金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

金融セミナー詳細情報

住宅市場における構造的変化と金融機関への影響
セミナーID:43662
締め切り
◆ ステータス
締め切り
◆ 開催日時
2016-09-16(金) 10:00~12:30 締め切り
◆ 概要
2020年に前後して世帯数の減少がはじまることから、不動産市場が変調を来す可能性が指摘されています。実需が減少する一方で、住宅ストックが増加するという、今まで日本が経験したことの無い状況に突入することになります。様々な階層で限られたパイ(世帯数)の奪い合いが発生し、勝ち組エリア・負け組エリアの色分けが明確になると考えられます。いわゆる「2020年問題」です。こうした住宅市場の変化は、住宅金融にどのような影響をもたらすのでしょうか。
本セミナーでは2030年頃までの住宅市場および住宅市場を取り巻く状況を概観するとともに、金融機関への影響や金融機関が取るべき行動について考察いたします。
◆ 講師
大道 亮 氏(株式会社野村総合研究所 グローバルインフラコンサルティング部 主任コンサルタント)
2009年東京大学大学院工学系研究科修了、同年、野村総合研究所入社 住宅・不動産業界を中心に戦略コンサルティング業務に従事 専門分野は経営戦略・事業戦略の立案支援および実行支援 東日本大震災以降は復興関連業務も手がける
◆ 会場
カンファレンスルーム(株式会社セミナーインフォ内) 〒102-0074東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F
http://www.seminar-info.jp/entry/pages/access2
◆ タイムスケジュール
10:00開始(前半)
11:00休憩
11:10開始(後半)
12:20質疑応答
12:30終了
◆ 詳細
1.厳しさを増す住宅市場
(1)デマンドサイドでは実需の縮小が続く
(2)サプライサイドでは供給力不足問題が顕在化
(3)新設住宅着工戸数は20年間で4割減少
(4)徐々に存在感を増す中古住宅

2.住宅市場で発生する構造的変化(2020年問題)
(1)マーケットは引き続き縮小傾向
(2)新築から中古への流れが加速
(3)空き家は実数も割合も増加
(4)勝ち組エリアと負け組エリアの二極化が進展

3.金融機関への影響
(1)住宅ローンの新規貸出額の減少
(2)負け組エリアにおけるリスクの上昇
(3)金利上昇が発生した場合のリスク

4.金融機関が取るべき行動
(1)将来の需給動向の見極め
(2)LTV管理の徹底
(3)地方創生への積極的関与

5.質疑応答※ 録音、ビデオ・写真撮影、PCの使用等はご遠慮ください
◆ 定員
40
◆ 対象・参加条件
※ご同業の方からのお申し込みはお断りさせて頂く場合がございますので、ご了承ください。
◆ お申込期限
2016年9月15日(木)
◆ 注意事項
後日セミナー主催者より請求書を送付させていただきます。料金の中にはテキスト代が含まれております。
◆ 主催者情報
主催者 株式会社セミナーインフォ
事業概要 おもに金融業界を対象とした年間200回の最新情報セミナーの実施
住所 〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F
電話番号 03-3239-6544
◆ 受講料
受講費(税込) 34,580
受講費支払い方法 その他
お申込期限 2016年9月15日(木)
お支払い方法について セミナー主催者から請求書を送付いたします。
※領収書発行可能です。
◆ 関連セミナー
カテゴリー 不動産TOPICS、実務
関連キーワード 住宅ローン  住宅市場  不動産  金融機関  LTV管理  証券・アセットマネジメント

締め切り
▲ページトップへ