可能です。
◆ 関連セミナー
カテゴリー 不動産TOPICS、実務
関連キーワード 不動産  投資  金融  マネジメント  REIT  谷山 智彦

締め切り
▲ページトップへ