金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

金融セミナー詳細情報

データサイエンス・ワークショップ|Rではじめる機械学習
セミナーID:44587
締め切り
◆ ステータス
締め切り
◆ 開催日時
2017-12-13(水) 9:00~16:30 締め切り
◆ 概要
関連写真~ データサイズを抑えて軽量な環境で攻略法を探る ~
講師にフューチャーブリッジパートナーズの長橋賢吾氏を迎え、Rのインストール・導入から、回帰分析・主成分分析といった初歩的な機械学習手法、さらには、ディープラーニングまでを一通り扱うワークショップとなっています。
はじめてRを利用される方を中心に、職場ですぐに利用できる実践的な内容となっていますので、ぜひ、ご受講ください。
◆ 講師
講師写真長橋 賢吾(ながはし・けんご)
フューチャーブリッジパートナーズ株式会社 代表取締役
株式会社アプリックス 代表取締役 兼 取締役社長

慶應義塾大学環境情報学部卒業。同大学院政策・メディア研究科修了、2005年東京大学大学院情報理工学研究科博士課程修了。博士(情報理工学)。
英国ケンブリッジ大学コンピュータ研究所訪問研究員を経て、2006年日興シティグループ証券(現シティグループ証券)入社。 ITサービス・ソフトウェア分野証券アナリスト担当。企業戦略・IT戦略の策定、経営管理、IR支援、データ分析等を実施。
主な著書
『Rではじめる機械学習 データサイズを抑えて軽量な環境で攻略法を探る』(インプレス、2017年)
◆ 会場
シグマインベストメントスクール 東京都中央区日本橋茅場町2-9-8 茅場町第2平和ビル 3階
http://www.sigmabase.co.jp/company/access.html
◆ タイムスケジュール
08:30 開場
09:00 開始
11:30 昼休憩(1時間)
16:30 終了
※質疑応答あり
※休憩時間は、進行状況により前後します。
◆ 詳細
『Rではじめる機械学習 データサイズを抑えて軽量な環境で攻略法を探る』(インプレス、2017年)をテキストとして、内容を詳細に網羅した講義資料、及び、R演習データセット資料を配布します。
R演習データセットはUSBメモリに格納してお持ち帰りいただけます。
※Rインストール済みノートパソコンを弊社で準備いたします。

【カリキュラム】

1)Rと機械学習の基礎
2)回帰分析で目的変数の値や発生確率を予測
3)クラスタリング分析の3つの手法でデータを分類
4)主成分分析・因子分析で属性を削減し因子を特定
5)アソシエーション分析で関連性がある物事を見極める
6)サポートベクターマシンでクラス分類
7)アンサンブル学習と正則化―モデルの組み合わせと過学習の解決
8)ベイズ推定とMCMC―事後確率や状態確率を求める
9)ニューラルネットワークとディープラーニング

※カリキュラム内容は一部変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
◆ 定員
25
◆ 対象・参加条件
はじめてデータサイエンスを学ばれる方、Rを利用しようと検討されている方におすすめ!
◆ お申込期限
2017年12月12日(火)
◆ 注意事項
【割引料金のご案内】
法人のお客様からのお申し込みで、同一法人より2名以上同時派遣される場合、割引の対象となります。詳しくは、弊社HPにてご確認ください。
http://www.sigmabase.co.jp/seminar/workshop/data20171213.html
◆ 主催者情報
主催者 シグマベイスキャピタル株式会社
事業概要 シグマインベストメントスクール事業
シグマ個人投資家スクール事業
投資助言・代理業
出版事業
シグマベイスキャピタル株式会社は、我が国唯一の実践金融理論専門教育機関である「シグマインベストメントスクール」と投資プロフェッショナルの育成を目指す「シグマ個人投資家スクール」の企画・運営のほか、研修・教育と親和性の高い出版事業や投資助言・代理業など、専門性を生かして幅広く展開しております。
金融機関・公官庁を中心に数多くの受託研修を請け負っている他、年50回以上のセミナーを開催しています。
住所 〒103 0025 東京都東京都中央区日本橋茅場町2-9-8茅場町第2平和ビル3F
電話番号 03-3665-8193
◆ 受講料
受講費(税込) 64,800 円
受講費支払い方法 銀行振込(企業様ページに登録済み)
お申込期限 2017年12月12日(火)
お支払い方法について 1.銀行振込:お申込完了後にお送りいたしますメールにある口座にお振込ください。
※領収書発行可能です。
◆ 関連セミナー
カテゴリー 金融TOPICS、実務
関連キーワード R言語  機械学習  統計学      ワークショップ

締め切り
▲ページトップへ