金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

金融セミナー詳細情報

金融機関の内部監査機能高度化の着眼点
セミナーID:42737
締め切り
◆ ステータス
締め切り
◆ 開催日時
2015-06-04(木) 13:30~16:30 締め切り
◆ 概要
最新の金融モニタリングレポートや金融モニタリング基本方針等でも明確に示されているように、金融機関の内部監査機能の重要性とこれに対する期待は年々高まっており、内部監査機能の高度化が一層求められているといえます。そこで監督当局の関心、問題意識等を踏まえながら、内部監査の機能の高度化に向けた課題と対応策について実践的な解説を行います。
◆ 講師
青木 茂幸 氏 (東京国際コンサルティング株式会社 代表取締役)
銀行、保険会社、金融商品取引業者など350を超えるお客様に、各種規制対応、コンプライアンス・リスク管理態勢の高度化、内部監査支援、内部監査評価等のサービスを提供 東京大学法学部卒、三菱信託銀行、経済企画庁等を経て現職 日本内部監査協会「金融内部監査士試験委員」や早稲田大学エクステンションセンター「リスクマネジメント講座」講師等を歴任 地方銀行協会、損害保険協会、日本証券業協会、東京証券取引所等での講演・研修多数 公認不正検査士(CFE) 公認リスク管理監査人(CRMA)
◆ 会場
カンファレンスルーム(株式会社セミナーインフォ内) 〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F
http://www.seminar-info.jp/entry/pages/access2
◆ タイムスケジュール
13:30開始(前半)
14:50休憩
15:00開始(後半)
16:20質疑応答
16:30終了
◆ 詳細
1.内部監査機能に対する監督当局の問題意識
(1)金融モニタリングレポート等での内部監査機能の課題、期待とは?
(2)内部監査機能強化の重点ポイントはどこにあるか?
  (a)業務プロセス等の適切性検証、顧客目線の監査
  (b)業務の効率性に資する監査

2.内部監査技術の高度化と本社機能監査の課題
(1)固有リスクの識別とアセスメントの手法とは?
(2)統制環境の評価方法とは?
(3)課題の分析・構造的な要因把握方法とは?
(4)経営陣への有効な報告・説明の手法
(5)内部監査人の専門性の本当の意味とは?

3.本社機能を中心とした監査の高度化
(1)営業推進・統括機能
  (a)統括部門の本来の機能と推進の現状のかい離
  (b)営業推進・統括に係る統制環境
  (c)支社・支店等に対する推進活動の実効性
(2)外部委託管理機能
  (a)外部委託管理の基本姿勢
  (b)外部委託先情報の把握、外部委託管理の内容、実態把握
  (c)外部委託先とのコミュニケーション
(3)各種リスク管理機能
  (a)統合リスク管理態勢(リスク統合手法、マネジメント報告)
  (b)計量化可能なリスクの適切な管理システム(計測モデルと限界)
  (c)入力データ、出力データのチェック態勢、運営マニュアルの適正性

4.質疑応答  ※ 録音・ビデオ撮影・PCの使用等はご遠慮下さい
◆ 定員
40
◆ 対象・参加条件
なし
◆ お申込期限
2015年6月4日(木)
◆ 注意事項
後日セミナー主催者より請求書を送付させていただきます。
料金の中にはテキスト代が含まれております。

◆ 主催者情報
主催者 株式会社セミナーインフォ
事業概要 おもに金融業界を対象とした年間200回の最新情報セミナーの実施
住所 〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F
電話番号 03-3239-6544
◆ 受講料
受講費(税込) 36,050
受講費支払い方法 その他
お申込期限 2015年6月4日(木)
お支払い方法について セミナー主催者から請求書を送付いたします。
※領収書発行可能です。
◆ 関連セミナー
カテゴリー 金融TOPICS、実務
関連キーワード 金融機関  内部監査  外部委託管理     

締め切り
▲ページトップへ