金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

金融セミナー詳細情報

新型インフルエンザパンデミック・災害等に備えた企業の事業継続策(BCP)の再検討
セミナーID:12983
締め切り
◆ ステータス
締め切り
◆ 開催日時
2009-10-02(金) 13:30~16:30 締め切り
◆ 概要
本年春に日本でも発症例が確認された新型インフルエンザが、予想以上に早い時期から再び猛威をふるい始めております。また、この夏の集中豪雨では各地で被害が続出し、さらに本年8月に起きた静岡沖地震では、東名高速道路の一部が通行止めとなるなどの事態も生じており、改めて災害等に備えた企業の対応策策定の重要性が浮き彫りにされたといえます。
新型インフルエンザ等各種ウイルスによるパンデミック(爆発的流行)、大地震等の自然災害、あるいは大規模なシステム障害が発生した場合等に、製品や役務の提供を中断させず、中断しても可能な限り短時間で再開させ、顧客に迷惑をかけず、経営に重大な支障を生じさせないための経営戦略として、BCP(事業継続計画)の策定は必須です。
本セミナーでは、“事業の継続を図る”という側面を中心に、BCP策定に当たっての留意事項および具体的な各種方策(例えば、工場・事業所閉鎖の場合の対応や、代替品供給の手法による場合の民法・契約上の法的諸問題とその解決策)、事前の基本取引契約書上に盛り込んでおくべき事項等について検討していくほか、労務の問題についても取り上げます。
◆ 講師
中野 明安 弁護士(丸の内総合法律事務所)
 
◆ 会場
株式会社商事法務3階会議室 東京都中央区日本橋茅場町3-9-10
◆ タイムスケジュール
 
◆ 詳細
1 経営者の役割を確認しよう
 (1)リスク発生により企業が直面する課題
 (2)事業継続計画(BCP)策定の法的意義
 (3)事業継続契約(BCP)の必要な場合とその効果
 (4)BCPの法的検証が必要なもう一つのわけ~経営戦略としてのBCP
2 BCP策定のポイント
 (1)事業継続性を検討する基本的なステップ
 (2)重要業務選定のポイント
 (3)継続業務におけるサプライチェーンとの連携の調整
 (4)従業員の安全対策
 (5)リスクコミュニケーションの手順化
 (6)優先継続業務の検討
 (7)非優先継続業務のサプライチェーンとの検討
3 法的リスクと回避のポイント
 (1)パンデミック期・災害時に考えられる法的リスク
 (2)取引先とのトラブル回避~基本取引約定書による対応
 (3)顧客とのトラブル回避~約款による対応
 (4)業務継続と感染リスクへの対策
 (5)事業中断と従業員への給与支払
 (6)対応の悪さ(ミス)と業績悪化~善管注意義務違反の問題
 (7)法律違反・刑事責任リスクへの対策
4 BCPに対する法的諸問題の具体的検討~新型インフルエンザ対策を例として
 (1)労務管理の側面の法的問題
 (2)取引・契約に関する側面の法的問題
 (3)その他の側面の法的問題
◆ 定員
40
◆ 対象・参加条件
なし
◆ お申込期限
2009年9月28日(月)
◆ 注意事項
*同一の受講申込書にて1社2人以上申込の場合,2人目から2,100円引きといたします。
*レジュメのみの販売, 講義テープの貸出しはいたしません。
*会場での録音・撮影,パソコン・携帯電話の使用はご遠慮願います。
◆ 主催者情報
主催者 株式会社 商事法務
事業概要
住所 〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町3-9-10
電話番号 03-5614-5650
◆ 受講料
受講費(税込) 31,500
受講費支払い方法 銀行振込(企業様ページに登録済み)
お申込期限 2009年9月28日(月)
お支払い方法について 受付完了後、折り返し請求書・受講票、振込用紙をご郵送します。 請求書をご確認の上、受講費をお支払いください。
◆ 関連セミナー
カテゴリー 法務・リスク管理
関連キーワード パンデミック  災害  事業継続  BCP  新型インフルエンザ 

締め切り
▲ページトップへ