金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

金融セミナー詳細情報

ペイメント市場2020 〜新たな決済・送客インフラの構築と勢力地図の変化〜
セミナーID:44135
締め切り
◆ ステータス
締め切り
◆ 開催日時
2017-02-28(火) 15:00〜17:00 締め切り
◆ 概要
NCB Lab.は、2月28日(火)にフィンテック関連セミナーを開催いたします。「ペイメント市場2020 〜新たな決済・送客インフラの構築と勢力地図の変化〜」と題し、決済業界が2020年に向けて取るべき動きにつき、決済、送客、セキュリティ、法改正、勢力図といった多様な視点から、網羅的に解説いただきます。
◆ 講師
浅見 淳 氏(一般社団法人 金融財政事情研究会 月刊 消費者信用 編集長)
1960年 静岡市生まれ。
1983年 中央大学法学部法律学科卒業。
同年4月、社団法人 金融財政事情研究会(当時)に入社。
以後、週刊「金融財政事情」、月刊「消費者信用」で記者として活動。
2001年から週刊「金融財政事情」の編集長を務めた後、
2003年から月刊「消費者信用」の編集長に就任。
約33年にわたり、消費者信用産業と銀行のリテール部門をフィールドに取材活動を続けている。
◆ 会場
ホテルルポール麹町 麹町会館3階 アメジスト 東京都千代田区平河町2-4-3
http://www.leport.jp/map/access.html
◆ タイムスケジュール
15:00 開始(前半)
15:50 休憩
16:00 開始(後半)
16:50 質疑応答
17:00 終了
◆ 詳細
NCB Lab.は、2月28日(火)にセミナーを開催いたします。

2017年以降、日本のペイメント産業は、キャッシュレス化とセキュリティ対策の強化に向けた取組みを加速させる必要に迫られます。
しかし、この二つの課題を成し遂げるには、カード会社と加盟店がWin-Winの関係を築けるフレームワークが必要になります。コストの嵩むセキュリティ対策に加盟店が取組むには、売上増進という費用に見合った効果が求められるからです。
いっぽう、新たな決済スキームが続々と登場するなかにあって、加盟店はそれらの受け入れ体制の整備と独自の決済サービスの開発を企図するでしょう。消費者を呼び込むための送客ソリューションに対する期待も高まるでしょう。ペイメント産業がこうした加盟店のニーズに応えていくことが、キャッシュレス化とセキュリティ対策を加速する鍵になりますが、そのためには新たな決済・送客インフラが必要になります。その新しいインフラをどう築けばよいか、ペイメントサービスに関連するさまざまな事業者がどう取組むべきかを考えます。
また、新しい決済スキームの登場と割賦販売法の改正や決済法制の再構築によって、ペイメント市場のプレーヤーの勢力図がどう変わっていくかも占います。
◆ 定員
50
◆ 対象・参加条件
特になし
◆ お申込期限
2017年2月27日(月)
◆ 注意事項
◆ 主催者情報
主催者 NCB Lab.
事業概要 1.セミナー事業
2.出版事業

セミナーは毎月2回程度実施している他、ゼミ形式の勉強会なども随時開催しています。
また出版事業ではNCBレポートという月刊誌や、New Payment Reportなど決済事業に関連する調査レポートも発行しています。
住所 〒102 0083 東京都千代田区麹町3-2-1
電話番号 03-5276-1289
◆ 受講料
受講費(税込) 27,000
受講費支払い方法 銀行振込(企業様ページに登録済み)
お申込期限 2017年2月27日(月)
お支払い方法について 1.銀行振込:お申込完了後にお送りいたしますメールにある口座にお振込ください。
◆ 関連セミナー
カテゴリー 金融TOPICS、実務
関連キーワード NCB  セミナー  フィンテック  キャッシュレス  2020  セキュリティ

締め切り
▲ページトップへ