金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

金融セミナー詳細情報

最新 デリバティブ業務フロー解説
セミナーID:44722
締め切り
◆ ステータス
締め切り
◆ 開催日時
2018-03-13(火) 13:30 ~ 16:30 締め切り
◆ 開催日時2
2018-03-20(火)  締め切り
◆ 概要
最新のデリバティブ業務について、
業務のフロー及び規制対応などを解説致します。

◆主な内容
・取引量の多いスワップ取引を中心に、市場でのトレードから担保の授受、中央清算機関による清算、ポートフォリオ・コンプレッション、CVAなど、リーマン・ショック後の業務フロー、規制への対応等
・取引経験の無いあるいは乏しい方にも最新のデリバティブ業務が具体的にイメージできるよう、スワップやオプションなどの具体的な取引内容と約定からリコンサイルといったデリバ業務の一般的な流れや、近年デファクト・スタンダード化している Markitwire, TriOptima といった業者の提供するシステムの役割など
・その他、スワップションをはじめとするオプション取引や仕組債関連取引などにおける取引慣習やリスク管理の方法など

最新の規制対応などについても、解説いたします。
◆ 講師
猪田 義浩
シグマベイスキャピタル 特別研究員
1987年東京理科大学理学部応用数学科卒。同年日本債券信用銀行入行。入行当初からオプションチームに配属され、為替、株、金利と様々なデリバティブのインターバンク取引に従事。米国スタンフォード大学統計学科修士課程修了後、証券会社、スワップハウスなどでデリバティブのチーフトレーダーを経て、2008年11月より当社研究開発部主任研究員。2014年7月より現職。
◆ 会場
シグマインベストメント教室 東京都中央区日本橋茅場町2-9-8茅場町第2平和ビル3F
◆ タイムスケジュール
3/13(火)13:30~16:30
第1回
1. 金利関連デリバティブ業務(金利スワップ/通貨スワップ/スワップション)
 ・取引内容の説明と銀行間取引の約定からリコンサイルまで
 ・電子基板取引、CCPの活用など様々な規制
 ・担保管理、Notional reset, Portfolio compression, Novation, Libor Fixing など
   契約後のイベントについて
 ・リーマン・ショック以降導入されている様々な規制、その背景や影響についての補足
3/20(火)13:30~16:30
第2回
2. 金利デリバティブ以外の店頭デリバティブ業務
  (為替フォワード/通貨オプション/日経平均オプション)
 ・取引内容の説明と銀行間取引の約定からリコンサイルまで
 ・通貨オプション市場・日経平均オプション市場特有のクォーテーション方法・取引について
 ・その他契約後のイベントなど

3. 仕組債について(PRDCと日経平均リンク債)
 ・仕組み債組成の流れとリスク管理
 ・日経平均リンク債におけるリテールとホールセールの関係
 ・その他補足事項
◆ 詳細
最新のデリバティブ業務について、
業務フロー及び規制対応などについて解説致します。

これまで既に数回開催を行い、
受講者の方に大変好評をいただいたセミナーです。

今回、多くの方に開催のご要望をいただいており、
再びの開催となります。

前回開催後、変化があった規制面や実務上などについて、
金利、通貨スワップ市場を中心に最新の情報をお届けします。

近年、店頭デリバティブ取引のリスクへの意識の高まりを背景に、
世界的にデリバティブ取引についての諸規制が導入されています。
このような規制の動きへの対応、
及びカウンター・パーティ・リスクへの意識の高まりを背景にした、
業務慣行の変化等に対応するべく、
近年金融機関のデリバティブ業務は大きく変化しています。
さらに市場価格や流動性への影響も大きくなっています。

本セミナーでは、このような状況下、
関連するシステムを提供する企業や、
デリバティブ業務についての情報を必要としている企業の方向けに、
最新のデリバティブ業務のフローや規制対応の動き、
価格や流動性などへの影響などについて、
分かりやすく解説します。

講師の豊富な実務経験と講師経験をベースに、
深いデリバティブ知識をお持ちでない方でも、
新しい業務フローの意義やそのポイントなどを理解していただけるよう、
丁寧に解説します。

皆様のご参加を心よりお待ちしています。

◆カリキュラム
第1回
1. 金利関連デリバティブ業務
 (金利スワップ/通貨スワップ/スワップション)
 ・取引内容の説明と銀行間取引の約定からリコンサイルまで
 ・電子基板取引、CCPの活用など様々な規制
 ・担保管理、Notional reset, Portfolio compression, Novation, Libor Fixing など
  契約後のイベントについて
 ・リーマン・ショック以降導入されている様々な規制、その背景や影響についての補足
第2回
2. 金利デリバティブ以外の店頭デリバティブ業務
 (為替フォワード/通貨オプション/日経平均オプション)
 ・取引内容の説明と銀行間取引の約定からリコンサイルまで
 ・通貨オプション市場・日経平均オプション市場特有のクォーテーション方法・取引について
 ・その他契約後のイベントなど

3. 仕組債について
 (PRDCと日経平均リンク債)
 ・仕組み債組成の流れとリスク管理
 ・日経平均リンク債におけるリテールとホールセールの関係
 ・その他補足事項

※カリキュラムは変更となる場合がございます。
◆ 定員
25
◆ 対象・参加条件
事業・営業企画、ファンドマネージャー、金融機関法人営業、経営者のかた
◆ お申込期限
2018年3月12日
◆ 注意事項
◆ 主催者情報
主催者 シグマベイスキャピタル株式会社
事業概要 シグマインベストメントスクール事業
シグマ個人投資家スクール事業
投資助言・代理業
出版事業
シグマベイスキャピタル株式会社は、我が国唯一の実践金融理論専門教育機関である「シグマインベストメントスクール」と投資プロフェッショナルの育成を目指す「シグマ個人投資家スクール」の企画・運営のほか、研修・教育と親和性の高い出版事業や投資助言・代理業など、専門性を生かして幅広く展開しております。
金融機関・公官庁を中心に数多くの受託研修を請け負っている他、年50回以上のセミナーを開催しています。
住所 〒103 0025 東京都東京都中央区日本橋茅場町2-9-8茅場町第2平和ビル3F
電話番号 03-3665-8193
◆ 受講料
受講費(税込) 63,180
受講費支払い方法 銀行振込(企業様ページに登録済み)
お申込期限 2018年3月12日
お支払い方法について 1.銀行振込:お申込完了後にお送りいたしますメールにある口座にお振込ください。
※領収書発行可能です。
◆ 関連セミナー
カテゴリー 金融TOPICS、実務
関連キーワード デリバティブ  リスク管理  決済  規制  CVA  スワプション

締め切り
▲ページトップへ