金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

金融セミナー詳細情報

銀行に求められる構造改革
セミナーID:44784
締め切り
◆ ステータス
締め切り
◆ 開催日時
2018-05-24(木) 13:30~16:30 締め切り
◆ 概要
「人口や企業数の減少で(地域金融機関の)店舗や従業員に過剰感」「経営効率化の観点から店舗配置の合理化や経営統合なども重要」。これは昨年12月に日銀の黒田総裁が行った講演での発言である。地域金融機関のみならず、銀行が取り組むべき喫緊のテーマは構造改革である。いま求められている構造改革は、単なる店舗統廃合や事務改革による効率化・省力化ではない。伝統的な顧客サービスのあり方の抜本的見直しを含む経営戦略の転換、伝統的銀行業務スタイルからの脱却であり、ビジネスモデルの転換を伴うものである。
本講座では、本当に結果の出る構造改革の取り組み方法について、具体的な調査手法や効率化施策、その成功/失敗事例、さらにはRPAやAIをはじめとするFinTechの活用可能性も交えて解説する。
◆ 講師
岡 宏 氏(株式会社 富士通総研 経済研究所 主席研究員)
1962年生まれ、島根県出身 86年慶應義塾大学商学部卒 地域金融機関を経て、98年株式会社富士通総研入社 銀行を中心とする金融機関向けコンサルに従事 専門は戦略(経営、チャネル、IT)、業務改革、新規ビジネス企画等、2017年より研究職
<著書>「ストラテジック・バンク ~国内金融機関の新成長戦略~」(2012年12月きんざい)
<主な論文>「なぜ銀行ビジネスは収益性が低いのか」(銀行実務2017.07)「スマートデバイスが変える銀行リテール」(金融ジャーナル2014.5)「次世代ATMと銀行サービス」(金融ジャーナル2013.10)「リレバンの将来像」(金融ジャーナル2012.12)「成長軌道に乗れるかネット銀行 ~米銀は付加価値でマスリテール層を開拓~」(週刊金融財政事情2012.6.11)など
◆ 会場
カンファレンスルーム (株式会社セミナーインフォ内) 〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F
http://www.seminar-info.jp/entry/pages/access2
◆ タイムスケジュール
13:30開始(前半)
14:50休憩
15:00開始(後半)
16:20質疑応答
16:30終了
◆ 詳細
1.構造改革の必要性
(1)環境変化による銀行経営への影響
(2)構造改革に向けたメガバンクの取り組み
(3)構造改革に迫られる地域金融機関
(4)いま取り組むべき構造改革の中身

2.なぜ銀行の構造改革は結果が出ないのか?
(1)これまでの構造改革の問題点([1]事務改革への偏重、[2]事務改革で結果が出ない理由)
(2)本来あるべき構造改革のアプローチ

3.銀行の伝統的事業・収益構造とその課題
(1)収益構造
(2)事業構造
(3)各種業務の課題と今後の取り組みの方向性

4.デジタル金融時代の顧客サービスのあり方
(1)銀行利用者の変化(アンケート結果に基づく考察)
(2)商品・サービス戦略
(3)顧客サービスのあり方([1]日常的な金融サービス、[2]セールスのあり方ほか)
(4)顧客戦略
(5)今後のビジネス体系
(6)FinTech企業などの新興勢力との差別化の必要性

5.チャネル戦略のあり方
(1)顧客チャネルの役割の整理
(2)オムニチャネルマーケティングの具体像
(3)店舗が果たす役割
(4)新たな店舗形態の取り組み
(5)店舗が競争力に影響するか([1]店舗を増やすべきか減らすべきか、[2]店舗統廃合のあり方)

6.店舗における事務の実態把握の方法
(1)銀行の店舗事務には無駄が多い
(2)事務実態をガラス張りにする調査手法
(3)事務量の活用
(4)調査結果の評価方法
(5)調査の意義

7.事務改革(BPR)の進め方
(1)事務改革のポイント
(2)事務効率化の手法とその事例
(3)事務改革に向けた取り組み事例

8.新たな店舗のイメージ
(1)新たな店舗のコンセプト
(2)フロント機能の具体的イメージ
(3)必要となる人員・スキル

9.新たな店舗づくりの状況とその事例
(1)コスト削減を目的とした取り組み(大手行、地域金融機関、海外金融機関)
(2)稼ぐ力の強化を目的とした取り組み(大手行)
(3)新たな店舗作りは構造改革に資するか?(コスト削減×稼ぐ力)

10.FinTechは構造改革の推進力となるか
(1)FinTechで実現するサービスとその技術
(2)RPA・AIの活用による事務改革の可能性
(3)新たな決済サービス
(4)データ活用によるビジネス機会発掘
(5)キャッシュレスによる現金取扱コストの削減

11.質疑応答 ※ 録音、ビデオ・写真撮影、PCの使用等はご遠慮ください
◆ 定員
45
◆ 対象・参加条件
なし
◆ お申込期限
2018年5月24日(木)
◆ 注意事項
後日セミナー主催者より請求書を送付させていただきます。料金の中にはテキスト代が含まれております。
◆ 主催者情報
主催者 株式会社セミナーインフォ
事業概要 おもに金融業界を対象とした年間200回の最新情報セミナーの実施
住所 〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F
電話番号 03-3239-6544
◆ 受講料
受講費(税込) 36,140
受講費支払い方法 その他
お申込期限 2018年5月24日(木)
お支払い方法について セミナー主催者から請求書を送付いたします。
※領収書発行可能です。
◆ 関連セミナー
カテゴリー 金融TOPICS、実務
関連キーワード 地域金融機関  構造改革  店舗戦略  FinTech  AI  RPA

締め切り
▲ページトップへ