金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

金融セミナー詳細情報

保険会社のマーケティング革新
セミナーID:26368
締め切り
◆ ステータス
締め切り
◆ 開催日時
2011-11-07(月) 13:30~16:30 締め切り
◆ 概要
日本の生命保険業界は、伝統的な営業職員チャネルの下で諸外国でも類を見ない独自の発展を遂げてきた。一方、インターネット、保険ショップ、ソーシャルメディアなど、情報収集や加入検討に関する新たな選択肢は、生命保険に対してこれまでとは異なる期待値を持ち、異なる選択行動をとる消費者の増加を促し、ある意味「モノカルチャー(画一的)」であった国内市場は、徐々にではあるが多様化に向かいつつある。
本講義では、多様化する消費者に対する異業種での先進的な取り組みや、成熟市場の中で顧客アプローチを進化させてきた欧州生保の事例を取り上げ、参加者の皆様と共に「マーケティング・イノベーション」のあり方について考えてみたい。

◆ 講師
米田 寿治 氏(株式会社ローランド・ベルガー 取締役 パートナー)
早稲田大学政治経済学部卒業後、日本債券信用銀行(現あおぞら銀行)、米国系戦略コンサルティング・ファームを経て現職。銀行、証券、建設、電力、産業財など幅広い国内の大手企業に対し、営業改革、間接部門の効率化、再生支援、PMIなどの豊富なプロジェクト経験を有する。単なる戦略の立案にとどまらず、クライアントのミドル層の育成・意識改革を支援するなど、戦略の実行を意識したコンサルティングを手がけている。金融グループの中心メンバーの1人

渡部 高士 氏(株式会社ローランド・ベルガー プリンシパル)
一橋大学商学部を卒業後、富士銀行、米国系戦略コンサルティング・ファーム、アマゾンジャパンを経て、ローランド・ベルガーに参画。米国マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院卒業。金融、流通・小売、通信・メディア・エンターテイメントなどを中心に幅広いクライアントにおいて、成長戦略、営業戦略、新規事業支援、再生支援などのプロジェクト経験を豊富に持つ。金融グループのメンバー

栗原 勝芳 氏(株式会社ローランド・ベルガー シニアプロジェクトマネージャー)
東京大学経済学部卒業後、国内大手証券を経てローランド・ベルガーに参画。金融、総合商社、自動車、化学、小売等の幅広い業界において、全社戦略、営業・マーケティング戦略、事業構造改革などのプロジェクトを手掛ける。保険業界を含む金融機関において、営業現場を巻き込んでの全社改革プロジェクトの支援経験多数。金融グループのメンバー
◆ 会場
アルカディア市ヶ谷(私学会館) 〒102-0073 東京都千代田区九段北4-2-25
http://www.seminar-info.jp/access/map1.html
◆ タイムスケジュール
13:30開始(前半)
14:50休憩
15:00開始(後半)
16:20質疑応答
16:30終了
◆ 詳細
1.多様化するニーズ
(1)近年のヒットの潮流
(2)背景にある消費者行動の変化

2.求められる「マーケティング・イノベーション」
(1)新たな消費者タイプに向けたマーケティングのポイント
(2)チャネル戦略:パートナー活用の拡大
(3)プロモーション戦略:新たな顧客アプローチ手法       

3.保険業界における「イノベーション」の可能性
(1)チャネル活用の拡大
(2)プロモーション戦略:パートナー活用の拡大
(3)先進事例紹介
 ①異業種における取り組み事例
 ②欧州生保における取り組み事例
(4)国内保険会社への示唆

4.実行していくためのポイント
(1)消費者ニーズの把握
(2)価値観の可視化ツール-RBプロファイラーとは
(3)想定される消費者タイプ

5.質 疑 応 答  ※ 録音・ビデオ撮影・PCの使用等はご遠慮下さい
◆ 定員
50
◆ 対象・参加条件
特になし
◆ お申込期限
2011年11月7日(月)
◆ 注意事項
後日セミナー主催者より請求書を送付させていただきます。
料金の中にはテキスト代が含まれております。
◆ 主催者情報
主催者 株式会社セミナーインフォ
事業概要 おもに金融業界を対象とした年間200回の最新情報セミナーの実施
住所 〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F
電話番号 03-3239-6544
◆ 受講料
受講費(税込) 33,900
受講費支払い方法 その他
お申込期限 2011年11月7日(月)
お支払い方法について セミナー主催者から請求書を送付いたします。
※領収書発行可能です。
◆ 関連セミナー
カテゴリー 金融TOPICS、実務
関連キーワード 保険会社  マーケティング  イノベーション  チャネル戦略   

締め切り
▲ページトップへ