金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

金融セミナー詳細情報

信用リスクモデルリング≪実践編≫
セミナーID:44614
締め切り
◆ ステータス
締め切り
◆ 開催日時
2018-01-26(金) 13:30~16:30 締め切り
◆ 概要
2000年代に入り大量データに基づいたスコアリングモデルが普及し、定量的な分析に基づいた信用リスクの測定と管理が広く普及した。また、普及した背景には、バーゼルIIによる内部モデル手法の導入も指摘できる。大量データに基づく信用リスク管理は、今後益々普及すると考えられるが、一方で、経験豊富な審査担当者の知見との有機的な結合は、信用リスク管理の高度化に欠かすことはできない。さらに、高度化の先には、内部モデル(FIRB,AIRB)の採用も考えられるところである。
本セミナーでは、確率・統計の基礎を踏まえつつ、データからどのように信用リスクを捕捉し、どういった手法で信用リスクモデル構築を行うのかについて直感的理解を目指す。その上で、バーゼル規制(自己資本比率規制)を含めた実務的応用について、実際の課題を踏まえて解説を行う。
◆ 講師
岡崎 貫治 氏( 有限責任監査法人 トーマツ 金融インダストリーグループ シニアマネジャー)
大手金融機関、信用リスクDB機関を経て、有限責任監査法人トーマツに入社 2013年4月より金融庁監督局健全性基準室・課長補佐として、内部格付手法等の承認審査ならびにバーゼル規制の国内実施を担当 現在は各種リスク管理の高度化、ストレステスト実施の高度化、国際的な金融規制等に関するアドバイザリー業務等に従事
福原 加奈 氏(有限責任監査法人 トーマツ 金融インダストリーグループ マネジャー)
地域金融機関において、信用リスク管理業務に従事した後、有限責任監査法人トーマツに入社 現在は金融機関のリスク管理の高度化、自己資本比率規制等に関するアドバイザリー業務等に従事
◆ 会場
カンファレンスルーム (株式会社セミナーインフォ内) 〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F
http://www.seminar-info.jp/entry/pages/access2
◆ タイムスケジュール
13:30開始(前半)
14:50休憩
15:00開始(後半)
16:20質疑応答
16:30終了
◆ 詳細
1.確率・統計の基礎
(1)確率・統計とは
(2)モデリングの基礎知識(確率分布、平均、分散)

2.デフォルト予測モデル(PD)
(1)データセットの構築
(2)線形回帰モデル、ロジスティック回帰モデル
(3)オプションアプローチ

3.損失率・残高の推計モデル(LGD、EAD)
(1)損失率(LGD)の推計
(2)残高(EAD)の推計

4.実務的応用
(1)リスクウェイト関数と自己資本比率
(2)債務者格付制度、プール区分管理、案件格付制度
(3)検証制度(モデルガバナンス)

5.質疑応答 ※ 録音、ビデオ・写真撮影、PCの使用等はご遠慮ください
◆ 定員
45
◆ 対象・参加条件
なし
◆ お申込期限
2018年1月26日(金)
◆ 注意事項
後日セミナー主催者より請求書を送付させていただきます。料金の中にはテキスト代が含まれております。
◆ 主催者情報
主催者 株式会社セミナーインフォ
事業概要 おもに金融業界を対象とした年間200回の最新情報セミナーの実施
住所 〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F
電話番号 03-3239-6544
◆ 受講料
受講費(税込) 35,500
受講費支払い方法 その他
お申込期限 2018年1月26日(金)
お支払い方法について セミナー主催者から請求書を送付いたします。
※領収書発行可能です。
◆ 関連セミナー
カテゴリー 金融TOPICS、実務
関連キーワード 信用リスク  信用リスクモデル構築  バーゼル規制  リスクウェイト関数  東京開催  自己資本比率

締め切り
▲ページトップへ