金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

金融セミナー詳細情報

オペレーショナル・リスク管理に係る最近の動向≪基礎編≫
セミナーID:43190
締め切り
◆ ステータス
締め切り
◆ 開催日時
2016-02-24(水) 9:30~12:30 締め切り
◆ 概要
金融機関においては、近年、業務のIT化やクロスボーダー化に伴い、サイバー攻撃対応リスク、アンチ・マネーロンダリング・リスク、外部委託リスクなどが大きく増加し、コンダクトリスクやモデルリスク、リスク・アペタイト、リスク文化、リスクデータなどの新たなリスクや規制体系も台頭しています。また、規制上のリスク計測手法も見直されています。これらの動向が従来のオペレーショナル・リスク管理体制に及ぼす影響とその対応を考察します。
◆ 講師
佐藤 里帆 氏(有限責任監査法人トーマツ 金融インダストリーグループ マネジャー)
名古屋大学法学部卒 有限責任監査法人トーマツにおいて、主にオペレーショナル・リスク管理高度化、規制関連対応、ストレス・テスト高度化の助言に従事 金融庁において、主にバーゼルIIオペレーショナル・リスクの国内ルール策定、先進的計測手法・粗利益配分手法の審査基準策定及び審査を担当
◆ 会場
カンファレンスルーム (株式会社セミナーインフォ内) 〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F
http://www.seminar-info.jp/entry/pages/access2
◆ タイムスケジュール
9:30開始(前半)
10:30休憩
10:40開始(後半)
12:20質疑応答
12:30終了
◆ 詳細
1.従来のオペレーショナル・リスク管理体制
(1)オペレーショナル・リスクとは
(2)日常的なリスク管理
(3)大規模な損失事象に係るリスク管理
(4)リスクの計測

2.日常的なリスク管理
(1)Control Self Assessment(CSA)とは
(2)CSA実施体制
(3)Key Risk Indicatorとは
(4)内部損失データの収集

3.大規模な損失事象に係るリスク管理
(1)外部損失データの収集
(2)シナリオの作成、ストレステスト

4.リスクの計測
(1)リスクの計測とは
(2)リスク計測体制の構築

5.最近の動向-その影響と対応
(1)業務環境のIT化やクロスボーダー化に伴うリスクの増加
(2)新たなリスクや規制体系の台頭
(3)規制上のリスク計測手法の見直し

6.質疑応答 ※録音、ビデオ・写真撮影、PCの使用等はご遠慮下さい
◆ 定員
40
◆ 対象・参加条件
なし
◆ お申込期限
2016年2月24日(水)
◆ 注意事項
後日セミナー主催者より請求書を送付させていただきます。
料金の中にはテキスト代が含まれております。
◆ 主催者情報
主催者 株式会社セミナーインフォ
事業概要 おもに金融業界を対象とした年間200回の最新情報セミナーの実施
住所 〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F
電話番号 03-3239-6544
◆ 受講料
受講費(税込) 34,850
受講費支払い方法 その他
お申込期限 2016年2月24日(水)
お支払い方法について セミナー主催者から請求書を送付いたします。
※領収書発行可能です。
◆ 関連セミナー
カテゴリー 経営一般
関連キーワード オペレーショナル・リスク管理  CSA  シナリオ作成  ストレステスト  東京開催 

締め切り
▲ページトップへ