金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

金融セミナー詳細情報

定款変更議案を中心とした買収防衛策をめぐる総会対応
セミナーID:8281
締め切り
◆ ステータス
締め切り
◆ 開催日時
2008-03-19(金) 13:30~16:30 締め切り
◆ 概要
ブルドックソース決定の射程、定款規定の実例分析、招集通知の記載方法等を踏まえ、 買収防衛策をめぐる総会対応についてご説明致します。
◆ 講師
田中信隆 弁護士
(弁護士法人大江橋法律事務所)
◆ 会場
株式会社商事法務 会議室 東京都中央区日本橋茅場町3-9-10
◆ タイムスケジュール
◆ 詳細
1 定款変更の傾向と今後の予測
 (1) これまでに定款変更を行った社数
 (2) 今年予想される動き
2 定款変更の目的
 (1) 勧告的決議との違い
 (2) 買収防衛策導入の根拠規定の創設
 (3) 導入時の特別決議の意味
3 ブルドックソース事件決定の射程
 (1) 権限分配法理により定款変更は根拠付けられるのか
 (2) ブルドックソース事件決定は平時の導入を認めるものなのか
4 買収防衛策に関する定款規定の実例と分析
 (1) 取締役会に買収防衛策を決議する権限を付与する規定の利点と問題点
 (2) 株主総会に買収防衛策を決議する権限を付与する規定の利点と問題点
 (3) 買収防衛策を株主総会決議事項とする規定の利点と問題点
 (4) 株主総会に新株予約権の無償割当てを決議する権限を付与する規定の利点と問題点
 (5) 買収防衛策の定義規定,修正・廃止に関する規定,サンセット条項,差別的行使条件に関する規定等の関連規定
 (6) 最も法的に安全な定款規定はどのよ うなものか(モデル案)
5 買収防衛策に関する株主総会招集通知の記載
 (1) 議案のたて方
 (2) 買収防衛策導入議案の記載にあたり考慮すべき点
 (3) 新株予約権の無償割当ての決議を取締役会に委任する議案の記載にあたり考慮すべき点
 (4) 事業報告への記載
6 勧告的決議について
 (1) 勧告的決議の法的位置づけ
 (2) 勧告的決議のメリット
7 定款変更以外で見直しが検討される点
 (1) 社外取締役
 (2) 独立委員会の機能
 (3) 独立性の要件
8 総会対応
 (1) 議決権行使助言機関への対応
 (2) 外国人株主
 (3) 想定問答
◆ 定員
40
◆ 対象・参加条件
なし
◆ お申込期限
2008年3月18日(木)
◆ 注意事項
■同一の受講申込書にて1社2人以上申込の場合、2人目から2,100円引きといたします。
■講義資料・レジュメのみの販売はいたしません。
■会場での録音・撮影、パソコン・携帯電話の使用はご遠慮願います。
◆ 主催者情報
主催者 株式会社 商事法務
◆ 受講料
受講費(税込) 31,500円
受講費支払い方法 銀行振込(企業様ページに登録済み)
お申込期限 2008年3月18日(木)
お支払い方法について
◆ 関連セミナー
カテゴリー 法務・リスク管理
関連キーワード 法務  買収防衛策  田中 信隆     

締め切り
▲ページトップへ