金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

金融セミナー詳細情報

金融業界に求められるAI・データマーケティング高度化の取り組み
セミナーID:45202
セミナーお申込みフォーム
◆ ステータス
お申し込み可
◆ 開催日時
2019-05-31(金) 9:30~12:30
◆ 概要
データ利活用の必要性が叫ばれる中、部門間でのデータ連携・企業間のデータ連携はあまり進んでいないのが実情。生活者の365日×360度のデータ取得が可能になっている中で、安全・安心にデータ統合をどのように図るべきか?また、音声データ等の非構造化データを今後どのように活用すれば良いのか?今後、金融業界に求められるデータマーケティング高度化に向けての視点・具体的な取り組み事例を紹介する。
◆ 講師
青木 雅人 氏(株式会社博報堂DYホールディングス マーケティング・テクノロジー・センター 室長)
1989年博報堂入社 2005年4月~マーケティングセンター チームリーダー 10年4月~買物研究所 所長 14年4月~ショッパーリテールマーケティング局長 16年4月~現職 社会/生活者研究、買物行動研究から、データマーケティング、マーケティングテクノロジー領域の研究、ソリューション開発を推進
◆ 会場
カンファレンスルーム(株式会社セミナーインフォ内) 〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F
http://www.seminar-info.jp/entry/pages/access2
◆ タイムスケジュール
9:30開始(前半)
10:50休憩
11:00開始(後半)
12:20質疑応答
12:30終了
◆ 詳細
1.生活者データマーケティングとは?
(1)生活者発想とは?
(2)求められる生活者発想の高度化~365日×360度のデータ取得が可能に
(3)生活者DATA WORKSのご紹介

2.データマーケティング高度化に向けての視点
(1)企業内のデータ統合~タグマネジメントシステムの導入
(2)外海データの統合
(3)KPIマネジメントの推進~来店計測・購買計測の必要性
(4)業種特化型マーケティング・ソリューション「カテゴリーワークス」のご紹介

3.データ・エクスチェンジ・プラットフォーム設立の取り組み
(1)企業間のデータ連携・データ統合の現状と課題
(2)情報銀行普及に向けての課題
(3)博報堂DYグループ特許技術「k-統計化&データフュージョン」
(4)データ・エクスチェンジ・プラットフォーム構想とは?
(5)データエクスチェンジ取り組み事例の紹介

4.非構造化データ(音声データ等)活用に向けて
(1)情報のデジタル化から生活のデジタル化へ
(2)音声認識技術を活用した、商談データの可視化・評価の仕組み
(3)販管費最適化モデルの構築

5.質疑応答 ※ 録音、ビデオ・写真撮影、PCのご使用等はご遠慮ください
◆ 定員
55
◆ 対象・参加条件
※講師とご同業にあたる方からのお申し込みはお断りさせていただく場合がございますので、ご了承ください。
◆ お申込期限
2019年5月30日(木)
◆ 注意事項
※受付は30分前より開始いたします。
※セミナー主催者からの受講票・請求書の発送をもってお申込み受付完了のご連絡とさせていただきます。
※料金の中には資料代・消費税が含まれております。
※欠席・遅刻の場合は必ずご連絡をお願いいたします。代理出席は受付いたします。
※お申込み後のキャンセルは、開催日1営業日前の17時まで承ります。
それ以降のキャンセルや当日の無断欠席は受講料を全額ご請求いたします。
※お申込み時点で定員に達している、講師とご同業にあたる等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
※募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。予めご了承ください。
◆ 主催者情報
主催者 株式会社セミナーインフォ
事業概要 おもに金融業界を対象とした年間200回の最新情報セミナーの実施
住所 〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F
電話番号 03-3239-6544
◆ 受講料
受講費(税込) 35,880
受講費支払い方法 その他
お申込期限 2019年5月30日(木)
お支払い方法について セミナー主催者から請求書を送付いたします。
※領収書発行可能です。
◆ 関連セミナー
カテゴリー 金融TOPICS、実務
関連キーワード AI  データマーケティング  データ利活用  音声データ  プラットフォーム  東京開催

セミナーお申込みフォーム
▲ページトップへ