金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

金融セミナー詳細情報

金融機関における新技術活用の最新動向と求められる態勢構築
セミナーID:45028
締め切り
◆ ステータス
締め切り
◆ 開催日時
2018-12-07(木) 13:30~16:30 締め切り
◆ 概要
昨今、金融機関においては、FinTechへの対応に代表される、様々な新技術への対応が要請されておりますが、他方では、これに合わせた内部統制の整備を含むガバナンス上の対応も必須となります。また、2019年に予定されている金融検査マニュアル廃止に伴うプリンシプルベースアプローチの導入を控え、特にITガバナンスについては、今後ますます重要視されていくものと想定されます。本セミナーでは、システムリスク管理態勢を中心とした最新動向のほか、金融機関への導入が大きく進展することが予想されるRPAや、オープンAPIといった新技術導入に対して考慮すべきITガバナンス上の留意点について、金融機関の皆様が検討を進められるにあたってご参考となる諸論点を解説いたします。
◆ 講師
柴田 裕 氏 (有限責任 あずさ監査法人 マネジャー)
大学卒業後、都市銀行システム部門にて勘定系システム開発および対外決済システムの開発、システム統合対応に従事 2007年より現職 地方銀行、信用金庫、大手生命保険を中心に多数の金融機関にて監査業務およびシステムリスク管理態勢の外部評価、内部監査の高度化支援を実施 また、サイバーセキュリティ管理態勢やRPA導入に関する支援等も提供
◆ 会場
カンファレンスルーム(株式会社セミナーインフォ内) 〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F
http://www.seminar-info.jp/entry/pages/access2
◆ タイムスケジュール
13:30開始(前半)
14:50休憩
15:00開始(後半)
16:20質疑応答
16:30終了
◆ 詳細
1.システムリスク管理態勢を巡る動向
(1)金融検査マニュアルの廃止の影響と平成30事務年度行政方針からの示唆
(2)Fintech活用に向けた当局の動向(Fintech検討会等)
(3)経営層の関与・プロジェクトマネジメントの重要性
(4)昨今のサイバーセキュリティ対策と対応方針

2.金融機関におけるRPA導入に係るリスクの検討と対応
(1)RPA適用が検討される金融機関の業務の事例
(2)導入前の検討課題(業務選定、組織体制、ベンダー選定の観点 他)
(3)導入時のリスク管理態勢構築
(4)RPA導入における成功事例・失敗事例
(5)ITガバナンスにおける留意点

3.金融機関への導入が進むその他FinTechに対するリスク管理
(1)オープンAPI
  (a)オープンAPIを取り巻く環境
  (b)導入におけるリスク
  (c)ITガバナンスにおける留意点
(2)AI
  (a)AIを取り巻く環境
  (b)導入におけるリスク
  (c)ITガバナンスにおける留意点
(3)クラウドの利用と外部委託先管理
(4)ブロックチェーン
  (a)ブロックチェーンを取り巻く環境
  (b)導入におけるリスク
  (c)ITガバナンスにおける留意点

4.今後求められるシステムリスクの在り方とガバナンス

5.質疑応答 ※ 録音、ビデオ・写真撮影、PCの使用等はご遠慮ください
◆ 定員
55
◆ 対象・参加条件
※講師とご同業にあたる方からのお申し込みはお断りさせていただく場合がございますので、ご了承ください。
◆ お申込期限
2018年12月6日(木)
◆ 注意事項
後日セミナー主催者より請求書を送付させていただきます。料金の中にはテキスト代が含まれております。
◆ 主催者情報
主催者 株式会社セミナーインフォ
事業概要 おもに金融業界を対象とした年間200回の最新情報セミナーの実施
住所 〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F
電話番号 03-3239-6544
◆ 受講料
受講費(税込) 35,660
受講費支払い方法 その他
お申込期限 2018年12月6日(木)
お支払い方法について セミナー主催者から請求書を送付いたします。
※領収書発行可能です。
◆ 関連セミナー
カテゴリー 金融TOPICS、実務
関連キーワード RPA  AI  API  ITガバナンス  リスク管理  FinTech

締め切り
▲ページトップへ