金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

金融セミナー詳細情報

債権法改正中間試案のポイントと金融機関にとっての留意点
セミナーID:38427
締め切り
◆ ステータス
締め切り
◆ 開催日時
2013-04-02(火) 13:30~16:30 締め切り
◆ 概要
債権法改正に係る法制審議会での第2ステージでの議論も佳境を迎え、平成25年2月には中間試案が公表される見込みである。中間試案では、改正の検討対象となっている各論点につき一定の方向性が示される旨の説明がなされており、既に公表されている中間試案のたたき台もそれに沿ったものとなっている。我が国における取引の根本法である以上、債権法改正は企業のビジネスに大きな影響を与えうるものであり、このことは金融機関であっても何ら異ならない。本公演では、債権法改正のこれまでの経緯と今後の方向性を簡単に解説した後、金融機関にとって配意すべき論点を取り上げ、中間試案のポイントと金融機関にとっての留意点を分かり易く解説する。
◆ 講師
足立 格 弁護士(森・濱田松本法律事務所)
平成13年司法試験合格、同14年東京大学法学部(私法コース)卒業。同15年弁護士登録と同時に森・濱田松本法律事務所入所。同22年中央大学法科大学院兼任講師(企業金融と法)、同年早稲田大学法科大学院寄付講座招聘講師。同年一般社団法人保険オンブズマン紛争解決委員。同事務所入所以来、企業間取引・企業間紛争に広く携わっており、金融法務(金融取引法及び金融規制法)、商事紛争案件、債権回収案件、知的財産関連案件等を主たる業務分野としている。
◆ 会場
アルカディア市ヶ谷(私学会館) 〒102-0073 東京都千代田区九段北4-2-25
http://www.seminar-info.jp/entry/pages/access
◆ タイムスケジュール
13:30開始(前半)
14:50休憩
15:00開始(後半)
16:20質疑応答
16:30終了
◆ 詳細
1.これまでの経緯と今後のスケジュール

2.中間試案のポイントと金融機関にとっての留意点
(1)約款
 ①組入要件(不意打ち条項も含む)
 ②定義
 ③変更
(2)不当条項規制
 ①対象となる取引
 ②内容
 ③リスト化
(3)不実表示
 ①内容
 ②不実告知等との関係
 ③錯誤との関係
(4)保証
 ①保証人保護の方策
 ②根保証に関する規律
(5)債権譲渡
 ①譲渡禁止特約
 ②対抗要件
 ③将来債権譲渡
(6)相殺
 ①差押えと相殺
 ②債権譲渡と相殺
(7)時効
 ①時効期間の短期化
 ②起算点
(8)消費者に関する特則
(9)その他     

3.質 疑 応 答  ※ 録音・ビデオ撮影・PCの使用等はご遠慮下さい
◆ 定員
50
◆ 対象・参加条件
なし
◆ お申込期限
2013年4月2日(火)
◆ 注意事項
後日セミナー主催者より請求書を送付させていただきます。
料金の中にはテキスト代が含まれております。
◆ 主催者情報
主催者 株式会社セミナーインフォ
事業概要 おもに金融業界を対象とした年間200回の最新情報セミナーの実施
住所 〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F
電話番号 03-3239-6544
◆ 受講料
受講費(税込) 33,600
受講費支払い方法 その他
お申込期限 2013年4月2日(火)
お支払い方法について セミナー主催者から請求書を送付いたします。
※領収書発行可能です。
◆ 関連セミナー
カテゴリー 金融TOPICS、実務
関連キーワード 債権法改正  金融機関  債権譲渡  差し押さえ   

締め切り
▲ページトップへ