金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

金融セミナー詳細情報

トラブルを未然に防ぐための!!【不動産事業者様・FP必須】 『不動産の法務実務』
セミナーID:24544
締め切り
◆ ステータス
締め切り
◆ 開催日時
2011-11-11(金) 10:30~17:00(受付開始10:00) 締め切り
◆ 概要
不動産のトラブルは、不動産実務が複雑化・多様化し、売買契約や賃貸借契約の知識が不足していることからおこることがほとんどです。また、不動産の法律知識があれば、ほとんどトラブルになることはありません(予防法務)。そこで、本講座では、不動産の法務問題に詳しく、さまざまな問題に対処してきた弁護士の江口正夫先生を講師にお招きし、不動産の法律基礎知識から最新判例(更新料等)における法務的問題点及び対応策までを詳細に解説していただきます。
◆ 講師
講師写真江口正夫 氏 (海谷・江口・池田法律事務所 弁護士)
1952年生まれ、広島県出身。東京大学法学部卒業。弁護士(東京弁護士会所属)。最高裁判所司法研修所弁護教官室所付、日本弁護士連合会代議員、東京弁護士会常議員、民事訴訟法改正問題特別委員会副委員長、(旧)建設省委託貸家業務合理化方策検討委員会委員、(旧)建設省委託賃貸住宅リフォーム促進方策検討委員会作業部会委員、NHK文化センター専任講師、不動産流通促進協議会講師、東京商工会議所講師等を歴任、(財)日本賃貸住宅管理協会理事。主な著書に「企業責任の法律実務」「大改正借地借家法Q&A」「決定版・定期借地権」「民事弁護と裁判実務・動産取引」など。
◆ 会場
株式会社 週刊住宅新聞社 セミナールーム 東京都新宿区高田馬場1-28-10三慶ビル4F
http://houmu-seminar.com/place.html#map01
◆ タイムスケジュール
10:30~17:00(受付開始10:00)
◆ 詳細
<プログラム>

第1部 不動産の売買契約に関する法律知識
 1.不動産売買契約と手付契約
 2.契約書に「現状有姿売買」と記載することの意味
 3.売買契約書における「契約の目的」の記載の実務的な意味

第2部 不動産の賃貸契約に関する法律知識
 1.契約自由の原則と例外の基本ルール
 2.原状回復特約の有効性に関する判例の検討
 3.事業系賃貸借契約書の法律知識

第3部 不動産のトラブルと対処法
 1. 契約当事者の破産・民事再生

第4部 不動産に関する判例検討
 1.近隣迷惑者の存在と自殺物件の瑕疵担保責任
 2.建物の瑕疵と賃貸人の法的責任
 3.更新料支払特約の有効性

◆ 定員
60
◆ 対象・参加条件
税理士等
◆ お申込期限
2011年11月4日(金)
◆ 注意事項
弊社は、NPO法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会の法人賛助会員“認定教育機関”でございます。
本セミナーにご受講されますと【講習科目:不動産】にてAFP・CFPともに認定単位5.5単位が取得できます。

○受講料にはテキスト代・消費税が含まれております。

○昼食のご用意はございません。各自ご自由にお取りください。

○お申込みを頂戴しますと折り返し「受付確認書」をFAXまたはメールにてお送りさせていただきます。

○ご不明な点などございましたら下記担当者までお問い合わせください。
  担当:高(コウ)・石川(イシカワ)
  TEL:0120-02-8822
  FAX:03-3208-6255
  E-mail:appraisal@t-ap.co.jp
◆ 主催者情報
主催者 株式会社東京アプレイザル
事業概要 1.不動産鑑定業
2.セミナー事業
セミナー開催は年40回以上開催しています。
住所 〒169-0075 東京都東京都新宿区高田馬場1-31-18 高田馬場センタービル3F
電話番号 0120-02-8822
◆ 受講料
受講費(税込) 35,000
受講費支払い方法 銀行振込(企業様ページに登録済み)
お申込期限 2011年11月4日(金)
お支払い方法について 1.銀行振込:お申込完了後にお送りいたしますメールにある口座にお振込ください。
◆ 関連セミナー
カテゴリー 不動産TOPICS、実務
関連キーワード 不動産  法務  売買契約  賃貸借契約  トラブル 

締め切り
▲ページトップへ