金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

金融セミナー詳細情報

不動産評価のためのDCF法入門講座 ~新たな「証券化対象不動産の鑑定評価基準」を踏まえたDCF法の活用~
セミナーID:8246
締め切り
◆ ステータス
締め切り
◆ 開催日時
2008-03-05(水) 13:00~17:00 締め切り
◆ 概要
 不動産の金融商品化が大きく進展する中、「不動産評価」の位置付け、重要性はますます高まっています。特に、昨年4月に国交省により公表された「証券化対象不動産の鑑定評価特別基準」では、証券化対象不動産の収益価格を求める際のDCF法の適用につき明記されるに至りました。そのため、DCF法および収益還元法に関する最低限の知識を有することは、不動産業界にのみならず、不動産に係わる関係者にとって、もはや必要不可欠であると言わざるを得ません。こうした背景の下、主として初心者のために基本的な知識を習得し、さらにDCF法を使った不動産評価の考え方、実務のポイントを習得する”不動産評価・DCF法”入門セミナーです。
 このセミナーでは、新たな「証券化対象不動産の鑑定評価基準」におけるDCF法の扱いについて簡単に説明し、収益還元法・DCF法の考え方の基礎を解説した上、さらに、具体的なDCF法による不動産評価の進め方、実務としてのポイント、そして不動産のタイプ別評価のケーススタディを行います。

このセミナーは収益還元法の基礎的な知識を習得し、DCF法を実践的に学ぶものです。したがって、受講者は不動産評価入門者、DCF法実務未経験者で以下のような方々を想定しています。
 DCF法に慣れていない鑑定士/鑑定評価書を発注する方/ファイナンシャル・プランナー/宅建主任者・不動産会社で投資用物件の売買担当者/マンション・デベロッパーの売買担当者/ゼネコン・建築会社の企画担当/プロパティ・マネジメント会社の提案営業者/金融機関の融資等担当者/保険会社・一般事業会社の不動産担当・財務管理者/法人担当の会計士・税理士(減損会計、無形資産評価など)/弁護士(企業再編、特許、知的財産、コンテンツ・ビジネスなど)/M&A関連
*あくまでも入門セミナーであり、DCF法を既に日常使われている方向けではありません。
◆ 講師
住吉浩治(不動産鑑定士住吉事務所 代表)
昭和58年4月~㈱ライフ(旧日本長期信用銀行系)、昭和63年6月~オリックスインテリア㈱(オリックスグループ)、平成3年9月~第一地所㈱(旧第一勧業銀行系)、平成8年4月~現事務所開業。
実務では、不動産証券化対象の投資用不動産からゴルフ場、河川敷、鉱山、大工場、農地、山林等、多種多様の評価実績多数。過去のセミナーでは、わかりやすい解説で定評がある。
平成17年年12月には「金融・投資ビジネスのための不動産評価入門(シグマベイスキャピタル社)」を出版。
◆ 会場
主婦会館・プラザエフ 4Fシャトレ 東京都千代田区六番町15
http://www.plaza-f.or.jp
◆ タイムスケジュール
12:30 会場受付開始
13:00~13:05 ガイダンス
13:05~ 講演開始
 途中、休憩を2回はさみます
16:45~ 質疑応答・個別質問・挨拶
17:00 終了
◆ 詳細
コンテンツ
1.証券化対象不動産の鑑定評価基準とDCF法
  ・DCF法適用過程等の明確化
  ・DCF法等の収益費用項目の統一等
2.不動産評価手法の中でDCF法の位置付けとその概念
  ・不動産評価手法の種類と正確
  ・不動産評価手法の要素
  ・収益価格の特徴
3.IRRとPVの確認
  ・現金(キャッシュ)の流れ(フロー)を割り引く(ディスカウント)ということ
  ・IRR(内部収益率)と割引率
  ・還元利回りと割引率
  ・還元利回りと期待利回り
4.DCF法適用の前提条件の設定
  ・J-REITで公表されているレジデンシャル、オフィス、ホテル、流通施設、ショッピングセンター等の評価サマリーの200件以上の分析結果を中心に、収益費用項目の設定の仕方、経費率、利回り等を解説。
  ・費用収益と項目設定
  ・空室率の考え方
  ・経費の傾向
  ・長期修繕費の傾向
  ・利回り動向
  ・借入金と利回りの関係
5.DCF法適用のモデル
  ・オフィス(スタンダード)
  ・事業用不動産(特殊不動産)
  ・宅地開発(応用)
  ・IRR分析
◆ 定員
60(おおよそ)
◆ 対象・参加条件
なし
◆ お申込期限
2008年3月3日(月)
◆ 注意事項
主催者より受講証・請求書を送付いたしますので、金額を確認ののち料金をお支払ください(振り込み手数料はご負担願います)。当日は受講証をお持ちください。

振込期限・お申込み締切:3月3日(水)

参加費の払い戻しは致しませんので、ご都合の悪い時には、代理の方がご出席ください。

割引特典あり:
・弊誌RMJを年間購読の場合、31,000円
(弊社年間購読者リストにて確認いたします)
・同一会社から2名以上お申込みの場合は、2名様目以降、31,000円(お1人ずつ)
◆ 主催者情報
主催者 株式会社ビーエムジェー
事業概要 ・雑誌、書籍の制作、編集、出版
・各種ビジネスセミナーの企画、主催
・不動産経営・管理に関する各種コンサルティング
住所 〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-16-8 飯島ビル5F
電話番号 03-5501-3722
◆ 受講料
受講費(税込) 37,000
受講費支払い方法 銀行振込(企業様ページに登録済み)
お申込期限 2008年3月3日(月)
お支払い方法について
※領収書発行可能です。
◆ 関連セミナー
カテゴリー 不動産TOPICS、実務
関連キーワード DCF法  不動産評価  鑑定評価  収益還元法  割引率  住吉 浩治

締め切り
▲ページトップへ