金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

金融セミナー詳細情報

基礎から実践までわかる訴訟対応実務セミナー
セミナーID:14015
締め切り
◆ ステータス
締め切り
◆ 開催日時
2009-12-19(土) 13:30~17:30  締め切り
◆ 概要
本研修を通して、法務担当者に必要な訴訟対応業務について基礎から実践までご理解いただけます。
◆ 講師
近内京太(丸の内総合法律事務所)
京都大学法学部卒業。日本を代表する上場企業を中心とした多数のクライアントをもつ丸の内総合法律事務所において、主に国内企業法務に関する多様な案件を担当している。 主な業務内容は、法律顧問業務、株主総会、M&A等の企業法務が中心。現在、弁護士業務の傍ら企業内にて法務アドバイザーとしても活躍している。
◆ 会場
TKP東京駅八重洲ビジネスセンターカンファレンスルーム2A 東京都中央区京橋2-9-2第1ぬ利彦ビル2F
http://www.tkptokyoeki-bc.net/access.shtml
◆ タイムスケジュール
13:10 開場
13:30 ~ 14:40 研修(70分)
14:40 ~ 14:50 休憩(10分)
14:50 ~ 16:00 研修(70分)
16:00 ~ 16:10 休憩(10分)
16:10 ~ 17:20 研修(70分)
17:20 ~ 17:30 質問時間(10分)
◆ 詳細
1 紛争解決手続の全体像
(1)訴訟と訴訟以外の紛争解決手続・裁判外紛争処理手続(ADR)
・意義と種類
・手続の差異
・手続選択の際の主な判断要素
(2)事件類型と取り得る法的手続
・通常事件・建築関係事件・医事事件
・商事事件
・労働事件
・倒産関係事件
・行政事件
2 民事訴訟の原則と進行に関する基礎知識~ケースに即して
(1)民事訴訟の構造と原則
・当事者主義
・弁論主義と釈明権
・証明責任(要件事実)、証拠能力と証明力、自由心証主義、証拠共通の原則
・判決の既判力と執行力
(2)民事訴訟の進行の全体像
(3)訴え提起前の準備事項(原告側)~事実調査と手続選択
・訴え提起するか否かの判断ポイント
・訴訟に勝つための事実調査・証拠集めのポイント
・仮差押え、仮処分の実施の要否の検討
・証拠保全の実施の要否の検討
・訴訟要件具備の確認
(4)第1回口頭弁論期日までの準備事項(被告側)
(5)第1回口頭弁論以後の進行
・口頭弁論と弁論準備手続、準備書面の作成・提出
・証拠の申出と証拠決定
・陳述書の作成と証人尋問の準備、実施
・和解期日
・判決言渡しと仮執行
(6)上訴手続
・控訴提起と執行停止
・控訴審の審理
・上告
3 訴訟管理の実務
(1)社内手続の履践
(2)適時開示
(3)契約上の義務の履行
(4)スケジュール管理と事実調査~弁護士との役割分担
(5)会計監査・内部統制上の対応
(6)訴訟提起された場合の再発防止策の検討
4訴えられないための紛争予防策
◆ 定員
40
◆ 対象・参加条件
法務、総務、管理担当者、法務職へのキャリアアップを目指す方
◆ お申込期限
2009年12月17日(木)
◆ 注意事項
同一の受講申込にて1社2人以上申込の場合、2人目から5,000円引きとさせていただきます。
支払期限はセミナー開催3日前とさせていただいておりますが、柔軟に対応いたしますので、ご相談ください。
◆ 主催者情報
主催者 株式会社More-Selections
事業概要 1.コンサルティング事業
2.教育事業
3.人材紹介業
住所 〒150-0031 東京都東京都渋谷区桜丘町27-5-307
電話番号 03-6423-7942
◆ 受講料
受講費(税込) 19,800
受講費支払い方法 銀行振込(企業様ページに登録済み)
お申込期限 2009年12月17日(木)
お支払い方法について 1.銀行振込:お申込完了後にお送りいたしますメールにある口座にお振込ください。
◆ 関連セミナー
カテゴリー 法務・リスク管理
関連キーワード 法務  コンプライアンス  訴訟  裁判  リスク  紛争

締め切り
▲ページトップへ